« かかしコンテストと、紅葉狩り……榊原温泉にて | トップページ | ホシゴイ、立ち位置が「昇格(笑)」……歴史を語る公園にオオバン »

2016年11月23日 (水)

揖斐川にカンムリカイツブリ……パワーアップした「九華公園の野鳥たち」の案内看板(笑)

Img_3917_800x533

 日差しはあってよいのですが、特に朝のうちは冷たい風が吹いていました。Img_3920_800x515 これからこういう日には、我が家からは眺望がきくようになります。左は、木曽御嶽山。右は、名駅前の高層ビルや、恵那山(やや右にある高い山が、恵那山)。鳥が飛んでいるところも写り込んでいました(微笑)。
Dscn1929_800x583 月曜は会議、昨日は実家と、散歩に行っておりませんでしたので、3日ぶりにいつものコースへ。8時半過ぎから11時。住吉神社から九華公園、京町、寺町と5.4㎞。市長選挙が行われていますので、途中、2候補の選挙カーに遭遇しました。左は、九華公園の二の丸跡から見た堀。落ち葉が吹き飛ばされ、水に浮いています。桜の花びらなら「花筏」ですが、これにも名前があるのでしょうか?
Img_3769_800x593 強風のためか、揖斐川まで鳥影なし。あの中州にもアオサギさんはゼロ。Img_3772_800x646 三の丸水門のところまで来て、カンムリカイツブリを1羽発見。波に翻弄されている感じでした。波の谷間に入ると、姿が見えないくらいでした。
Img_3773_800x562 吉之丸コミュニティパーク駐車場脇で、目の前の気にモズのメスが飛んできました。慌てて1枚。
Img_3879_800x555 鎮国守国神社の社務所の裏。必ず、そして、何回かチェックが必要なポイントになっています。9時には、ゴイサギが2羽のみでしたが、10時に再度見たら、ホシゴイが出てきていました。2日、間が開きましたが、このところこのメンバーで固定のようです。止まっている位置も、毎回ほぼ同じ。今日もアオサギは不在でした。ホシゴイがもう1羽いたのですが、どこへ行ったのか疑問です。
Img_3796_800x533 九華公園のカモは、合計60羽。ホシハジロのオスが3羽、ハシビロガモのオスが1羽、メスが1羽、ヒドリガモのオス、メスがそれぞれ1羽。それ以外はキンクロさん(53羽)。キンクロさんたち、人の姿が見えると、寄ってきます。餌をくれる人がいるということをすっかり学習したようです。
Img_3845_800x534 ハシビロガモのオス、エクリプスから抜けていく様子を見ています。今日は、こんな感じ。見ていて思い浮かんだのは、「丸刈りの中学生の男の子」というイメージ。肉眼で見ると、頭部の緑色(オス本来の色)があったように思います。
Img_3831_800x508 左の写真、手前はホシハジロのオス、向こうは、ヒドリガモのメス。右の写Img_3848_800x562 真はハシビロガモのメス。
Img_3834_800x532 ユリカモメは、14羽。舞っている時もあったのですが、強風に煽られていました。左は、公園内の野球場のフェンス場に止まっているところ。風が強いので、皆風が吹いてくる北西の方向を向いて止まっています。
Img_3851_800x533 今日は、揖斐川から少し水が入っていましたので、カワウの姿もたくさん見られました。堀に潜って漁もしていたのですが、魚を捕まえたところは見られませんでした。カワウたちも、照明灯の上では、ユリカモメと同じく皆北西方向を向いていました。
Img_3861_800x511 グラウンドには、セグロセキレイが2羽。フェンス越しの撮影になりますのImg_3885_800x571 で、なかなかうまく撮れません。辰巳櫓跡には、カワラヒワが5羽ほど。そっと近寄ったら、カワラヒワが止まっている気のすぐしたから撮ることができ、ラッキーでした。
Img_3908_800x548 公園の外周遊歩道の南、立教小学校の体育館脇では、ハクセキレイがImg_3913_800x611 2羽、戯れていました。遊歩道を歩いたり、近くのお宅の屋根に上がったり。強風でしたが、鳥見としてはまぁまぁでしょう。
Dscn1923_800x600 余談ですが、お付き合いください。以前、「九華公園の野鳥たち」という資料をつくり、管理事務所に置かせていただいた話を載せました。その後、案内の看板を出していただいたのですが、さらにパワーアップしたものをつくっていただきました。自然木で枠組みを組んでありますし、上には、鳥が乗っています(もちろん、作り物ですが、ここに本物が止まってくれたらなぁ、などと思ったりしました)。
Dscn1925_600x800 こちらが全体像。右側にはまぐり型の看板が縦に並んでいますが、こちらは桑名市の観光案内パンフレットの案内。管理人さんたちも、いろいろ工夫して、公園の魅力アップに取り組んでいらっしゃいます。「九華公園の野鳥たち」も、少しは貢献できているとうれしいのですが、どうでしょう? 

|

« かかしコンテストと、紅葉狩り……榊原温泉にて | トップページ | ホシゴイ、立ち位置が「昇格(笑)」……歴史を語る公園にオオバン »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。
強風でしたね。
私もカンムリカイツブリの写真を撮るのに、カメラがぶれて困りました。
カンムリカイツブリもあちこち移動するようですね。
昨シーズンは、風の強い日にはよく揖斐川で見かけたのですがねぇ。

ゴイサギ、棲み着いたかも知れません。
ただ、神社の方は嫌っていらっしゃるようですから、安住の地になるかどうかまだ予断を許しません。
カモ、増えてきましたね。
普段あまり見ないカモや、メスの判別は難しいです。
ハシビロさんも、オスはまだエクリプスから抜けていないので、遠目にはメスと区別がつかないこともあります。

ユリカモメは、何をしていても絵になります(微笑)。
サギや、他の鳥たちも同じですが、風が強いと皆風上を向いていざるを得ないので、大変ですよね。

カワラヒワ、うまい具合に近づけました。
非常にゆっくり動くとか、なるべく姿勢を低くするという工夫をすると、鳥を驚かせないで済むようです。
「ピクミンのオリマー」、知りませんでした(ネットで調べ、わかりましたが)。

ブログ、拝見しました。
やはり木曽川はすごいということですね(笑)。

投稿: mamekichi | 2016年11月24日 (木) 08時19分

mamekichiさん、こんばんは!

今日は風が強かったですね、晴れて撮影にはもってこいの状態だったのですが、風でカメラがぶれて大変でした。カンムリカイツブリ、河口堰に2羽居ましたが、先日17羽居たのと比べると少なくなってしまいました。

ゴイサギ、九華公園に棲みついてくれたようですね、毎日見れると散歩の楽しくなりますよね。そしてカモたち、どこでも見かけるようになってきましたね。判別出来ると更に楽しいと思うのですが、キンクロ、ホシハジロ、ピュアカルガモは問題無いですが、他のカモ達は良く見ても判別不可が多いです。

ユリカモメ、揃って同じ方向を向いている姿はカワイイですね。風が強いので、そうするしか無いという感じですね。

そしてカワラヒワ、頭に写ってる向こう側の枝が、ちょうど飾りを付けてるようで面白いです。かなりマイナーですが、ピクミンのオリマーのようです。

本日、藤前干潟を確認して来ましたが、カモたちがほんの少し居ただけでした、ついでに湾岸弥富~弥富野鳥公園~鍋田川下流~木曽川を確認、結局一番楽しかったのは木曽川という落ちでした。(笑) 午後から河口堰を少し確認、充実の祝日でした。

投稿: ひらい | 2016年11月23日 (水) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かかしコンテストと、紅葉狩り……榊原温泉にて | トップページ | ホシゴイ、立ち位置が「昇格(笑)」……歴史を語る公園にオオバン »