« 輪中の郷、木曽三川公園カルチャービレッジ、立田ふれあいの里へ……コスモス、またもや「俄昆虫写真家」 | トップページ | モズとカワラヒワくらい……またもや歯が割れ歯科受診(苦笑) »

2016年10月 4日 (火)

ミサゴが獲物をわしづかみ……午後から散歩の部、「くわな史跡巡り」を入手、今頃メダカの赤ちゃん誕生!

Img_4272_800x531 本日、第2部であります。まずは、こちらから。住吉神社前の揖斐川上空。Img_4280_800x607 「猛禽類にしては、ちょっとヘンだな」と思って写真を撮ってきました。肉眼では分からなかったのですが、パソコンで見て、ビックリ。ミサゴが、コイか何かをわしづかみにして、上流方面に飛んで行ったのです。曇天でなければ、もう少しクリアな写真になったかも知れません。

Dscn9538_800x600  午前中の外出ではいささか歩き足らなかったのと、去年の今日、九華公園にキンクロハジロが初めてやって来ていたので、念のため確認に行こうと思い、14時半過ぎから散歩して来ました。16時20分くらい
まで。住吉神社から九華公園を往復し、4.5㎞。

Img_4259_800x569  揖斐川上空では、ウミネコが何羽も飛び交っていました。春、夏よりも秋から冬の方がよく見る気がします。


Img_4267_800x569  往きも帰りも、揖斐川沿いの堤防を通ったのですが、中州にはサギの姿がImg_4359_800x541 見られました。左は、往きにみたもの。3羽いますが、距離がありすぎて、何サギかはよく分かりません。右は、帰りに見たもの。2羽が前後にいて、重なっています。

Img_4287_800x532  三の丸水門下流側には、アオサギさんが。しばらくこちらには気づかなかっImg_4296_800x531 たようで、何枚も採らせてくれました。が、やはり。気づくと、逃げ足の速いこと(笑)。いつもいつも書きますが、写真を撮るだけですから、もっとフレンドリーにしてもらいたいものです。

Img_4330_800x605  九華公園では、辰巳櫓跡で、コゲラ、シジュウカラ、エナガに遭遇。コゲラImg_4343_800x598 (左の写真)は、証拠写真。曇天でしたから。右のシジュウカラの写真も、あまりクリアではありません。


Img_4336_800x607  エナガは、10羽以上の群れでいました。ここ数日、住吉入江あたりや、九華公園でエナガの群れをよく見ます。しばらく滞在中のようです。


Img_4356_800x546  九華公園を往復したのですが、帰りは少しルートを変えて、三の丸公園をImg_4373_800x575 南から通過。三の丸公園では、モズを見かけましたが、こんな写真。オス・メスの判別もちょっと難しいところ。桑名七里の渡し公園からは、諸戸氏庭園の東端にカワラヒワが10羽くらいいるのが見えました。ただし、これも証拠写真レベル。

Kuwanasisekimeguri_564x800  余談その1。余談にはもったいないものですが……。10月の「広報くわなKouhou1610 (p.29)に載っていて、これは是非入手しなくてはと思っていたもの。「くわな史跡巡り」という冊子。桑名市文化課が編集し、発行したものです。以前、「志るべ石」という冊子があったのですが、それの改訂版といえるものです。地図などが改められているようです。九華公園の管理人をしていらっしゃるOさんにお世話になりました。ざっと見たのですが、歴史散歩には必需品です。知らないところ、知らないことがたくさん載っています。これを持って歩かねば……。

Dscn9562_800x558  余談その2。今朝発見したもので、かなり驚きました。予備にと思って用意していた水槽に、メダカの赤ちゃんらしき姿がたくさん! 何かあったときに備えて用意し、ホテイアオイを1つ浮かべておいた水槽を今朝覗いたら、細かいものが動いていたのです。たぶんメダカの赤ちゃん。「今頃!?」ということと、「卵があったのか?!」と、二重にビックリ。もう一つの予備水槽でも先日、1匹が泳いでいたのですが、そちらは姿を消してしまいました。第一世代が残してくれたものにしては、少々遅い気がしますが、今からきちんと育つのか、心配です。

|

« 輪中の郷、木曽三川公園カルチャービレッジ、立田ふれあいの里へ……コスモス、またもや「俄昆虫写真家」 | トップページ | モズとカワラヒワくらい……またもや歯が割れ歯科受診(苦笑) »

ネコ」カテゴリの記事

メダカ」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。

ミサゴは、全長60cmほどの大きさです。
それから見て、獲物は40cmくらいでしょうか。
それにしても大きくてビックリします。

クルマの整備工場で猛禽類を飼っているんですか?
趣味なのでしょうか?
工場など、ドバトが入り込んで困るので、鷹で追い払うという話も聞いたことがあります。
一度拝見してみたいものです。

ところえ、「くわな史跡めぐり」には、地図も載っていますから、どこに何があるかよくわかります。
また、街道別の見どころ(東海道、美濃街道などなど)や、神社の他、建造物、天然記念物、文学・文化のほか、祭礼や歳時記も含まれていて楽しめますよ。

投稿: mamekichi | 2016年10月 5日 (水) 14時28分

ミサゴけっこう大きな獲物をつかまえてますね。
出かける途中、とある車の整備工場の前を通ると、
鷲か鷹かわかりませんが紐をつけて飛ばしてるのを見たことがあります。
工場内で飼ってるのだろうけど突然の姿にびっくり、今日も見かけました。

くわな史跡巡りはどんな所が載ってるのか興味あります、
昔と今とどう変わったのか違いとかもわかるのかな。

投稿: ミリオン | 2016年10月 4日 (火) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 輪中の郷、木曽三川公園カルチャービレッジ、立田ふれあいの里へ……コスモス、またもや「俄昆虫写真家」 | トップページ | モズとカワラヒワくらい……またもや歯が割れ歯科受診(苦笑) »