« 春日さんの左大臣・右大臣奉納奉告祭……伊勢大神楽の奉納も【動画をYouTubeにアップしました】  | トップページ | 九華公園でアオサギ……浄土寺の地蔵盆と、メダカの余談 »

2016年8月22日 (月)

暑いが故に、河口堰へ(笑)……アオサギも暑そう

Dscn7821_800x600 関東から北は、台風が来て、大荒れの天気になっているようで、お見舞いDscn7822_800x600 申し上げます。こちらは、相も変わらずの猛暑。今日など、また38℃になるという予報でした(実際には、36.8℃、13時40分)。どうせ暑いのだからと、今日は河口堰へ遠征。むしろ、堰の上は風が通って、まだマシだったかも知れません(苦笑)。

Img_9640_800x593  「鳥果」は、まあまあでした。堰の東側は、魚道の下流に、カワウ4羽。そこへ西からコサギが飛来。浮きをつないでいるロープに降り立ちました。堰の上は、機械室の陰がところどころにありますから、思ったほどつらくはありませんでした。

Img_9656_800x595  堰の西側の閘門の下流には、カワウ1羽、コサギ1羽、アオサギ2羽。アオサギは、閘門からImg_9658_800x579 続く柱の南端と、堰に近いところとに。



Img_9664_800x550  左は、堰に近いところにいたアオサギ。暑いのか、口を開け、のどのあたりImg_9673_800x589 をブルブルしています。こういう行動は、鳥たちにかなり共通したものなのでしょうか。右は、同じく堰の西端、魚道の下流、西にいたアオサギ。前回も同じところにいるのを見ました。このアオサギも、口を開け、ブルブルしています。

Img_9688_800x573  堰西側、魚道の上流にも、アオサギが2羽。今日は、結構たくさんアオサImg_9700_800x543 ギを見ました。右の写真のアオサギさん、右側の翼だけ、このように開いていました。ときどき、こういう格好をしている(両側を開いていることが多いのですが)アオサギを見ます。

Img_9726_800x535  上・左の写真のアオサギ、その後飛び立ち、伊勢大橋方面へ飛んでいきImg_9736_800x551 ました。左右の写真は、多度山をバックにしたもの。左の写真は、普通に飛んでいるところなのですが、右のように、首を起こすシーンが見られました。この後、旋回して方向を変えましたので、方向転換のときに、このような姿勢を取るのかと思います。

Img_9760_800x530  先ほど、右の翼だけを開いていたアオサギは、その後、閘門に入るところImg_9813_800x577 へ移動。この頃、北からの風がかなり強くなり、前傾姿勢を取っていました。何も、こんな捕まりにくいところに移動して、前傾姿勢を取らなくてもよいのに。

Img_9805_800x536  こちら、西の揖斐川右岸方面。アオサギが1羽飛んでいくのを見ていたのImg_9809_800x555 ですが、わざわざダイサギらしき鳥がいるところに接近していったのです。何か訳があるのでしょうか? ダイサギは逃げ、このアオサギは、岸には降りず、川の中に降り立ったのです。

Img_9850_800x542  親水公園にも行ってきました。シギらしき鳥を2羽目撃。1羽は、ピンぼけImg_9852_800x552 写真。もう1羽がこちら。イソシギに見えます。このイソシギさん、しばらく見ていたら、段を上がっていくのです。ちょっとビックリ。飛んで上がればよいのに、よじ登っていくようにして移動するのが笑えます。親水公園では、この他、ハクセキレイを2羽ほど。

Img_9883_800x521  河口堰に戻り、西の端から南を見ると、何羽かアオサギが飛んできたりしていImg_9891_800x558 ます。左右の写真は、十万山。中州に切れ目があり、揖斐川と長良川とがつながっているところ。左は、柱の上にアオサギがいるところへ、別のアオサギが接近。接近したアオサギは、別の柱に止まりました。風が強くて、この2羽も前傾姿勢。

Img_9911_800x559  見ていると、さらに別の2羽が、連なっている感じで飛んできました。揖斐Img_9914_800x554 川の方へ向かっていったのですが、うち1羽は、中州の葦原の中へ降りて行きました。


Img_9947_800x585  堰西側の魚道脇に、アオサギ1羽。来たときに木の上にいたアオサギかImg_9952_800x577 も知れませんが、不明。口を開け気味で、のど元ブルブルでした(笑)。右は、閘門の水路にいたコサギ。


Dscn7826_600x800  河口堰にいたのは1時間ほど。暑かったのですが、風はあり、ときどき雲も出て、耐えられないというほどではありませんでした。写真は、親水公園ですが、ここにもっと水鳥がいるといいのですが、まぁ余り贅沢をいってはいけません。猛暑の割に、アオサギもたくさんいましたし、いろいろの様子も見られ、それなりに満足。



Dscn7837_800x600  時間がありましたので、船頭平閘門へ寄ってきました。ブロ友のこころんDscn7838_800x600 さんがいらっしゃったという記事を拝見して、「そういえば、最近行ってない」と思って立ち寄りました。が、鳥でいたのは、カラス。たくさん集まっていました。釣り人がお二人。

Img_9974_800x557  ケイトウだと思います。船頭平の公園にありました。真夏の花というイメー ジです。しかし、船頭平閘門、暑かったです。早々に退散してきました。


Img_9983_800x605  オマケ。拙宅マンション北側の水路、諸戸氏庭園との間にあります。以前は水がかなり汚れていたのですが、最近はきれいになっています。このところ、見ていると、イトトンボが集まってきていますし、今日は、あちこちで交尾シーンが見られました。

Img_9971_533x800_2  以上、8時40分出発、11時15分頃帰宅。もちろんクルマでです。歩いたのは、たぶん3㎞ほど。帰りには、治水神社の様子も見てきたのですが、アオサギの姿はなし。写真は、船頭平閘門にある、ヨハネス・デレーケの像。オランダ人の、いわゆる「お雇い技師」。砂防、治山、河川改修に携わり、木曽三川の分流工事にも関わっています。

|

« 春日さんの左大臣・右大臣奉納奉告祭……伊勢大神楽の奉納も【動画をYouTubeにアップしました】  | トップページ | 九華公園でアオサギ……浄土寺の地蔵盆と、メダカの余談 »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、おはようございます。

コサギ、あんな細いロープに上手に降りるものだと感心します。
おっしゃるようにピタリと決まっています。

河口堰だけでは時間が余ってしまったので、思いつきで(こころんさんが記事を書いていらしたというのもあります)、船頭平にも立ち寄ってきました。
が、暑いだけでした(笑)。
治水神社も、アオサギの巣があったのでよったのですが、もう子育ては終わってしまったようで、まったくいませんでした。
最近、カワセミ山を見られていませんので、アクアワールド水郷パークセンターは、また今度行ってみようと思っています。

藤前干潟のセンターも一度行ってみたいところです。
ポケモンGO!をしているらしい人たち、九華公園や、その近くでも休日になるとたくさんいらっしゃいます。

投稿: mamekichi | 2016年8月24日 (水) 09時25分

こんばんは
白鷺がロープに降り立つところは
内村選手みたいでピタッと決まりましたね!

あらま!船頭平へ行かれたんですか!
蓮も終わってちょっと寂しいシーズンかと思いますが
土日祝は観光船が通るのでまたどうぞ(笑)

あ、更に北へ足を延ばされて
アクアワールド水郷パークセンターにカワセミがいます(^^ゞ

今日、名古屋へ行ってきまして
時間があって金城ふ頭に豪華客船が来る日だったので南下しました。
船は道に車を停めて遠くから撮っただけですが。
途中に藤前干潟のセンター(あおなみ線の近く)があって寄ってみました。
満潮時だったので干潟は見れませんでしたが
ポケモンGOをしてる人がたくさんいてビックリでした。
よくゾンビに例えられますが
ほんとそんな光景でした。


投稿: こころん | 2016年8月23日 (火) 18時06分

おユキさん、こんにちは。

お金はないのですが、数少ない仕事にもきりが付いて、時間はありますので、ウロウロしています(苦笑)。
「サンデー毎日」ですから。

カワウさんは、結構他の鳥の近くにいますね。
意図は残念ながら分かりかねます。
4枚目の写真は、本当にコサギのすぐそばにいたのです。
ただし、どちらが先にいたのか等は不明。

イソシギの写真は、かなり距離があったので、実は、ズームで撮った上に、かなりのトリミングをしています。
動画までは思いが至りませんでしたが、ちょっと遠すぎて、見られる画像にはならなかったと思います。

親水公園は、河口堰の北側、国道1号線の伊勢大橋に近いところにあります。
余り人はやって来ません(鳥ももっとくるかと思ったのですが、やはり少ないです)。
あの写真は、アングルを考えました。
遠くに写っているマンションの1つは、拙宅です(向かって左端)。

ところで、伊勢大神楽の動画、楽しんでいただけたようで、ありがとうございます。
本文にも書きましたが、ニュースなどで見たことはあったのですが、実際に目にしたのは初めて。
400年以上の歴史があり、伊勢神宮ともつながっている神楽で、なかなか興味深いものです。

投稿: mamekichi | 2016年8月23日 (火) 17時28分

ひらいさん、こんにちは。

昨日は、河口堰に行ってきました。
「どうせ暑いから」と開き直りです(笑)。
西の端まで行ったとき、東の方に自転車で、帽子をかぶり、荷物を背負って、タオルを首に巻いた方が見えましたので、ひらいさんかと思いましたが、ワンちゃんを連れた全くの別人でした。

アオサギさん、思ったよりもたくさん見られました。
コサギ、ダイサギはもう少しいるかと思ったのですが、案外でした。
ダイビング、また是非みたいですね。

イソシギと思いますが、飛ばずに、段をよじ登っていました。
笑えますね。

両ヶ池、夏場は行ったことがありませんが、サギや、カイツブリ、カルガモがいるんですね。
それにキンクロらしき鳥もいるとは、ちょっと穏やかではありません(笑)。

投稿: mamekichi | 2016年8月23日 (火) 17時20分

mamekichi先生、おはようございます。

このところ、以前にも増してフットワークが軽くなられたようで、”大人の夏休み”だなぁ、と思って拝見しています(笑)。

カワウさん、誰とでも2ショットになっていませんか?
そのように撮っていらっしゃるのでしょうか。
カワウファンとしては、他の鳥さんたちにとって、空気のような存在なのかも?と、悦に入っているのですが。

イソシギさん、段をよじ登っていくところ、動画で観たかったですー(神楽の動画も拝見しました。思っていたより陽気な曲で意外でした。)。

親水公園、ステキなところですねぇ。
カメラアングルが良いのかも。

投稿: おユキ | 2016年8月23日 (火) 09時37分

mamekichiさん、おはようございます!

昨日は河口堰遠征でしたか、自分も早朝に行こうと思ってたのですが、さすがに琵琶湖疲れで、昨日はお休みしておりました。(笑) 昨日は、結構風が吹いてたので、暑い割には心地よかったですね。

アオサギが順調に増えてるようですね、ダイビングの準備というようにも見えますが、本格的に開始されるのはもう少し先でしょうか、またお楽しみですね。飛ばないシギも面白いです。

昨日、買い物ついでに両ケ池へ寄ってきました。サギが少々と、カイツブリ、カルガモを確認、そしてはっきり判らないのですが、キンクロっぽい野鳥が2羽居ました。余り綺麗に撮影出来てないのですが、本日中にはブログに載せてみます。

投稿: ひらい | 2016年8月23日 (火) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春日さんの左大臣・右大臣奉納奉告祭……伊勢大神楽の奉納も【動画をYouTubeにアップしました】  | トップページ | 九華公園でアオサギ……浄土寺の地蔵盆と、メダカの余談 »