« 薫風バラ園と九華公園へ……カモは55羽 | トップページ | トビに遭遇、ユリカモメは4羽で飛翔シーンにチャレンジ……九華公園管理事務所に「九華公園の野鳥たち」の掲示を出していただきました »

2016年11月 2日 (水)

九華公園にユリカモメ、ツツドリらしき鳥も……住吉入江でカイツブリの漁

Img_9525_800x533_2  九華公園にユリカモメがやって来ました。「冬の使者」の代表といってよいImg_9447_800x579_2 でしょう。今日は2羽が、10時半すぎに二之丸堀の東側に登場。去年は、10月24日に初めて1羽が飛来。次は、11月16日でした。

Img_9416_800x586_2  早速、いろいろなシーンを撮ることができました。やはり鳥は、飛んでいるImg_9481_800x533_2 ところが美しいですねぇ。ほれぼれします(自分の写真にではありません。鳥の方にです)。

Img_9412_800x533_2  キンクロさんたちに混じって餌をもらっていましたが、ユリカモメの方が運動能力が高く(ユリカモメは、浮いていてもそこからすぐに飛べますが、キンクロさんたちカモは、助走を付けないと飛べません)、ユリカモメが餌を独占してしまいます。

Img_9562_800x533_2  今日は、もう一つよいことがありました。九華公園の外周遊歩道東を歩いていたら、目の前にこの鳥がやってきました。最初は、ヒヨドリかと思ったのですが、ヒヨドリよりはかなり大きく、カッコウの仲間のツツドリかなと考えています。夏鳥で、秋の渡りの時には、市街地の桜の木などにやってくるとありました。

Img_9564_800x551_2  追いかけたのですが、結局、北側の野球場を越えて飛んで行ってしまい、あまりはっきりした写真は、撮れませんでした。

Img_9280_800x547_2  さて、ここからは時間的順序に沿って行きます。住吉水門の内側には、カImg_9304_800x566_2 イツブリと、オオバンが1羽ずつやって来ていました。珍しいシーンが撮れました。右の写真をご覧ください。魚を捕らえたところです。初めて見ました。カイツブリの体の大きさに比べ、かなり大きな魚を捕まえるものだと感心します。もう少しクリアに撮れていればよかったのですが……。

Img_9299_800x604_2  オオバンは、冬になるとここ住吉入江や、七里の渡し跡などにも姿を見せます。今日は、住吉水門の内側にある浮き桟橋のところで、桟橋についた藻のようなものを啄んでいました。

Img_9317_800x521_2  住吉神社前から見える、揖斐長良川の中州。今日はアオサギは7羽。拡大していただいても、よく分からないとは思いますが、自分の記録のようなものです。ご容赦ください。

Img_9345_800x540_2  九華公園のカモたち、今日は、合計47羽と、昨日に比べやや少なくなってImg_9353_800x545 いました。キンクロさんが44羽。ハシビロガモが2羽(オス、メス1羽ずつと見えました。右の写真)。そして、ホシハジロのオスが1羽(左の写真)。

Img_9371_800x583  ナナちゃんのお父さんから(この方も鳥好きでいらっしゃいます)から、「コImg_9383_800x607 ガラの群れがいた」という情報をいただいたのですが、見つからず。代わりにシジュウカラと、メジロ。曇天になって、証拠写真(苦笑)。

Img_9507_800x595  公園内の野球場では、フェンスの上にハクセキレイが1羽。グラウンドにImg_9537_800x554 は、セグロセキレイ。これらの他にも、ハクセキレイが2羽、戯れながら飛んでいました。

Img_9552_800x597  野球場の東側のフェンスには、メスのモズ。九華公園では久しぶりにモズImg_9571_800x611 の姿を確認しました(鳴き声はしていたのですが)。また、久しぶりといえば、ジョウビタキのメス。外周遊歩道の東の電線の上。ツツドリらしき鳥を追いかけて、少し戻ったところで発見。

 だんだんと冬の役者たちがそろってきて、散歩が楽しみになります。

Img_9605_800x577  散歩は、9時半から12時。ちょっとした用事で遅くなりました。住吉神社かImg_9613_800x542 ら九華公園、京町、寺町と回り、もう一度住吉水門の方へ(オオバンや、カイツブリがまだいるか、見に行ったのです)。5.8㎞。帰りがけに立ち寄った住吉入江にて、ハクセキレイ2羽。左のハクセキレイ、やたら白いような気がします。下から見上げたからかも知れません。

Img_9615_800x538  諸戸氏庭園の東側、桑名七里の渡し公園との境にある電線には、よくカImg_9620_800x598 ワラヒワや、キジバトがいます。時にはモズが止まっていることもあります。


Img_9406_800x533  九華公園で巣作りをしていたコゲラ、日曜日から姿を見ません。これだけきちんとした巣穴を作ったのに、どうしたのでしょう? 鳥の行動、よく分からないことがたくさんあります。

Img_9603_800x533  余談であります。10月31日の中日新聞朝刊の「くらし歳時記」に「菩提樹の実」という記事がありました。「菩提樹の苞がプロペラのようにくるくる回り、種を運んでいる」というのが、気になって、寺町の桑名別院で見てきました。が、ご覧のように、実がなっているだけ。風もあまりありませんでしたし、また見に行こうと思っています。ちなみに、お釈迦様がその下で悟りを開いたというのは、印度菩提樹で、日本にある菩提樹とは違うのだそうです。

|

« 薫風バラ園と九華公園へ……カモは55羽 | トップページ | トビに遭遇、ユリカモメは4羽で飛翔シーンにチャレンジ……九華公園管理事務所に「九華公園の野鳥たち」の掲示を出していただきました »

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんばんは。
おっしゃるように、今月に入って寒くなりました。
平年並みなのかも知れませんが、身に応えます(笑)。
ユリカモメ、集まると確かにうるさいですね。
それに、水面からすっと飛び立てますから、すばしっこいです。
カモは、助走を付けないと飛べませんから。

ツツドリ、カッコウの仲間です。
カッコウ、ツツドリ、ホトトギスがにています(カッコウは、この鳥とは目が違います)。
お腹の縞模様がはっきりしているので、確信はないのですが、たぶんツツドリということです。

カモの仲間の区別は、種類が多いので難しいですね。
カイツブリは小さく、オオバンは、黒い体に額の白いところが目立ち、よく分かると思いますよ。
九華公園にいらしたら、「九華公園の野鳥たち」をご覧になってください。

投稿: mamekichi | 2016年11月 3日 (木) 19時20分

ひらいさん、こんばんは。
そうです、ユリカモメ登場です。
去年のデータでは、今月下旬から12月にならないと数は増えないと思いますが、またお越しください。

ツツドリだと思います(ホトトギスかも知れません。鳴き声は聞かれませんでした)が、秋の渡りの途中市街地にも来るということです。

カモは、50羽前後くらいになっています。
キンクロさん以外は、入れ替わりがあるようです(キンクロさんも、区別がつかないだけで、メンバーは入れ替わっているかも知れません)。
今日は、ホシハジロが見当たりませんでした。

コゲラの行動は、不明です(笑)。
来年に備えて、ということはありでしょうかねぇ?

河口堰も、カモが増えましたか。
あちこち気になりますが、九華公園のカモ、ユリカモメも気になって仕方ありません(笑)。

投稿: mamekichi | 2016年11月 3日 (木) 19時13分

こんにちは、11月になって寒くなってきたと思ったらユリカモメがやってきたんですね。
ユリカモメはすばしっこいし、ギャーギャーとうるさく感じる時もありますね(笑)
ツツドリと言う鳥の名前は初めて知りました。
お腹の縞模様?がきれいですね。
カイツブリやオオバンなど鴨の仲間は種類が多くて見分けがつきません。
白黒の鴨さんがキンクロハジロのオス?ぐらいしかわかりません(笑)

投稿: ミリオン | 2016年11月 3日 (木) 14時00分

mamekichiさん、こんにちは!

ついにユリカモメ到着ですね、またエサに群がるユリカモメ達を見に行かねばなりません。そしてツツドリ!山奥にしか居ないと思っていましたが、市街地にもやって来るのですね。今年の夏に同じカッコウの仲間、ホトトギスの鳴き声は聞きましたが、どこに居るのか判らずでした。カモの種類も増えてきましたね。

コゲラはどこに行ってしまったのでしょうか、一旦寒くなった後に暖かくなったので、子育てシーズンと間違えて巣を作ってしまったのでしょうか。

毎度の河口堰情報ですが、カモの数が、一気に増えましたよ。

投稿: ひらい | 2016年11月 3日 (木) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薫風バラ園と九華公園へ……カモは55羽 | トップページ | トビに遭遇、ユリカモメは4羽で飛翔シーンにチャレンジ……九華公園管理事務所に「九華公園の野鳥たち」の掲示を出していただきました »