« 冬の風物詩、ユリカモメ欄干に並ぶ……オオバンの上陸シーンも | トップページ | カモメとヒドリガモの飛翔シーン »

2016年11月29日 (火)

ミコアイサ、ノスリ、アオサギ……いなべ市両ヶ池へ【写真を訂正(11/30)】

Dscn2132_800x600 このところ、いつもの散歩コースばかりで遠征をしていませんでした。今日Img_5003_800x533_2 は、晴れて、風も弱そうでしたので、朝、思いついて、いなべ市の両ヶ池公園まで行ってきました。ここまで来ると、さすがに鈴鹿の山並みが間近に見えます。右は、下池の方から見た藤原岳。両ヶ池までは、クルマで30分あまり。これまで、下池の周りは何度か歩いたのですが、今日は初めて上池の周りも一周。

Img_4940_800x624  今日の最大の目的は、こちら、ミコアイサです。通称「パンダガモ」。漢字で書くと、「巫女秋沙」。オスが、このようなパンダのような姿をしています。3羽いたと思います。「秋沙」は、「秋去り」が変化したといいます。「ミコ」は、「巫女」。その昔、巫女さんは白い衣装を着て、目の周りを黒く化粧していたのだそうです。
Img_4969_800x584_2 これもミコアイサのオスと思うのですが、エクリプス状態からまだ抜けきってImg_4945_800x533 いないようです。両ヶ池のミコアイサ、上池にいます(といっても、最近、下池の方は、水がありません)。今まで上池でしか見ていません。ミルクロードからはかなり離れた、池の中心あたりにいることが多いので、250mmズームで撮って、ノートリミングですと、右のような画像。
Img_4821_800x589 ミコアイサを見つけたのは、上池の周りを歩いてきてからでしたが、実は到着してすぐに適当に撮った写真にミコアイサが飛んでいるところが写っていました(笑)。「見れども見えず」の典型であります。我ながら笑えます。
Img_4859_800x562 思わぬ収穫は、こちら。上池の西側の田んぼで、猛禽類。気づかずに歩Img_4873_800x609 いていたら、驚かせてしまったようで、逃げる、逃げる。猛禽類のイメージからすると、ちょっとねぇと思った次第(笑)。かなり離れた木の上に逃げました。お腹が白っぽく、褐色の帯が見えますから、ノスリかと思います。遠すぎて、クリアな写真が撮れず、残念。
Img_4816_800x533 両ヶ池、上池の様子。遠くにカモたちがたくさんいます。ミルクロードから離れ、池の中心から北や西にカモがいるのです。今日は、キンクロハジロ、ホシハジロ、カンムリカイツブリ、カイツブリ、オオバン、マガモ、カルガモ、ハシビロガモなどを確認。
Img_4838_800x599 久しぶりにマガモのオスを見ました。数年前までは、ときどき、九華公園

Img_4964_800x560

にも来ていました(左)。カルガモはかなりたくさん見られました。カルガモが飛ぶところも確認。当たり前なのですが、「カルガモも飛ぶんだ」と思ってしまいました(右)。
Img_4957_800x560 オオバンも、上池のあちこちにいます。ミルククロードに近いところにも来ていて、いつもの散歩コースで見るオオバンよりも、人を怖がらない気がします。風に煽られて尾羽がモシャっています。
Img_4986_800x550 アオサギ、たくさんいました。全部で12羽ほど。このアオサギさんは、下池の東北側で、餌を探していたようです。よく見ると、足跡がついています。何やらトボトボ歩いている気もします。
Img_4984_800x533 アオサギのいる風景(笑)。揖斐川で撮ったのと同じようなパターンです(苦笑)。左下に、前の写真のアオサギさんがいます。右上に見えるのは、草競馬の馬場。毎年5月にここで草競馬が行われるそうです。
Img_5006_800x596 アオサギといえば、すぐ逃げるイメージ。草競馬場の端っこにいて、小生Img_5033_800x561 とは数10mの距離があったはずなのに、逃げました(左)。下池の中央、これは噴水の装置と思います。南東側にアオサギが立っていました。何をしているのか分かりませんが、何となくユーモラスな光景(右)。
Img_5027_800x570 下池の方にある草競馬場。馬場の中央に池があります。その側にアオサギと、ダイサギでしょうか。この2羽を狙って撮ったら、池にいたカワウが飛び立つところも写っていました。
Img_5037_800x536 下池の北側。下池の周りを歩いたのですが、そのコースは、この後ろのImg_5039_800x546 森の向こう。草競馬場のところまで来たら、アオサギが7羽もいるのが見えました。「変なおじさん」のようなスタイルは、日向ぼっこ? 右は、トリミングして無理矢理拡大してみました。
Img_4914_800x600 小型の野鳥は少なかったのですが、上池の西の東屋近くでジョウビタキImg_5047_800x565 のメス(左)。このすぐ近くで、シジュウカラとエナガの混群がいたのですが、暗くて撮れませんでした。草競馬場のところにツグミ2羽。今シーズン初めて、地面にいるツグミを確認(右)。
Img_5053_800x546 草競馬場、ツグミの側には、セグロセキレイ。ちょっと暗かったので、こんな写真。2羽いました。
Img_4998_800x562 両ヶ池、上池も、下池も回りにカラスが実にたくさんいました。左は、下池Img_4990_800x534 の東の手すりに止まったハシブトガラス。木の実を咥えてやって来たところ。下池にもたくさんのカラスが降りています。ハシブトも、ハシボソもいました。多くは、水の流れがあるところにいました。
Dscn2129_800x600 草競馬場の中央には、神社があります。何神社なのか、表示はありませんでしたが、せっかくですので、お参りして来ました。神社、好きなのです(笑)。そういえば、一時期、神社巡りをしようかと思ったことがありました。諦めてはいないのですが、今は、鳥見中心でということ。
Img_4852_800x533 ここでもプチ・紅葉狩りを。あまり有名なところへは行かないのですが……。左は、上池沿いの遊歩道、北側にて。ここが整備されて20年のようですが、もう少し手入れをしてくださると、ありがたいところです。東屋の近くには、かつてサギソウがたくさんあったという掲示がありました。いったん消滅し、平成11年頃から再生を図ったそうですが、その後どうなったか?
Img_5042_800x533 紅葉ですが、何という木か不明(笑)モミジの系統かも知れませんが、葉っぱの形と大きさが違います。草競馬場にて。
Img_5068_800x614 今日は、実はもう一つ、隠れた目的がありました(笑)。両ヶ池に行く途Img_4812_800x585 中、いなべ市内某所で、タゲリがいないか探したかったのです。しかし、不在。昨シーズン、目撃したとブロ友のこころんさんが教えてくださっていたのですが(タゲリ)、未だ見られず。代わりにケリがけっこういました。これは、クルマの中から撮ったもの。歩いて近づくと、逃げられます。右は不用意に近づいて、逃げられたところなのですが、ケリは飛び姿も美しいので、まあ良しとしましょう(負け惜しみ)。
Img_5041_800x533 という次第で、本日は、いなべ市方面へ遠征。タゲリはまた改めて挑戦しますが、ミコアイサも見られ、ノスリ、たくさんのアオサギも確認できて、それなりに満足。8時半出発、12時帰宅でした。午後は、土曜日の相談会の助言をまとめておりました。
【お詫びと訂正(11/30)】 3枚目の写真(ミコアイサの1枚目)が、間違っていましたので、差し替えました。

|

« 冬の風物詩、ユリカモメ欄干に並ぶ……オオバンの上陸シーンも | トップページ | カモメとヒドリガモの飛翔シーン »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。
思い立って両ヶ池まで行ってきました。

ミコアイサ、本当にパンダみたいな顔をしていますね。
ミコアイサを目的に行きましたので、見られてよかったです。
上池の方にいます。

今回は、上池の周りを一周し、東屋のところにも行ってきました。
道路から木道を通って東屋に行くのですが、それが平成8年に整備されたようで、もうかなり傷んでいました。
周りも雑草などが生い茂っていました。
手入れがされていないか、行き届いていないか、どちらかのように思われ、ちょっと残念でした。

投稿: mamekichi | 2016年11月30日 (水) 19時05分

こんばんは
両ヶ池に行かれたのですね。
ほんとパンダみたい。
この池で見れるのですね。
上の池にある東屋は行かれたことありますか?
あそこ行けるのかな。

投稿: こころん | 2016年11月30日 (水) 17時13分

おユキさん、こんにちは。

「パンダガモ」、写真が重複するというミスをしでかしていましたので、改めてご覧ください。
明徳池のカメラおじさんがおっしゃったことがよりよくお分かり頂けると思います。
ブロ友のひらいさんは、「宇宙ガモ」と呼んでいらっしゃいました。
私の行動範囲では、この両ヶ池でしかミコアイサは見られません。

アオサギさん、哀愁を漂わせていますよね。
腹が減ってしようがないという感じかも知れませんが(笑)。

ハシブトガラスさん、私も、サバーニか?と思いました(笑)。
嘴の太さと合わせ、おっしゃるようにごっついです。

ケリさんは、飛んだときの姿は、地上にいるときとはガラリと変わります。
そこが魅力の一つです。

投稿: mamekichi | 2016年11月30日 (水) 16時26分

mamekichi先生、こんばんは。

パンダガモ!ミコアイサのことだったんですね。
明徳池のカメラおじさんが、パンダ、パンダと仰っていたのが、繋がりました!
私、ミコアイサって、宇宙人のようなルックスだったと思い込んでいましたが、記憶違いだったのですね。

アオサギさん、本当にトボトボ歩いているようですね。
哀愁を感じます(笑)。

ハシブトカラスさん、頭部がゴリラかと思いました。
ごっついですね。

もうひとつ。
ケリさん、歩いているところしか拝見していなかったのですが、羽の下?は、ツートンカラーなんですね。
全然違ーう、と、驚きました。

投稿: おユキ | 2016年11月29日 (火) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の風物詩、ユリカモメ欄干に並ぶ……オオバンの上陸シーンも | トップページ | カモメとヒドリガモの飛翔シーン »