« 実家から、イオンモール常滑へ | トップページ | ヤマトシジミに、ツマグロヒョウモン……サギソウの写真も(笑) »

2016年8月15日 (月)

巨大松ぼっくり、ハクセキレイのバトル、鬼灯に、カニ釣り

Dscn7508_800x598 とてつもなく大きな松ぼっくりです。今日、九華公園の管理事務所でいただきました。しばらく前から、大きな松ぼっくりをたくさん届けてくださった方がいらっしゃるという話は聞いていたのですが、これほど大きいとは、驚きです。小生の知識では,どういう種類なのか特定できませんが、調べると、大王松<だいおうまつorだいおうしょう>という松の木の松ぼっくりに似ています。もらってきたのは、長さ13cm、直径10cmほど。大王松は、アメリカ原産、高さは20~40mになるそうです。葉は、20~30cmとなり、3個が束生するといいます。そして、松ぼっくりは、長さ15~25cmになるとありました。こちらにその松ぼっくりの写真がありました。オブジェではありませんが、室内に飾ってあります。

Dscn7496_800x600  さて、曇っていて、ムシムシし、昼過ぎにはかなり強い雨が降りました。いつものように、8時40分くらいから、降られるかなと思いつつも散歩に。今日は、住吉神社から九華公園、赤須賀神明社、寺町と5.4㎞も歩いてしまいました(苦笑)。2時間ほどです。天候のせいか、散歩友達の方にはほとんど会えず仕舞い。

Img_8828_800x567  こういう日は鳥もあまりいません。揖斐長良川の中州にアオサギなどの姿Img_8829_800x564_2 もなしでしたが、船津屋さんの裏あたりで、ハクセキレイ2羽が、バトル(?)を展開していました。テキトーにシャッターを押したら、それなりに写っていました(笑)。本当にバトルなのか、よく分かりません。絡み合いながら、七里の渡し跡方面へ飛び去りました。

Img_8838_800x616  九華公園。管理事務所で、管理人のOさんと話し込んできました。そのときに、松ぼっくりをいただきました。九華公園では、これということはありませんでしたが、ボラのジャンプが撮れました。たいてい2~3回連続して跳ねますので、うまく行くとこういう写真が撮れます。

Dscn7519_800x600  その後、赤須賀神明社へ。8月の旧盆に祭事として石取祭が行われるのDscn7515_800x600 です。8月14日神明社の神楽太鼓を合図に一斉に叩き出し、15日試楽の町内練りを経て、16日本楽渡祭が行われます。祭車は、開勢町・市場町・蛭子町・弁天町・宮本町・港町の6町内に1台ずつ、6台の祭車があるそうです。

Dscn7511_800x600  もちろん、午前中に出かけても、祭事は行われていないのですが、神社Img_8841_577x800 がどんな風になっているかだけでも見てみたいと思ってのことです。右上の写真にある案内板には、「古くは桑名石取祭の祭車行事(春日神社の石取祭)にも参加していたようですが、独立し街区の整備とともにまつりの形が整い、現在のような形となりました」とありました。昨日の夜、我が家にも鉦・太鼓の音が聞こえてきていました。


Img_8850_800x551  寺町では、いつものように桑名別院にお参り。睡蓮はまだ、1~2輪ずつ咲いています。お墓参りの方の姿はチラホラありました。本堂からは、阿弥陀経のど今日が聞こえてきていました。

Img_8854_800x533  月曜日は、寺町商店街は定休日なのですが、お盆期間であるためか、花Img_8852_800x617 屋さん、仏壇屋さんなどは営業していました。花屋さんの店頭には、鬼灯がたくさん売られていました。お盆というと、この鬼灯のイメージがあります。ただ、我が家に関しては、親父の実家あたりの地域が、なぜかお墓を作らない習慣があり、それを受け継いで、お墓がありません。子どもの頃から、お墓参りをしたことがありませんでした結婚してからは、家内の実家のお墓参りはするようになりました)。

Img_8867_800x565  帰り際、寺町交差点近くの堀で、男の子と、そのおじいさん(と思います)Img_8873_800x568 が、カニ釣りをしていました。棒きれに糸を結び、先端には、さきいからしきものが付いています。堀の石垣の隙間にモクズガニでしょうか、いましたが、すぐに餌に飛びついていました。

Img_8880_800x590 一度目は失敗。二度目になってうまく行きました。男の子の方よりも、おじImg_8883_800x580 いさんが一所懸命になっていました。昔を思い出して、のことのような気がします。微笑ましい光景でした。小生は、子どもの頃、カニ釣りはしたことがありませんが、同じようなやり方で、ザリガニを釣って、それを餌にハゼを釣ったことがあります。

 今週は、水曜日に相談会で名古屋へ。お二人の予定。資料を読み終え、ほぼ方針を立てたところです。明日はその見直し。台風もまた発生して、その影響でか天気がよくないようです。

|

« 実家から、イオンモール常滑へ | トップページ | ヤマトシジミに、ツマグロヒョウモン……サギソウの写真も(笑) »

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。
たぶん大王松で間違いないと思います。
白川公園で採ってこられたそうですから、またどうぞ(笑)。
これだけでオブジェになります。

ハクセキレイのバトル、すごいスピードで飛びながらでしたので、テキトーにならざるを得ませんでした。
けがの功名みたいなものですが説明がないと何が何だか分かりませんね。

鬼灯、そうですね、不思議なものです。
本文にも書きましたが、縁がなかったのでとくにそういう感じがします。
「実」がお好きですか、ふ~ん(他意はありません)。
人によって、気になるものはいろいろあります。

カニさんの背後の石垣にいるのは、フナムシです。
海岸や港によくいますし、九華公園の堀の石垣にもたくさんいます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%82%B7
「海のゴキブリ」と書いている人もいました(笑)。
あまり気持ちのよい動物ではありませんが、子どもの頃、ハゼ釣りの餌にしたことがありました。

投稿: mamekichi | 2016年8月16日 (火) 12時36分

秘書さま、こんにちは。
松ぼっくり、大きいでしょう。
大きいとは聞いていたのですが、これほどとは思いませんでした。
公園の管理人・Oさんが、公園内の松ぼっくりを拾い集めて、クリスマスリースや、クリスマス飾りが作れる「お手製キット」を作って、配ってくださいます。

鬼灯、きれいでしょう?
花屋さんの店頭で勝手に撮ってきました(笑)。

カニも、ザリガニもこうやって釣ることができます。
私くらいから上の年代の男性なら、子どもの頃経験があるのではないかと思います。

お墓、ありません。
どういう風習かは知りません。
亡くなったオヤジが、「学者も調べに来た」と言っていたのですが、詳細は聞き逃してしまったままです。
ネットで検索したのですが、出てきません。

投稿: mamekichi | 2016年8月16日 (火) 12時30分

mamekichi先生、おはようございます。

大王松・・・大王ですね(笑)。
リンク先も拝見しましたが、彫刻みたいです。

ハクセキレイのバトル、テキトーが功を奏してしまいましたか。
『巨匠』ですね(笑)。

鬼灯、子どものころ、「不思議」と思ったまま、今も同じように「不思議」という感覚が残っています。
何がどう不思議と思ったのか、もう説明できませんが、
惹かれます。
松ぼっくりにも惹かれるので、「実」が好きなのかもしれませんが。

カニさん、背後の岩場にいる、虫のようなものは何でしょう?
「ひゃ!」と、寒気がしたのですが、怖いもの見たさでしょうか、
2度見してしまいました。
たくさん張り付いていて、更に「ひゃ!」。

投稿: おユキ | 2016年8月16日 (火) 09時22分

大きなまっぼっくりですね。
私は、まっぼっくりはツリーに昔使っていました。
蓮・ほおずき、綺麗ですね。
カニって、こうやって釣るのですね。
知らなかった。
器用ですね。
えぇー?お墓ないのですか?
何かの風習ですか?
はじめて聞きました。びっくり👀

投稿: 秘書 | 2016年8月16日 (火) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実家から、イオンモール常滑へ | トップページ | ヤマトシジミに、ツマグロヒョウモン……サギソウの写真も(笑) »