« 七里の渡し公園でカラスの食餌、カワラヒワの水浴び……博物館の展示も見てきました | トップページ | 蓮とチョウトンボ……万助溜公園へ »

2016年7月16日 (土)

ゴマダラチョウ、ノシメトンボ……九華公園では藤の花が咲く!?

Img_6737 昨日、今日と割と涼しく、エアコンは使わず、窓を開けて風を入れています。Img_6761 先日から石取祭のお囃子の練習が始まっていますが、夕方になると、近くの町内から鉦・太鼓の音が聞こえてきます。我が家の南側にはいくつもの町内がありますので、毎日賑やかですが、場所によっては、風向き次第で、お囃子の練習の音は聞こえたり、聞こえなかったりするようです。伊賀町のご隠居様のところは、「西風だとよく聞こえるけど、東風の時は静かだよ」とおっしゃいます。練習は、夜10時まで。7月18日の石取祭囃子優勝大会まで続きます。左右の写真は、昨年の石取祭のものです。

Img_6138_800x550  さて、今日もいつものように散歩。揖斐川の堤防を歩いていると、蟠龍櫓のImg_6146_800x561 上空にアオサギが3羽。東の、長島の方へ飛んでいきます。どう見ても1つのグループです。親子なのでしょうか。 アオサギがグループになって飛んでいるところはほとんど見ないと思います。

Img_6150_800x595  揖斐長良川の中州の南の端では、ダイサギ(大きさから見てです)と、アオImg_6155_800x608 サギが餌を探しているようでした。この中州で、サギを見るのもずいぶん久しぶりです。中州、河口堰、九華公園などにアオサギや、コサギが持って来てくれるようになってほしいものです。

Img_6158_800x594  九華公園、今日もあまり鳥の姿はありません。スズメ、ムクドリ、カワウに、Img_6161_800x534 いつものカルガモさんくらい。スズメはあちこちにいますが、ムクドリは奥平屋敷跡に集団でいました。


Img_6188_800x534  その九華公園では、フジの花が咲いています。しかも、一房や二房ではImg_6194_800x534 ありません。右の写真でもまだ、その一部。10房以上咲いていると思います。何がどうなっているのでしょう? 気候の影響なのでしょうか?

Img_6185_800x594  鳥がいないからと言うわけではありませんが、昆虫写真を。左は、ゴマダラチョウと思います。口吻がオレンジ色なのが特徴のようです。九華公園本丸跡の藤棚の前で撮影。一所懸命追いかけていたら、カメラを持った男性に笑われました(苦笑)。子どもみたいに思われたのかも知れません。「胡麻斑蝶」と書きますが、黒地に白のまだら模様が特徴の故。

Img_6203_800x534  こちらは、九華公園の外周遊歩道の東で取った、ノシメトンボ(もしくは、コノシメトンボ)。赤とんぼの仲間では、最も大きいようです。漢字で書くと、「熨斗目蜻蛉」。これは成虫の腹部の黒い斑紋が、熨斗目模様に似ていることに由来するそうです。

Img_6208_800x612 ノシメトンボが止まっていたのは、こちら、オニユリ。この写真でも、左上に少しだけ、トンボの羽が写っています。



Img_6198_800x534  クマゼミ。クマゼミに限らず、九華公園では、セミの大合唱。あちこちの地面にセミが出てきた穴がありますし、抜け殻もそこかしこに多数。10時過ぎくらいになると鳴き止み、辺り一帯は静粛が訪れます。あれはなぜでしょう? 気温が上がるとなのでしょうか? 分からないことばかりです(苦笑)。

Img_6235_800x612  今日もまた、桑名七里の渡し公園のせせらぎの確認へ。残念ながら、スImg_6245_800x529 ズメが3羽ほど水を飲みに来ただけで、あとはカワラヒワも近くの木までやって来たのですが、降りてこず。


Img_6233_800x533  せせらぎの南に、小さいお子さん連れのお母さんが2組いらしたためですが、ここは浅くて、傾斜も緩いので、お子さん連れの方も安心して水遊びができます。小型野鳥が来ないのは、残念ですが、お子さんが遊んでいるのを見ていると、微笑ましいものがあります。

Img_6228_800x534 諸戸氏庭園前の住吉入江脇には、ワルナスビの花がたくさん咲いています。ここには、ずいぶん以前からワルナスビが咲きます。アメリカ原産の外来種。なぜ「悪茄子」などという名前がついたのでしょうね? Wikipediaによれば、「一度生えると完全に駆除するのは難しい」という、たちの悪さから名付けられたとありました。

Dscn6142_800x600  以下は余談というか、個人的な覚えのためのようなもの。左は、三の丸公園の文化財の試掘調査現場。一部に穴が掘られていました。芝生の色が黄色っぽいところは、この冬の試掘で掘ったところです。

Img_6226_800x534  吉津屋町のツバメの巣。今日見たときは、お留守。卵があると思っていたのですが、よく分からなくなりました。余所のお宅ですから、あまり長い時間見ているのもどうかと思います(そのお宅の方とお話しできれば、見ることや、写真を撮ることをきちんとご了解いただくのですが)。

Dscn6147_600x800  今日の散歩。家事をしていて少し遅くなり、8時55分頃から11時半前まで。住吉神社から九華公園、京町、寺町、桑名七里の渡し公園と、5.1㎞であります。午前中湿度は高かったのですが、時折弱い風が吹き、そういうときは涼しく感じられました。写真は、寺町商店街の夜店のお知らせ。来週末です。

|

« 七里の渡し公園でカラスの食餌、カワラヒワの水浴び……博物館の展示も見てきました | トップページ | 蓮とチョウトンボ……万助溜公園へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書さん、おはようございます。
石取祭、今年は、8月6、7日です。
本楽の時は、南の東海道の方に祭車が整列します。

ゴマダラチョウ、ごまには見えませんよね。
オレンジの口吻はきれいでしたよ。

デパートの件は、気になさらない方がよろしいと思います。
外商の担当者の方も、人間ですから、いろいろとありますよ。
ご自分を責めないでください。
そうそう石取祭の時、体調がよろしければお越しくださいね。

投稿: mamekichi | 2016年7月17日 (日) 09時01分

ひらいさん、おはようございます。

石取祭の写真、失礼しました。
練習用の道具は、鉦・太鼓がぶら下がっているだけで、失礼ながら、あまり見映えがしませんので(苦笑)。

サギたち、少しずつ戻ってきたようですね。
近場で姿が見られるようになると嬉しいです。
江戸橋へ通う途中も、鈴鹿川から高田本山あたりの、線路沿いの水田にも、コサギ、アオサギ、アマサギの姿がよく見られます。
先日は、鈴鹿川の河川敷にキジの雄もいました。

花火の準備も始まっていますね。
揖斐川右岸には、「場所取り禁止」の掲示がたくさんあります。

なばなのイルミ、もう制作開始なんですね。
早過ぎという感じもします。
また、揖斐川から見てみます。

投稿: mamekichi | 2016年7月17日 (日) 08時56分

こんばんわ!
もうすぐですね。いしどりまつり。
楽しみですねー!
胡麻には、見えないです。
名前かえてあげたいです。
せっかく、綺麗な蝶々なのに。
デパートの外商に取り引き一生しないと
いわれました。
やはり、感情の起伏が、激しいせいか、
死にたくなりました。
頓服二回飲みました。
あー私なんていないほうが、世の中のために
なるのかな。

投稿: 泣きじゃくっりの秘書 | 2016年7月16日 (土) 22時58分

mamekichiさん、こんばんは!

石取り祭り、随分派手な練習だと思ったら昨年の写真でした。(笑) そして!、サギ達が揖斐川に戻って来ましたね。子育ても終わって、あちこち分散してるのでしょうか。田んぼもサギが増えてきましたので、楽しみも増えました。本日の河口堰は、動いている閘門ゲート(柵?)に乗っているカワウとアオサギを見かけました。動く機械の上は、意外と気にしないようです。別件ですが、花火の準備もしておりましたよ。

そして!本日なばなのイルミ製作開始確認しました! また大きな足場を作っていましたので、もしかしたら揖斐川側からでも見えるかもしれません。

投稿: ひらい | 2016年7月16日 (土) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七里の渡し公園でカラスの食餌、カワラヒワの水浴び……博物館の展示も見てきました | トップページ | 蓮とチョウトンボ……万助溜公園へ »