« 秋らしくなりました……しかし、鳥はいません(涙) | トップページ | 公認心理師について、厚生労働省のサイトに掲載されています »

2016年9月10日 (土)

カワセミを目撃(笑)、餌を咥えたアオサギも……播磨、大山田川、伊勢大橋方面へ6.6㎞も歩く

Dscn8460_800x600 日中は、31℃を超えていましたが、今朝は20.6℃だったようです。かなり秋めいてきました。来週木曜(9/15)は、もう中秋の名月ですからねぇ。


Img_1722_611x800  今日は、予定通り、福島の水田を通り抜け、1号線を横切って、播磨、大山田川、上之輪の水田、伊勢大橋から揖斐川Dscn8492_800x600 と歩いてきました。「よく歩いたな」と思ったら、何と6.6㎞も! これも秋めいてきたお陰かも知れません。左の写真は、新宮西橋からNTNの工場方面を見た写真、右は、伊勢大橋西詰交差点であります。


Img_1713_800x532  歩いたコース、あちこちで稲刈りが行われていました。上之輪の水田では、Img_1778_800x499 右のような光景も見られました。正式な名前を知らないのですが(ネットで検索すると、いろいろ出てきますが、方言もあって、よく分かりません……藁にお、藁にご、藁ぼっち;もっとも積み方もいろいろです)。どなたかご存じの方がいらっしゃれば、ご教示ください。

Img_1882_800x555  さて、今日のハイライトは、カワセミを2回も目撃したことです。「目撃」と書きましたように、見ただけでまともな写真は撮れなかったのです(苦笑)。最初は、福島ポンプ場の西(諸戸苑という住宅地の北)の水路。このあたり、何年か前はよく見たところですが、この頃はさっぱりでした。水路脇の草の中から飛び出て、諸戸苑の住宅地に飛び去りました。2回目は、揖斐川右岸、ちょうど河口堰の西あたり。左の写真が、その「証拠」。「カワセミらしい姿」は、見ていただけると思います。う~ん、またこちら方面に来て、カワセミ探しをしないと(笑)。

Img_1875_800x531  もう一つは、餌を咥えたアオサギさんの姿。これも、まともに撮れてはいImg_1876_800x628 ませんが……。揖斐川右岸で、カワセミを見る直前、河口堰の方からちょうど小生がいたあたりに向かってきたのです。「おぉ、これは!」と思ったのですが、降り立った途端、小生に気づいて逃げて行きました。慌てたようですが、魚はしっかり咥えたままでした。

Img_1725_800x569  水田あたりでケリやサギがいないかと思ったのですが、姿は見当たらず。Img_1732_800x553 コサギがいたのは、新宮西橋の上流、養老鉄道の鉄橋との中間あたりで、橋からはちょっと遠い(笑)。ちょうどそのとき、北側の空にコサギが。

Img_1733_622x800  飛んできたコサギは、さらに遠く、養老鉄道の鉄橋近くに降り立ちました。Img_1742_800x544 まぁ、大山田川にコサギが来ていることは確認できましたので、良しとしましょう。ホントは、歩くのもなぁと思ったのと、近くまで行っても逃げられる可能性大だと考えたのです(苦笑)。新宮西橋のすぐ下流、JR・近鉄の鉄橋の手前には、アオサギの姿が。このアオサギさん、餌を探してか、鉄橋の方に歩いて行ってしまいました。

Img_1766_800x532  この後、上之輪の水田へ(地名は、東方や、福島など)。上之輪神社の北にあります。サギやケリの姿Img_1753_800x589 を探したのですが、見当たりません。写真には写っていませんが、北の方、線路際では、稲刈りが行われているようでした。そのとき、モズの鳴き声が聞こえてきました。上之輪神社西のJR・近鉄鉄橋近くの梢の上にいました。これまた距離があり、よく分かりませんでしたが、雄のモズのように見えます。

Dscn8483_800x600  上之輪神社で小休止の後、沢南橋や、その上流の人・自転車専用橋へ。Img_1798_800x620 河川改修工事が行われたのですが、草が生い茂ってしまっています(左の写真は、専用橋から沢南橋を見たもの)。ここで見かけたのは、シギらしき鳥、1羽。堰の上にいたのですが、沢南橋をくぐって逃げられました。イソシギかと思うのですが、確認できません。

Img_1816_800x614  沢南橋のすぐ下流側では、カワラヒワの若鳥が、数羽。この頃、カワラヒImg_1829_800x582 ワの若鳥、あちこちでよく見かけます。さらに大山田川に沿って、下流へ。水門まで行く途中、右岸にコサギの姿が1羽。今日は、証拠写真もしくはその類いばかりです(苦笑)。鳥がまったくいないよりはマシですが……。

Dscn8488_800x600  揖斐川に突き当たります。船繋ぎ場、沢北樋管、大山田水門、甚内排水機場樋門、どこも鳥はいませんでした(カワウが1羽いただけ)。もう少し早い時間ならいたかも知れません。すでに11時近くでしたから。


Img_1840_800x533  伊勢大橋あたり。夏前に、新しい橋の橋脚の工事がいったん終了していましたが、8月末くらいからまた、クレーンを積んだ台船が出ています。工事の続きかと思うのですが、よく分かりません。潜水業者の船も出ていました。写真は、伊勢大橋の下流側です。

Img_1865_800x486  少し歩くと、アオサギが1羽、河口堰の方から飛んできました(上の写真のImg_1871_800x560 餌を咥えたアオサギとは別)。伊勢大橋のすぐ下流あたりに降り立ちましたが、これまたちょっと遠すぎ。右の写真は、大トリミングしてあります。

Img_1804_800x563  ということで、6.6㎞の「大遠征(笑)」。こんなに歩くつもりはなかったのですが……。正直、いささか疲れました。途中、沢南橋のところで、近鉄の「しまかぜ」が来る時間になりましたので、俄撮り鉄。場所的には、ゴチャゴチャしすぎてまったくよくありません(分かってはおりますが、ご容赦を)。上之輪の水田で、多度山をバックに撮ればもう少しマシかも知れません。

Img_1902_800x549  オマケ。拙宅前の住吉入江。たぶんボラの子と思いますが、盛んにジャンプしていましたので、テキトーにシャッターを切ったら、写っていました(笑)。証拠写真ばかりでしたが、大山田川にも、コサギ、アオサギなどが来ているのは、確認できました。

|

« 秋らしくなりました……しかし、鳥はいません(涙) | トップページ | 公認心理師について、厚生労働省のサイトに掲載されています »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

カワセミ、以前は、沢南橋あたりに棲んでいたと思いますが、あの河川改修工事が終わってからは、確認していません。
秋に向け、ときどき出かけていこうと思います。
また見かけたら、ブログに載せます。

アオサギの獲物は、大きな魚でした。
揖斐川右岸に降りて丸呑みしようと思ったのでしょうが、小生の目の前に降り立とうとして、ビックリしてUターンしていきました。
ちょっと悪いことをしたかも知れません(苦笑)。

野鳥、これから増えてきますから、楽しみですね。

伊勢大橋の工事再開ですね。
看板までは確認しませんでしたが、今度は何の工事なのでしょう。

しまかぜ、人気ですね。
昨日もかなり座席は埋まっていたようです。
私も乗ってみたいと思いますが、賢島方面では、私もこれといって用事がありません(笑)。

藁の束の名前、ありがとうございます。
こういう円錐形のものと、もっと高く積み上げたものとありますね。
呼び方をネットで調べると、地方によっていろいろのようでした。

投稿: mamekichi | 2016年9月11日 (日) 12時35分

mamekichiさん、おはようございます!

カワセミ、沢南橋付近に棲み付いてるんですよね、自分も一度だけ目撃しましたが、いまだ撮影出来てないので、またチャレンジしなければと思っています。

アオサギ、魚類っぽい結構大きな獲物ですね、丸呑みする瞬間が見たいです。少しづつ野鳥も増えて来て、行動も面白くなってくる頃ですね、これからの散歩が楽しみです。

新1号線の工事、また始まりましたね、工事の看板が8月31日になっていたので、期限切れだ~と思ったら既に来年の8月31日になってました。(笑)

しまかぜ、休日だけかもしれませんが、相変わらず満席ですね。まだまだ人気が有るようです。自分も乗って見たいですが、賢島に行く用事が無いので...(^^;;

最後に藁の束、以前農家の人に「すずみ」と聞いた事が有りますが、すずみはもう少し大きな藁束のような気もします。呼び方は色々有るのかもしれませんね。

投稿: ひらい | 2016年9月11日 (日) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋らしくなりました……しかし、鳥はいません(涙) | トップページ | 公認心理師について、厚生労働省のサイトに掲載されています »