« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

2015年10月から2016年5月九華公園ユリカモメの数の推移

20152016yurikamome_800x566  昨日のカモのデータ(2015年10月から2016年5月九華公園カモの数の推移(最終版))に引き続き、九華公園にやってくるユリカモメの数の推移です。集計期間は、2015(平成27)年10月から2016(平成28)年4月です。散歩がてらチェックしていますが、時間帯はほとんどが午前中(9時~10時半くらい)です。観察数がゼロになっているのは、九華公園に行ったものの、そのときにはユリカモメはいなかったことを示しています。データが欠けているところ(折れ線グラフが途切れているところ)は、九華公園には散歩に行かなかった(行けなかった)日です。

 10月24日や、11月16日にも1羽ずつやって来てはいますが、本格的に来るのは、12月に入ってからと言ってよいでしょう。11月中は、多くても28日の11羽。12月に入ると、1日に40羽となっていました。ちなみに、2014年に初めて見たのは、11月12日でした。

 12月に入って以降も、やって来る数には、かなりの増減があります。カモは、割と一定の数がいるのですが、違いがあると思われます。これは、推測(仮説といえるほど根拠はありません)ですが、カモは「滞在型」であるのに対して、ユリカモメは「訪問型」ではないかと思っています。つまり、カモたち(大半はキンクロハジロ)は、九華公園の堀にずっといる(夜間も寝泊まりしているように思います)のに対して、ユリカモメは他所で寝泊まりし、そこからやってくるのではないかと考えています。この推測(仮説)は、今シーズン、朝早くとか、夕方とかにも行って、観察して確認しないといけませんねぇ(苦笑)。言い出したという行きがかり上(責任……笑)。

 ユリカモメの数、4月に入ると激減します。3月下旬には、一桁台のこともありますが、10~40羽来ていたものが、4月には、3日、5日に2羽。6日以降はゼロとなりました。

| | コメント (2)

つかの間の青空のもと、モズ、アオサギ……ニホンイシガメ?も

Dscn9358_800x600 つかの間の青空でした.午後からは雲が広がり、さらにしぶしぶと降り始めImg_3912_800x519 ました。桑名市内では、明日運動会という小学校もありますが、明日はちょっと難しそうです。散歩の途中で通った、立教小学校では、運動会の練習と準備が行われていました。運動会はやはり、青空の下で、思いっきりやるというのがいいですね。

Img_3836_800x533  この天気、散歩に行かない手はありません。8時35分から11時過ぎまで。住吉神社から九華公園、貝塚公園、新築公園、老松公園、桑名別院、寺町と、いささか欲張って、5.6㎞。左の写真は、揖斐川で貝を捕っている漁船と、長良川河口堰。今日のような天気、川沿いはとても気持ちのよいところです。

Img_3833_800x590  散歩に出てすぐ、桑名七里の渡し公園でモズを見かけました。オスのようです。東から来て、諸戸氏庭園の方へ飛び去りました。


Img_3840_800x530  揖斐川右岸、住吉水門と川口水門の間に、カワウとアオサギが並んでいました。たまにこういう光景を見ますが、両者、仲は悪くないようです(笑)。


Img_3855_800x572  そして、九華公園にも久しぶりにアオサギさんの姿が。鎮国守国神社社務Img_3860_800x578 所裏の、例の場所です。視線は、こちらに向いているようですが、平然とした風を装っていました(苦笑)。堀を挟んで30mくらいの距離があるからでしょう。

Img_3882_800x546  九華公園の野球場には、ハクセキレイが7羽も集まって、餌探しをしていImg_3887_800x554 ました.フェンス越しに撮りましたので、よく写ってはいませんが……。あたりには、ムクドリも数羽が群れていました。


Img_3929_800x578  曇天で、逆光の位置でした。内堀あたりのお宅の屋根には、ハクセキレイが2羽。今日は、この他にも九華公園周囲でハクセキレイをよく見ました。


Img_3829_800x536  ところで、今日は、ニホンイシガメではないかと思われるカメを、住吉入江Img_3890_800x545 (諸戸氏庭園前)と、九華公園の野球場の南の堀と、2ヶ所で見ました。どちらも、甲羅の後ろにギザギザがあるようですから、ニホンイシガメのように思います。左は、住吉入江で、右は九華公園で見たものです。

Dscn9385_800x600  オシマイにまたもや、旅ネコ写真。左は、九華招魂社の拝殿で撮ったもImg_3904_800x575 の。ここはよく旅ネコさんがいます。右は、九華公園の外周遊歩道で撮ったもの。このあたりに最近新しいネコが3~4匹いると聞きます。今日は、写真の2匹を含め4匹がいました。いずれも見慣れない顔です。

Img_3897_800x533  午後からは、昨日アップした「2015年10月~2016年5月の九華公園におけるカモの数の推移」に引き続き、ユリカモメのデータを整理していました。またあとで記事にしようと思っています。

| | コメント (4)

2016年9月29日 (木)

2015年10月から2016年5月九華公園カモの数の推移(最終版)

20152016kamo_800x491  2015年10月1日から2016年5月5日までの、九華公園でのカモの観察結果です。この間のカモの数の推移をグラフにしました。これが、最終版であります。九華公園に行かず(行けず)、チェックしていないところは、データがありません(それ故、折れ線グラフが途切れています)。“ゼロ”になっているところは、九華公園に行ったものの、私が見たときには、カモがいなかったことを示しています。 

 去年(2015年)は、10月4日にキンクロハジロが1羽、初お目見え。その後、しばらく姿は見られず、次にやって来たのは、10月14日(1羽)でした。10月も終わりになると30羽くらいに増えます。11月には50羽前後、11月後半には、60~70羽くらいになります。大半は、キンクロハジロ(スズガモも一部含まれていることがあります)。そのほかは、ホシハジロ、ヒドリガモ、ハシビロガモが見られました。

 12月から2月半ばくらいは、少ない日ですと50羽前後ということもありますが、だいたいは60~80羽前後で推移しています。今年2月14日には、8羽に激減しましたが、これは、前日大雨が降った影響かと思います。

 3月26日以降、九華公園では、桜を愛でるための「堀巡り」の船が運航されました(4月10日まで)。カモたちはこれを嫌うようで、運行開始初日(3/26)こそ、31羽いましたが、その後はゼロという日も多くなりました。鳥友さんの観察結果と付き合わせますと、堀巡りの船が動き始める前は、30羽近くいても、いざ船が運航されると、どこかへ逃げてしまうようです。

 ちなみに、堀巡りの頃、「浮き行燈」(というのかどうか、不明ですが)が堀に浮かびます。これもカモにとっては、好ましい対象ではないようです。ただ、最終的には、「害がない」ことを理解するようで、行燈の周りを泳ぐようになります。

 私が見た範囲で、最後にカモ(キンクロハジロ)が確認されたのは、4月30日でした。例年、ゴールデンウィークあたりまでいますから、ほぼ同じと思います。

 キンクロハジロ以外に、今シーズン九華公園で観察できたカモは、次の通りでした:

  • ハシビロガモ
  • ホシジロ
  • ヒドリガモ
  • スズガモ

 今年8月下旬までの観察記録は、入力し終えました。あと1ヶ月分です。ユリカモメのデータ整理は、これからです。ユリカモメが来るまでにはと思っています(微笑)。

| | コメント (0)

「旅ネコ歩き(爆)」……ダイサギ、エナガ、コゲラは証拠写真

Dscn9331_800x600 朝9時台くらいまでは割とよく降りました。もうそろそろ勘弁してもらいたいところです。10時過ぎから明るくなってきましたので、昨日と同じく10時半くらいから1時間15分ほど、住吉神社から九華公園、田町、三崎見附と3.5㎞ほど歩いてきました。

Img_3759_800x554  ちょっとピントが甘かったのですが、旅寝古参が、九華公園本丸跡にあるブランコで遊んでいました(爆)。この直前には、写真に写っている2匹ともブランコに乗っていて、一瞬目を疑いました。

Img_3768_800x533  ここにいたのは、3匹。右のネコ、何やら狙っているようで、姿勢を低くして歩いています。視線の先にいたのは、ドバト。ドバトを狙っていたのでしょうか?


Img_3772_800x532  このネコさんたち、結構楽しませてくれました(笑)。左の写真で向かって左Img_3780_800x539 にいたネコ、上の写真野猫に倣って、ドバトの方へ移動し始めたのですが、どういうわけか、右のような状況に。

Img_3791_800x528  その後は、こちらのような有様。ドバトを追いかけるのは、どこかへぶっ飛んでしまったようです。このネコたち、最近、九華公園で見かけるようになりました。近寄っても逃げません。

Img_3750_800x532  またもや「猫歩きか?」といわれそうですが……。この2枚に写っている3匹Img_3754_800x515 は、ずっと以前から九華公園にいる旅ネコ。左の写真のネコには睨まれましたし、右の写真のネコたちにはこのあとすぐ逃げられました。左は、鎮国さんの拝殿で、右は、九華招魂社で。

Img_3706_603x800  鳥も、一応見てきました。天気も悪く、あまりいませんで、「証拠写真」ですImg_3735_571x800 (苦笑)。左の写真は、揖斐長良川中州。ダイサギでしょうか、中央やや下に写っています。カルガモさんは、野球場の南、吉之丸堀にいました。

Img_3723_800x613  モズ。メスのように見えます。九華公園、二の丸跡でけたたましく鳴いてImg_3727_800x596 いました。全くの証拠写真であります.このモズさん、その後、三之丸町内の電柱に移動(右の写真)。

Img_3802_800x570  エナガ。帰り際、鎮国守国神社社務所裏に10羽以上の群れがいましImg_3809_800x584た。が、曇天でやや暗いのと、よく動くこともあって、こんな写真。昨日、住吉ポンプ場南でも見ましたが、同じ群れなのかも知れません。

Img_3814_800x613  エナガと同じあたりに、コゲラも2羽。これまた証拠写真であります(苦笑)。

Img_3722_800x533  明日は、晴れそうです(ただし、晴れのち雨という予報で、ちょっと残念)。「秋の長雨」とはいう物の、こんなに雨模様の天気が続くのは参ります。

| | コメント (0)

2016年9月28日 (水)

今日も降られました(苦笑)……代わりばえなく、ヒガンバナと、鳥は証拠写真のみ

Dscn9321_800x600  案の定、降られました(苦笑)。朝からときどきしぶしぶと降っていたのですが、10時を過ぎてから、空には、明るいところも見られ、雨雲レーダーを見ても大丈夫そうでしたので、散歩に出たのです。スッキリしない天気が続きますから、歩けるときには歩こうということなのです(ほとんどビョーキです)。1時間くらいは大丈夫かと、10時半に出発。住吉神社から九華公園を半周、そのまま田町から住吉入江を回って戻ってきたのですが、帰り際に降ってきてしまいました。1時間くらいでとどめておけばよかったのに、1時間20分ほど歩いたからかも(笑)。3.7㎞。

Img_3610_800x533  さて、天気も、時間も中途半端で、鳥たちも、散歩友達の方たちもいません。鳥は、後で証拠写真を載せます。やむを得ず、今日もヒガンバナで(笑)。左は、鎮国守国神社の境内にある、旧・桑名城天守台跡(石垣は、天守閣があった当時の物ではありません)。ここにもヒガンバナが咲きますので、天守台、戊申殉難招魂碑(天守台の上の剣の形の碑)とのコラボを撮りたいと思っていたのです。真っ赤なヒガンバナの中に碑がスッと建っているようなイメージを持っていたのですが、それはどうやら難しいようで、これになりました。

Img_3632_800x566  帰り路、田町から県道沿いを住吉神社の方へ歩き、シロバナヒガンバナを探しました。記憶とは異なり、宝殿町から春日町あたりの西側の歩道にかなりたくさんありました。近くにお住まいの方が植えられたのでしょうか、本当にあちこちにありました。

Img_3639_800x568  赤い、普通のヒガンバナの方は、盛りを過ぎてしまったようで、色があせていました。真っ赤であれば、おもしろい景色になった気がします。赤白のヒガンバナが、重なるように咲いていました。

Img_3656_800x533  近くの別のところでは、こんなコラボも撮れました。このあたり、4~5ヶ所くDscn9318_800x600_2 らいで、シロバナヒガンバナも咲いていました。まだこれから咲きそうなつぼみもありました。


Img_3585_800x535  「鳥果」は上がりませんでした。九華公園では、ヒヨドリや、カワラヒワも見Img_3596_800x526_2 たのですが、写真に撮れたのは、シジュウカラのみ。しかも、ご覧のような証拠写真(苦笑)。拙宅近くの玉重橋のところでも、シジュウカラが2羽いました。

Img_3692_800x585  エナガです。住吉ポンプ場南の桜並木に10羽ほどの群れで来ていました。しかし、こんな天候ですから、こんな写真のみ。モノクロではありません(爆)。

 しばらくは、またもや不順な天候のようです。まったくイヤになります。テンションも、モチベーションも下がりっぱなし。来週予定されている特別支援教育支援員の講座のプレゼンを確認したあとは、市内の城跡のリストをチェックしています。九華公園の管理をしていらっしゃるOさんから、桑名市&朝日町の城跡地図(21箇所を掲載)をいただいてから、調べているのです。調べているといっても、桑名市の文化財ホームページで検索して、関連の資料で確認の上、整理しているというだけで、小学生の自由研究以下ですが……。47の「城館跡」「城跡」がリストアップできました。Excelのファイルで一覧を、また、地図入りの一覧をWordでつくり、pdfにしてあります。

| | コメント (2)

2016年9月27日 (火)

妖刀「村正」を見る……桑名市博物館にて

Dscn9252_800x600  曇りときどき晴れという天気ですが、湿度が高く、陽が出るととくに蒸し暑く感じます。午前中は、所用があり外出。午後からは、散歩に行こうか、迷ったのですが、見逃すといけないと思い、桑名市博物館の“特別企画展「村正 」-伊勢桑名の刀工-”を見てきました。噂によれば、かなりの人気だそうです。

Dscn9253_548x800  「村正」は、名刀とも、妖刀ともいわれ、その名はかなり知られていると思いますが、桑名の地でつくられていたということをご存じの方は少ないかも知れません。「ブリタニカ国際大百科(デジタル版)」の記述によれば、村正は、「伊勢、桑名の刀工。室町時代中期以後、代々活躍した。文亀・天文年間(1501~55)に同名の刀工が数台あるが、永正年間(04~21)の作品に傑作が多い。相州正宗の弟子と伝えるのは年代的にも根拠がなく、作風もむしろ美濃物(関物)の系統に近い」とあります。村正の屋敷は、走井山の下あたりにあったと伝わっていると、「新・桑名歴史散歩」に書かれています。また、お墓は、これも、言い伝えですが、南寺町の仏眼院にあるそうです。「千子宗入禅定門(せんごそうにゅうぜんじょうもん)」「承応四年(1655年)正月十六日」と刻まれているそうですが、何代目の墓かは不明といいます(桑名ふるさと検定 くわなのいろは)。

 「村正」は、よく切れることから多くの武士たちに求められたようですが、その一方で、徳川家に祟るといわれた数々の妖刀伝説があり、いろいろ興味深いところです。しかし、尾張徳川家は家康の形見として村正を伝承し、現在では徳川美術館に所蔵されているそうで、まさに「伝説」なのかも知れません。徳川美術館は徳川家康が村正を嫌ったのは「後世の創作」であるとしているといいます(Wikipediaの記述)。今回の展覧会でも、徳川美術館が所蔵する村正が一振展示されています。

Muramasa1_563x800 屁理屈、講釈はさておき、今回の出品リストは、左右の画像の通りです。桑Muramasa2_563x800 名市博物館のサイトのここにpdfファイルがあります。博物館の今回の展覧会についての説明は、こちらをご覧ください(今回展示されている刀剣の写真も、一部見られます)。村正の銘のある刀が20振ほどそろっています。私は、刀には詳しくはありませんが、確かに美しい物がそろっていました。一見の価値があると思います。実は、見に行きたいとは思っていたのですが、「妖刀」といわれる物は、ちょっと怖いなという気もしていたのですが、実際に見てみたら、とくに刃紋の美しさには見入ってしまいました。

 博物館の展示、いつもなら平日は空いているのですが、今日、小生が出かけた3時過ぎには、10名ほどの方が観覧しておられました。女性もいらっしゃったのには驚きましたが、最近は、「刀剣女子」ということばもあるそうですから当然なのかも知れません。

 会期は、10月16日(日)まで。桑名市博物館(三重県桑名市京町37-1)にて。開館時間は、午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)。入館料は、一般(高校生以上)は500円、小中生以下無料。交通アクセスについては、ここをご覧ください。原則として、月曜日休館です(祝日のときは開館)。

Dscn9257_800x557  余談のようなものです。小生が、観覧しているとき、CBC(中部日本放送、名古屋の放送局)のロゴが入った機材を持った女性が2人、入ってこられ、スタッフと打ち合わせをしておられました。「テレビの中継だったら、写るのは嫌だな」と思ったのですが(いつぞや、メ~テレの「昼まで待てない」という番組で、七里の渡し跡あたりを歩いている様子が、VTRに写り込んでいたことがあったのです……苦笑)、CBCラジオの中継のようで、ちょっと安心しました(爆)。

 VTRに写り込んだという「失態」についてのブログ記事もあります(2013.4.27、すし清で大長藤とアゲハチョウ、桑名別院のアヤメそして恐れていたとおり……)。メ~テレのサイトのここには、証拠写真が今までもありました(苦笑)。

【付記(9/27夜)】

 博物館に行くと、「図録」があると買ってくるのですが、今回の「村正」展の物は、売り切れていました。よほど人気があるのでしょうね。予約もできるようでしたが、今回はパス。本物のイメージの方が大切であります。

| | コメント (4)

2016年9月26日 (月)

九華公園でエゾビタキとメジロ……ヒガンバナの赤白コラボも

 

Dscn9207_800x600 晴れなのですが、雲が多かったり、スッキリしません。湿度はかなり高いようで、太陽が出ると蒸し暑く感じます。お彼岸も明けましたが、「暑さ寒さも彼岸まで」となるのでしょうか。今日は、8時40分から11時15分まで、住吉神社から九華公園、貝塚公園を経て、吉津屋町、寺町と5.3㎞。結構汗をかいてきました。

Img_3391_800x542  今日は、まずこちらから。エゾビタキと思います。九華公園の奥平屋敷跡近く。2羽いました。日本では繁殖せず、秋に旅鳥として、通過していきます。去年は、9月23日になばなの里で初めて見たのち、10月に入ってから九華公園でも確認しています。10月10日過ぎまでいたようです。

Img_3421_800x584  さらに、エゾビタキの近くでは、メジロの群れが賑やかにしていました。去年 は、9~10月の時期に、九華公園でメジロを見た記録はありません。11月の下旬になると姿が見られていました。シジュウカラも、鎮国守国神社の境内でたくさん鳴いていたのですが、木陰で暗くて、ちゃんとした写真は撮れませんでした。

Img_3348_800x559  アオサギもいたのですが、遠くてすべて証拠写真であります(苦笑)。左は、Img_3349_800x582 揖斐長良川の中州(住吉の休憩所の東あたり)。肉眼では、気づきませんでした。赤丸を付けた木陰に隠れています。右の写真は、もう少し下流にいたもの。鳥好きのSさんが、「さっき、アオサギが2羽くらいいた」とおっしゃっていたのですが、このアオサギさん達かも知れません。

Img_3351_800x575  川口水門(七里の渡し跡の目の前の水門)のところにも1羽、いました。すました顔をして立っています。写真は、住吉水門あたりから撮ったものです(近くに行くと、堤防上の道路からはこういう写真は撮れません)。

Img_3507_800x542  他は、毎度おなじみの方たち。左は、九華公園のカルガモさん。野球場のImg_3538_800x551 南の吉之丸堀にいました。右は、貝塚公園にいたハクセキレイ。餌を探していました。貝塚公園では、シジュウカラや、カワラヒワの鳴き声が聞こえていました。そろそろ貝塚公園も定例コースに復活させないといけません。昨日の記事のように、これからいろいろの鳥が出てきますから、楽しみです。

Img_3521_800x533  またもやヒガンバナで恐縮です。赤白のコラボですので、ご容赦ください。Img_3526_800x576 桑名シルバー人材センターのところに咲いています。一昨年見つけたものです。この後、貝塚公園でバールフレンドのお一人、I さんとお話ししていたら、この赤白コラボ、I さんが球根を買ってきて植えたものだということが分かりました。何とまぁ、奇遇。

Dscn9225_800x600  こちらもまたもやということですが、九華公園の旅ネコさん達。最近新顔が3~4匹加わったようです(9/23、アオサギに、夕日に物思うハクセキレイ……ヒガンバナ、また増えてきました)。一昨日と同じようなアングルの写真ですが(9/24、シロバナヒガンバナ)、九華招魂社のところにいた1匹。新顔さんと思います。

Img_3365_627x800  こちらは以前からいるネコさん。広いところに寝転がっているように見えますが、実は、九華公園内の道路上。車も通るところなのです。向かって右は、車両通行止めですが、左は鎮国さんへ入るところで、クルマも通ります。大胆であります。

Dscn9231_800x550  話題がバラバラでまとまりませんが、鎮国守国神社の御Dscn9234_800x600 車修祓殿。9/24(土)に氏子の皆さんなどに披露するセレモニーがあったようです。9/22には、神様がこちらにもいらっしゃったと伺っています(9/21、久しぶりにセグロセキレイ、台風でヒガンバナは倒れる……鎮国さんの御車修祓殿は完成)。たしかに拝殿の裏に、小さいながらも本殿が見えました。

Img_3553_800x563  最後までまとまらないまま(笑)、ツマグロヒョウモンのオス。寺町裏の、寺町堀沿いで。今年の夏は、あまり昆虫の写真を撮りませんでした。

| | コメント (4)

2016年9月25日 (日)

2015年9月~2016年3月鳥見リスト……このシーズン初見の日

 データはあったのですが、整理になかなか手が着きませんでした。昨年(2015年)9月から、今年(2016年)3月までの鳥見リストです。このシーズン、初見の日をあげてあります。観察場所は、主に九華公園。そのほか、散歩コースの諸戸氏庭園、住吉入江、住吉神社あたり、揖斐川沿い、大山田川、長良川河口堰で見たものをあげてあります(まれにしか行かない、両ヶ池、梅戸井などは割愛)。以下のリスト中、場所の記載がないものは、九華公園で見たものです。

 なお、渡り鳥でないものも含まれていますが(アオサギ、カワセミなど)、滅多に見られないところで見られたなど、それなりの理由がありますので、ご了解ください。このリストをつくった最大の理由は、自分のためかも知れません(苦笑)。ご容赦ください。

  • 9/1    アオサギ(揖斐川)
  • 9/9    シジュウカラ
  • 9/9    コゲラ
  • 9/13    ホオジロ(住吉神社)
  • 9/14    カワラヒワ
  • 9/18    キビタキ
  • 9/22    サメビタキ(吉之丸コミュニティパーク)
  • 9/22    モズ
  • 9/23  イソヒヨドリ(長良川河口堰)
  • 9/23  エゾビタキ(なばなの里)
  • 9/27    ヤマガラ(拙宅)
  • 10/4    キンクロハジロ
  • 10/4    コサメビタキ
  • 10/6    イソヒヨドリ(三の丸公園)
  • 10/12    カワセミ
  • 10/14    キンクロハジロ(10/04以来)
  • 10/16    ジョウビタキ(諸戸氏庭園前)
  • 10/16    キセキレイ(大山田川)
  • 10/16    コガモ(大山田川)
  • 10/16    カワセミ(大山田川)
  • 10/18    メボソムシクイ?
  • 10/18    スズガモ
  • 10/22    エナガ
  • 10/24    ユリカモメ(前年は11/12)
  • 10/26    ヒドリガモ
  • 10/27    ハシビロガモ
  • 10/30    セグロセキレイ(九華公園では以前はあまり見かけなかった)
  • 11/1    カンムリカイツブリ(長良川河口堰)
  • 11/6    タシギ(大山田川)
  • 11/7    カイツブリ
  • 11/9    ビンズイ(船津屋)
  • 11/9    カワセミ
  • 11/11    ウグイス(拙宅)
  • 11/13    オオバン(大山田川)
  • 11/16    ユリカモメ(10/24以来)
  • 11/21    シロハラ(照源寺)
  • 12/23    シロハラ
  • 1/12    シメ
  • 2/5    ゴイサギ
  • 3/23    オオジュリン(大山田川)
  • 3/23 ホオジロ(大山田川)
  • 3/23    イワツバメ(大山田川、新宮西橋)
  • 3/25    ツバメ(京町)

 鳥見データの整理は、引き続き行うつもりです。また、「九華公園で見られる鳥」といったリストを整理して、つくろうと思っています(思っているだけで終わるかも知れませんが……笑)。ご関心があれば、激励くださると、モチベーションがさらに高まります。

| | コメント (2)

2016年9月24日 (土)

シロバナヒガンバナ

Dscn9077_800x600 またもやスッキリしない空模様です。昨日の予報では、もう少しよかったはずですが、こればかりは何ともしようがありません(苦笑)。家事を済ませ、空を見て、雨雲レーダーを眺めて、迷ったのですが、9時10分出発で、散歩してきました。住吉神社から九華公園、京町、桑名別院、寺町と4.4㎞。京町あたりで多少降られました。

Dscn9104_800x600  今日は、何と言ってもこれです(笑)。シロバナヒガンバナ(白花曼珠沙華)でDscn9106_800x583 す。ここ2~3年、散歩コースでは見たことがなかったのですが、何と、まさに「灯台下暗し」でした。九華公園の野球場の東、いつもそばを通っているところに咲いていたのです(爆)。

Dscn9109_800x599  正直に白状しますと、自力で見つけたのではなく、九華公園でよくお目にかかる方に教えていただいたのです(微笑)。近くにお住まいで、私と同じ時間によくご夫婦で散歩にいらっしゃるのです。いやぁ、それにしても、どこを見て歩いているのでしょうねぇ? 「鳥を探しているから」と言い訳をしておきます(苦笑)。

Dscn9122_800x600  「お約束」のように、下から見上げるショットも撮ってきました(笑)。ちょうどDscn9126_800x600 満開という感じで、楽しめました。これで天気がよかったのなら、言うことなしなのですが……。まぁ、久しぶりにシロバナヒガンバナを見つけられましたので、贅沢はいわないでおきます。

Img_2835_800x533  さて、普通のヒガンバナも少し。左は、鎮国さんの裏手。今日の散歩コースでは、もっともたくさん咲いているところですが、拝殿の裏で、木陰というところで、写真は撮りにくいところです。

Dscn9092_800x600  九華公園の管理事務所南のところ。芽がたくさん出てきました。右は、諸Dscn9084_800x600 戸氏庭園の前の桜並木の下。ここにヒガンバナが咲いているというイメージはあまりなかったのです、今日見たら、結構出てきていました。あちこちにあるものです。

Img_2839_800x533  ところで、あいにくの天候で、鳥の姿はほとんどありませんでした。写真は、九華公園の野球場で集団で餌を拾っていたムクドリたち。この他、ヒヨドリや、ツバメ(揖斐川上空を1羽だけ、飛んでいました。まだ、南に帰って行っていないツバメがいるんですね)を見たくらい。どちらも一応写真は撮ったものの、とても見られるものではありませんでした。河口堰や、木曽川、弥富の三ツ又池公園などに行けば、もっと野鳥が見られるかも、と思っています。

Img_2825_800x550  オマケは、今日もまた旅ネコさん。九華招魂社の拝殿でお休みでした。広Dscn9097_800x563 角で撮ると、右のような景色。奥の方に見えるヒガンバナが、いつも「鎮国さんの裏手に咲いている」と書いているものです。

 午後からは、相談会の報告を仕上げて、発送したいと思っています。

【付記(9/24 14:00)】

 シロバナヒガンバナについて、「ここ2~3年、散歩コースでは見たことがなかった」と書きましたが、過去記事を検索してみたら、次の記事にシロバナヒガンバナについての記述がありました。この前見たのは、一昨年の9月でした。

  1. 2006年9月27日 思わぬ遠出 市内上之輪新田の長願寺さんの前で、赤白の彼岸花のコラボを撮影しています
  2. 2009年10月 4日 今宵は、十六夜コンサート 自宅近くでシロバナヒガンバナを撮っているのですが、場所の記録がありませんでした
  3. 2010年10月11日 散歩と読書三昧 宝殿町あたりの県道612号線沿いで撮影
  4. 2012年9月22日 秋らしくなりました……モズにも遭遇、サギたちのパラダイス、それに案山子 長願寺へ見に行ったのですが、改修工事が行われ、赤も白もヒガンバナはありませんでした
  5. 2014年9月15日 曼珠沙華あれこれと、シジュウカラ、アオサギ、ヒヨドリ、ヤマガラ(証拠写真) 桑名市シルバー人材センター(立教小学校の東)の南西角で、赤白コラボがありました

| | コメント (4)

2016年9月23日 (金)

アオサギに、夕日に物思うハクセキレイ……ヒガンバナ、また増えてきました

Dscn9072_800x600 ようやく晴れてきそうです。今日の午前中までは雨模様でした。それもあり、昼間では、昨日の相談会の報告をまとめていました。午後になってからは、次第に晴れ間も出てきましたので、住吉神社から九華公園方面に散歩に行ってきました。知り合いの方には、誰も会わないかと思ったのですが、鳥好きのSさんや、釣り好きの方(最近、挨拶を交わすようになりました)などにお目にかかれました。

Img_2684_800x569  鳥も期待しなかったのですが、吉之丸コミュニティパークのところで揖斐川Img_2681_800x548 の方から、アオサギがやって来て、公園の西に降り立ちました(喜)。三の丸町内方面へ行くところです。


Img_2689_800x568  堀の水面までけっこう高さがあるのですが、この体勢。餌を狙っているようImg_2708_800x532_2 でした。このとき、ちょうど九華公園の管理人の方がいらっしゃり、「こんな時間に珍しいね」と言われ、大きな声で話し始めてしまいました。途端にアオサギさん、逃げる、逃げる(爆)。いったん蟠龍櫓の方に向かったのですが、Uターン。九華公園方面に飛び去りました(ただし、九華公園にはいませんでした)。右は、250mmズームで撮影し、若干トリミングしてあります。目の前を通過していったのですが、やはり迫力があります。

Img_2782_800x538  九華公園のカルガモさん。ときどき姿を見ないのですが、今日は、堀の中の東屋の下で、元気な声がしていました。そのうち泳ぎだし、堀巡り。仲むつまじく、いつもいっしょであります。

Img_2788_800x533  記憶のために載せておきます。しばらく前から、九華公園あたりにまたもImg_2791_800x533 や、ムクドリの集団がやって来ています。公園内で見かけたこともありますが、この頃は、周囲の電線・電柱にたむろしています。騒々しいのと、糞が落ちてくるのが困ります。

Img_2799_800x590  帰り路、蟠龍櫓の東の堤防で、ハクセキレイ。夕日に向かって、何か物思いに耽っているようにも見えます(投影かもしれません)。


Dscn9048_800x600  九華公園のヒガンバナ。仮事務所のすぐ南のところ、さらに数が増えてきDscn9046_800x585 ました。根元をよくよく見たら、球根(鱗茎)がたくさんむき出しになっていて、そこからも芽が出てきているのに気づきました。左の写真の根元あたりをクローズアップしたのが、右の写真。よくご覧になると、球根がたくさんあるのと、そこから芽が出てきているのがおわかりいただけます。

Dscn9041_800x600  上の写真のヒガンバナのさらに南側からもたくさん出てきていました。ここも毎年、ヒガンバナが咲く場所です。


Dscn9064_800x599  鎮国さんの裏手、ここも咲いているヒガンバナが増えて来ました。写真は、たくさん咲いているように見える位置、アングルで撮ったものです。「真を写した」かどうかアヤシいかも知れません(苦笑)。

Img_2769_800x533  さらに、今日は、外周遊歩道の南、ちょうど二の丸橋の南詰あたりでも、Img_2772_800x538 ヒガンバナが出てきていました。ここも毎年たくさん咲くところなのですが、今年は遅くて、「もう出てこないのか」と思い始めていたところでした。

Dscn9054_800x600 余談。九華公園内を歩いていたら、子ネコがよってきました。初めて会うネコのような気がします。この子ネコ、妙にフレンドリーで、すり寄ってきました。九華公園の旅ネコさんたち、餌をくれない人からは逃げていくことがほとんどです。新入りで、まだ人間の怖さを知らないのかも知れません。

| | コメント (2)

2016年9月22日 (木)

相談会で名古屋へ

 秋分の日、雨でした。今日は、相談会ということで、8月17日(夏の相談会へ……桑名発達臨床研究室のPRも少し(笑))に続き名古屋へ。8月と同様、お二人の方のご相談を午前中に承ってきました。

 前回の時も、相談会から、感じたことを2つほど書きましたが(ご関心がおありの方は、上のリンクからお読みくだされば幸いです)、今回も少し。

 どのお子さんも、WISCや、K-ABCといった知能検査、認知能力検査を受けていらっしゃいます。その結果をもとにアセスメントをする訳ですが、検査結果を丁寧に見ていきますと、そのお子さんの知的発達の水準や、認知能力の特徴はかなり的確に捉えられているということに改めて気づきます。

 もちろん、これは当然のことで、ここに改めて書くまでもないことです。「当然」というのは、これらの検査は、学問的な根拠に基づいて、ターゲットとしている知能や、認知能力を適切に測定できる尺度、下位検査、問題が用意された上で、「標準化」という、検査の規格、品質を高める手続きを経てつくられているからです。したがって、実施マニュアルに示された手順にしたがって検査を行えば、子どもたちの体調が悪いとかよほど落ち着かなくて、注意が集中しなかったなどの状況がなければ、きちんとした結果が得られるはずなのです。

 最近の知能、認知能力検査は、上述のように、学問的な根拠、すなわち、理論的な根拠や、実証的な研究成果をふまえてつくられています。それ故、結果を解釈し、アセスメントをする際にも、検査が基づいている理論を理解し、それに沿って結果を見ていくことや、心理学などの知見を援用していくことが必要であり、重要になります。

 検査では、IQ、指標得点、標準得点、下位検査の評価点などの数値的な結果が得られます。ご家族や、ご本人、専門知識をお持ち出ない教員の方などが、結果をご覧になると、数値がいくつであったかという点に関心が向きがちです。しかし、点数は「最終産物」であり、重要なことは、なぜそのような結果になったかを探ることです。

 検査結果の解釈については、検査それぞれで手順が定められています。「なぜそのような結果になったか」を探るためには、この手順に沿って、数値的な結果を丁寧に見るとともに、そのお子さんの実態を十分にふまえて考えていく必要があります。ここが、心理アセスメントを行う上での醍醐味であり、ポイントになると思います。

 必要があって、こうした知能検査や、認知能力検査を受検された場合、検査を実施してくださった心理士の方に、このあたりについてよく説明していただくことが、検査結果を学習や、日常生活に活かしていく上でとても大切なことです。

| | コメント (0)

2016年9月21日 (水)

久しぶりにセグロセキレイ、台風でヒガンバナは倒れる……鎮国さんの御車修祓殿は完成

Dscn8980_800x600 秋雨前線が残っているようで、「台風一過」とは行かないようです。昼くらDscn8966_800x600 いまでは雨が残っていました。午前中は、用事で、雨の中、桑名駅方面へ行ってきました。午後から、居眠りをしている内に、晴れ間が出てきていましたので、15時頃から、散歩に行ってきました。住吉神社から九華公園の往復で、1時間半弱。今日は、合計で6.3㎞を歩きました。ちなみに、今日は、エレベーター点検。9時半から11時まで停止ということで、午前中は、11時から出かけました。階段を降りればよいのですが、9階からクルクル回って降りて行くというのも、ちょっと面倒です(苦笑)。

Img_2620_800x600  台風が通り過ぎていきましたので、鳥が来ているかと期待したのですが、あに図らんや、でありました(苦笑)。九華公園では、コゲラやカワラヒワ、シジュウカラの鳴き声が聞こえてはいたものの姿は見えず。カラスや、ムクドリ、キジバトなどのおなじみさんばかり。帰りに桑名七里の渡し公園に立ち寄ったら、ちょっとラッキーでした。久しぶりにセグロセキレイを見られました。せせらぎ近くの岩の上にやってきました。

Img_2648_800x576  岩の上でしばらく周りを見回していましたが、急に7~8m飛んだのです。何か虫を捕まえたなというのは、肉眼でも分かったのですが、シオカラトンボのオスでした(パソコンで確認)。

Img_2563_800x529  往きに、三の丸水門から、揖斐長良川が合流するところに鳥がいるように見えました。ダイサギ、カワウ数羽の他、下流側にはカルガモらしき姿も見えました。600m以上先ですので、250mmズームではいかにも非力。何がいるか、よくは分かりませんでした。

Dscn9002_800x600 公園はどこも木々の葉がかなり落ちていました。九華公園は、シルバー人材センターの方が清掃してくださっていました。管理人の方に伺うと、台風前に堀の水 を抜いて、基準水位よりもマイナスにしていたにもかかわらず、今朝は、プラス35cmほどになっていたようです。それだけよく降ったと言うことでしょう。

Img_2566_800x533  先日咲き始めたばかりのヒガンバナ、あちこちで倒れていました。左の写Img_2572_800x533_2 真は管理事務所の南、右は花菖蒲園のところ。あまり好みの花ではないとはいえ、ちょっと残念です。

Img_2580_800x533  鎮国守国神社の拝殿の裏手は、風があまり当たらなかったのか、倒れてImg_2585_800x532 いるものはほとんどありませんでした。それに、かなりたくさん咲いてきていました。ここのヒガンバナには、アゲハもやってきていました。ヒガンバナにも蜜があるということなんでしょうね。鱗茎には毒があるといいますが、蜜は大丈夫なのでしょうか?

Dscn9000_800x600  鎮国守国神社の御車修祓殿、どうやら完成のようです。ちょうど居合わせた氏子の方に伺ったところ、明日の夜、本殿からこちらにも神様に来ていただく儀式が挙行されるということでした(何という儀式なのか、正式な名称は聞き漏らしました)。伊勢神宮の遷宮も夜行われますが、神様がお移りになるのは、夜ということなのでしょう。

Img_2675_800x501  散歩帰りに、拙宅玄関前から撮った、藤原岳の様子。向かって左には、天使の梯子も見えていたのですが、あまりはっきりは写りませんでした。明日は、午前中、相談会で名古屋へ。雨で、気温も上がらないようです。早く秋晴れの空を拝みたいところです。

| | コメント (4)

2016年9月20日 (火)

台風16号来襲

Taifu16_800x409 今年、いくつか台風が日本列島に上陸しましたが、これまで東海地方を直0920_800x533 接襲ったものはありませんでした。しかし、今回の台風16号は、そうはいきませんでした。左は16時の気象庁の台風情報。津市付近にある、と書かれています。右は、16時28分のXバンドレーダー画像。我が家あたりにちょうど、真っ赤な「~100mm」の雨雲がかかっています。

Amedas_800x362  午前中、やむを得ない所用で外出。帰宅は13時前になったのですが、帰宅途中から結構降ってきました。予報通りです。夕方までがピークということでしたが、アメダスのデータを見てもその通り。16時台には、57mmも降っています。雨は18時過ぎにはほとんど止みました。

Dscn8941_800x600  台風16号は、津市付近と、我が家から見て南側を通りましたので、風は、初Dscn8940_800x600 めは北から、後に西風となりました。玄関のドアが開かないくらいの強風でしたし、玄関を開けると、通路を飛び越えて雨が降り込んでくるくらいでした(左右の写真は、14時過ぎ撮影)。

Dscn8953_800x600  16時59分にベランダから撮った、南側の様子。すぐ近くにある住宅もかすんDscn8939_800x600_2 でいますし、八間通方面にあるマンションは見えないところがあります。写真を撮った位置と、ズームアップの程度が異なりますが、右は、14時過ぎに撮った、ほぼ同じ方角の写真。

Dscn8958_800x600  鉄道が止まったり、学校はお昼で帰宅になったりしたようですが、今のところ我が家の周りでは被害はないようです。他のところでも雨がすごかったようですが、被害がないことを願っています。明日は、台風一過とは行かず、まだぐずつくようです。相談会の準備を進めておりますが、体がなまりそうです(苦笑)。

| | コメント (2)

2016年9月19日 (月)

彼岸の入り……ヒヨドリ、シギ(?)、ヒガンバナ、猫歩き

Dscn8924_800x600 彼岸の入りだそうです。桑名別院本統寺でも、本堂に飾りがなされていましDscn8927_800x397 た。お墓参りをなさる方もチラホラといらっしゃいました。小生は、本堂に向かってお参りして来ました。寺町商店街から、桑名別院に入るところには、右のような「寺院案内」の看板が出ています。

Dscn8877_800x600  さて、午前中は雨という予報でしたが、降らないような空模様でしたし、雨雲レーダーを見ても、しばらくは降りそうにありませんでしたので、歩いてきました。昨日など、出歩かなかったら、1日の歩数が、932歩ととんでもない数値だったこともあります(苦笑)。いつものように、8時50分から2時間弱。住吉神社から九華公園、京町、寺町と5.1㎞。

Img_2415_800x566  住吉神社前から七里の渡し跡方面に向かって歩いている時、揖斐川の水Img_2416_800x521 面近くを2羽の鳥が飛んでいきました(下流に向かって)。慌ててシャッターを押したのですが、何だかよく分かりませんでした。パソコンで見ると、シギの仲間のようでした。このあたりでシギの仲間を見ることはあまりありません。

Img_2425_800x557  七里の渡し跡の川口水門から漁船を撮ったら、ちょうどカワウが1羽飛んできました。川の向こう岸は、なばなの里。夕方、家内が、「イルミの試験点灯しているんじゃない?」といっていましたが、確認できませんでした(灯りは付いていましたが、イルミではないと思います)。

Img_2458_800x589  九華公園では、久しぶりにあちこちで、ヒヨドリの姿と鳴き声が。ただ、このImg_2522_800x643 曇天では、クリアには撮れません。一応、証拠写真を載せておきます(苦笑)。


Img_2463_800x532  他には、カワウさんたちくらい。野球場の照明灯の上に数羽。揖斐川から水を入れていると、魚も入ってきて、カワウももう少したくさん集まるようですが、今日はダメでした。

Dscn8892_800x600  やむなく、今日もまたヒガンバナで遊んでみました。花菖蒲園のところも、Dscn8913_800x600 鎮国さんの裏手や、社務所の裏もかなり咲いてきました。朝方雨が降っていましたので、花には水滴が結構付いていました。これらは、花菖蒲園のところで撮ったもの。

Img_2457_800x572  水滴にはなかなかうまくピントが合いません。そこで、いつものように、Img_2481_800x594 「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式で撮って選んでみました。左の写真には、花の赤が写り込んでいます(花菖蒲園のところ)。右の推定には、ヒガンバナの茎が写っています(鎮国さんの裏手)。

Dscn8904_800x600

 去年もやりましたが、花の裏側(下側)からの写真も撮ってみたのですが、曇天では今ひとつでした。ヒガンバナの赤色もイマイチ鮮やかにはなりません。また天気のよい日に再挑戦です。

Img_2513_660x800  オマケは、「猫歩き」。今日は、九華公園で5匹の旅ネコさんに遭遇。ベスImg_2512_800x533 トショットは、左の写真。このネコさん、普通に撮ると右のようなふうです。

Img_2509_800x532  本丸跡の藤棚近くに3匹が集まっていました。あまり見ない顔ぶれでしたImg_2517_800x532 が、近づいても逃げず、多少相手をしてくれました(笑)。

Img_2531_800x532  台風16号が九州に接近しています。東海地方へは、明日の午後以降近づくようです。大雨と高波に注意ということです。被害なく通り過ぎてくれることを願います。

 

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

メダカ近況……相談会の準備もしています

Dscn8855_800x600 秋雨前線と台風16号の影響で、今日もぐずついた空模様。ちょっと空が明Dscn8858_800x600 るくなった時もあったのですが、Yahooから50mm以上の雨が来るという警報メールも届いたりして、散歩には出られそうもありません。写真は、10時前の空の様子。この時間、西の空には雨雲がありました。拙宅の北にあるスーパーは、いつもの日曜日と同じように、込んでいます。

0918cloud_800x537  冒頭の2枚の写真を撮った頃の雨雲レーダー(Xバンドレーダー)。桑名のにし、いなべ市や菰野町あたりに雨雲がかかっています。散歩に出られないと、ウズウズしてきます(苦笑)。

Dscn8866_800x600  やむなく(ではありませんが)、今週木曜に予定されている相談会でお目にかかる、お二人のお子さんの資料をチェックし、心理アセスメント所見の整理や、それに基づく支援の方針を検討しています。合間には、メダカたちの世話。透明プラスティックケースで飼っている方は、水替えというか、住まいそのものを交換(同じプラスティックケースがもう1つあります)。このプラスティックケースで飼っていますと、グリーンウォーター化しやすいのです。交換して、きれいになると、メダカたちも気持ちよさそうに見えます(こちらが勝手にそう思っているだけかも知れませんが……)。

Dscn8868_800x600  ホテイアオイの陰で休んでいることが多いのですが、餌をやるとこちらの住まいのメダカたちは、出てきてかなりの勢いで、よく食べます。もう少し「人口密度」を減らそうと思うのですが、そうすると世話が必要な住まいも増えますから、ちょっと悩ましいところです。

Dscn8869_800x600  もう一つの住まいは、発泡スチロール製の容器。こちらは、内側の壁は、緑色になってきていますが、グリーンウォーター化はしません。太陽の当たり具合によるのかなと思っています。こちらに棲んでいるメダカたちは、ちょっと神経質な気がします。餌を与えても、なかなかホテイアオイの陰から出てきません。

Dscn8870_800x546  ホテイアオイをちょっとばかり揺すって、メダカに出てきてもらいました(ちょっと強制的ですが……)。こちらの水槽は、ときどき、餌の残りや藻を吸い取ることと、水が減ってきたら足すだけで済んでいます。

| | コメント (2)

2016年9月17日 (土)

今日もシジュウカラにヒガンバナ(苦笑)

Dscn8779_800x600 台風16号の進路が気になります。スピードがあまり上がっていないようですし、しばらく先の予報円はかなり大きく、どこに向いてくるのでしょう? 今日午前中は晴れという予報でしたが、朝6時頃かなりよく降りました。その後も曇天で、散歩に出るのを躊躇しており、結局10時20分頃から1時間15分ほど。住吉神社から九華公園、田町、寺町と4.2㎞ほど。

Img_2363_800x540  散歩に出てすぐ、諸戸氏庭園前でシジュウカラの鳴き声がよく聞こえていました。庭園前の桜並木です。同じあたりで、コゲラの鳴き声もしていたのですが、こちらは見つけられず。この他、カラスやカワウ、九華公園のカルガモなどは見たのですが、鳥はいません(涙)。

Dscn8773_800x600  やむなく、またもやヒガンバナの話題。鎮国さんの社務所裏にも少し咲いてDscn8775_800x599 きていました。こちらは、奥平屋敷跡へ行くところの花菖蒲園の脇。だいぶ咲いてきました。一昨日紹介したところです(9/15、十五夜、ただし満月ではありません……鳥はおらず、九華公園猫歩き&ヒガンバナ)。ヒガンバナ、たくさん咲いていれば、遠景の写真がよいのでしょうが、これだけ少ないと難しいです。

Img_2386_800x532  去年は、下から見上げた写真を撮ったりいていましたが(2015/9/18、キビタキのオスと、ヒガンバナの“プラス二変化”……“七変化”まであとひとつ(笑))、アングルや、どこImg_2388_800x533 をクローズアップにするかなどの工夫が必要です。花が真っ赤ですから、背景がこのように暗いところの方が、よい感じです。左の写真は、ゴチャゴチャしすぎかも知れません。

Img_2374_800x598  そのほか、九華公園でのヒガンバナの観察結果です。左は、管理事務所南のところの様子。ここは9/14に同じあたりの写真を載せています(シジュウカラにカラスくらいでした……またもやヒガンバナネタも(苦笑))。結構伸びてきましたが、まだ花は咲いてきていません。

Img_2399_800x533  鎮国守国神社の拝殿の裏手。柿安本店へ通じているあたりの東西です。Img_2404_800x588 とくに東側には、無数のヒガンバナが出てきています。ここも咲いてきたものが少しあります。木陰になっていて、暗いので、写真は撮りにくいところです。





| | コメント (4)

2016年9月16日 (金)

夕方、六華苑と諸戸氏庭園あたりを小散歩

Dscn8758_800x600 家内の母が、眼科受診のために来桑していました。午前中は、小生が付きDscn8720_800x599 添って、美容院に行ったりしていましたので、今日の散歩は、夕方、4時半を過ぎてから出かけました。住吉入江の廻りを一周し、住吉神社にお参りし、東太一丸公園から、六華苑の北から西を回って帰宅。こんな時間では、もう鳥さんたちはほとんどいません。カラスやハトが飛んでいますが、きちんと見られたのは、住吉神社の前にいたスズメくらい。

Dscn8730_800x600  六華苑の洋館の塔屋。北側から見ています。今日、六華苑では、十六夜コンサートが開かれ、我が家にも妙なる音楽が聞こえてきていました。今年は、「ムーンライトコンサート in 六華苑」と銘打って行われていたようです。


Dscn8735_800x600  六華苑の北側(東太一丸の住宅地)を過ぎて、西側にでます。冒頭の写真で、バローに向かって右側のところ。諸戸林業の三重本社があります。小生たちが現在地に引っ越してきた頃には、後からも出てきます諸戸氏庭園の本邸に事務所がありました。奥に見えている和風の建物は、御殿です。諸戸氏庭園は、現在修復工事が進んでいますが、この御殿はその工事も終えたのではないかと思われます。諸戸氏庭園のFacebookをみていただくと最新情報が分かります。

Dscn8739_800x542  こちらは、上の写真より少しだけ南に来たところから見た諸戸氏庭園。中央やや左の建物は、御殿の奥にある洋館。来賓を迎えるために設けられたようです。右側の覆われているところは、撞球場。かなり痛んでいましたので、解体修理が行われていました。よく見えません。Facebookによれば、現在、洋館内部と、この撞球場の修復が行われているようです。

Dscn8746_800x600  諸戸氏庭園の本邸です。国の重要文化財に指定されています。1889年(明治22年)「諸戸店」開業時に、店舗として使用されたところです。この本邸も、聞くところによれば、来年度から修復工事にかかるようです。左手にあるのは、昔ながらの丸ポスト。小生がはがきや、普通の封書を投函するときに利用しています。

Dscn8753_800x600  本邸前から東を眺めたところ。なまこ壁の向こうにある高い建物は、石取祭の祭車庫。諸戸家所有の祭車が所蔵されています(神鹿の飾り物が載ったもの)。その皿に向こうは、煉瓦蔵。米倉だったようですが、第二次世界大戦の時に、5棟あった内の、手前の2棟は壊れたそうです。

Dscn8754_800x600  その煉瓦蔵であります。三重県文化財に指定されています。蔵前の堀(現在の住吉入江)に船を着け搬入していたということです。煉瓦の組み方は、イギリス積みといい、煉瓦の表面に小口面の段と長手面の段とが交互に出るものだそうです。

Dscn8752_584x800  ということで、夕方、拙宅近くを小散歩してきました。せいぜい2㎞くらいでしょう。左は、「桑名ほんぱく」のポスターであります。諸戸氏庭本邸に貼ってありましたが、市内各所にもあります(お分かりのように、諸戸氏庭園の煉瓦蔵の前で撮影されています)。「桑名ほんぱく」は、正式には、「桑名本物力博覧会」です。桑名の地域資源を活用した小規模な「地域体験プログラム」の集合体ということです。詳細は、リンク先をご覧ください。参加するには、事前登録が必要だそうです。

| | コメント (2)

2016年9月15日 (木)

十五夜、ただし満月ではありません……鳥はおらず、九華公園猫歩き&ヒガンバナ

Img_2361_394x280 十五夜であります。ただし、満月は、9月17日(土)のようです。19時頃から、いろいろと条件を変えて撮ってみたのですが、どうも今ひとつ満足する出来具合ではありません。去年の時よりも、黄色っぽい感じですし、ピントが甘い気がします。EOS kiss x-5、250mmズーム、Mモード、ISO感度100、シャッタースピード1/250、f/5.6、ホワイトバランスはオート、オートフォーカスです。

Dscn8709_800x600  十五夜のお月さん、今朝の予報では見られるかどうかアヤシいということDscn8715_800x585_3 で したが、まぁ見られたから良しとしましょう。それよりも、気になるのは、こちら。寺町商店街の大黒屋さんの月見だんごです。散歩の帰り路、ついつい買ってしまいました。5個入りで\600です。ちなみに、まだ食しておりません(20:30現在)。

Dscn8684_800x600  さて、朝、家事をしたりしていて、散歩に出たのは、いつもより1時間遅れの9時50分。薄曇りという感じで、さほど暑くはありませんでした。11時半まで、住吉神社から九華公園、京町、寺町。4.2kmでした。

Img_2284_610x800  結論から申しますと、鳥はいませんでした。揖斐川と長良川の中州で、アオImg_2287_800x545 サギが2羽いたくらい。左の写真では右下にいます(証拠写真)。奥の水門は、長島の大島水門。その向こうには、名駅前の高層ビル群。右の写真は、左のものからもう少し南能登頃にいたアオサギ。肉眼ではダイサギかと思ったのですが、パソコンで見たらアオサギさんでした。この他、今日は、九華公園でも、カワウがいたくらいでした。

Dscn8696_800x600_2  鳥がいないからというわけでもありませんが、「九華公園猫歩き」であります(苦笑)。「猫歩き」というほどネコがいたわけではありませんが……。この頃、ネコがいるのは、鎮国守国神社の境内か、本丸跡くらいです。今日も、左の写真は、九華招魂社の拝殿で撮ったものです。

Img_2301_800x585  岩合光昭さんに倣って、「かわいいねぇ」「いい子だねぇ」などと、ネコに猫Img_2304_800x533 なで声を出してみたのですが、2匹とも、ご覧のような様子(爆)。付け焼き刃であるのが、バレバレのようです。もう少し本腰を入れないといけません(苦笑)。

Dscn8695_800x600  猫歩きの後は、「ヒガンバナを求めて……」です。鎮国さんの裏手や、管Img_2296_800x533 理事務所の南の状況はあまり変わりませんでしたが、奥平屋敷跡の花菖蒲園南に、この景色を見つけました。ここには、1本だけ、「咲いている」といえるヒガンバナがありました。

Img_2299_800x532  九華公園には、外周遊歩道の南あたりでもヒガンバナが咲くのですが、今年はまだ全然です。そのほか、散歩コースでは気づきません。まぁ、ぼんやりしていますから、当てにはなりませんが……。

Dscn8694_800x600  余談を2つ。左は、七里の渡し跡の様子。奥に見えているのは、蟠龍櫓。船がたくさん係留されています。ここに船が入るのは、台風などの時だけ。台風16号に備えてでしょうか。ちなみに、拙宅前の住吉入江も、台風の時に漁船などが避難する場所になっています。

Dscn8698_800x563  京町毘沙門天堂です。今日は、何かのお祭りか、縁日のようでした。今日は、このあたりで桑名歴史案内人の方が、視覚障害のある方たちのグループを案内しておられました。

| | コメント (2)

2016年9月14日 (水)

シジュウカラにカラスくらいでした……またもやヒガンバナネタも(苦笑)

Dscn8662_1024x768  午後遅くになって雲が多くなってきましたが、午前中は晴れ間もよく見えていました。蒸し暑いような、風が通ると涼しいような、変な天候です。いつものように、9時前から2時間弱散歩をしてきました。コースは、住吉神社から九華公園、ここから若干変わって、田町、寺町と、4.7㎞。結構汗をかきました。

Img_2241_1024x751  これという鳥たちは、いませんでした(苦笑)。スズメや、ドバト、ムクドリなどはいるの ですがねぇ……。揖斐・長良川の中州にも誰もいません。九華公園の管理事務所の前では、シジュウカラが一瞬だけ姿を見せてくれました。コゲラの鳴き声はしたものの、確認はできずじまい。なかなか思うようには行きません。

Img_2244_1024x713  あまり好まれないのは承知の上で、ハシブトカラス。左は、朝日丸跡の通路Img_2267_1024x681 脇にいました。 結構穏やかな目をしているように見えますが、いかがでしょう。右は、公園の外周遊歩道の東にいたもの。毛虫か何かを食べようとしていました。苦手な方は、クリックなさらないでください。鳥の写真は以上でした(笑)。

Dscn8671_1024x733  ネタがありませんので、またもやヒガンバナで恐縮。左は、九華公園の管理事務所の南で見つけたもの。まさに出てきたばかりというふうです。こんな風に出てくるんだと思ったような次第。

Img_2254_1024x716  こちらは、先日載せたのと同じく、鎮国さんの拝殿の裏手あたり。ここにImg_2258_1024x737 も、芽を出したばかりという感じのものがたくさんありました。しかし、まだ、花が咲いたというものはありません。右の写真は、こうやって花が開いてくるのかと思えなくもない写真です(苦笑)。もうしばらく観察を続けることにしましょう。

Img_2250_1024x683_2  鎮国さんあたりにネコがいると、ついつい写真を撮ってしまいます。以前に比べると数は減りましたし、見かけない日もあります。こちらは、九華招魂社の拝殿にある賽銭箱の脇にいたネコさん。何だか不機嫌そうでした。存在感はありますが……。

Img_2279_1024x716  散歩友達のナナちゃん。暑さも和らいで、多少は楽になったようです。表情も、何となくほほえんでいるように見えます。すっかり覚えてもらっていて、近づこうとすると、ナナちゃんの方も寄ってきます。

Img_2222_1024x672  今日は、朝の内、木曽御嶽山も見えていました。といっても、雲の上に顔を出したという景色です。今日もまたまとまりません(笑)。早く鳥たちが戻ってきてくれませんかねぇ。

| | コメント (0)

2016年9月13日 (火)

雨に降られた散歩、午後からは津へ……美白スズメと、高虎DOC、津ヨットハーバー、阿漕浦

Dscn8606_1024x768  秋雨前線が停滞しているため、終日、曇りときどき雨です。午前中、XバンドDscn8616_1024x768 レーダーを見て、しばらく降らないかと思い、10時半過ぎから住吉入江一周、住吉神社、揖斐川堤防と2㎞ほど散歩してきました。が、帰りがけ、六華苑(右の写真)の前あたりに来た頃から降られました。「やっぱり」という感じです(苦笑)。

Img_2189_1024x681  こんな天気ですから、これという写真は撮れません。左は、住吉入江の三崎Img_2210_1024x717 見附に近いあたりで見かけた、ギンヤンマの交尾の様子。遊歩道のすぐ下でしたので、それなりに撮れたと思います。右は、揖斐・長良川の中州にいたサギ。ダイサギかチュウサギと思いますが、はっきりとは確認できませんでした。

Img_2164_1024x738  ところで散歩に出る前、9時40分頃、ベランダから眺めていましたが、あのImg_2181_1024x698 「美白スズメ」の姿を見つけました。我が家の南西、道を1本挟んだところにある畑のイチジクの木にやって来たのです。久しぶりに元気そうな姿が見られました。

Img_2169_1024x681  美白スズメを見ているとき、道路上の電線にはキジバトが降りてきました。上の美白スズメもそうですが、鳥を上から眺め、写真に撮るという機会はあまりありません(九華公園のカモや、ユリカモメなどは別にして)。

Dscn8636_1024x768  午後からは、所用で津まで。時間つぶしのため、あちこち回ったのですが、Dscn8634_1024x768 その一ヶ所がこちら、「高虎DOC」(津市柳山津興371-3)。ホットドッグではなく、ドッグサンドの専門店です。かなり人気があり、私たちが行った15時半過ぎには、ほとんど売り切れ状態。53種類ある内、10種類以下しか残っていませんでした。

Dscn8657_1024x743  クルマの中で撮りましたので、あまり美味しそうには見えませんが、「バジルソース仕上げのスモークサーモンとクリームチーズドッグ」です。絶品でした。この他、3種類を買ってきました。テイクアウトも、店内で食べることもできます。

Dscn8638_1024x768  高虎DOCのすぐ東には、津ヨットハーバー。天気がよければ、かなり気持Dscn8639_1024x683 ちの良さそうなところです。ヨットハーバーの南には、阿漕浦海岸が広がっていますし、ジャパンマリンユナイテッド(小生の世代では、日本鋼管といった方がなじみがあります)の津事業所が見えています。

 ちなみに、阿漕浦は、上のリンク先の説明にもありますが、かつては伊勢神宮の供物の漁場で,殺生禁断の海でした。病気の母親にやがらという魚を食べさせたい重いで、この禁を破った「阿漕平治」の伝説があります。余談ですが、この阿漕平治の伝説に由来する「平治煎餅」というお菓子があり、津の名物になっています。その由来は、こちらにあります。

 以上、三題噺だか何だかよく分かりませんが、ご容赦ください。

| | コメント (0)

2016年9月12日 (月)

ヒガンバナが出始めました……コゲラの餌取りや、昨日、浄土寺を案内した話も

Dscn8564_800x569 萩があちこちに咲いてきました。萩が咲き始めると、残暑はもう来ないと何かで読んだ記憶があります。そう願いたいものです(写真は、昨日・9/11に九華公園で撮影)。秋雨前線が停滞しているということで、今週前半は天気は良くないようです。今日も夜から降るという予報。気温は28.5℃だったようですが、湿度が高く蒸し蒸ししていて、いやです。

Img_2142_800x573  さて、早いところでは、もうヒガンバナが咲き始めたと聞きますので、散歩しImg_2145_800x532_2 ながら探していました。なかなか見つけられなかったのですが、今日、鎮国守国神社の拝殿の裏で、ヒガンバナが出てきていました。まだ出始めたばかりで、「咲いた」といえるものはありません。

Img_2131_800x533  九華公園でも管理事務所の南や、外周の遊歩道の南にありますし、土曜日(9/10)に出かけた大山田川沿いでも咲きます。伊勢大橋のすぐ北にある長願寺のところでは、数年前までシロバナヒガンバナが咲いていました(その後、改修工事でなくなってしまっています)。小生自身は、とくに好みの花ではありませんが、季節の花として、また、被写体としては気になります。

Img_2070_800x617  鳥はたくさんはいませんでしたが、コゲラをすぐ近くで撮ることができました。Img_2081_800x591 九華公園の朝日丸跡。数メートル先の木にやって来て、餌となる虫をほじりだしていました。懸命になっているあまり、こちらの存在は気にならなかったようです。

Img_2076_800x596  これらの3枚は同じ個体ですが、近くにももう1羽いましたし、本丸跡などでも鳴き声が聞こえていました。


Img_2105_800x567  シジュウカラと思って見ていたのですが、写真で見ると、シジュウカラならば胸にある「黒ネクタイ」がないような気もします。ヒガラなのかも知れません。正面から写真が撮れませんでしたので、確認はできませんでした。ヒガラも、シジュウカラも鳴き声は、「ツッピー、ツッピー」と似ています。場所は、野球場のライト側フェンスに近い枝垂れ桜の木。

Img_2119_800x592  その野球場のフェンスには、シジュウカラ(目が写っていませんし、写真としてはイマイチです)がいました。上のヒガラ(?)と一緒に行動しているようでした。

Img_2040_800x529  その他の鳥さんたち。ハクセキレイは、吉之丸コミュニティパークにて。ここの藤棚で、鳥好きのSさんに遭遇。望遠鏡を取り付ける三脚をずっと探していらしたのですが、小生が朝日町のモ○マ○アにありませんかとお話ししたら、早速行ってこられ、気に入ったものを見つけることができたとよろこんでいただけました。

Img_2044_800x599  九華公園の奥平屋敷跡の石碑の近くには、カワラヒワが数羽。曇っていImg_2049_800x577 ましたので、こんな写真です。右の写真など、ムクドリかと思ったくらい(苦笑)。


Img_2052_800x532  しばらくカルガモの姿がありませんでした。今日は、奥平屋敷跡から東に行く橋の下にカメさんと一緒に休憩中でした。見当たらない時は、どこにいるのかは、相変わらず謎です。

Img_2101_800x584  今日の散歩は、8時45分から2時間あまり。例のように、住吉神社から九華公園、京町、寺町と4.9㎞。蒸し暑く、結構汗をかきました。


Img_1903_800x532  ところで、昨日もサボらず散歩には行っていました。似たようなコースで、Img_1904_800x533 4.5㎞、2時間半ほどです。トピックスだけ載せます。写真は、住吉水門の内側にある浮き桟橋。ときどき船巡りの船の発着に使われます。昨日は、流木らしきものが置かれていました(今日はありませんでしたので、誰か持ち去ったのでしょうか?)。

Img_1909_800x533  この桟橋のすぐ西に県道が通っています。住吉入江の上で、奥(西)に見えるのが、住吉ポンプ場。ここは、Img_1907_800x533 隠れた釣りスポットのようで、釣りをしている人がよくいます。昨日も2組。日陰になりますし、風も通って涼しいのです。ハゼが釣れるようですから、小生も子どもの頃を思い出して、一度ハゼ釣りでもしてみたい気がします。

Img_1911_800x522  揖斐川の堤防から、揖斐長良川の中州の南端を見たら、何かいました。Img_1912_800x554 「鳥にしては大きいし、形が違う」と思って、よくよく見ましたら、釣り人でした(笑)。向こう(長良川の方)を向いて、川の中に立っているのか、何かに乗って浮いているのかよく分かりませんが、釣りをしているようです。

Dscn8567_800x600  鎮国守国神社の「御車修祓殿」、完成が近いようです。お社の前には、石Dscn8571_800x600 畳が敷かれ、周囲には玉垣がしつらえられつつありました。ちなみに、玉垣、1つを奉納するのに、20~30万円だそうです。実費はこんなにはしないと思いますが……。

Dscn7890_800x570  散歩をほぼ終え、三崎見附まで戻ってきたら、ハイキングの一団の方かDscn7897_600x800 ら、「浄土寺はどこですか?」と聞かれました。「本多平八郎忠勝の墓所が見たい」ということです。NHKの大河ドラマ「真田丸」が始まってから、ときどき尋ねられるようになりました。おもしろいことに皆さん「本多平八郎忠勝とフルネーム(?)でおっしゃいます。

Dscn8213_600x800  本多忠勝公については、吉之丸コミュニティパークの入り口に銅像がありImg_0775_800x533 ます。この銅像は、立坂神社が所蔵する「紙本淡彩 本多忠勝像」がもとになっていると思います。リンク先に画像があります。江戸初期のもので、作者は不詳、出陣姿を描いたものだといいます。この銅像を写真に撮っている方もよく見かけます。

Tadakatsu_1024x515  桑名中心街マップの一部です。浄土寺と本多忠勝像は、赤丸で囲んであります。その他、小生の散歩コースでよく登場するところは、赤枠をつけてあります。ご参考までに。

| | コメント (4)

2016年9月11日 (日)

三重K-ABCアセスメント研究会第19回研究会のご案内……平成28年10月16日開催

 三重K-ABCアセスメント研究会から、第19回研究会の案内が届きましたので、お知らせします。

  • 期 日:平成28年10月16(日) 13:30~16:30
  • 会 場:独立行政法人国立病院機構 三重病院大会議室(〒514-0125 三重県津市大里窪田町357番地)
  • 対 象:小・中学校、高等学校、特別支援学校、大学等に勤務する教員、教育、医療、福祉で心理アセスメントに関わる方  
  • 内 容:
  1. 事例研究会「周囲の刺激に反応してしまい、本来すべき行動が取れない中学1年生男児 への支援」 (講師)津市立朝陽中学校 教諭 後藤勝弘 学校心理士、特別支援教育士スーパーバイザー、ガイダンスカウンセラー
  2. 講演「読み書きの苦手な子どもの『見る力』-子ども理解とその支援-」 (講師)茅野晶敬(ちのあきのり)先生(視覚発達支援あおぞら) JOA オプトメトリスト(SSS 級認定眼鏡士)、特別支援教育士
  • 参加費:会員は無料、当日会員は1,000円(当日、会場受付でお支払い下さい)。
  • 日 程:    

13:15~ 受 付   
13:30~ 開 会
13:35~ 事例研究会
14:50~16:25 講 演
16:30 閉会

  • 申し込み方法:必要事項(①氏名、②所属、③職種、④連絡先住所、⑤連絡先電話番号、⑥E-mailアドレス)をご記入のうえ、下記メールアドレス宛にE-Mailで平成28年10月13日(水)までに送信してください。なお、お断りをせざるを得ない場合以外は返信を差し上げませんのでご了解下さい。
  • その他:三重病院は、会場はお借りしているだけですので、そちらへの連絡はお控え下さい。
  • 申し込み・問い合わせ先:mie.kabc.goto@gmail.com  (後藤勝弘)(スパムメール防止のため@マークは、全角サイズで表示しています。メール送信の際には、半角サイズ(@)に変更してください)  
  • 事務局:〒510-0304 三重県津市河芸町上野2010 津市立朝陽中学校内 「三重K-ABCアセスメント研究会」事務局

第19回研究会案内文書(Word形式、171kb):「20161016kabc19.doc」をダウンロード
第19回研究会案内文書(pdf形式、143kb):「20161016kabc19.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

公認心理師について、厚生労働省のサイトに掲載されています

 公認心理師法は、昨年9月9日に議員立法により成立し、9月16日に公布されました。この法律は、一部を除き、公布の日から起算して2年を超えない範囲内において政令で定める日から施行されることとなっています。実際には、平成29年9月15日までに施行される予定です。

 

厚生労働省のサイトで公認心理師についての情報が公開されています。

 そこでの記述によれば、第1回国家試験は、平成30年までに実施する予定となっています。   

| | コメント (0)

2016年9月10日 (土)

カワセミを目撃(笑)、餌を咥えたアオサギも……播磨、大山田川、伊勢大橋方面へ6.6㎞も歩く

Dscn8460_800x600 日中は、31℃を超えていましたが、今朝は20.6℃だったようです。かなり秋めいてきました。来週木曜(9/15)は、もう中秋の名月ですからねぇ。


Img_1722_611x800  今日は、予定通り、福島の水田を通り抜け、1号線を横切って、播磨、大山田川、上之輪の水田、伊勢大橋から揖斐川Dscn8492_800x600 と歩いてきました。「よく歩いたな」と思ったら、何と6.6㎞も! これも秋めいてきたお陰かも知れません。左の写真は、新宮西橋からNTNの工場方面を見た写真、右は、伊勢大橋西詰交差点であります。


Img_1713_800x532  歩いたコース、あちこちで稲刈りが行われていました。上之輪の水田では、Img_1778_800x499 右のような光景も見られました。正式な名前を知らないのですが(ネットで検索すると、いろいろ出てきますが、方言もあって、よく分かりません……藁にお、藁にご、藁ぼっち;もっとも積み方もいろいろです)。どなたかご存じの方がいらっしゃれば、ご教示ください。

Img_1882_800x555  さて、今日のハイライトは、カワセミを2回も目撃したことです。「目撃」と書きましたように、見ただけでまともな写真は撮れなかったのです(苦笑)。最初は、福島ポンプ場の西(諸戸苑という住宅地の北)の水路。このあたり、何年か前はよく見たところですが、この頃はさっぱりでした。水路脇の草の中から飛び出て、諸戸苑の住宅地に飛び去りました。2回目は、揖斐川右岸、ちょうど河口堰の西あたり。左の写真が、その「証拠」。「カワセミらしい姿」は、見ていただけると思います。う~ん、またこちら方面に来て、カワセミ探しをしないと(笑)。

Img_1875_800x531  もう一つは、餌を咥えたアオサギさんの姿。これも、まともに撮れてはいImg_1876_800x628 ませんが……。揖斐川右岸で、カワセミを見る直前、河口堰の方からちょうど小生がいたあたりに向かってきたのです。「おぉ、これは!」と思ったのですが、降り立った途端、小生に気づいて逃げて行きました。慌てたようですが、魚はしっかり咥えたままでした。

Img_1725_800x569  水田あたりでケリやサギがいないかと思ったのですが、姿は見当たらず。Img_1732_800x553 コサギがいたのは、新宮西橋の上流、養老鉄道の鉄橋との中間あたりで、橋からはちょっと遠い(笑)。ちょうどそのとき、北側の空にコサギが。

Img_1733_622x800  飛んできたコサギは、さらに遠く、養老鉄道の鉄橋近くに降り立ちました。Img_1742_800x544 まぁ、大山田川にコサギが来ていることは確認できましたので、良しとしましょう。ホントは、歩くのもなぁと思ったのと、近くまで行っても逃げられる可能性大だと考えたのです(苦笑)。新宮西橋のすぐ下流、JR・近鉄の鉄橋の手前には、アオサギの姿が。このアオサギさん、餌を探してか、鉄橋の方に歩いて行ってしまいました。

Img_1766_800x532  この後、上之輪の水田へ(地名は、東方や、福島など)。上之輪神社の北にあります。サギやケリの姿Img_1753_800x589 を探したのですが、見当たりません。写真には写っていませんが、北の方、線路際では、稲刈りが行われているようでした。そのとき、モズの鳴き声が聞こえてきました。上之輪神社西のJR・近鉄鉄橋近くの梢の上にいました。これまた距離があり、よく分かりませんでしたが、雄のモズのように見えます。

Dscn8483_800x600  上之輪神社で小休止の後、沢南橋や、その上流の人・自転車専用橋へ。Img_1798_800x620 河川改修工事が行われたのですが、草が生い茂ってしまっています(左の写真は、専用橋から沢南橋を見たもの)。ここで見かけたのは、シギらしき鳥、1羽。堰の上にいたのですが、沢南橋をくぐって逃げられました。イソシギかと思うのですが、確認できません。

Img_1816_800x614  沢南橋のすぐ下流側では、カワラヒワの若鳥が、数羽。この頃、カワラヒImg_1829_800x582 ワの若鳥、あちこちでよく見かけます。さらに大山田川に沿って、下流へ。水門まで行く途中、右岸にコサギの姿が1羽。今日は、証拠写真もしくはその類いばかりです(苦笑)。鳥がまったくいないよりはマシですが……。

Dscn8488_800x600  揖斐川に突き当たります。船繋ぎ場、沢北樋管、大山田水門、甚内排水機場樋門、どこも鳥はいませんでした(カワウが1羽いただけ)。もう少し早い時間ならいたかも知れません。すでに11時近くでしたから。


Img_1840_800x533  伊勢大橋あたり。夏前に、新しい橋の橋脚の工事がいったん終了していましたが、8月末くらいからまた、クレーンを積んだ台船が出ています。工事の続きかと思うのですが、よく分かりません。潜水業者の船も出ていました。写真は、伊勢大橋の下流側です。

Img_1865_800x486  少し歩くと、アオサギが1羽、河口堰の方から飛んできました(上の写真のImg_1871_800x560 餌を咥えたアオサギとは別)。伊勢大橋のすぐ下流あたりに降り立ちましたが、これまたちょっと遠すぎ。右の写真は、大トリミングしてあります。

Img_1804_800x563  ということで、6.6㎞の「大遠征(笑)」。こんなに歩くつもりはなかったのですが……。正直、いささか疲れました。途中、沢南橋のところで、近鉄の「しまかぜ」が来る時間になりましたので、俄撮り鉄。場所的には、ゴチャゴチャしすぎてまったくよくありません(分かってはおりますが、ご容赦を)。上之輪の水田で、多度山をバックに撮ればもう少しマシかも知れません。

Img_1902_800x549  オマケ。拙宅前の住吉入江。たぶんボラの子と思いますが、盛んにジャンプしていましたので、テキトーにシャッターを切ったら、写っていました(笑)。証拠写真ばかりでしたが、大山田川にも、コサギ、アオサギなどが来ているのは、確認できました。

| | コメント (2)

2016年9月 9日 (金)

秋らしくなりました……しかし、鳥はいません(涙)

Dscn8429_800x600  台風一過ではありませんが、似たような感じですがしています。昨日は、家内の実家に行っていたのですが、桑名あたりでも11時過ぎに猛烈な雨と雷だったようです。台風崩れの温帯低気圧の影響ですから、「台風一過」と似たものかも知れません。最高気温は、31℃を超えたようですが、朝は、23℃(5:00)、北西の風がけっこう吹いていましたので、真夏のようなことはありませんでした。

Dscn8446_800x600 今日は、まずこちらから。浄土真宗大谷派桑名別院本統寺の南の入り口の脇にあります真宗大谷派西福寺です。「久波奈名所図会」によれば、「寺中寺」となっています(デジタル大辞泉によれば、「大寺の境内にある小寺。塔頭」とありました。話が横道にそれましたが、お伝えしたいのは、紅葉であります。

Img_1656_800x533  モミジでしょうが、すっかり赤くなっている葉っぱがありました。いくら何でもちょっと早過ぎる気がしますが、現実にこうなっています。


Dscn8436_800x544  もう一つは、この鳥さん。旅館・山月の屋上の避雷針に止まっていました。イImg_1620_800x570 ソヒヨドリかと思ったのですが、色・模様から考えると、違うようです。ツグミの仲間のように思いますが、今ひとつはっきりしません。逆光気味の位置でしたし、距離がありましたので、判別不能でした。ちょっと残念。

Dscn8438_800x600  さて、散歩は、例によって例のごとく(苦笑)。きわめてワンパターンであります。よく言えば、場所を決めて、「定点観測」をしているということになります(爆)。8時40分から11時前まで。住吉神社から九華公園、貝塚公園に足を延ばして、吉津屋町、寺町、最後に桑名七里の渡し公園と5.8㎞! 涼しくなったとはいえ、いきなり歩きすぎです。写真は、九華公園。吉之丸堀から北(向かって右が本丸跡)。

Img_1669_800x559  ちょっと涼しくなりましたので、鳥もいるかと期待したのですが、案外でした(笑)。山月の正体不明の鳥の他は、こちら、諸戸氏庭園にいたカワラヒワくらい。このカワラヒワ、若鳥のようです。スズメ、ムクドリ、カラスはあちこちにいましたが、この他の鳥には、お目にかかれませんでした。

Img_1631_800x533  九華公園でヒガンバナを探したのですが、まだ見つかりません。代わりにImg_1635_800x532 夏の花ではありますが、貝塚公園近くのお宅で、百日紅。「百日紅」とはよく言ったもので、100日くらい、この赤い花が咲いているというところから命名されています。右は、同じお宅で咲いていた芙蓉の仲間(笑)。タチアオイではないようです(葉っぱの形が違いました)。

Img_1643_666x800  鳥の代わりにではありませんが、アゲハ。吉津屋町近くで撮りました。図鑑的な写真とは違いますが、この方がおもしろいかと思って、です(本当は、この位置でしか撮れなかったのかも……笑)。

Img_1607_800x532  余談。いつも書いていますが、拙宅玄関先からも、なばなの里が見えます。なばなの里といえば、イルミネーション。今年は、何と10月15日から始まるという情報がありました(ブロ友のひらいさんの記事(2016.09.03 田んぼ~木曽川~長良川~河口堰~なばなの里~白いやつ))。確かに、いつもイルミのメインテーマが設置されるあたり、かなりの構築物ができあがってきていました(揖斐川堤防から撮影)。中央部の鉄骨のものをご覧ください。

Img_1609_800x533  明日まではとりあえず、天気が良さそうです。明日は、久しぶりに大山田川沿いや、上之輪の水田あたりを見てこようかと考えているところです。

| | コメント (4)

2016年9月 8日 (木)

高野尾花街道「朝津味」へ……実家にいっておりました

Dscn8402_800x600  今日は、家内の実家へ出かけたのですが、行きがけに津市高野尾町にあDscn8409_800x600 る「朝津味」へ立ち寄って来ました。7月2日にオープンしたところです。前から一度行ってみようと話していたのですが、ようやく実現。

Dscn8406_800x600  フードコートや、園芸売り場の他、ファーマーズ・マーケットがあります。今日Dscn8407_800x546 は、木曜日でしたし、台風が来るということでしたから、さほど賑わってはいませんでした。


Dscn8408_800x600  こちらが、ファーマーズ・マーケットの入り口。入り口を入ってすぐのところにDscn8411_800x600 は、ハローウィンと関係するのでしょうが、ジャンボカボチャが飾られていました。ここで少し買い物をして、フードコートでジェラート(岩戸の塩)を食べたのですが……。


Dscn8413_800x600  台風13号から変わった温帯低気圧の影響でしょう、豪雨&雷の襲来。猛烈な雨で遠くは見えませんし、真っ黒な雲が低く垂れ込めていました。雷も頭の上で稲光が見えるとともに、雷鳴も。

Dscn8412_800x600  店に入る頃から、店員さんたちがバタバタしており、ファーマーズ・マーDscn8415_800x599 ケットの入り口にテントというか、パラソルを設置したりしていました。何だろう?と思ったのですが、ご覧のように、マーケット入り口は、水浸しというよりも、水たまりができてしまい、出入りできないくらいになっていました。左の写真は、マーケット入り口から撮ったもの、右は、フードコートの出口からマーケットの入り口を見たもの。店員さんの段取りがよすぎと思ったのですが、たぶん雨が降るとこういう状態になるのでしょう。その意味では、この建物、設計に問題があったように思えます。

Dscn8417_800x600  実家に行くのが遅れるといけないと思い、土砂降りの中クルマに戻って、出発したのですが、朝津味近くの道路は、あちこちでかなり冠水。左の写真は、クルマの左後部座席から撮ったもの。水しぶきを上げて実家に向かったのです。

Dscn8425_800x600  実家には11時半頃到着。いつものように午後から接骨院、買い物など。Dscn8426_800x600 写真は、実家前の水田。前にも書いたと思いますが、今年は、米粉をとるための稲が植えられています。稲穂も出てきて、頭を垂れるようになっていました。写真は、夕方とりました。

Dscn8421_800x600  今年初めて見つけました。アマガエルさん。実家のエアコンの室外機にやって来ていました。

| | コメント (0)

2016年9月 7日 (水)

アオサギのご出勤、散歩コースは少しバリエーションを(笑)

Dscn8385_800x600 台風13号は、明日の朝、東海地方に接近しそうです。天気予報は、午後から雨ということでしたが、18時現在、まだ降ってきません。午前中は、良い天気で、あちこちに入道雲が出ていました。台風のせいで、かなり蒸し暑くなっています。小生はいつものように、午前中は散歩であります。9時に出て、10時40分頃まで、住吉神社から九華公園、今日は途中から江戸町、川口町を通って、七里の渡し跡から住吉神社、桑名七里の渡し公園と、ちょっとパターンを変えてみました。4.7㎞、汗だくでした(笑)。

Dscn8361_800x599_2  散歩写真の前にこちらから。朝8時過ぎ、アオサギの鳴き声が聞こえてきました。慌ててコンデジを持ってベランダへ。拙宅の南の空をアオサギが3羽、飛んでいくのが見えました。ねぐらからご出勤なのでしょう。こういうことは珍しくはなく、ときどき、アオサギやコサギが、朝8時前後に飛んでいくのを目撃します。

Img_1564_800x563  さて、こんな天気では、鳥は出てきません。証拠写真ばかりです(苦笑)。左の写Img_1566_800x533 真のハクセキレイは、九華公園奥平屋敷跡で。野球場の照明灯には、カワウが4羽。この他、フェンスにも2羽。

Img_1568_800x569  ムクドリもあまりいないくらいです。野球場のフェンスに1羽。ハクセキレイImg_1588_800x581 は、外周遊歩道にもう1羽出てきたくらい。

Img_1577_800x581  九華公園にはいつも北門から入ります。入って少しのところに土俵がありまImg_1597_800x602 すが、そのあたりでシジュウカラの鳴き声がしていたのですが、見つけられません。九華招魂社のところで、ようやく1羽の姿をとらえました。しかし、かなり高いところの樹間にいて、うまくピントが合いません。コゲラの鳴き声もしていたのですが、こちらも見つけるのに苦労して、ようやく1枚だけ撮れました。土俵の近くでです。

Img_1582_800x570  カルガモさんたち、今日は、橋の下から出てきていました。野球場のすぐImg_1586_800x578 南あたり。右の「ハイブリッド」カルガモさん、変な体勢ですが、水を飲んでいるところです。


Img_1596_800x544  こちらのカワウさんは、奥平屋敷跡のステージの裏で、羽を乾かしていました。この直前、堀の中でバシャバシャと水浴びをしていました。カワウがこうしては根を乾かすのは、水浴びをした跡かも知れません。

Img_1559_800x532  鳥にはあまり遭遇できませんでしたが、散歩友達の方たちにはお目にかかれました。ナナちゃん(左の写真)とそのお父さんのIさん、鳥好きのSさん(木製三脚を探して、吹上ホールの骨董市へ行ってこられたそうです)、バールフレンドのTさんにはほぼ一ヶ月ぶり。そのほかにも何人か。皆さん、ご高齢にもかかわらず、お元気です。

Img_1599_800x533  江戸町から川口町へ回ったのは、多少は散歩コースのパターンを変えよDscn8381_800x600 うということです。左は、江戸町から川口町を眺めた写真。旧・東海道です。奥には、旅館山月(旧脇本陣)が見えます。山月に向かって右手が、七里の渡し跡。

Dscn8377_800x600  ここを七里の渡し跡方面にある来ますと、途中、東側に北大手橋があります。旧・桑名城の北大手門につながっていたところです。昔の堀にかかっている橋というわけです。この近くで、以前同じマンションに住んでいらっしゃったIさんと久しぶりにお目にかかりました。「元気になったか?」「いくつになった?」など話しかけられ、ビックリ。というのも、この方、小生のイメージではかなり寡黙な方だったのです。

Dscn8382_800x600  それはさておき、七里の渡し跡から、北大手橋を見ると、このようになります。向かって左側は旧・桑名城の石垣が残っているかと思います。

 ところで、考えてみれば、体調不良から回復しようと思って、歩くようになりました。バックナンバーから昔の記事をご覧いただくとおわかりいただけると思います。その頃は、近くの名所旧跡、寺社などを巡っていました。その後、鳥に興味を持ち、最近ではすっかり鳥見ブログ化しています。このところ、もう一度、歴史散歩のようなことや、街歩きにも再度挑戦しようとか、もう一度写真のことを基本から勉強し直してみたいという気がしています。あれこれやってみたいことはいくつかありますし、けっこう気まぐれですから、どうなるか分かりませんが、工夫してみたいと思っています。ご助言、ご示唆などおありでしたら、是非ご教示ください。

| | コメント (0)

2016年9月 6日 (火)

アオサギは逃げる(笑)……知らぬ間に貝塚公園で噂になっているらしい話も

Img_1532_800x564 天候が優れませんから、何となくこのネコのような気分で過ごしています(笑)。九華招魂社の拝殿で、2匹いました。ここのネコは、あまりフレンドリーではありません。台風12号が温帯低気圧に変わったと思ったら、すぐに台風13号が発生。木曜(9/8)くらいまでは天気もスッキリしないようです。

Dscn8340_800x600  午前中はあまり降らないという予報。空模様と雨雲レーダーを見ていて、これなら大丈夫と思い、10時になって歩いてきました。住吉神社から九華公園、京町、寺町と4.4㎞。いつもとは時間がずれていますから、知り合いにも会わないだろうし、鳥もいないだろうけど、歩かないと落ち着かないからと思ってです(苦笑)。1時間半弱。予想に反して、ナナちゃんのお父さん、お母さんや、Iさん(女性)とお目にかかりました。Iさんは、貝塚公園に集まる年輩の方の間で、「最近、あのカメラ持った人、来ないね。暑いからかしら」と噂になっていたと教えてくださいました。夏の間、貝塚公園には鳥はいませんので(スズメ、ムクドリなどを除けば)、あまり行かないのです。それにしても、噂になっているとは(爆)。

Img_1500_800x524  こちらも予想に反して、住吉水門でアオサギさんを発見。初めは堤防上からImg_1503_800x533 見ていたのですが、降りて接近を試みました。右のように、ほぼ50mまでは行けました。手すりの向こうが、住吉水門。遠くに見えているのが、蟠龍櫓。ここからさらに、手すりの端まで行こうと思ったら……。

Img_1506_800x532  案の定、逃げられました(笑)。鎮国守国神社社務所裏では、堀を挟んで、25mくらいのところで見ていても平気なのですが、ここですと、50mが限界のようです。上から見下ろすというのがよくないのでしょうか? 鎮国さんの所では、木の枝に止まっているのを見上げるのです。条件分析が必要ですが、実験ができるほど、あちこちでアオサギに接近できるわけではありませんから、難しいところです。

Img_1517_800x532  アオサギに遭遇したのは幸運でしたが、その後は、予想通りの展開。あまりいません。こちらは、吉之丸コミュニティパークの端にある本多忠勝公の銅像近くの木にやって来た、ヒヨドリ。今日は、諸戸氏庭園からもヒヨドリの鳴き声がよく聞こえていました。暑さも多少和らいできて、ヒヨドリも戻ってきつつあるのでしょう。

Img_1523_800x549  九華公園では、コゲラ2羽の鳴き声は聞こえたのですが、姿は見つけられImg_1538_800x532 ず。ハクセキレイは、奥平屋敷跡へ行くところの花菖蒲園の柵で撮ったもの。他には、カワウ数羽と、いつものカルガモさんがいたくらいで、ムクドリの姿もあまりありません。

Img_1545_800x533  九華公園の外周遊歩道の南にあるお宅では、もう熟してきた柿の実があImg_1542_800x543 りました。いつまでも暑いといっていますが、秋は着実に近づいていると思います。中には、もう鳥たちがつついた跡がある柿の実もありました。

Dscn8350_800x600  一昨日(9/4)の中日新聞に、菰野ではもう彼岸花が咲いたという記事がありました。九華公園でも、今日見て回ったのですが、まだでした。左の写真は、九華公園。南側にある立教小学校の体育館のところから撮ったもの(北の方角)。

| | コメント (4)

2016年9月 4日 (日)

ミサゴの飛翔シーン、ダイシャクシギ、「キンスズ」……木曽川大橋と長良川河口堰へ、満足(笑)

Dscn8278_800x600 台風12号の影響かと思うのですが、今日も蒸し暑くなっています。予報でDscn8306_800x600 は、曇りときどき雨でしたが、15時現在、晴れています。ブロ友のひらいさんの記事を拝読して(2016.09.03 田んぼ~木曽川~長良川~河口堰~なばなの里~白いやつ)、やはり「キンスズ」さんと、ダイシャクシギを見ようと思って、午前中、木曽川大橋あたりと、長良川河口堰とに遠征してきました。左は、木曽川大橋上流側の水制その1、右は、河口堰から見た伊勢大橋と多度山であります。風は生ぬるいのですが、水があって、広々としたところは気持ちがよくていいですね。

Img_1329_800x576  まずは、後から行った長良川河口堰でのミサゴの飛翔シーンから。河口堰Img_1330_800x598 到着は10時半過ぎ。堰の西側で、2羽のミサゴが空を舞っていました。左右の写真は、同じ個体です。


Img_1303_800x518  小生が見つけたときは、堰の西側上空を旋回していましたが、次第に、長良川の下流方面に飛んでいきました。写真は、いずれも250mmズームで撮り、トリミングしています。もう少し焦点距離が長いレンズも欲しいのですが、散歩しながら撮るというスタイルが、今のところ基本ですので、あまり重いのは困ると、迷うところです。

Img_0968_800x572  続いて、先に行った木曽川で、おそらくダイシャクシギと思います。2羽がImg_0982_800x570 いました。堤防下の道路を歩いていたら、少し先から飛び立ってきました。驚かせたようですが、たまたまこのような写真が撮れました。ラッキーです。もう少し明るいとよかったのですが、贅沢は言えません(苦笑)。国道23号線木曽川大橋の上流側、2番目の水制と3番目の水制との間から飛び、2番目の水制に降り立ちました(右の写真)。

Img_0994_800x570  ダイシャクシギを実際Img_1187_800x568 に見たのは、今日が初めて。おそらく、昨日ひらいさんがご覧になったのと同じ個体であろうと思います(2016.09.03 田んぼ~木曽川~長良川~河口堰~なばなの里~白いやつ)。

Img_1212_800x548  ダイシャクシギは、旅鳥です。シギの仲間は、北から南へ長い旅を続けるそうですが、日本にやってくるのは、約50種といいます。7~11月くらいに通過するようです。ダイシャクシギの嘴は、カニを捕るのに便利になっているようで、ねじるように穴に深くさしこんでカニを捕えるといいます。食べるのは胴体だけだそうです。

Img_0990_800x605  そして、木曽川大橋上流側の2番目の水制の上には、念願の「キンスズ」Img_1143_800x567 さんを確認! 「キンスズ」さんというのは、ひらいさんと小生の間の呼び名ですが、実際に見てみますと、冠羽がないようですから、キンクロハジロではなく、スズガモのオスではないかと思います。3度目の正直で、ようやく見られました(笑)。この「キンスズ」さん、近くにサギがやってきても割と平気にしていました。帰れなかったのか、帰らなかったのか分かりませんが、ここまで来れば、無事に夏を越せそうですね。

Img_0906_800x574  さて、そのほか今日見てきた鳥たちを。木曽川大橋上流側で最初に見たImg_0964_800x563 のは、ウミネコと思います。1番目の水制に行くまでのところを下流側に向かって飛んでいきました(左)。ウミネコは、もう1羽、2番目の水制にある灯標の上にもいました(右)。

Img_0929_800x562  1番目の水制近くでは、キアシシギと思います。堤防の端を歩いていましImg_0922_800x580 た。最初ここに来たときにもいたと思います(8/19、木曽川、伊曽島神社・七里の渡し跡あたりへ遠征……コサギ、アオサギ、シギの他、ネコと戯れ、旧・青鷺川を知る【白鷺川について追記あります(8/20)】)。

Img_0936_800x585  キアシシギを見た直後にも、シギらしき鳥が飛んでいきました。一瞬のこImg_0940_800x569 とですし、飛び姿でしたので、詳しくはよく分かりませんでした。頭部はキアシシギに似ているようにも思えます。

Img_1030_800x535  木曽川大橋から上流へ3番目の水制。たいていここにもっともたくさんサギが集まっています。水制の向こう側にいたりして、なかなか正確に数えられませんでしたが、コサギばかり24羽(最多時……というのも、ときどき移動しますので)もいました。左の写真には、すべてが写っているわけではありません。

Img_1069_800x539  結構密集していたりします。この左の写真でも、8羽が写っています。向Img_1079_800x562 かって左から2羽目、ずっとペタンと座り込んでいました。理由は不明。風が強く、右のような光景も見られました。昔、昔のCMでいえば、「オー、モーレツ!」でしょうか(笑)。

Img_1262_800x533  ちなみに、今日もクルマは伊曽島神社に止めたのですが、最初に行ったDscn8297_800x600 ときと同じように、ネコが集まっていました。声をかけると寄ってきます。餌はやりませんが、遊んでくれといわんばかりにじゃれてきます。この間会ったネコたちのように思います。

Dscn8332_800x600  木曽川大橋あたりにいたのは、9時過ぎから10時10分頃まで。その後、長良川河口堰へ移動。河口堰到着は、10時半。

Img_1269_800x560  堰の東にある魚道の所へ上がっていったら、まだ覗いてもいないのに、上流側から、Img_1274_800x537 アオサギと、ダイサギが飛び立ち、逃げていきます。まったくねぇ、見て、写真を撮るだけなのですから、もう少しフレンドリーにしてくれないものでしょうか。

Img_1284_800x543  上流側の魚道脇には、カラスが2羽いました。1羽をほぼ真上から見下ろして撮ったものが、この写真。目がかわいく見えます(苦笑)。東側には、これくらいでしたので、堰の上を西に歩いて行きます。そのとき、ミサゴを見つけたのです。

Img_1360_800x542  西側、堰の上流側の魚道脇にアオサギが2羽。1羽は、堰本体の近く(左)、もImg_1391_800x548 う1羽は、魚道の入り口あたり(右)。

Img_1382_800x576  堰に近いところにいたアオサギ、その後、閘門脇に移動。やはり、神経質というか、警戒心は強く、少しでも近づくと逃げます。Img_1362_800x533  下流側、魚道の西の森にアオサギ4羽。以前は、中央あたりに1羽がよくImg_1365_800x533 いたように思いますが、数が増えていました。場所は、堰の西の端、南側(下流側)です。

Img_1375_800x537  こちら、上のアオサギ4羽がいたところのさらに南、揖斐川と長良川がつながっている水路の所。先日、ミサゴが食餌をしていたところです(8/27、ミサゴ2羽、イソヒヨドリ、アオサギ7羽……河口堰、木曽川右岸へ)。カワウしか気づかなかったのですが、アオサギもいました。

Img_1394_800x557  先ほど、魚道の入り口にいたアオサギ、親水広場の方へ回り込んで、近Img_1410_629x800 くから撮ろうと思ったら、逃げられました。逃げた先は、伊勢大橋に近い方の緑の杭の上(ちょっとピントが合っておりませんが)。風が強かったためか、足を開いて踏ん張っているように見えます。親水広場では、イソシギを見たのですが、2羽とも逃げられ、写真はありません。

Img_1460_800x579  親水広場を一回りして、戻る途中、堰西側の、アオサギが4羽いるところの少し先には、コサギがやって来ていました。

Img_1467_800x597  また、堰の上流側の閘門近くには、別のアオサギがやって来ていました。今日見たアオサギは、これで合計8羽。まぁまぁです(笑)。

Dscn8318_800x600  以上、本日は、木曽川大橋上流側と河口堰へ遠征。しっかり楽しんでこられました。遊んでばかりいますが(苦笑)、S病院の指導室の方から依頼された、研究発表の資料のチェックや、来月初めの支援員講座の資料のチェック&修正も少しずつやっています(苦笑)。写真は、河口堰の親水広場。北の端あたりで、奥に見えるのは、国道1号線伊勢大橋。

| | コメント (4)

2016年9月 3日 (土)

鎮国守国神社の社務所裏にアオサギ……サービスしてもらいました(笑)

Dscn8261_800x600 台風12号の影響でしょうか、朝から蒸し暑くなっています。こう暑いと、鳥はいないだろうと思い、いつもの散歩コースで、本多忠勝像やら、九華公園内の櫓の後やらの写真を撮りながら歩いていました。が、期待は裏切られるためにありました(笑)。

Img_0865_800x600  鎮国守国神社の社務所の裏、以前は「新お立ち台」と呼んだところに、アオImg_0889_800x533 サギがカムバック。ここでアオサギを見たのは、冬か、春か、それ以来のはず。それも、九華公園に着いたときにはいなかったのです。公園内を回って、いつものように京町に行こうかと思ったのですが、気になってもう一度見に行ったら、アオサギに遭遇できたのです。

Img_0876_800x538  久しぶりのためか、このアオサギさん、かなりサービスしてくれました(笑)。Img_0882_800x564 ご覧のように、左右の翼を順番に広げ、ポーズをとってくれたのです。このように翼を広げるときには、足も持ち上げて、それに添えているようです。これ、準備運動か何かなのでしょうか?

Img_0899_800x533  しばらくアオサギを楽しんだ後、九華公園の北門の方へ移動し、そこにいたImg_0904_800x556 ナナちゃん(ワンちゃん)のお父さん、お母さんとお話をしていました。このお父さんも、お若い頃から鳥好きで、いつもいろいろとご教示をいただいています。このときも、「向こうにアオサギがいた」という話をしていたのですが、途中アオサギがこちらに飛んできて、堀にいったん降りた後、すぐまた飛んで、最初とは別の場所に止まったのです。この写真で、ナナちゃん(手前のワンちゃん)のすぐ後ろの堀に、です。その後、北門の東屋からも見えるところに止まったという次第。話をしていましたので、こちらに飛んでくるときには対応できなかったのは、ちょっと残念。

Img_0831_800x604  話は戻ります。散歩コースはいつもの通りだったのですが、七里の渡し跡Img_0772_800x533 で、スズメ。昨日も見たのですが、砂浴びをしそうでした。しかし、昨日も、今日もやってくれませんでした。左の写真、よくご覧いただくと、ちょっとくぼんでいます。右は、昨日撮ったものですが、同じ場所だと思います。ここでは、ときどきスズメの砂浴びが見られるのです。

Img_0837_800x533  土俵近くのエノキ、今日はムクドリは集まってはいませんでした。



Img_0843_800x573  九華公園の花菖蒲園(管理事務所の南)で見かけました。ハクセキレイなのでしょうか、セグロセキレイなのでしょうか? まさか、ハイブリッド!? 頬が黒いのがセグロセキレイ、白いのがハクセキレイなのですが……。模様も、クリアでなく、斑というか何というか……。

Img_0856_800x520  奥平屋敷跡近くで見たハクセキレイ。頭も灰色ですので、メスか、幼鳥。コImg_0858_800x583 ンクリートの隙間に顔を突っ込んで餌を探していたようです。この直前には、もう少し手前で虫を咥えていました。


Img_0863_800x533  鎮国守国神社の「御車修祓殿」。最近、お社の前に石畳を敷く工事が始まっていました。今日は、お社を覆っていたブルーシートが一部外され、その姿が見えていました。石畳の工事は、もう少し続くようです。

Dscn8245_800x600  今朝は、河口堰に行こうか、いつものコースにしようか迷ったのですが、九華公園でアオサギに会えましたから、いつものコースでまぁよかったということです。8時45分からほぼ2時間。住吉神社から九華公園、公園内を回って、田町から寺町を経て帰宅。4.8㎞。写真は住吉水門。最近、水門は閉じられていたのですが、今日は開けられていました。回転するようになっています。

| | コメント (2)

2016年9月 2日 (金)

「暑くて、鳥がいないと張り合いがないねぇ」……Sさん曰く

Dscn8201_800x599 いつもと変わらず、午前中は散歩であります。本当に「○○の一つ覚え」です(苦笑)。しかも、9月に入ったとはいえ、日中はまだ厳しい残暑続きで、あまり鳥もいません。先日は、センダイムシクイ、コゲラ、シジュウカラを見ましたが、あれはたぶん僥倖に恵まれただけ。今日も8時40分から2時間ほど、住吉神社から九華公園、京町、寺町と4.7㎞。九華公園内で多少ウロウロしましたので、500mほどプラスという次第。写真は、揖斐川。向こうには河口堰が見えています。船は、赤須賀の漁船。貝を捕っています。

Dscn8214_800x600  タイトルのことばは、散歩でよくお目にかかる鳥好きのSさん、御年80才(もう81才になられたかも知れません。ほとんど毎日歩いていらっしゃいます)のものであります。今日は、蟠龍櫓の前で20分ほど話し込んでしました。全くおっしゃる通りです。鳥もいないのに、暑さの中を歩いていますと、本当に修行でもしているような気がしてきます(笑)。

Img_0761_800x529  今日見た、数少ない鳥を載せておきます。左は、揖斐長良川の中州。正確に言うと、「見た」のではなく、帰宅してパソコンの画面で気づいたのですが、向かって右端にアオサギがいました。この写真では、よく分からないと思います。

Img_0784_800x620  ハクセキレイは、九華公園の奥平屋敷跡。逃げるところを後ろから撮りましたから、証拠写真であります(左)。


Img_0789_800x528  左は、公園内の野球場の照明灯にいたカワウ。このところ、九華公園にはImg_0795_800x533 割とカワウの姿はよく見られます。右は、野球場のセンター後方のフェンスの上にいたカワウ。暑いのか、口を開けて、のどをブルブルさせています。

Img_0804_800x569  ハクセキレイとカワウでオシマイか、と思って、外周遊歩道の東を歩いてImg_0813_800x566 いましたら、朝日丸跡からコゲラの鳴き声が聞こえてきましたので、急いで引き返しました。コゲラが1羽。あまり近づけませんでしたが、一応写真には収められました。

Img_0820_800x538  また野球場の南を通って、外周の遊歩道へ戻るとき、フェンスにハクセキImg_0824_800x576 レイがやって来ました。すぐしたから、何枚か写真を撮らせてくれました。


Img_0792_800x543  そうそう、忘れるところでした。九華公園の住人、カルガモさんお二人。野Img_0794_800x546 球場南、堀の中の東屋の下で、カメさんをお供にお休み中。暑い時期、ときどき見かけないことがあるのですが、こういう目に付きにくいところにいるのかも知れません。

Img_0788_666x800  8月の終わりから、セミたちはめっきり静かになりました。しかし、まだあちこちで見かけます。アブラゼミの姿が多いようです。鳴いているのは、ツクツクボウシ立ちですが、たまに思い出したように、クマゼミも鳴きます。子どもの頃は(愛知県の西三河で育ちましたが)、アブラゼミばかりで、クマゼミは滅多に見なかったと思います。そのため、クマゼミは宝物のように思っていた記憶があります。

 今月も下旬になると、見られる鳥も増えてくると思います。去年9月17日に、一昨年秋の鳥見リストが載せてあります(去年9~11月の鳥見リスト……昨年秋のシーズンに初見の鳥)。アオサギ、コサギ、ダイサギ、カワラヒワ、ハクセキレイ、カワウ、スズメ、ドバト、ムクドリ、ヒヨドリなどよく見る鳥や、トビ、キジバトなどは含んでいませんが、次のようなラインナップでした。

  • 9月4日 拙宅ベランダ イソヒヨドリ(メス)
  • 9月12日 九華公園 カイツブリ
  • 9月15日 九華公園 ヤマガラ、シジュウカラ
  • 9月20日 老松公園 コゲラ、メジロ、サメビタキ(?)
  • 9月22日 貝塚公園 サメビタキ(?)……9/20と重複します
  • 9月26日 蟠龍櫓 イソヒヨドリ(メス)
  • 9月28日 九華公園 センダイムシクイ、サンコウチョウ(?)
  • 10月1日 吉之丸コミュニティパーク コサメビタキ(?)
  • 10月4日 九華公園 コサメビタキ
  • 10月6日 九華公園 カワセミ(九華公園では珍しいのです)
  • 10月8日 九華公園 モズ(メス)
  • 10月10日 九華公園 キンクロハジロ(カモ)
  • 10月14日 九華公園 アトリ(オス)
  • 10月16日 九華公園 ジョウビタキ(オス)
  • 10月18日 三の丸公園 セキセイインコ(多分飼われていたものが逃げたもの)
  • 10月19日 九華公園 ホシハジロ(カモ)
  • 10月20日 九華公園 スズガモ
  • 10月26日 住吉ポンプ場 ジョウビタキ(オス、メス)
  • 10月30日 九華公園 ハシビロガモ(メス)
  • 11月4日 甚内ポンプ場 コガモ(オス、メス)、オオバン
  • 11月5日 九華公園 シメ
  • 11月12日 九華公園 ユリカモメ

 去年から今年の春にかけての鳥見データもあり、エクセルにほぼ入力し終えています。そろそろ整理しなくてはと思い続けています(苦笑)。九華公園の管理人のOさんからは、「是非とも、『九華公園で見られる鳥』の写真付きリストを作ってください」というご要望もいただいています。

| | コメント (0)

2016年9月 1日 (木)

久しぶりに貝塚公園へ……シジュウカラ、カワウ、ヒヨドリくらい(苦笑)

Dscn8179_800x600  9月になりました。早いものです。午前中、散歩をしていた間は、汗だくにもならず、割とよかったのですが、午後からは気温も32℃。室内でも暑い感じでした。いつも通り、8時半から2時間あまり歩いてきました。住吉神社から九華公園のあとは、久しぶりに貝塚公園を経て、吉津屋、寺町を通り、5.2㎞とこれまた久しぶりに5㎞を超えました。写真は、九華公園の吉津屋堀。向かって左が本丸跡。松の木がほぼ水平に幹を伸ばしているのが見えます。

Img_0696_800x546  一昨日、センダイムシクイ、コゲラ、シジュウカラとまあまあでしたので、期待Img_0707_800x555 したのですが、ちょっと残念。鎮国守国神社の境内で、シジュウカラは見たのですが、それ以外には、コゲラ、カワラヒワの鳴き声を聞いたくらいで、普段通り。

Img_0689_800x569  奥平屋敷跡ではハクセキレイを見かけたものの、逃げられ、後ろ姿の証拠Img_0719_800x533 写真のみ(苦笑)。右は、神戸櫓跡の松の木にいたカワウ。カワウは、この他、野球場の照明灯の上に2羽ほど。


Img_0677_800x533  そうそう、九華公園の土俵近くのエノキなどには、今日もムクドリが集まってImg_0679_800x587 いました。なぜここなのかは、よく分かりません。



Img_0669_800x546  九華公園に行く前、七里の渡し跡では、スズメが砂浴びをしていたのですが、こんなショットしか撮れませんでした。ワンちゃんが散歩に来て、逃げられました。

Dscn8182_800x600  貝塚公園は、暑い時期には鳥は来ませんので、ほとんど行きません。今日は、一昨日、九華公園でセンダイムシクイなどを見たので、何か来ているかも知れないと思って、行ってみました。

Img_0738_800x558  カワラヒワ、コゲラの鳴き声も聞かれましたが、姿が見えたのは、こちらのみ。ヒヨドリの若い個体かと思います。セミを捕まえようとしていたのですが、うまく行かなかったようで、これは別の枝に来たところを撮ったもの。

Img_0721_800x552  ちょっと寂しいので、昆虫写真を(笑)。左は、ウチワヤンマ。九華公園のImg_0744_800x597 外周遊歩道の南に、いつもウチワヤンマが止まるスポットがあります。右は、貝塚公園で撮ったアオスジアゲハ。小生の好きなチョウなのですが、今年はあまり見かけませんでした。見たとしても、なかなか止まってくれずで、ちゃんとした写真は、今シーズン初めて。

Img_0750_800x533  アゲハ。吉津屋堀近くで。ピントがちょっと甘いのですが、なかなかよいシーンかと思って載せました。飛び回りながら、花の蜜を吸うという行動を繰り返していました。

Dscn8186_800x600  冒頭にも書きましたが、早くも9月。年を取るほど、歳月が過ぎるのが早くなる感じです。困ったものです(苦笑)。朝夕は過ごしやすくなってきたものの、日中は厳しい残暑。やはりお彼岸くらいまでは暑いのでしょうか? 写真は、住吉入江。三崎見附から少し北に入ったところで。このベンチで散歩帰りによく一休みしています。奥に、玉重橋、諸戸氏庭園本邸が小さく見えます。

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »