« 速報:九華公園にキンクロハジロ登場!……アオサギ、モズ、赤須賀城跡を訪ねた話を追加 | トップページ | 九華公園のカモは5羽……「九華公園の野鳥たち」、とりあえずできあがり »

2016年10月10日 (月)

湖北野鳥センターへ……ヒシクイになってきました(笑)

Img_4801_800x567  気持ちよく晴れました。晴れたら、河口堰か、木曽川かにでも行こうかと思っDscn9863_800x600 ていたのですが、急遽相談がまとまり、遠征してきました。遠征先は、こちら、湖北野鳥センターと、となりにある道の駅・湖北みずとりステーションであります。我が家から、片道80㎞弱、ほぼ2時間であります。10時出発、帰りは多度で買い物をしてきましたので、16時半帰宅でした。

Img_4735_800x519  野鳥センターの西、琵琶湖畔です。ものすごい数のアオサギと、ダイサギ。Img_4743_800x508 これでもごく一部です(左の写真)。カモたちもすごい数です(右の写真)。残念ながら、小生のデジイチ、250mmズームでは、いかにも力不足。

Img_4748_800x539  奥に見えるのは、竹生島。いやぁ、初めて行きましたが、いいところです。鳥Img_4754_800x529 友のSさんは、よく行っていらっしゃり、「一度行くといいよ」とおっしゃっていたのですが、ようやく行けました。右の写真では、サギたちに混じって、中央にはトビが降りています。

Img_4723_800x561  トビは、この辺り一帯でたくさん飛んでいました。湖畔を長浜市内まで走ったImg_4780_800x582 のですが、あちこちで見かけました。



Img_4783_800x575  遠すぎてよく分からないのですが、ヒシクイです。今日は、14羽が来ていました(数えました)。ガンの仲間で、84cmと大きな鳥です。ヒシクイ(菱喰)という名前の通り、ヒシの果実を食べるのです。

Dscn9868_800x599  そのヒシは、これ。日本には、オニビシとヒメビシがあるそうですが、そのDscn9871_800x599 実を乾燥させたものは撒菱として忍者が追手の足を止める小道具になります。野鳥センターでは、これを試食させてもらいました。殻はかなり固いもので、職員の方が苦労して割ってくださいました。デンプン質が多いようです。ゆでるか蒸して食べると栗のような味がするそうですが、今日はそのまま食べました。けっこういけるかも知れません。ヒシクイになった気分を味わってきたということです(笑)。

Dscn9864_800x429  今日、湖北野鳥センターで観察された鳥の一覧。コハクチョウは、能登半島あたりまで来ているそうで、あと1~2日でここまで来るだろうということでした。

Dscn9874_800x599  ところで、野鳥センターには、カメやカエルなどの生き物も飼われていました。左の写真は、クサガメ。顔に緑色の線が入るのが特徴とありました。遺伝子解析により、最近、中国大陸由来の外来種であることが確認されたそうです。

Dscn9879_800x571  こちらは、イシガメ。甲羅の後ろがギザギザになっているのが特徴。他のカメに比べ、田んぼなど陸上にいることが多いようです。近年、環境悪化や、外来種との交雑によって、絶滅が危惧されているといいます。

Dscn9845_800x600  ところで、到着したのがちょうどお昼。湖北みずとりステーションで弁当を買い、2階の展望室で食べました(今日は、かなりの強風でした)。ビワマスは、あいにく売り切れ。ワカサギの天ぷら(若鮎もあったのですが、そちらはそろそろシーズンが終わりだから、ワカサギの方が美味しいと聞いて、です)。鯖そうめんに牛丼。牛肉は、近江牛だったのでしょうか? よく分かりませんでした(笑)。

Img_4815_800x509  帰りは、道の駅・月見の里 南濃に立ち寄って、ミカンをゲット。柿も欲しかったのですが、今回はパス。その後、「南濃ドライブイン」を見て帰ってきました。南濃ドライブイン、昔は国道258号線を通ると、必ず立ち寄ったものです。まだ営業していて、ちょっと感激(笑)。

|

« 速報:九華公園にキンクロハジロ登場!……アオサギ、モズ、赤須賀城跡を訪ねた話を追加 | トップページ | 九華公園のカモは5羽……「九華公園の野鳥たち」、とりあえずできあがり »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。
すごいところでした。
ひらいさんが興奮なさるのもよく分かりました。
写真で載せたのは、ごく一部で、まだまだ増えるというお話でした。
コハクチョウも、もう1~2日でやってくるとセンターの方がおっしゃっていました。
また行きたいと思うのですが、それにしても80キロ弱というのは、結構遠いですね。
帰りに、姉川のところも通ってきましたが、こちらもサギがたくさん見えました。
ダイサギも、アオサギも姉川よりも野鳥センターのところの方が多いですね。
センターの方に伺ったところでは、センターの前の湖畔は、干潟の地形から人があまり近づけないので、集まってくるのだろうということでした。

ところで、あれだけ距離がありますと、デジイチ+250mmでは、非力でした(笑)。
500mmズームが欲しいですねぇ。

投稿: mamekichi | 2016年10月11日 (火) 09時16分

こころんさん、おはようございます。
良い天気でしたので、急に思い立って行ってきました。
すごい数の野鳥で、さらに増えるというので、驚くとともに、うらやましい気がしました。
そうそう、いい年をしてスキップしそうでした(爆)。
ただ、写真を撮るとなると、250mmズームでは全然ダメで、500mmくらいの望遠が欲しいなと思うようになってしまいました。

ところで、お昼は、本当は、ビワマスが食べたかったのですが、すでに売り切れ。
他に食べてみたかったものとして、鯖そうめんを選びました。
牛丼は、値段からすると、近江牛かどうかあやしかったのですが、そう信じて食べてきました。
やはり、その土地のものを食べるのがいいですし、楽しみです。

投稿: mamekichi | 2016年10月11日 (火) 08時58分

おユキさん、おはようございます。
急に思い立って、行ってきました(笑)。
天気も良かったですしね。

すごい数の野鳥でした。
まだ増えるそうですから、恐ろしいところです。
トビなどもたくさん飛んでいましたし、帰る途中に通った「姉川」でも、サギがたくさん集まっていました。
ただし、片道80キロ弱、2時間というのはちょっと遠いですし、冬は雪が積もるでしょうから、なかなか行けません。

昨日は、かなり強い北からの風が吹いていました。
カモさんたちは、波にチャプチャプしていましから、波が動いているように見えるかも知れません。

ヒシは、思ったより美味でした。
福岡や、佐賀では栽培し、出荷しているそうです。
ものすごく固い果実でした。

ヒシクイは、剥製がありましたが、84cmと、アヒルくらいの大きさでした。
遠目に見ても、普通のカモよりもはるかに大きく見えました。
ヒシを7~8個食べては、消化のため、寝るそうですよ。

カメさん、おっしゃるようにきれいでした。
風呂に入れてもらっていたりして……(笑)。
イシガメは、固有種ですから、何とか残したいものと思います。

南濃ドライブイン、ご存じでしたか?
最初の職場での慰安旅行で北の方へ行くとき、必ず立ち寄った記憶があります。
道の駅全盛の時代に、まだ健在でしたから、ちょっと感動です。

投稿: mamekichi | 2016年10月11日 (火) 08時54分

チーママさん、おはようございます。
ヒシ、私は知識としては持っていたのですが、実物を見たのも、食べたのも初めてでした。
野鳥センターの職員の方が「食べてみますか?」とおっしゃった時も、恐る恐る試してみました(笑)。
「種子は食用にする」と書いてありますし、福岡や佐賀では栽培され、出荷しているとネットにありました。
探すと売っているのかも知れませんね(近所のスーパーなどでは見たことはありません)。

投稿: mamekichi | 2016年10月11日 (火) 08時46分

ミリオンさん、おはようございます。
すごい数の野鳥でした。
まだこれからコハクチョウが来たり、カモやヒシクイも増えたりするそうです。
定期的に通いたいところですが、片道2時間は遠いですし、冬になると雪が積もるでしょうから、なかなか行けないのは、残念です。
このあたりは結構野鳥がたくさんいるところのようです。
帰りに通ってきた姉川という川にも、サギがたくさんいました。

ビワマスが食べられたら、水鳥ステーションのレストランで食べようと思ったのですが、あいにく売り切れていました。
お弁当も、ワカサギの天ぷらも美味しかったですよ。
鯖そうめんは一度食べてみたかったので、満足です。

投稿: mamekichi | 2016年10月11日 (火) 08時42分

mamekichiさん、おはようございます!

遠征お疲れ様でした、相変わらずとんでもない所だったようですね。何度か行った所ではありますが、とても羨ましいです、自分もそろそろ行かねばと思っていたのですが、なばなの里確認ばかりで、散歩もサボリ気味です。(笑)

ダイサギとアオサギの数、姉川よりも多く感じますね。周辺からどんどん集まって来てるのでしょうか。確認出来る野鳥で、コサギとカワラヒワが不在と言うのも不思議な感じですが、長良川周辺では見られない野鳥も既に多く滞在してるようで、改めて凄い所だと思いました。寒くなる前にコハクチョウだけは確認しに行かなければなりませんね。

投稿: ひらい | 2016年10月11日 (火) 06時19分

こんばんは
すごい遠征をされたのですね。
これだけ鳥がたくさんいてくれたら
mamekichi さんの足取りが
スキップになったのではと想像してます(^-^;
お弁当美味しそうですね。
その土地の物を口にするのが一番ですね。
いい天気でよかったですね。

投稿: こころん | 2016年10月10日 (月) 21時22分

mamekichi先生、こんばんは。

なんという遠出!
そして、なんという数の鳥さんたち!
さぞかし、内心ではキャーキャー大騒ぎだったのでしょうね(笑)。

お写真を拝見して、あまりの景色に、鳥さん達の鳴き声や、波の音が聞こえるようです。
(波が動いて見えたのですけれど、疲れているのでしょうか。)

マキビシの実、聞いたことはありますが、ヒトが食べられるとは知りませんでした。
形は、柿のヘタかと思いました。

ヒシクイさん、シルエットの感じと、餌の大きさから察するに、けっこう大きな鳥なのでしょうか?

カメさんたち、飼われているだけあって、手入れが行き届いていて、ピカピカしているような気がします。

南濃ドライブイン、歴史を感じます(笑)。

投稿: おユキ | 2016年10月10日 (月) 21時03分

昔ゆでたのを食べましたが、おいしかったですよ~
田舎から送ってきたと言っていましたから、普通に食べる地域もあるのでしょうね。
ヒシの実って売っていないかしら?

投稿: チーママ | 2016年10月10日 (月) 20時46分

わぁ~すごい数の野鳥ですね~。
こんなにたくさん野鳥がいるとわくわくしそうですね。
琵琶湖は年中野鳥がいるのでしょうか?
お弁当美味しそうですね、その土地の食べ物は楽しみですね。

投稿: ミリオン | 2016年10月10日 (月) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 速報:九華公園にキンクロハジロ登場!……アオサギ、モズ、赤須賀城跡を訪ねた話を追加 | トップページ | 九華公園のカモは5羽……「九華公園の野鳥たち」、とりあえずできあがり »