« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

午後からは研究会のため、午前中に小散歩……花火の現実、昨日の散歩写真も

Dscn6969_800x600 桑名水郷花火大会も無事に終わりました。今日は、午後から、とある研究会に参加予定で、午前中、9時20分くらいから10時過ぎまで、小散歩。桑名七里の渡し公園を通過して、揖斐川右岸堤防を福島ポンプ場あたりまで行ってUターン。住吉神社にお参りして帰るというほぼ2kmコースを歩いてきました。

Dscn6976_800x599  花火大会の後片付けが少し残っているという感じでした。早朝から清掃活Dscn6988_800x600 動が行われたはずです。住吉神社の囲いも、半分くらい撤去されていました。


Dscn6979_800x600  美しい花火を楽しんだ訳ですが、人がたくさん集まりますから、きれい事ばかりではありません。住吉裏休憩所の駐車場には、ゴミ 収集車がやって来て、ゴミを集めていました。このゴミは、早朝からの清掃活動で集められたものだと思います。

Img_7422_800x553  こういう光景も見られました。あまりはっきり書くのは、さすがに憚られますが、仮設の施設から、収拾していました。これもたくさんの人が集まるが故の出来事。きわめて現実的な問題であります。収拾が終わったあと、仮設施設は、クレーンのついたトラックで回収されていきました。

Img_7419_800x533  桑名七里の渡し公園、県道沿いの様子。ここには、植え込みがあるのですImg_7420_800x534 が、花火の見物客が、入らないようにという措置だったようです。花火大会が無事に開催される裏には、いろいろなことがあるものです。

Dscn6972_800x600  午後からは(といっても、正午前には出かけました)、心理アセスメントのImg_7400_800x534_2 研究会へ。あの「女性の苑」で開催されるものです。今日は、中学生の事例で、DN-CASとWISC-Ⅳを実施した事例。心理アセスメントの事例としても興味深いものでしたが、それ以上に中学校でもこれだけ組織的に支援が行えると、こうも変わるのかという点でモデル的なケースでした。写真は、桑名七里の渡し公園回りの花。真夏の風情であります。

 ところで、昨日の花火大会の写真は、まだ十分にチェックしていませんので、また明日にでも見直そうと思っています。

Dscn6798_800x600 それ以外、昨日の散歩写真でそれなりによかったものを載せておきます。左Dscn6799_800x561 は、桑名七里の渡し公園。花火大会で、臨時休園。そう書いてもらっていれば、「レア看板」であることがよく分かったのですがねぇ。右は、七里の渡し公園の向かい、住吉ポンプ場の写真。

Dscn6822_800x600  九華公園の土俵。氏子の方などが出られ、土俵上のテントや、鉄砲柱がImg_7188_800x534 撤去されていました。また、来年であります。



Img_7199_800x534  九華公園の外周遊歩道で撮ったシオカラトンボのメス。このアングルは、なかなか撮れないでしょう。桜の木の枝に止まったところを、下から見上げました。

Dscn6828_800x560  内堀南公園でも、フジの花が少し咲いていました。先だって、九華公園本Img_7206_800x534 丸跡の藤棚でもフジが咲いていました。去年もそうだったと思います。


Img_7220_800x520  ショウリョウバッタ。三崎見附にほど近い住吉入江で撮りました。入江の東を歩いていたら、バッタが飛び出して来たのですが、向こう岸には到達せず、入江に落ちました。どうするのか見ていたら、犬かきならぬ、「バッタかき」で泳いできました(笑)。バッタが泳ぐところは滅多に見られないでしょう(苦笑)。

Img_7191_800x533  昨日の散歩は、8時40分から2時間あまり。住吉神社から九華公園、貝塚Img_7194_800x519 公園、内堀南公園、京町、寺町と、5.1㎞。九華公園では、スマホを片手に歩く、比較的若い方の姿が見られました。小生はよく分かりませんが、ここでもポケモンがゲットできるということなのでしょうね。

| | コメント (0)

2016年7月30日 (土)

2016桑名水郷花火大会

Img_7267_561x800 天候にも恵まれ、2016年の桑名水郷花火大会、無事に開催されました。例年のように、拙宅玄関前から撮りました。これまで河川敷などに出かけて見たことはありません。今年は、約1万発。2尺玉19発と豪華でした。2尺玉があがると、マンション全体に響き渡り、建物が揺れます。これがまた堪りません(笑)。



Img_7271_633x800  ざっと写真を見て、適当に見繕って、それなりに写っているものをとりあえずImg_7272_800x568 載せておきます。





Img_7282_694x800  左のようなスターマイン、右のように水中スターマインもありました。水中Img_7289_800x542 スターマインは、船で揖斐川を移動しながら、川面に花火を落としていきます。




Img_7295_800x533  2尺玉をきちんと撮りたかったのですが、広角一杯にしても、はみ出てしまいます(苦笑)。左は、普通の尺玉か、もう少し小さいくらいだと思います。コンデジでも撮っていますが、こちらは、三脚なしでしたので、ブレブレばかり。明日もう一度確認して、よいものがあれば載せます。

Img_7322_800x534  花火は7時半スタート。去年は、8時45分で終わったと思いますが、今年は9時まで。クライマックスは、8時6分からのNTN提供の花火。これは素晴らしい。堪能できました。左はその終わりがけのもの。

Img_7330_800x524 Img_7338_800x533




Img_7375_579x800  今日は、午前中、8時40分から11時頃まで、いつものように散歩。住吉神社から九華公園、京町、寺町と5.1㎞。午後は、昼寝(笑)。愚息は祖母の所から帰ってこず。娘は、アイドル追っかけで不在。夫婦二人だけでしたので、16時過ぎから桑名駅前の「や台ずし」へ。6時過ぎまで飲んで、食べて来ました。開店から19時まで、アルコールを含め、ドリンク類の大半が半額なのです。ちょっと酔っ払って帰ってきましたから、花火の写真、大丈夫か?というところでした(苦笑)。

 ちなみに、今日の写真は、EOS kiss x-5で、F11、ISO感度400、シャッターはバルブ(レリーズ使用、おおよそ4秒開放)という条件(これは、自分の記憶のためです)。今月前半の中日新聞三重版に「カメラマン律の写真のツボ」で2回にわたって「花火」の撮り方が載っていましたので、参考にしました。本当は、黒いウチワをつくって、シャッターを開放で固定し、ウチワでシャッター代わりにするとよいとあったのですが、黒ウチワはつくりませんでした。来週からは、ナガシマスパーランドの花火が始まりますから、またトライしてみるつもり。

| | コメント (10)

2016年7月29日 (金)

散歩、試験採点の続き(悩ましい)そして、家内の実家へ……慌ただしい1日でした

Dscn6740_800x600 午後からは少し雲が増えた感じがしますが、午前中は真夏の空でした。月曜(7/25)からきちんと歩いていませんでした。ウズウズします(苦笑)。もう「散歩依存症」という、れっきとしたビョーキです。自覚は十分にあります。朝8時40分から出かけました。コースはいつも通り、住吉神社から九華公園、京町、寺町、そして、桑名七里の渡し公園を覗いてくるという5.6㎞。暑いので、知り合いに会っても話し込むということはせず。10時半には帰宅であります。写真は、住吉神社前から北東の空を撮ったもの。長良川河口堰も写っています

Dscn6751_800x600  吉之丸コミュニティパークでは、毎週金曜、9時から11時頃にかけて、グラウンドゴルフが行われています。去年、接骨院で知り合った80歳の男性の方がプレーしておられますので、必ずお顔を拝見して、挨拶してきます。そうでないと、「来なかったな」といわれます(微笑)。今日は、「暑いで、あんたも気をつけてな」といわれてしまいました。ホールインワンを達成すると、市指定の燃えるゴミの袋が1枚もらえるそうで、この方、最近はゴミ袋は買ったことがないそうです。「おまえもやらないか」と誘われたことがありますが、「もう少し年を取ってから」と伝えてあります。

Dscn6754_800x600  九華公園。ハトくらいしかいません。野球場では、中学生が試合をしていました。新人戦かも知れません。管理の方や、バールフレンドのTさんと少しだけお話。外周遊歩道では、別の散歩友達の方が、「9月の方が暑いそうだ」といっていらっしゃいました。

Img_7132_800x534  セミが賑やかなのはいうまでもありません。敢えて書けば、クマゼミが大半Img_7143_800x534 のように思えます。本丸跡では、アオスジアゲハ。今日は、あちこちでアオスジアゲハを見ました。右は、ウチワヤンマ。外周遊歩道の南にある曲がり角で。ここにはよく止まっています。

Img_7137_800x533  10時半に帰宅。一つ家事を済ませ、11時過ぎから、江戸橋のテストの採点の続き。一通り終了。5問出題したのですが、最後の問題(記述式)で満点を取ったのは、36名中1人だけ、満点の半分が1名でした。それ以外の学生は、厳密に採点すると、点数はありません。う~ん、難しかったのでしょうか? 高校生の時、地理の先生がテストのあと、「きちんとした正答じゃなかった人にも、<書き賃>で少し点をつけました」と言われました。これに倣うことにするかぁ、などと思ったりしています。レポートの点数との合計点を算出して、ざっと眺めましたが、合否判定にちょっと悩むところがあります(苦笑)。ちょっと下駄を履かせないと行けないかも知れませんねぇ……。もう少し悩むことにします。写真は、アジサイでしょうか? 九華公園の外周遊歩道で見つけました。

Img_7141_800x534  午後1時過ぎから、家内の実家へ。火曜(7/26)の仕切り直しであります。家内の母を接骨院と買い物に連れて行き、野菜、米をもらって、夜9時過ぎに帰宅。考えてみれば、けっこう慌ただしい1日でした。写真は、九華公園外周遊歩道で撮った、ヤマトシジミ。

Img_7162_800x589  さぁ、明日はいよいよ桑名水郷花火大会。2尺玉19発、しかも同時打ち上げあり。すごい迫力と期待しています。写真、どんなものが撮れるでしょう?

| | コメント (2)

2016年7月28日 (木)

就学支援委員会2日目……夕方、小散歩で花火大会準備状況を見る、花火を打ち上げた余談も

 本日は、就学支援委員会の2日目。9時から16時過ぎまで、市役所での会議に出席してきました。来年、小学校に入学する子どもたちだけでなく、現在・小中学校に在学している子どもたちで、通常学級から特別支援学級に変わりたい、あるいは、逆に特別支援学級に通っているが、通常学級に行きたいといった場合も、ここに上がってきて検討され、就学支援委員会としての「意見」をまとめます。今日も数10人の子どもたちについて話し合いをしてきました。

 就学先の決定については、こちら(文科省のサイト)にありますが、そのあり方には、たとえば次のようなものが示されています。以下は、抜粋したものですのですので、ご関心がおありの方、当事者の方には、是非リンク先をお読みください。

  • 障害の状態、本人の教育的ニーズ、本人・保護者の意見、教育学、医学、心理学等専門的見地からの意見、学校や地域の状況等を踏まえた総合的な観点から就学先を決定する仕組みとする
  • 市町村教育委員会が、本人・保護者に対し十分情報提供をしつつ、本人・保護者の意見を最大限尊重し、本人・保護者と市町村教育委員会、学校等が教育的ニーズと必要な支援について合意形成を行うことを原則とし、最終的には市町村教育委員会が決定する
  • 就学時に決定した「学びの場」は固定したものではなく、それぞれの児童生徒の発達の程度、適応の状況等を勘案しながら柔軟に転学ができることを、すべての関係者の共通理解とすることが重要である

 就学先を決めるにあたっては、障害の状態や、お子さんが必要とする教育的ニーズ、お子さん・保護者の方の意向、専門家の意見をふまえ、総合的に決定されます。一方的に決められる訳ではありませんので、ご本人や保護者の方には、教育委員会や就学を考えている学校の担当の先生などとよくご相談になることをお勧めします。また、いったん就学したあとも、ずっとそこで教育を受ける訳ではなく、お子さんの発達状況や、学習、適応の状況に応じて、学校を変わることもできます。

Dscn6693_800x600  さて、このようにほぼ1日会議でしたので、ずっと座っていました。昼休みには、5階の会議室から階段を降りて、少しだけ歩いてきましたが、ほぼ毎日歩いている小生にとっては、これだけではどうも物足りません(苦笑)。帰宅して、夕方、17時半から桑名七里の渡し公園を通って、住吉神社あたりを一回りしてきました。30分あまり、約2㎞です。多少、満足(微笑)。

Dscn6698_800x600  桑名七里の渡し公園には、カラス1羽と、ハクセキレイ1羽のみで、そのまDscn6699_800x600 ま通過。六華苑前から揖斐川堤防へ。河川敷を見て、ビックリ。こんな光景が展開されていたのです! そうです、桑名水郷花火大会が、もう明後日に迫っていますから、その準備が進んでいました。河川敷には、椅子がずらっと並べられていました。右は、ちょうど六華苑の東あたり。ここは、正面の中州(十万山)から打ち上げられますから、まさに特等席でしょう。

Suigopanf_584x800  昨日、朝刊とともに届いた花火のパンフレットによれば、椅子が並んでいDscn6713_800x600るところは、「協賛者席」とあります。さすがにいい席です。堤防上には、右の写真のように、ラインが引かれていました。ここは、パンフレットによれば、有料の観覧席のようです。立ち見なのでしょうかねぇ? ちなみに、パンフレットによれば、福島ポンプ場あたりから伊勢大橋までが、自由観覧エリアとなっています。

Dscn6703_800x600  協賛者席、有料席の正面の中州の様子。ご覧のように、仕掛け花火の枠組みと、向かって右には、たぶん打上げ用の筒が並んでいました。いやぁ、気分が高まってきますねぇ(苦笑)。

Dscn6708_800x600  堤防上には、「場所取り禁止」の大きな掲示が出ていました。

Dscn6720_800x600  住吉神社は、毎年花火大会の時は恒例で、フェンスに囲Dscn6722_800x600 まれていました。今日はまだ、お参りできるようになっていましたので、お参りしてきました。右は、鳥居をくぐった、参道から撮りましたが、年1回のレアな景色です。

Suigofireworks_564x800  こちらが、パンフレットの表紙。右上に、「2尺玉19発が咲き誇る」とあります。去年より1発多いのです。8時6分から、「超特大仕掛 二尺玉同時打ち上げ」で、カウントダウンのあと、第1部「オープニングステージ(2尺玉4発)」、第2部「ミュージックステージ(2尺玉7発、新作芸術花火)」、第3部「ファイナルステージ(2尺玉6発)」とあります。「各部で二尺玉同時打ち上げを行います」と書かれています。


 余談。42歳の厄年の時、地元の(実家の)祭礼で、花火を打ち上げたことがあります。といっても昼間のことで、音と煙だけが出るものでした。花火師さんが説明と注意事項を教えてくれ、「じゃぁよろしく」といって、他の地区の祭に向かってしまわれました。記憶では、筒に(直径10cmもなかったように思います)、まずは、打上げ用の火薬を少量、次いで花火の玉を入れ、最後に火種を放り込むという次第。実に気持ちよく、爽快でした。今考えると、法律違反なのでしょうか? でも、もう時効だと思います。

| | コメント (6)

2016年7月27日 (水)

午前は非常勤先の試験、午後からは就学支援委員会……試験の採点は、それなりに楽しみながら進行中

 小生にしては忙しい1日でした(微笑)。午前中は、前期最後の江戸橋通い。本日は、試験。非常勤先は、試験期間を設けず、15回の授業の中で筆記試験なり、レポート提出なり、平常点なりで評価をすることになっています。6月の終わりにレポートを1回書いてもらい、20点満点で評価してありますので、筆記試験は80点満点で実施。

 試験は、1時間。30分経過したら、退出してよいことになっています。開始して30分経ったところで、その旨告げたところ、何と半数以上が退出。ちょっと驚きました。「試験問題が簡単すぎたか?」と心配になりました。40分経過した時点で残り1人。科目履修生の方でしたが、一人だということには全く気づいていなかったようで、周りを見て本人がビックリ。「スミマセン」と恐縮しておられたのですが、時間内のことですから全く構いません。

 学生たちが退出していく様子を見て、いささか驚いたことがあります。一つは、とくに女子学生たち。自分が出した消しゴムの消しかすを集めて、手に載せて持って行った学生が多いのです。そのままにしていくとか、床に払い落としていく学生はいなかったようでした。

 もう一つは、静かに退出していくのが印象的でした。椅子を引くときも、音がしないように注意していましたし、教室のドアも音がしないよう、手を添えて閉めていく学生がほとんどでした。現職当時、勤めていた某大学某学部では、真逆でした。まだ試験問題に取り組んでいる学生がいるのに、椅子は「ガーッと」引きずりますし、ドアもバッと開けて、そのまま出て行くだけで、ガチャン、ガチャンとうるさいこと。天と地の違いでした。

 「今の若い者は……」などとはいえません。見習わなければなりません。ここの学生たち、キャンパスですれ違っても、けっこうよく挨拶をしてくれます(小生の授業を受講していなくても、です)。

 夕方、早速試験の採点を始めました。大きな問題が5問あるのですが、すでに3問は一通り採点し終えました。学生たちの退出は早かったのですが、今までに採点した範囲では、問題が簡単すぎたということはなさそうです。

 詳細を書くわけにはいきませんが、けっこう傑作な解答がありました。用語説明の問題で、「カウンセリングで大切なこと」とありました(授業は、「カウンセリング論」でした)。確かに大切な用語について説明を求めたのですが……。

 そのほか、いろいろと苦労したり、頭をひねったなと思える解答がけっこうあります。こういうことを書くと不謹慎なのですが、退屈しないで採点ができています。もっとも、何点をつけるか悩ましい解答もありますので、決して楽な仕事ではありません(部分点をつけるといってあるので、余計にです)。

 さて、試験を終えたのが、11時25分頃。予定より若干早く終えられました。とんぼ返りで、桑名まで戻って、駅のとなりにある「桑栄メイト」の某店でランチ。13時過ぎには、就学支援委員会へ。「午後から出ます」とは連絡はしてありましたが、若干遅刻。

 会議はスムーズに進み、16時過ぎには終了。こちらも詳細は書けませんが、知的障害など各種の障害を抱えるだけでなく、子どもの養育についてもいろいろ困難を抱える家庭があるという状況の一端を見た気がしました。子どもたちのニーズにきちんと対応した教育が行えるよう、微力を尽くしたいと思います。

Dscn6683_800x600  以下、余談であります。まずは、江戸橋から帰りの近鉄電車で見た吊り広告。ピントが甘いのですが、それはまぁご愛敬。座席を譲り合って座りましょうという広告。織田信長公と思いますが、イメージにギャップがあり、おもしろいものです。

Dscn6684_800x600  就学支援委員会が終わってから、市役所本庁舎を半周。こんなものがあDscn6686_800x600 りました。「計測震度計」とありました。地震の時の震度を測定する器械のようです。本庁舎北側にありました。

Dscn6688_600x800  本庁舎東には、市の木である、ハナミズキが植えられていました。平成21年12月に制定されたということです。小生の感覚では、割と最近決まったのだなと思いました。就学支援委員会は、明日も9時から17時までの予定。もうひとがんばりであります。

| | コメント (0)

2016年7月26日 (火)

雨と渋滞で予定変更……プリンタが壊れ、新調せざるを得なかったお話も(涙)

Dscn6678_800x600 夕方5時半少し前の写真です。よく降っています。天気が良ければよく見えDscn6675_800x600 る多度山はもちろん、近くのマンションでさえ、雨に煙っています。朝9時台から降り始めましたが、45mmくらいの雨量のようです。右は、ベランダから見た西の空。駅前のマンションあたりまでは見えますが、その向こうの丘などは見えません。

 午後から家内の実家へ行こうと、13時過ぎに出たのですが、雨がよく降って来ましたし(何度か、大雨が降るというYaooのメールも届きました)、四日市市内の国道23号線下り方向はかなり渋滞。いつもなら15分くらいで行けるところへも、30分以上かかる始末で、諦めました。もう少し早く出ればよかったと、反省しています(苦笑)。金曜午後くらいに仕切り直しの予定です。

 さて、話はさかのぼりますが、昨日夕方近くになってプリンタが故障。まずは、「インク吸収体の交換が必要です」というエラーが表示されました。「インク吸収体」というのは、クリーニングをするときに余分なインクを吸収するもののようです。これを交換するまでは、プリンタを使えないということと、さらに恐ろしいことに、「お客様ご自身によるインク吸収体の交換はできません」というメッセージも。メーカーに修理に出す必要があるということなのですが、調べたら、このプリンタ、「修理対応期間が終了しており、修理を承ることができません。」と、冷たい宣告がホームページに載っているではありませんか。

 もうこれだけでダメなのですが、さらには、給紙されないというエラーも。両者が関連しているのかどうかは不明ですが、先日も紙があるにもかかわらず、「紙が入っていない」という表示が出たこともありました。

 ちなみに修理対応期間は、製造打ち切り後5年ということでした。壊れたプリンタは、確か5~6年前に、NTTのポイント交換でもらったものです。まぁ、そう言われてみれば、十分に使ったと思わざるを得ません。

Keyvisual_800x243  これはもう完全にアウトです。やむなくエディオンにひとっ走り。これまで使っていたプリンタと同じメーカー・CanonのMG-3630というプリンタを購入してきました。Wi-Fi接続可能と、ちょっと進歩しました(苦笑)。冬にパソコンが壊れ、コンデジも前のものはレンズカバーに傷がついたため新調と、今年は出費が嵩みます(涙)。しかし、プリンタ&スキャナがないと困りますから、やむを得ません。このプリンタ、\7,000あまり(税込み)でgetできました(新しい値札の下を見たら、税別で¥10,000ほどの価格がついていました)。

 明日は、午前中、江戸橋で、試験。とんぼ返りして、午後からは就学支援委員会であります。しっかり働きます(微笑)。

| | コメント (0)

2016年7月25日 (月)

河口堰遠征(7/24)と、ベランダの上の鍾馗様(笑)、別院の池に金魚など

Dscn6605_800x600 久しぶりにアカデミックバージョンを書いたり、7/23(土)の住吉のイベントを書いたりしていましたら、記事の投稿にタイムラグが生じてしまいました。そこで、今日は2日分。まず、昨日(7/24)、長良川河口堰へ遠征した結果を。あとで、本日(7/25)分が続きます。

Img_6731_800x534  河口堰には9時50分頃到着。河口堰は、現在、傷んだ塗装塗り替え工事が行われています(上の写真、緑色の塗装)。アクアプラザ駐車場では、ムクドリさんたちがお出迎え。堰の東側には、カワウ以外何もいませんので、そのまま渡って、西側へ。さらに親水公園も回るというコース。

Img_6752_654x800  ゲート巻き上げの機械室の下でアオサギ発見。「P-12」というのは、機械室Img_6762_800x523 の番号と思われます。さらにそのすぐ下流側にも、オレンジの大きな浮きのところにもアオサギさんが。


Img_6764_683x800  浮きの上にいたアオサギの近くには、ダイサギが1羽。堰のImg_6789_800x551 上流側、閘門につながる通路のところの浮きにも、もう1羽のアオサギがいます。ここまでにアオサギ3羽、ダイサギ1羽。まぁまぁです(笑)。


Img_6782_800x533  河口堰の西端から、揖斐長良川の中州(十万山)を見ますと、桑名水郷花火大会の打ち上げ場所が見えます。きれいに草が刈られています。奥に見える橋は国道23号線の揖斐長良大橋。右の方は、九華公園から赤須賀漁港あたり。

Img_6784_800x565  上の写真から手前(河口堰に近い側)には、中州に入江のようになったところがあります。そこには、大きさから見てたぶんダイサギが1羽、餌を探しながら移動しているようでした。河口堰あたりにもサギたちが戻ってきているようです。ただし、花火大会のあとは、しばらくは寄りつきません。

Img_6799_800x525  親水公園の方に回ります。河口堰の上流、灯標の上にはウミネコが1羽(写真では分かりにくいのですが、嘴の先端が、黒と赤斑になっています)。ここには、ウミネコがよく止まっています。

Img_6809_800x546  閘門に行く通路の浮きにいたアオサギさんは、移動。左下にいるのかカImg_6817_647x800 ワウで、溺れているのではなく、水浴びをしています。アオサギに驚いたわけでもなく、これ以前からバシャバシャやっていました。アオサギは、進入禁止の灯標の上に着陸。ここにアオサギがいる光景は初めて見た気がします。

Img_6834_800x571  親水公園を一回り。北の端まで行くと、伊勢大橋のところまで行けます。親水公園のせせらぎや、水路ではイソシギらしき鳥を2羽ほど見かけましたが、逃げられたり、遠かったりでした。

Img_6840_800x536  他には、ハクセキレイを2羽、見かけたくらい。ゴイサギなどがいることもImg_6856_800x546 ありますが、この日は気配もなし。



Img_6864_800x554  親水公園から河口堰に戻るとき、監視塔を見たら、アオサギさんの頭だけが見えていました。こんなところにいるのもほとんど見かけません。数が少ないためか、けっこうサービスしてくれます。このアオサギさん、進入禁止の灯標にいたものかも知れません。

Img_6875_800x589  河口堰西端に戻ってきました。またもやP-12機械室のところにアオサギ。Img_6901_800x548 ただ、このアオサギすぐに中州の方へ移動していきました。


Img_6910_800x562  P-12機械室の下流には、アオサギがいました(来るときに見たものと同じImg_6919_800x548 かどうかは不明)。このアオサギ、何度もダイビングするのかと思うような体勢を取ったので、しばらく見ていたのですが、結局は、何もせず。残念。ブロ友のひらいさんが、「2016.07.23 長良川~河口堰~なばなの里(ついに始まりました!)」で、アオサギ、ダイサギがダイビングし始めたと書いていらっしゃったので、期待したのですがねぇ……。近くには、ダイサギもいたのに。

Img_6930_800x587  諦めて東側に戻ってきましたら、魚道の上流、下流側それぞれにコサギImg_6933_800x557 が1羽ずつ。下流側(左の写真)は、風が強くて、けっこう波立っていました。以上、昨日の河口堰遠征記録。まぁまぁでした。

Dscn6670_800x600  さて、今日は、いつものように8時40分から11時頃にかけて、住吉神社から九華公園、京町、寺町と、5.7㎞。さほど暑くはありませんでした。天気予報では、雨もといっていましたが、大丈夫でした。

Dscn6649_800x600  住吉さんのところでは、ちょっとした工事の準備。花火大会の時、神社の境内には入れないよう囲いをします。その工事だと思います。工事準備をしておられたのは、鎮国守国神社の新参集殿の工事を担当された会社の方でしたので、挨拶。毎日毎日歩いていると、いろいろな知り合いができます(苦笑)。

Img_6968_800x533  吉之丸コミュニティパーク西の三之丸町内で、鍾馗さんを発見。たいていImg_6970_800x533 は、屋根の上に鎮座しておられるのですが、このお宅では、ベランダにいらっしゃいました。桑名でもときどき見かけます。一度、まとめてみる価値があるかも知れません。

Dscn6653_800x600  大相撲名古屋場所も、昨日千秋楽。峰崎部屋の朝稽古の舞台であっDscn6655_800x600 た、九華公園の土俵も、シートがかけられていました。力士を紹介する看板にも、声援のお礼が書き込まれていました。幕の内に復帰した荒鷲関は、9勝6敗。来場所は、もう少し上位に上がれると思います。さらなるご活躍を願います。

Img_6995_800x534  九華公園、セミは多かったのですが、鳥はまばら。カワウと、カルガモくらいでした。


Img_7001_800x534  寺町の桑名別院本寺の池。たぶんいるだろうと思って見に行ったのですImg_7008_800x534 が、やはり金魚がたくさんいました。週末、寺町商店街ではビックリ夜店が開かれていて、金魚すくいもあったのです。毎年、夜店の翌日には、この池か、寺町堀に金魚が登場するのです。まぁ、放生会ということかも知れません。

Dscn6665_800x600  散歩の終わりに、久しぶりに桑名七里の渡し公園のせせらぎをチェックしImg_7031_800x602 てきました。夏休みに入りましたが、今日は、係の方しかいませんでした。15分ほど見ていた間に、カワラヒワと、スズメが1羽ずつやって来ました。

Img_7069_800x530  カワラヒワの水浴び。慎重です。周りをかなり見回してチェックしてから、水浴びを始めます。しかし、その途中でも、何度も中断して、回りへの警戒を怠りません。しばらく水浴びをして、そばの樹上に移動したのですが、足りなかったのか、また降りてきて水浴びを始めます。

Img_7102_800x571  「濡れ鼠」という雰囲気のカワラヒワ。笑えます。そのそばにスズメが1羽、Img_7105_800x601 いつの間にか来ていました。カワラヒワが去ってから、このスズメも水浴び。


Img_6990_800x534  午後からは、先日ハプニングで延期になった歯科検診。今週は、江戸橋で試験、同じ日と翌日、就学支援委員会、週末には研究会と、小生にしてはめまぐるしい予定(苦笑)。

| | コメント (2)

2016年7月24日 (日)

防災フェア桑名2016住吉サテライト(7/23)……クワナアオゾラレンガシアターを楽しむ

Dscn6446_800x600 昨日(7/23)夕方、諸戸氏庭園前や、住吉入江、住吉神社あたりで、「防災フェア桑名2016住吉サテライト」のイベントがありました。左は、18時過ぎ、玄関前から見下ろした写真。「クワナアオゾラレンガシアター」の開催場所が見えます(諸戸氏庭園の煉瓦蔵に上映用のスクリーンが取り付けられています)。

Dscn6453_800x600  18時45分くらいからブラブラと覗いてきました。「レンガシアター」は、まだ明Dscn6461_800x600 るく、上映はされているものの、映像はほとんど見えません。内容は、右の写真にあるように、桑名市の昔の様子の写真です。右のものは、「オープンカフェ」のテーブルに置かれていた関連資料です。右の写真は、ここ諸戸氏庭園の煉瓦蔵の前で行われた「紀元2600年記念行事」の様子。石取祭の祭車が勢揃いしています。

Dscn6464_800x600  シアター鑑賞は、暗くなってからとして、住吉神社の方へ。途中、県道下にある「歩行者用の回転橋」、今日は、住吉入江クルーズのため、通行止め。こういうことは、滅多にありませんので、写真を1枚。

Dscn6472_800x600_2  県道をくぐった先にある船着き場からは、伊勢大橋クルーズや、住吉入江クDscn6482_800x600 ルーズの船が出ています。伊勢大橋クルーズは、あの“Trois Riviere”号。右は、住吉入江クルーズの小型船が戻ってきたところ。

Dscn6493_800x600  住吉神社前の「オープンカフェ」。「オープンカフェ」というと、コーヒーショッDscn6473_800x516 プ が出ていると思ったのですが、煉瓦蔵前もここも、椅子とテーブルが並んでいただけでした。住吉神社前の方には、キッチンカー(バンブー焼きそばなど)や、出店(ビール、ハイボール、つまみ、ステーキ、虎やまんじゅうなど)が出ていますので、ここで飲み物や食べ物を調達という仕組み。ここで風に吹かれながら、ビールを1杯というのは、気持ちよさそうでしたが、誘惑には負けませんでした(苦笑)。

Dscn6478_600x800  住吉水門の南側には、国土交通省の照明車が展示されていました。防災フェアですから、これが主役のはずなのに、ちょっと奥ゆかしい(笑)。照明は3階建てのビルと同じくらいの高さから。50m先で新聞が読める明るさだそうです。




Dscn6515_800x600  暗くなってきましたので、レンガシアターに戻ります。いい感じです。上映Dscn6516_800x600 されたスライドの内容も、伊勢大橋の建設風景、石取祭の昔、諸戸氏庭園、八間通など桑名市内の様子(市電が走っていたころ)などなど、一通り見て来ました。

Dscn6520_800x600  左は、諸戸氏庭園本邸の様子。大正~昭和初期のころだそうです。Dscn6522_800x600 本邸の前に木が2本あります。これらは、現在はありません。ポストらしきものが見えます(今も、昔の丸形ポストがあります)。右は、「昭和10年代 大門周辺」とあります。左の写真で、向かって左端に少し写っているのが、大門。したがって右の写真を撮った場所は、その続き(西側)になります。地理・歴史は、子どもの頃から好きなのですが、我が家のすぐ前のお宅(諸戸氏庭園)の歴史が分かる写真ですので、よりいっそう興味があり、見入ってしまいました。

Dscn6548_800x600  これは、伊勢大橋。完成した頃の写真かと思います。伊勢大橋が完成したのは、昭和9年(1934年)。今年から架け替え工事が始まっていますし、桑名水郷花火大会は、伊勢大橋の完成を祝って始まったものです。川には、船がたくさん見えています。手前が桑名、奥が長島と思います。

Dscn6594_800x600  最後に、ウォーターフロントに立つ高級マンショを眺めながら、帰宅いたしました(爆)。

| | コメント (4)

日本版WISC-Ⅳにおいて臨床クラスター分析を用いる際の留意点

 臨床クラスターによるWISC-Ⅳの解釈については、これまで以下の記事を書いています。ご関心がおありの方は、以下の記事もご覧ください。本稿で述べることも、すでにそれらで触れてありますが、十分に認識していらっしゃらない方もおありのようですので、改めて書いておます。

 臨床クラスターは、「理論的に類似の能力を特定すると仮定される下位検査のまとまり」であり、WISC-Ⅳでは、CHC理論に依拠した臨床クラスター(CHC clusters)が提案されています。臨床クラスターは、8つが提案されています。臨床クラスターを用いて分析する際、基本的には、事前仮説に基づいて臨床クラスターの対比較による解釈を行います(Flanagan & Kaufman  上野監訳,2014)。なお、臨床クラスターによる解釈を行うには、補助検査であっても必要な下位検査を実施しておかなければなりません。

 日本版WISC-Ⅳで、この臨床クラスター分析を行うには,留意すべき点が2つあります。

 その1つは、現時点では,日本版の臨床クラスターに関する統計値が公表されていないことです。アメリカ版の換算表は、Flanagan & Kaufman上野監訳(2014)にありますが、これは残念ながら利用できません。理由は説明するまでもないかとは思いますが、アメリカ版と日本版とでは、WISC-Ⅳの問題も同一ではないと思われますし、標準化の対象者が違うからです。

Chcclusters_768x433  もう1つは、臨床クラスターを構成する下位検査が、アメリカ版と日本版とでは異なると考えられることです。臨床クラスターを構成する下位検査を表 1 に示しました。これらのうち、「流動性推理」と「非言語性流動性推理」、「視覚処理」の 3 つは、それらを構成する下位検査が、米国版と日本版とでは異なっていますから注意が必要です(Flanagan & Kaufman  上野監訳,2014;大六,2016;繁桝・リー,2013)。

 日本版WISC-Ⅳと米国版WISC-Ⅳとで,臨床クラスターを構成する下位検査が異なる理由は、両者の因子構造の違いにあります。日本版WISC-Ⅳについては、繁桝・リー(2013)が、標準化データを用いてCHC理論と日本版 WISC-Ⅳの因子構造について検討しています。

Factoranalysis_800x381  表2をご覧ください(繁桝・リー,2013の図2を表に書き改めました)。ここには、CHC理論のモデルに基づいた因子負荷量の推定値が示されています。因子負荷量は、分かりやすくいえば、各下位検査とCHC理論の広範的能力との関連性の強さを示しています(相関係数をイメージしても良いでしょう)。因子負荷量の絶対値は、0以上1以下の値を示します。絶対値が1に近いほど、関係が強く、負荷量が正の場合、その下位検査はその広範的能力で測定したいものを測定していることを示します。

 Gc(結晶性知能)には、単語(0.78)、知識(0.75)、類似(0.72)、語の推理(0.69)、理解(0.66)の5つの負荷が高くなっています(下位検査名に括弧がついているものは、補助検査)。絵の完成も、0.11の負荷がありますが、±0.4未満の負荷量であるものは,関連性がないと見なしますので、Gc(結晶性知能)は、単語、知識、類似、語の推理、理解の5つの下位検査で構成されると考えます。
 以下、同様に、Gv(視覚処理)は行列推理、積木模様、絵の完成の3下位検査、Gf(流動性知能)は算数と絵の概念の2つ、Gsm(短期記憶)は数唱と語音整列の2つ、Gs(認知的処理速度)は符号、記号探し、絵の抹消の3つから、それぞれ構成されることになります。

 大六(2016a)によれば、指標得点における最高の下位検査と最低の下位検査の評価点差が5点以上である場合、指標得点としての解釈は控え、臨床クラスター分析等で解釈することが勧められています。が、以上のような次第で、日本版WISC-Ⅳで臨床クラスター分析を用いるには、まだ解決されるべき課題がいくつかあるということになると思います。

Position_of_clinical_clusters  臨床クラスター分析に関連して、「WISC-Ⅳの臨床クラスターによる解釈(続)」において、小貫(2015)が示した「WISC-Ⅳの指標間の関係と臨床クラスターの関係を理解するための図」を紹介しました。この図に、指標得点や、下位検査評価点を記入すると、アセスメント対象のお子さんの認知能力を臨床クラスターという視点から見ると、どのようなイメージになるかが推定できます(当然のことながら、有意差は検討できませんので、あくまでもイメージ的な理解になります)。何人かのお子さんについてやってみましたが、なかなか有用ではないかと思っています。ただし、もちろん、この図に示された臨床クラスターを構成する下位検査は、アメリカ版に基づいていますので、これを用いる場合には、日本版に基づいた下位検査に改める必要があります。

 ちなみにCHC理論については、三好・服部(2010)、大六(2016b)をご覧ください。

文献

  1. 大六一志(2015):WISC-Ⅳの理論と活用3.三重K-ABCアセスメント研究会第14回研究会での講演資料(2015年1月15日).
  2. 大六一志(2016a):WISC-Ⅳの理論と活用4.三重 K-ABC アセスメント研究会第 17 回研究会特別講演資料(2016年1月10日).
  3. 大六一志(2016b):CHC(Cattell-Horn-Carroll)理論と知能検査・認知検査-検査結果解釈のために必要な知能理論の知識-.LD研究,25,209~215.
  4. Flanagan, D. P., & Kaufman, A. S. (2009): Essentials of WISC-IV Assessment (2nd. Ed.). New York: John Wiley & Sons. 上野一彦(監訳)(2014)エッセンシャルズ WISC- Ⅳによる心理アセスメント.日本文化科学社.
  5. 小貫悟(2015):米国でのWISC-IV解釈方法の動向.LD研究,24,300~304.
  6. 日本版WISC-Ⅳ刊行委員会(2014):WISC-Ⅳ補助マニュアル.日本文化科学社.
  7. 繁桝算男・リー,S.(2013):CHC理論と日本版 WISC-Ⅳの因子構造-標準化データによる認知構造の統計学的分析-.日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート,#8,日本文化科学社.http://www.nichibun.co.jp/kobetsu/technicalreport/wisc4_tech_8.pdf
  8. 三好一英・服部環(2010):海外における知能研究とCHC理論.筑波大学心理学研究,40,1-7.

| | コメント (5)

2016年7月23日 (土)

九華公園にもポケモンがいるか? 

Img_6660_800x534 今日の九華公園、珍しく若い人たちが歩き回っている姿が目につきました。Img_6662_800x534 花見や、金魚祭の時なら珍しくもありません。九華公園にいる間、10人以上見かけました。皆さん、そろってスマホを見ながら歩いています。

Img_6668_800x518  そのうち、やっと気づきました。昨日、「ポケモンGO!」が日本でもダウンDscn6418_800x545 ロードが開始されたそうですから、皆さん、ポケモンを探していたのかも知れません。そういえば、住吉神社のところでも若い男の子たち3人がスマホ片手に歩いていました。果たして九華公園にもポケモンはいたのでしょうか? ちなみに、娘によれば、我が家にもいたそうです(苦笑)。

Dscn6415_800x600  さて、朝は肌寒いくらいでした。9階の我が家、窓を開けて寝たのですが、寒くて目が覚めたくらい。最低気温は、23.7℃。昼になっても26.6℃しかありません。調子が狂いますねぇ。散歩は、8時40分から11時過ぎまで。住吉神社から九華公園、涼しかったので貝塚公園に立ち寄って、京町、寺町。5.7㎞。

Img_6654_800x534  吉之丸コミュニティパークで見かけたスズメさん。どこか痛めているのか、と心配したのですが、すぐに飛び立っていきました。砂浴びでもして、「気持ちいい~!」というところだったのでしょうか。このほかには、ドバト、ムクドリばかり、ヒヨドリや、カワラヒワも見たのですが、曇天できちんとは撮れず。

Img_6695_556x800  今日も元気なのは、セミたち。左は、住吉入江、住吉ポンプ場の南で見Img_6698_800x533 かけた光景。こんなに集まっているのですから、やかましいわけです(もっとも、もちろん鳴くのはオスだけですが……)。右は、中央あたりをズームアップしたところ。ちょっと集まりすぎ。

Img_6704_539x800  呉越同舟とは申しませんが、クマゼミとアブラゼミとが、接近遭遇のシーンも見られました。

Img_6717_800x556  セミといえば、こちらは、拙宅マンション内の小公園にいたセミ。ニイニイゼミかと思ったのですが……。翅の下の方の模様は、ニイニイゼミのそれに似ていますが、上半身は白すぎます。

Dscn6423_800x600  ところで、三の丸公園での文化財試掘調査。公園の南側、もともと民家がSikutsumap_800x428 あったあたりでも行われていました。場所は、右の地図の通り。公園のすぐ南です。試掘調査現場は、北大手橋の近く。大手橋はお城の正門に架かる橋(桑名城では、北と南と2つありました)。

Dscn6426_621x800  こちらの工事現場には、このような説明看板が掲げられていました。「桑Dscn6428_800x710 名七里の渡し公園」の整備の一環で、文化財の試掘が行われていると書いてあります。この民家跡が、第一調査区で、ここは7m×21mの広さ、深さは約2mを掘り、公園内の第二調査区では、10m×21m、深さ約3mを掘るとあります。ちなみに、小生宅の近くの公園、いつも「桑名七里の渡し公園」と書いていますが、正式には住吉地区という名称がついています。

Img_6720_800x534  余談であります。上に載せたニイニイゼミ(?)がいたところのすぐ上に、こんなものがありました。最初は「ヘンなのだなぁ」と思ったのですが、よくよく見たら、殻から抜け損なって、そのままになったセミのようです。自然界では思わぬことがあります。かわいそうですが、うまく行かなかったようです。

 今日は、拙宅近くで「防災フェア桑名2016」のサテライト企画イベントがあります(7/21、元気なのはセミと野球大会の中学生のみ(笑)……週末に楽しそうなイベント情報あり)。できれば、覗いてきたいと思っています。寺町商店街では、「ビックリ夜店」だそうです。

| | コメント (2)

2016年7月22日 (金)

つくった試験問題を自分で解いてみてから散歩へ(笑)……アオサギと、不思議な、おもしろい男性と遭遇

Dscn6387_800x600  朝の内はとくに、梅雨に戻ったのかと思うような天候でした。空模様と、雨雲レーダーを見ながら、10時くらいまでは、居職。来週の、非常勤先の試験問題を自分で解いてみていました(苦笑)。これは、現役の頃からの習慣で、自分でつくった試験問題は、自分で解いてみて、難易度や、思わぬミスがないか確認しています。

Dscn6400_800x600  10時頃になって青空も少し見えてきましたし、雨雲も大丈夫そうでしたので、散歩に。いつものように、住吉神社から九華公園、京町、寺町と回ってきましたが、京町交差点(左の写真)あたりではほぼ上天気に。けっこう蒸し暑くなりました。4.9㎞。1時間半ほどの散歩でした。

Img_6601_800x547  三の丸公園の試掘現場。今日は、重機は動いていませんでした。穴は、かなり深く掘っているようですが、近くには入れませんので、よく分かりません。コンクリートのがれきは増えていたように見えました。

Img_6604_800x548  七里の渡し跡から、蟠龍櫓、吉之丸コミュニティパークと歩いてきたら、頭上に大きな鳥が飛んでいくのが見え、ビックリ。慌てて撮ったので、後ろ姿のみ。アオサギさんでした。九華公園方面に飛んでいったのですが、このあと確認しても、九華公園にはいません。残念。

Img_6612_800x534  九華公園は静かでした。いつもと時間帯も違いますし、朝方雨模様でしたかImg_6633_649x800 ら、散歩を控えた方も多いのでしょう。鳥もいません。カルガモさんは、いつものステージの方から見ると、1羽しかいないように見えたのですが、外周遊歩道に回ると、右のような状況でした。1羽は、石垣の間際のところにいたのです。姿が見えないので、ちょっと心配しました。

Img_6623_800x533  今日の「九華公園のネコたち」は、こちら(苦笑……困ったときのネコ頼みかも)。九華招魂社のImg_6625_800x533 拝殿廊下の西にて。そばに行っても、チラ見もくれませんでした。


Dscn6399_800x561  鎮国守国神社の茅の輪くぐり。話題を小出しにしているわけではありませんが、今日は、祓え串に添えられていた案内を見てきました。これによれば、鎮国さんでは、毎年、7月の土用の入りから大暑まで、茅の輪を設置しているということです(大暑までということは、今日まで)。茅の輪を作法通りにくぐることで、無病息災、家内安祥、夏負けしないよう、心の曇り、汚れを取り除き、精神的な悩みを清々しく祓い清め、年越しまでの半年を無事に過ごすことができるようになれるということです。

Img_6645_800x533  話は飛びますが、寺町で御坊さん(桑名別院)にお参りして出て来たところで、年配の男性に呼び止められました。「いいカメラだね。自分も景色や、好きな器を撮りたいんだけど、それいくらした?」と話しかけられました。80歳前後とお見受けしました。一眼デジカメに興味を持たれたようでしImg_6646_800x534 たが、景色や、器を撮ることや、持ち歩くという点からは、コンデジの方が良いかと思い、NikonのCoolpixの方もご覧に入れました。ズームができることや、液晶ビューで撮った写真が見られること、どこで、いくらくらいで入手できるかなどをお話ししました。たいそう感謝され、その上、「格好いいね。靴もオレンジで、まるで芸術家みたいだ」などと誉めていただきました(苦笑)。さらに、「写真をやる人は、構図とかセンスとかが必要だから、きっと絵を描いてもお上手でしょう」とも。いやぁ、不思議な、おもしろい方に遭遇しました。調子に乗って、絵も描く?(爆)

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

元気なのはセミと野球大会の中学生のみ(笑)……週末に楽しそうなイベント情報あり

Img_6560_800x551 最高気温は、31.8℃だったようですが、午前中、歩いているとやはり、けっこImg_6587_800x564 う蒸し暑かったです。お元気なのは、こちらの面々だけ(笑)。九華公園の木陰を歩いていると、頭上から大合唱で、アタマが痛くなるほどです(苦笑)。

Img_6576_800x601  足下には、セミが土から出てきた穴がたくさん開いていますし、そこかしこの木々には、抜け殻も無数にあります。この抜け殻の写真をパソコンの画面でよくよく見たら、アタマのあたりに毛のようなものが生えているのが見て取れます。改めて感心してしまいました。

Img_6511_800x499  鳥さんたちも、こう暑いと見当たりません。左の写真は、住吉入江から、住Img_6523_800x597 吉神社に上がっていく階段の脇で餌をついばんでいたムクドリたち。小生が近づいたら一斉に逃げました。花火の準備で、あたりの草刈りが行われていますが、草刈りが済んだところに集まってきています。カラスもあまりの暑さに口を開けています(右の写真、九華公園にて)。

Img_6533_800x538  九華公園の堀の上にある電線には、ツバメが2羽。今年生まれた幼鳥のよImg_6530_800x534 うに見えます。午前中はいたり、いなかったりするのですが、伊賀町のご隠居様によれば、夕方になると10数羽も集まっているそうです。カルガモさんたち2羽は、いつものようにステージ裏に。ちょっとホッとします。

Dscn6348_800x599  三の丸公園の文化財試掘現場。久しぶりに来たら、かなり大きな穴が掘Dscn6355_800x600 られていました。ずっと地元にお住まいの方に伺うと、伊勢湾台風のあと、堤防をかさ上げするなどしたときに、ここは2mほど盛り土をしたといいます(右の写真で、ちょうど石垣の高さ分くらい)。「かなり掘らないと、盛り土をしたときのがれきしか出てこないよ」とおっしゃいます。

Dscn6352_800x547  実際、重機のそばには、こんなコンクリートの大きながれきが積んでありました。これも、掘ったところから出てきたのでしょうか? ときどき覗いてみることにしましょう。

Dscn6363_800x600  九華公園内の鎮国守国神社。茅の輪は、そのままあります(というか、くImg_6542_800x533 ぐり方の説明板がついていました)。拝殿の脇には、テントが張られ、そこには、氏子の方々がお持ちになった“祓串<はらえぐし>”がおかれていました。笹に御幣、カラフルな用紙には住所と名前が書かれています。

Img_6555_800x534  九華公園の野球場では、中学生の野球大会が開かれていました。現在、Img_6549_800x485 夏の甲子園の予選が行われていますが、こちらも負けず劣らず元気いっぱいのプレーが展開されています。暑い中でしたが、しばし見入ってしまいました。小生が観戦していたのは、光風中学対多度中学でしたが、他の中学校のチームも試合を待っていました。

Img_6572_608x800  ところで今日の散歩は、8時40分から2時間ほど。4.5㎞。例によって例のImg_6578_800x534 ごとく、住吉神社から九華公園、京町、寺町と回ってきました。桑名七里の渡し公園も覗いたのですが、あまりに蒸し暑く、すぐに引き返しました(苦笑)。この暑さで、九華公園を散歩する方の姿もまばら。管理の方も、真っ昼間になると暑くてやれないからと、懸命に草取りをしておられました。この時期の花、いかにも夏というイメージで、暑さもひとしおという気がします。

Dscn6374_800x600  この時期の散歩では、木陰とベンチが恋しくなります。九華公園でも、木陰にいると多少は楽です。写真は、桑名別院本統寺の門前。桜の古木がちょうど良い木陰をつくってくれますし、ベンチもあり、さらに風も割とよく通ります。一息入れてきました。

Dscn6377_800x556  帰宅して、掲示板を見たら、7月23日(土)のイベント情報がありました。「防災フェア桑名2016」のサテライト企画のようです。桑名市観光プロモーションのFacebookに情報がありました。「防災フェア桑名2016住吉サテライト」だそうです。こちらもご覧ください。フェアは、イオン桑名で7月23、24日に開催されますが、住吉サテライト企画は、7月23日(土)18:00~20:00。諸戸氏庭園の煉瓦蔵にスライド上映(クワナアオゾラレンガシアター)、その前でオープンカフェ、住吉神社の方では、オープンカフェや、出店(ショップ、キッチンカーなど)(クワナミズバベル)がありますし、小学生と保護者対象に、伊勢大橋・住吉入江ナイトクルーズがあるようです。何だか楽しそうですねぇ。

| | コメント (4)

2016年7月20日 (水)

学生の試験を前にして、授業評価の結果をもらう(笑)……「おかえり」ポスターに微笑み、美白スズメ再見

Dscn6315_800x600 暑いのですが(桑名で32.9℃)、湿度がさほど高くないようで、まだ助かりまDscn6314_800x600 す。水曜日ですので、こちらへ出向く日です。今日で14回目。来週は試験になりますので、授業は最終回となりました。右は、江戸橋駅近くで撮ったもの。サルスベリかと思ったのですが、ちょっとアヤシいです(笑)。いかにも夏! 暑い! という感じがしました。

Jugyouhyouka_516x794  いつものようにまずは講師控え室へ。エアコンが効いていますので、しばらく涼んだあと、メールボックスを見たら、先週行った授業評価の結果が入っていました。学生たちの試験をする前に、教員の成績評価をもらったようなものです(笑)。左に画像を載せましたが、細かいところはたぶんお読みになれないと思います。イメージとしてご理解ください(苦笑)。上の方には、学生の自己評価が載っています。たとえば、欠席はどれくらいか、履修の理由、受講態度が良かったか、悪かったか、自主学習をどのくらいしたか、等です。授業評価は、わかりやすい授業か、板書(パワーポイント)・話し方は適切か、学生の質問や意見が反映されたか、興味を引く工夫があったか、教員の熱意はどうか等11項目。11番目は、総合評価でした。6段階評価です(6点が最高)。小生の総合評価は、平均5.41でした。他の10項目、最低は5.09(学生の興味を引く工夫)、最高は5.69(事前説明は明確か)でした。まぁまぁでしょうか? ちなみに、学生の自己評価の内、受講態度は平均4.48(やや良かったと、どちらかといえば良かったの間)、自主学習を行った程度は3.34(どちらかといえば良かったと、どちらかといえば悪かったの間でした)。

Dscn6305_800x600  授業の方は無事に(たぶん)終了。最後に来週の試験について説明。「意地悪して落としたりはしないが、準備は怠らないように」と話してきました。用語(概念)の説明や、記述式に加え、○×式の問題も出題予定です。合否判定に悩まなくて良いように、しっかり準備してきてもらいたいものです。

 途中で余談ですが、出勤途中、学校近くのマンションにパトカーや、警察官の姿がありました。鑑識の方も出て、テレビのミステリー番組で見られるような光景が展開していました。学校にも警官の方が来て、「近くで窃盗事件があり……」という話を事務でしていました。授業を終わって、帰るときにもまだ鑑識作業が続いていましたし、江戸橋駅にもパトカーが。詳細は分かりませんが、割とのどかと思えるこんなところでも犯罪が起きるものなのですね。油断大敵です。

Dscn6318_800x600  13時過ぎ、桑名駅到着。暑かったのですが、昨日あまり歩いていなかっDscn6328_800x600 たこともあり、歩いて帰宅。駅の東口には、石取祭の案内が出ていました。八間通の方を歩いてきたのですが、途中のお宅にタチアオイの花が咲いていました。この花も、真夏の花というイメージです。何となく、暑さを一段と感じます(苦笑)。

Dscn6331_800x600  我が家近くまでやって来たら、町内の掲示板にこのポスターが。「いやぁ、どうも」と挨拶したくなる感じです。暑い中、ちょっとホッとした瞬間でした。それにしても、今でも、この「社会を明るくする運動」は続いているんですね。第66回とあります。

Dscn6336_800x532  「おかえり」ポスターを見て元気が出て、少し歩いたら、あの「美白スズメ」が目の前を飛んでいきました。たぶん同じ個体だと思います。元気でいてくれたかと思うと、嬉しくなります。去年12月以来の目撃です。

 美白スズメについての記事は、以下の3本です:

| | コメント (2)

2016年7月19日 (火)

田んぼアートと、アオサギ、カルガモ……家内の実家へ

Dscn6296_800x600 暑い日でした。朝9時出発、夜21時半帰宅。家内の実家へ行ってきました。母親の定例の病院受診、接骨院、買い物などのためです。小生は2週間ぶり。写真は、キキョウ。実家の庭に咲いています。それにしても鮮やかです。「桔梗色」というのがあるそうです。

Dscn6230_600x800  母親を病院に送り届けてから、田んぼアートを見てきました。6月26日に田Dscn6226_800x600 植えが行われ、6月28日に見てきました(家内の実家へ……今年の田んぼアートは、温泉につかる干支のサル)が、そのときは田植え直後で見るべきものjはありませんでした。3週間経ちましたから、少しは稲も伸びてきて、多少は見られる景色になったかという期待を抱いて、です。


Dscn6228_800x600  しかし、田んぼアートの幟や、看板が立っている、田んぼの中の道から見えDscn6233_800x600 たのは、左の写真のような景色でした(苦笑)。これでは、ズームアップしてもダメです。田んぼと道の高低差があまりないのです。櫓がくんであって、上から眺められるようになっているところもありますが、残念ながらそれはありません。田んぼの東側に稲葉へ向かう道があり、そこは田んぼからかなり高くなって、たぶんよく見えるのですが、クルマを止めるスペースがないのです。去年の田んぼアートは、高いところから見下ろせて、全体がよく見えたのに、残念(2015.07.29、田んぼアートと、「その手は桑名の萬古焼」・「桑名・妖怪ウォッチング」を見る)。

Dscn6239_800x599  ちょっとがっかりしていたら、家内が、「向こうにカルガモやら、アオサギがDscn6246_800x550 いる!」と叫びました。クルマを止めたところの西側の水田にいました、カルガモ、アオサギに、ケリまでいたのです(ケリは、写真には撮れませんでした)。田んぼの中の道を車でそっと近づいていき、何枚も写真を撮ってきました。

Dscn6252_800x540  ダイサギ(大きさから推測)も1羽。割と狭い範囲に、アオサギが8羽、ダイDscn6257_800x503 サギが1羽、カルガモが5~6羽集まっていました(右の写真、ただし、アオサギ1羽は、この範囲外にいます)。「吾作の榊原温泉便り」で、農免道路沿いに集まっているという記事があったのですが(2016.07.18、海の日ならぬ田んぼの日)、今日はこちらに移動していたようです。

Dscn6275_800x548  実家の前の道路上の電線。鳥たちの通り道なのか、いろいろな鳥が休んDscn6281_800x599 でいることがあります。ツバメ、ホオジロなども良くいます。今日は、どうやらツグミの幼鳥でしょう、4羽が止まっていました。

Dscn6287_800x600  実家前の田んぼ。2週間あまり前に田植えが行われました。冬から春にかけては麦が植えてあったところです。稲なのですが、飯米ではなく、米粉を取るためのものだそうです。もちろん、見ただけでは区別はつきません。実家近くの田んぼのいくつかは、同じように米粉を取るための稲が植えられています。

Dscn6289_800x599  よく晴れて、青山高原の風力発電用の風車もよく見えていました。愚息はまたときどき、修論研究用のデータを取りに大学の実験用設備に通っているようです。寝てばかりいるように見えるのですが、修論研究は進んでいるのか、心配になります(苦笑)。

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

梅雨明け……茅の輪くぐり@鎮国さん、スズメはカマキリを食らう

Dscn6199_800x600 梅雨明けだそうです。昼のNHKテレビのニュースでやっておりました。東海Img_6465_800x533 地方のローカルニュースの中では、東海3県で、午前中もっとも気温が高くなったのは、桑名市で、33.8℃だとも伝えていました。やれやれ、であります。梅雨が明けてくれるのはありがたいところですが、猛暑がやってくるかと思うと単純には喜べません。左の写真は、揖斐川の堤防から蟠龍櫓、さらに奥の方には多度山が見えますが、真夏の空です。右は、九華招魂社の拝殿でお休み中の旅ネコさん。気持ちはよく分かります。ここは涼しそうです。

Tenkizu_745x565  朝7時の天気予報では、日本の南に梅雨前線が停滞していたのですが、この9時の天気図では、本州上の前線は消滅し、南からの高気圧が張り出しているように、素人目にも見えます。このため、梅雨明けが宣言されたものと思います。

Dscn6192_800x600  8時40分から2時間ほど歩いてきました。住吉神社から九華公園、京町、寺町(今日は、三八市でした)と、5.1㎞。暑かったです。九華公園内は木陰もあり、堀から風が吹くときもあり、それなりに過ごしやすいのですが、堤防の上や、町中は暑くてたまりません。それなのに、バールフレンドのお二人や、伊賀町のご隠居様は、きちんと散歩に来られています。

Dscn6203_800x632  九華公園内の鎮国守国神社では、茅の輪が用意されていました。昨日、氏Img_6459_800x533 子の皆さんが準備してくださったようです。茅の輪くぐりの行事は明日のようですが、伊賀町のご隠居(氏子でいらっしゃいます)が、「もうくぐってもいいでしょう」とおっしゃったので、作法にしたがって、茅の輪くぐりをして来ました。

Img_6446_800x533  暑くて、日差しもきついせいか、あの「カメの甲羅干しスロープ」も閑散としていました。何だか笑えます。甲羅干しのつもりが、日干しになっては元も子もありませんからね。

Img_6449_800x534  鳥の姿もあまり見られません。カルガモは、この1羽だけがステージ裏でまったり。他には時折、スズメ、ハクセキレイ、ムクドリ、カワラヒワなどを見たくらい。カワウもあまりいません。

Img_6475_800x577  本丸跡の木陰にあるベンチで小休止をとっていたら、近くにスズメがやって来ました。肉眼では、草を咥えていると見えたのですが、実は、カマキリでした。帰宅して、パソコンに取り込んでみて、初めて気づきました。豪華ランチになったようです。

Img_6453_800x593  昆虫も、セミは大合唱中でありますが、他はあまり見かけませんでした。朝日丸跡で撮ったのは、ウチワヤンマ。尾の先にウチワのような突起物がついているため、この名がついています。好みのタイプのトンボです。ヤンマという名がついていますが、サナエトンボの仲間です。

Img_6495_800x569  寺町にある桑名別院の睡蓮。今日は三八市で、けっこう賑わっていましImg_6498_800x572 た。ここで、九華公園でも出会ったバールフレンドのTさんに再度遭遇。いつも、仏壇にあげるお花を買って行かれます。スーパーなどで買うものよりも長持ちするのです。私は、D黒屋さんで、水まんじゅうをゲット。

Img_6505_800x551  その後は、だいぶ暑くなっていましたので、三崎見附から住吉入江沿いを通って、直帰(笑)。七里の渡し公園も気になったのですが、この暑さではと思い、足は伸ばしませんでした。暑いのに、ハクセキレイが出てきていました。

Img_6428_800x533  余談、その1。揖斐長良川の中州。以前は、よくアオサギが集まっていたところ。奥の方の草が刈られていますが、ここは、水郷花火大会の打ち上げ場所。重機も見えます。花火大会の準備が進められているようです。

Img_6429_800x534  余談、その2。写真中央に足場のようなものが組まれつつあります。ここは、なばなの里の敷地の南端。いつも、イルミネーションの大仕掛けがあるところです。ブロ友のひらいさんの情報(2016.07.16 早朝散歩! 長良川~河口堰)を確かめてきたという次第ですが、すでに次回のイルミネーションに向けて、準備が始まっているようです。おっと、これはおおっぴらに書いてはいけなかったかも知れません(笑)。

| | コメント (6)

2016年7月17日 (日)

蓮とチョウトンボ……万助溜公園へ

Img_6291_800x534 蓮も咲いていて、チョウトンボもいるということでしたので、午前中に東員町Img_6368_800x612万助溜公園へ行ってきました。ブロ友のこころんさんの記事(蓮とチョウトンボと当選)で知り、一度見てこようと思っていました。所在地をきちんと確かめないで出かけてしまい、ちょっと迷いました(苦笑)。

Dscn6165_800x600  溜池公園ということですから、昔は農業用の溜池として使われていたのでDscn6171_800x571 しょう。蓮は、公園の北端にありました。盛りは過ぎているようでしたが、まだ、きれいに咲いているものもあり、それなりに楽しめました。

Img_6282_800x533  蓮の生えているところは池になっていて、大きなコイもたくさん泳いでいましImg_6287_800x630 た。このコイがときどき、はねるような動きをするので、驚かされます。今年蓮を見るのは、初めてです。


Img_6290_800x534  公園内は、3枚目の写真にありますように、遊歩道が整備されています。Img_6348_800x533 ここは、「ネオポリス」という住宅団地のすぐ西ですから、散歩、ウォーキングに好適なところのようで、小生たちが行ったときも、数人の年配男性が歩いておられました。蓮に混じって、睡蓮が1輪だけ、咲いていました。

Img_6401_800x641  蓮以上に見たかったのが、チョウトンボです。何年か前、多度の小川あたImg_6411_800x534 りで見た記憶がありますが、それ以来です。初めはいなかったのですが、諦めて帰ろうと思ったら、出てきました。それも続けて2羽。ラッキーでした。左の写真と、2枚目の写真をよく見比べていただくと、後ろの翅の先端あたりの模様が微妙に異なります。本当にチョウのようにヒラヒラと飛びます。

Img_6268_800x534  万助溜公園のあたりは、他にもトンボがたくさんいます。左は、おそらくハグロトンボの雌。駐車場から、蓮池に行く途中の木陰で見つけました。


Img_6278_800x557  こちらは、コフキトンボの雄と思います。このコフキトンボの雄は、蓮池に実にたくさんいました。


Img_6284_800x565  ショウジョウトンボです。全身真っ赤ですが、アカトンボの仲間ではありません。アキアカネなどの普通のアカトンボよりもひとまわり大きいのです。


Dscn6181_800x560  帰りに、少し寄り道をして来ました。照源寺です。ここへはほぼ毎年、蓮をDscn6172_800x600 見に行っているのですが、いつもどうもうまくタイミングが合いません。ここの蓮は、他よりもやや遅い感じなのです。今年も、右の写真の通り(苦笑)。


Img_6416_800x515  1輪は、左の写真のような状態でしたが、もう1輪は、まだつぼみ。いつもImg_6419_800x533 もう一度、見に来ようと思いつつ、そのままです。

| | コメント (6)

2016年7月16日 (土)

ゴマダラチョウ、ノシメトンボ……九華公園では藤の花が咲く!?

Img_6737 昨日、今日と割と涼しく、エアコンは使わず、窓を開けて風を入れています。Img_6761 先日から石取祭のお囃子の練習が始まっていますが、夕方になると、近くの町内から鉦・太鼓の音が聞こえてきます。我が家の南側にはいくつもの町内がありますので、毎日賑やかですが、場所によっては、風向き次第で、お囃子の練習の音は聞こえたり、聞こえなかったりするようです。伊賀町のご隠居様のところは、「西風だとよく聞こえるけど、東風の時は静かだよ」とおっしゃいます。練習は、夜10時まで。7月18日の石取祭囃子優勝大会まで続きます。左右の写真は、昨年の石取祭のものです。

Img_6138_800x550  さて、今日もいつものように散歩。揖斐川の堤防を歩いていると、蟠龍櫓のImg_6146_800x561 上空にアオサギが3羽。東の、長島の方へ飛んでいきます。どう見ても1つのグループです。親子なのでしょうか。 アオサギがグループになって飛んでいるところはほとんど見ないと思います。

Img_6150_800x595  揖斐長良川の中州の南の端では、ダイサギ(大きさから見てです)と、アオImg_6155_800x608 サギが餌を探しているようでした。この中州で、サギを見るのもずいぶん久しぶりです。中州、河口堰、九華公園などにアオサギや、コサギが持って来てくれるようになってほしいものです。

Img_6158_800x594  九華公園、今日もあまり鳥の姿はありません。スズメ、ムクドリ、カワウに、Img_6161_800x534 いつものカルガモさんくらい。スズメはあちこちにいますが、ムクドリは奥平屋敷跡に集団でいました。


Img_6188_800x534  その九華公園では、フジの花が咲いています。しかも、一房や二房ではImg_6194_800x534 ありません。右の写真でもまだ、その一部。10房以上咲いていると思います。何がどうなっているのでしょう? 気候の影響なのでしょうか?

Img_6185_800x594  鳥がいないからと言うわけではありませんが、昆虫写真を。左は、ゴマダラチョウと思います。口吻がオレンジ色なのが特徴のようです。九華公園本丸跡の藤棚の前で撮影。一所懸命追いかけていたら、カメラを持った男性に笑われました(苦笑)。子どもみたいに思われたのかも知れません。「胡麻斑蝶」と書きますが、黒地に白のまだら模様が特徴の故。

Img_6203_800x534  こちらは、九華公園の外周遊歩道の東で取った、ノシメトンボ(もしくは、コノシメトンボ)。赤とんぼの仲間では、最も大きいようです。漢字で書くと、「熨斗目蜻蛉」。これは成虫の腹部の黒い斑紋が、熨斗目模様に似ていることに由来するそうです。

Img_6208_800x612 ノシメトンボが止まっていたのは、こちら、オニユリ。この写真でも、左上に少しだけ、トンボの羽が写っています。



Img_6198_800x534  クマゼミ。クマゼミに限らず、九華公園では、セミの大合唱。あちこちの地面にセミが出てきた穴がありますし、抜け殻もそこかしこに多数。10時過ぎくらいになると鳴き止み、辺り一帯は静粛が訪れます。あれはなぜでしょう? 気温が上がるとなのでしょうか? 分からないことばかりです(苦笑)。

Img_6235_800x612  今日もまた、桑名七里の渡し公園のせせらぎの確認へ。残念ながら、スImg_6245_800x529 ズメが3羽ほど水を飲みに来ただけで、あとはカワラヒワも近くの木までやって来たのですが、降りてこず。


Img_6233_800x533  せせらぎの南に、小さいお子さん連れのお母さんが2組いらしたためですが、ここは浅くて、傾斜も緩いので、お子さん連れの方も安心して水遊びができます。小型野鳥が来ないのは、残念ですが、お子さんが遊んでいるのを見ていると、微笑ましいものがあります。

Img_6228_800x534 諸戸氏庭園前の住吉入江脇には、ワルナスビの花がたくさん咲いています。ここには、ずいぶん以前からワルナスビが咲きます。アメリカ原産の外来種。なぜ「悪茄子」などという名前がついたのでしょうね? Wikipediaによれば、「一度生えると完全に駆除するのは難しい」という、たちの悪さから名付けられたとありました。

Dscn6142_800x600  以下は余談というか、個人的な覚えのためのようなもの。左は、三の丸公園の文化財の試掘調査現場。一部に穴が掘られていました。芝生の色が黄色っぽいところは、この冬の試掘で掘ったところです。

Img_6226_800x534  吉津屋町のツバメの巣。今日見たときは、お留守。卵があると思っていたのですが、よく分からなくなりました。余所のお宅ですから、あまり長い時間見ているのもどうかと思います(そのお宅の方とお話しできれば、見ることや、写真を撮ることをきちんとご了解いただくのですが)。

Dscn6147_600x800  今日の散歩。家事をしていて少し遅くなり、8時55分頃から11時半前まで。住吉神社から九華公園、京町、寺町、桑名七里の渡し公園と、5.1㎞であります。午前中湿度は高かったのですが、時折弱い風が吹き、そういうときは涼しく感じられました。写真は、寺町商店街の夜店のお知らせ。来週末です。

| | コメント (4)

2016年7月15日 (金)

七里の渡し公園でカラスの食餌、カワラヒワの水浴び……博物館の展示も見てきました

Dscn6122_800x600 13時過ぎに30℃近くにはなったようですが、さわやかな風も通って、比較的過ごしやすい感じです。梅雨の間でもこれくらいの気候であれば、楽なのですがねぇ。午前中は、雲が多めでしたが、午後からは晴れ間も増えてきました。しかし、少し楽な気候になると、これまでの疲れが出てくる気もします。何がどうなっていても、文句を言いたいようで、我ながら笑えます。

Dscn6113_800x600  さて、8時40分から11時半まで歩いてきました。いつものように、住吉神社かDscn6115_800x600 ら九華公園、京町、寺町、そして桑名七里の渡し公園と、6.0㎞。昨日までの3日間、散歩していませんでしたから、少し眺めです(笑)。七里の渡し跡近くの三の丸公園では、先日から工事の準備が行われていました。「文化財の試掘調査」ということです。年末から年始にかけても行われ、その後いったん埋め戻されていました。地元の方に伺うと、「かさ上げしたところだから、少しくらい掘っても何も出てこない」のだそうです。確かに九華公園あたりに比べると、土地は高くなっています。

Img_5872_800x550  時間的には後先になりましたが、今日も、船津屋さんの裏手にはヒバリ。たImg_5878_800x534 だし、先日2度ほど見た草の上ではなく、今日は、揚げ雲雀。やはりこのあたりに巣があるのでしょう。


Img_5885_800x544  九華公園は、スズメ、ドバト、ムクドリの他には、カワウくらい。カワウは、10Img_5887_800x559 羽ほどになりました。野球場の照明灯や、フェンスの上にいます。カルガモは、いつも通り、ステージ裏でまったり。


Img_5890_800x534  続いて、京町へ。柿安京町店近くのツバメの巣、空っぽでした。先日、こImg_5893_800x534 のお宅の方と「もう巣立ちますね」と話していた通りになっていました。4羽が巣立ったと思います。吉津屋町の巣は、親が巣に就いていました。卵を温めているものと思われます。

Img_5927_800x556  ここまででは見られた鳥の数も少なく、ちょっともの足らなかったので、桑Img_5929_800x534 名七里の渡し公園へ。せせらぎで水浴びを狙おうという算段でしたが、最初に登場したのは、ハシボソガラス。鳥のようなものを咥えてやって来ました。やや小ぶりのカラスが、「餌をくれ!」といわんばかりに近くにやって来て鳴きます。トラブルになるのかと思ったのですが、案外スムーズに渡していました。親子なのかという気がします。ちょっとグロいので(なるべくそうではない写真を選びましたが)、お嫌いな方は、写真をクリックなさらないでください。拡大されます。

Img_5943_800x534  カラスは、合計3羽で来ていました。餌を要求して、分け前を与えてもらったカラスは、向かって左端にいる個体。右側の2羽が親かな、と思います。


Img_5966_800x556  その後、カワラヒワが相次いで登場。最初は1羽だけでしたが、すぐに3羽Img_6014_800x641 に増えました。見ていると、羽を水につけてバシャバシャやっているときは、顔は横に向けて、水につからないようにしているようでした。


Img_6044_800x584  顔や頭ももちろん、水浴びをするのですが、そのときは、左の写真に写っている、奥のカワラヒワのようにしていました。


Img_6062_800x543  その後、別の2羽が降りてきました。11時過ぎのことです。この時間帯にImg_6112_800x591 は、けっこう水浴びにやってくる鳥がいるように思います。必ずそうだと言うことではありませんが、仕草がけっこうシンクロしていることもあり、おもしろく見られます。

Img_6115_800x545  スズメも来たのですが、こちらは、水を飲んだだけでした。警戒されたかもImg_6120_800x547 知れません。3羽来た内の2羽の写真です。このあとすぐ、南側の竹垣の上に移動。よく見ると、向かって右のスズメさん、尾羽が1本、折れているようです。

20160630181844_565x800  ところで、京町を通ったついでに、博物館で開かれている『学習支援展示「いろえのいろは!」「発掘された桑名の城下町」』を見てきました。7月6日(水)~8月28日(日)まで、博物館の2階展示室で催されています。「学習支援展示」ということですから、夏休みの子どもたち向けのものです。館蔵の色絵陶器および桑名の城下町の発掘成果が展示されています。「いろえのいろは!―色絵陶器を学ぶ―」では、桑名発祥の焼き物である萬古焼が中心となっています。また、「発掘された桑名の城下町」の方では、桑名で発掘された考古遺物のうち、焼き物が主に展示されています。食器や瓦などです。食器は南魚町あたりから出たものが多く、瓦や、湯飲みは、法盛寺にあったという「柳堂御茶所」の跡から出土したものだそうです。入館は無料。今回は、いつもと違って月・火が休みですので注意が必要。

| | コメント (0)

2016年7月14日 (木)

夕方、近所を小散歩……石取祭のお囃子練習、夕涼みの光景など

Amedas_800x408 今日も暑くなりました。今年の梅雨、晴れると猛暑になるようです。14時20分に35.0℃を記録したとアメダスのデータにあります。アメダスには、湿度のデータが出ないのですが、分からない方がよいかも知れません。

 予定通り、コペンの車検。いつも川越町のKモータースさんにお願いしています。1号線を走って、15分ほどのところ。親切ですし、技術的に確かなのです。受付の女性もクルマのことに詳しく、社長さんは話がおもしろくて、楽しいというのもよいところ。10時半に入庫し、17時に仕上がりました。今回は、右側のパワーウィンドウのパーツが壊れ、20,000円ほど余分な出費をしいられ、痛いところです。

Dscn6059_800x600  夕方、クルマを引き取って来てから,小散歩。17時半から30分あまり。桑名Dscn6061_800x600 七里の渡し公園から、住吉神社、船場町、春日町、新宝殿町、清水町と我が家の東を1.8㎞ほど。「警告」とか「禁止」という穏やかでない写真から始めましたが、実は、これ、7月30日に開催予定の桑名水郷花火大会に向けた者。揖斐川の堤防に掲げられていました。前日の29日午後6時までは、場所取り禁止なのです。

Dscn6062_800x600  花火は、揖斐長良川の中州、十万山といわれるあたりから打ち上げられまDscn6097_800x600 す。左は、住吉神社の前から見たところ。我が家の玄関先から見たのが、右の写真。おおよそ赤丸をつけたあたりが、打ち上げ場所。お陰様で、まさに「居ながらにして」観覧できます。引っ越してきて以来、毎年玄関先から楽しんでいます。今年は、二尺玉が19発と、去年よりさらに増えるそうです。

Dscn6072_800x600  昨日の記事で、石取祭のお囃子の練習が始まったと書きました。おおよDscn6073_800x599 そ6時頃から、各町内ごとに練習をしています。その様子も見てきました。右は、春日町です。本物の祭車と同じように、太鼓と、鉦が2つ準備されています。夕方、早い時間は、どこも子どもたちが練習しています。左の写真は、住吉神社のところに掲げられた祭の幟。

Dscn6079_800x600  新宝殿町の集会所の前にある、練習用の鉦・太鼓。ここは、まだ誰もいまDscn6082_600x800 せんでした。練習用の器具のところには、たいてい鉦・太鼓の節が書かれています。しかし、地元の子どもたちは、お腹の中にいるときからこの鉦・太鼓を聞いていますから、自然に覚えてしまうようです。小生のように30代も半ばになってから、桑名にやって来た者では、覚えられません(苦笑)。「音痴なんだろう」というご指摘は、正しいですが……。我が家の子どもたちも、小中学生の頃は、近所の知人の方にお願いして、参加していました。

Dscn6089_800x645  清水町の祭車庫の前で。子どもたちがやって来ていました。祭に参加する町内には、町内ごとに祭車庫があります。19時前のこの時間、あちこちから鉦・太鼓の音が響いてきています。水郷花火大会と、石取祭は、まさに桑名の夏であります。

Dscn6058_800x600  さて、最初にいった桑名七里の渡し公園、7月は、9時から18時までオーDscn6055_800x598 プンしています。アキアカネは、けっこうたくさんいたのですが、鳥さんは、こちら、セグロセキレイが1羽のみ。もう少し早く行かないと、水浴びは見られないようです。

Dscn6075_800x600  散歩途中で見かけた、夕涼みの光景。子どもの頃、夏になると、実家の前の道路に縁台を出して夕涼みをしたことを思い出します。ごくたまに、近所の八百屋さんからかき氷の出前を取ってもらったことがありました。

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

石取祭のお囃子の稽古始まる……江戸橋通いもあと2回

 今日から、石取祭のお囃子の稽古が始まりました。7月18日に「石取祭囃子優勝大会」が開かれますが、その5日前から、各町内で稽古があります。ちょうど梅雨の末期で、この稽古が始まると、もうじき梅雨が明けるかなという気がしてきます。

 さて、水曜日、江戸橋への日であります。梅雨入りする前は、天気がアヤシい日が多かったのですが、梅雨に入ってからは、むしろ雨に降られないことが増えました。皮肉なものです。しかし、今日は、往きに、江戸橋駅から非常勤先までは雨でした。授業を終えて、帰りには止んでいたのですが、中途半端に降ったせいか、とてつもなく蒸し暑くなっていました。パソコン一式に、授業の資料も詰め込んだショルダーバッグを下げて歩きますので、江戸橋駅に着くまでには汗だくになりました(苦笑)。

 先週行った際に、「授業評価」についての文書がメールボックスに入っていました。余談ですが、非常勤講師に行きますと、「非常勤講師控え室」に一人ずつメールボックスが割り当てられ、必要な連絡は原則として、そこに文書で入っているのです。あまりはっきり書くと失礼になるのですが、その文書では、小生の授業が授業評価の対象になるのか、よく分かりませんでした。が、今日、封筒に授業評価のアンケート用紙が入っていました。「15分早く終わって、学生にアンケート用紙を配り、説明した後、教員は退室するように」と書かれていました。アンケートの回収、事務室への提出は、学生に依頼するようにということでした。

 小生自身の学生時代には、考えられなかったことでした。しかし、現職のころには、こうした授業評価が導入されるようになり、たぶん今では常識なのでしょう。導入された頃にはいろいろ議論がありました。極論と思いますが、「学生に授業を評価する能力はない」などとおっしゃるセンセイもありました。授業評価の功罪、意義についてはいろいろと議論がありました。しかし、まぁ、授業のやりっ放しはよくありませんし、改善するところが分かればそれは意味があると思います。

 近いうちに、授業評価の結果が届けられ、それについてコメントを書くことになるはず。授業評価の結果は、冊子にまとめられると思います。さて、どんな結果が出ますかねぇ。

 江戸橋通いも、残すところ2回。授業は来週が最終回で、再来週は試験であります。試験をすると当然、採点して、成績評価を行うことになります。昔から、意地悪をして、「落としてやろう」などという試験はしてこなかったつもりです。授業で取り扱った、基本的なことが理解できているかを確認するような問題をつくってきました。学生たちには、「勝手に落ちないように」などと言ったりしていましたし、「頑張って勉強しましたといういいわけが通用するのは、小学生まで。大学生は大人ですから、結果を残してください」ともよく言っておりました。

 午後からは、出欠チェックと、Q&Aの説明書き。それを終えて、夕方は、ダイソーやアピタへ。ダイソーでは、水槽の水温を測る温度計をゲット。アピタでは、本屋を覗いてきたのですが、これといってめぼしいものはありませんでした。

Dscn6047_606x800  写真が全くないのも寂しいと思い、拙宅近くで撮ってきました。左は、「飛Dscn6049_800x587 び出し坊や」。最近、新しくなりました。夜は、車のライトなどを反射するようになっていました。右は、マンションから道路に出るところにあった「とまれ」サイン。シールのようなものが、路面に貼ってありました。



 明日はまた晴れて、暑くなるようです。愛車コペンを車検に出してくる予定。3年落ちくらいの中古で買って、たぶん11年くらいです。維持費や保険にけっこうな費用がかかりますので、手放そうかとも思ったのですが、諸々の事情から、もうしばらくは使うことにしました。クルマは、「金食い虫」ですねぇ。

| | コメント (2)

2016年7月12日 (火)

午前中は研修会、午後からコアジサシの営巣地を確認へ……コアジサシは、おらず、残念

 曇り、昼過ぎくらいから、ときどき小雨がぱらついています。小雨がぱらつくようになってから、湿度が高くなったようで、蒸し暑くなりました。

 午前中は、教育委員会からご依頼を受け、通級指導教室を担当していらっしゃる先生方の研修会に講師として行ってきました。3年連続で呼んでいただいています。今回は、WISC-Ⅳの結果の解釈と通級による指導への活用というテーマでしたので、こちらから、事例検討を提案して、採用していただきました。通級ご担当の先生が4名いらっしゃる中で、二人のお子さんの事例を出していただき、それを元に3時間、ディスカッションをしてきました。参加者は、教育委員会の担当の先生も含め、6名と小規模でしたので、いろいろと意見も出てよかったのではないかと思います。自画自賛になっていないか、また確認してみないといけません。

 午後からは、弥富まで出かけてきました。もちろん愛知県弥富市なのですが、国道1号線を利用し、伊勢大橋、尾張大橋と橋を2つ渡り(揖斐川、長良川、木曽川と木曽三川を超えます)、渋滞がなければ、15分ほどで行けます。

 そのついでに、先日(7/3)に見てきたコアジサシの営巣地のその後を確認してきました。実は、7月9日の雨で、営巣地が水没し、コアジサシは激減していたと、ブロ友のひらいさんが書いていらっしゃったので、気になっていたのです(2016.07.09 午後の部:何だかなぁ...)。

Img_5825_800x533  長い時間見てきたわけではありませんが、ざっと眺めた限りでは、コアジサImg_5826_800x533 シの姿は見当たりませんでした。上空に、4~5羽、コアジサシらしき鳥が飛んではいたものの、この土地には見えませんでした。最盛期には、400~500羽いるという情報もあったのですがねぇ。どこかへ避難してくれたと思いたいところですが、まだ飛べなさそうな雛もいましたから、心配です。

Img_5840_800x523  この敷地の南西の方から、鳥の鳴き声が聞こえていましたので、確認しImg_5845_800x597 たところ、コチドリがいました。かなり激しく鳴いていましたが、コアジサシに代わって、ここで卵を産んで、雛でも育てようとしているとしているのでしょうか? 鳴き声は、2~3カ所から聞こえていました。

Img_5832_800x570  コチドリの近くには、ハクセキレイもやってきました。コアジサシについては、残念な結果でした。


 さて、明日は、江戸橋へ。15回の授業をやるのは久しぶりのことでしたから、どうなるかとと思っていたのですが、13回目になります。天候はちょっとアヤシそうですが、竜頭蛇尾などということにならないようやって来たいと思っています。

| | コメント (2)

2016年7月11日 (月)

猛暑日、九華公園にアオサギ登場……アイスまんじゅうで歯を痛めた話も(苦笑)

Dscn6020_800x600 午前中は散歩、午後からは歯科検診に行ったのですが、暑いのには閉口しました。散歩に出た8時半過ぎには、27℃くらいあったようですし、午後3時過ぎには、35.9℃を記録していました。暑いわけです。雨が降れば鬱陶しく、晴れれば猛暑で叶いません。写真は、船津屋さんの裏あたりから見た揖斐川上流方向。多度山、河口堰が見えています。

Dscn6032_800x598  今日のトップは、なんといってもこちら様。アオサギさんが、九華公園に帰っImg_5681_800x534 てきました。場所は、奥平屋敷跡近くのステージの裏。そうです、以前からブログをお読みくださっている方にはご記憶がおありかも知れませんが、「お立ち台」と呼んでいたところです。あまりにも嬉しくて、外周遊歩道の桜の木陰から、40分以上も観察してしまいました(爆)。

Img_5713_800x534  いったいいつ以来でしょう、九華公園でアオサギを見るのは。あとで調べてみようと思います。最初は、南東の隅にいたのですが、石垣沿いに次第に少し北へ移動してきました。

Img_5734_800x528  gentaさんが、以前よく書いていらっしゃったように、木鶏のごとくはしておらImg_5750_800x546 ず、けっこういろいろなポーズをとって見せてくれ、楽しめました。


Img_5803_649x800  何度か、「餌取り」体勢にも入ったのですが、結局、小生が見ている間には、実際には餌をとることはありませんでした.これはちょっと残念。しかし、こんな高いところからでは、魚をゲットするのは難しそうで、むしろ、転落しそうな気がして、心配になりました。

Img_5817_800x535  もう一つの新事実も。これは、柿安京町本店近くにあるツバメの巣。今日、このお宅の方に伺ったところ、5羽いた雛の内、1羽は巣から転落したのだそうです。もっとも奥にいて、なかなか餌がもらえず、成長が遅かった雛が落ちたといいます。しばらくは生きていたので、餌を与えたそうですが、残念ながらうまく行かなかったということでした。自然界は厳しいです。さらにもう一つ。3羽しか写真には写っていませんが、この奥にもう1羽がいて、4羽が健在ということでした。雛とはいえ、体の大きさはもう親に近くなっていますから、もう巣立ちを迎えそうです。

Img_5595_800x534  さて、歩いた順に写真を見ていきましょう。桑名七里の渡し公園、今日Img_5596_800x534 は、休園日。第2月曜が休園です。公園に休園日が必要か?」と愚息が申していました、今日は、草刈り、芝刈りなど整備が行われていましたから、やはり休園日は必要なのでしょう。ちなみに、普段は、9時前に国営木曽三川公園の職員の方が、軽のワゴンでいらっしゃり、夕方、閉園まで見回りや、草取りなどをしてくださっています。お一人でですから、大変だと思います。

Img_5628_800x557  ヒバリ。昨日と全く同じところにいました。笑えます。船津屋さんの裏手の揖斐川の堤防、草のImg_5626_800x533 上であります。バックに河口堰を入れて撮ると、右の写真のようになります。ここの草むらに巣があるのでしょうか? 

Img_5645_800x571  吉之丸コミュニティパークから九華公園にかけては、ムクドリやスズメはImg_5746_800x534 けっこうたくさんいます。左右の写真とも、九華公園で撮りました。スズメさんは、しゃがみ込んでアオサギを見ているとき、すぐそばに来ました。羽の1枚1枚まで見分けられそうな写真が撮れました。このほか、シジュウカラや、カワラヒワの鳴き声もしていますし、カワウは数羽が野球場の照明灯などにいました。

Img_5764_800x568  カワウ、アオサギの近くに来て、これはどう見ても、水浴びをしている感じImg_5779_800x573 でした。カワウが水浴びをする必要があるのかどうか、よく分かりませんが……。右は、やはりアオサギを見ているときにやって来たハクセキレイ。慌てて撮りましたので、ピントが甘く、暗いです(苦笑)。歩き回りながらではなく、公園内でじっと座り込んで鳥を見ると、この時期でもいろいろ見られるのかも知れません。

Dscn6026_800x600  九華公園、あまりに暑いせいでしょう、散歩する方はいつもよりかなり少なめ。それでも、バールフレンドのTさんは来ていらっしゃいました.我が家の少し西にお住まいですが、ここまで自転車に乗って来られます。今日は、「あまり暑いので、ベンチで休んでばかり」と笑っておられました。

Img_5639_800x533  午後から歯科へ.検診のはずだったのですが、先週金曜、アイスまんじゅImg_5676_800x534 うを食べていたとき、「バキッ」という音がして、2本の歯をCR接着修復法でつないであったところが割れてしまいました。そのため、今日は、その治療を優先。「アイスまんじゅうで歯が割れるのはよくありますよ」と言われました。どこのアイスまんじゅうかは、敢えて申し上げませんが、歯の弱い方には、どうぞお気をつけください(爆)。

【付記(7/12)】 九華公園でアオサギを見たのは、今年1月2日(初散歩では、アオサギと、メスのモズ)以来だと思います。

| | コメント (4)

2016年7月10日 (日)

握手をしてきたのは……

 参議院議員選挙も、もう投票が終わって2時間近くですから、先日の「握手」の種明かしをしてもよいでしょう(7/8、梅雨空戻る……自転車に乗るお相撲さん、選挙の演説に遭遇し、候補者と代表代行と握手(笑))。

Img_5446_800x534  大方の予想通り、だと思いますが、民進党代表代行の蓮舫さんでした。ちなみに、このとき、襟は立っておりませんでした(笑)。候Img_5448_800x534 補者は、芝博一さん。民進党三重県連代表です。皇學館大学のご卒業で、前職は、椿大神社の宮司さんだったとか。蓮舫さん、リンク先の記事にも書きましたが、小柄なのに、パワーというか、オーラというか、あふれていました。

Dscn5953_800x600  演説が行われ、蓮舫さんが来られたのは、こちら。寺町交差点です。演説は、交差点北側の、消防団車庫の前にて。聴衆は,寺町商店街の側にかなりの数が。

 念のためお断りしておきますが、小生、民進党や、芝博一さん、蓮舫さんを支持し、応援しているとは限りませんので、誤解なきように願います。

| | コメント (2)

投票日和……真夏日ですが(苦笑)

Dscn5982_800x600 よく晴れました。気温も予報通り、14時半には、31.1℃になりました。散歩日Dscn5987_800x600 和でありますが、その前に選挙日和でもあります。散歩前に、地域の小学校に設けられた投票所へ行って、投票を済ませました。いつもとは逆のコースになって、小学校から寺町脇を通り、京町、九華公園、住吉神社と、5.8㎞ほどを歩いてきました。散歩に出た8時半過ぎには、もう25℃以上だったと思います。暑くて、汗びっしょり。

Img_5470_800x537  朝6時頃からすでに作業をしておられたのですが、近所の電線には、こんなImg_5504_533x800 ものがぶら下げられました(左の写真)。石取祭の祭車が通行する際に、電線に引っかかるのを防止するための目印です。来週になると、お囃子の練習が始まると思います。今年は、8月6、7日の予定。石取祭、この秋にはユネスコ文化遺産に登録されるであろうということです。

Img_5480_800x534  京町の南、吉津屋町のツバメの巣。先日は、親が巣に就いていたのですが、今日は留守。しばらく見ていたのですが、戻ってくる様子はありませんし、近くにも来ませんでした。さて、どうなっているのでしょう?

Img_5491_800x555  柿安京町店近くの巣。5羽いたはずなのですが、3羽しか見えません。これだけ育ってくると、このサイズの巣では、5羽は狭いかも知れません。残りの2羽、どうしたのでしょう? 今日は、疑問ばかりですが、気になります。

Img_5505_800x579  九華公園に到着。カワラヒワの姿が、ときどき見られますし、写真は撮れなかったのですが、シジュウカラや、コゲラの鳴き声も聞こえます。


Img_5545_800x564  カワウは、この頃、5羽前後いるようになりました。管理の方に伺ったとこImg_5547_800x534 ろ、揖斐川につながる水路に導水すると、魚も一緒に入ってくるようで、そうすると、カワウが堀に降りてきて、漁をするそうです。右の写真にある、野球場の照明灯の上や、神戸櫓跡の松の木の上から、見ているのだと思われます。余談ですが、堀の水位をチェックして、あまり下がっていると、このように導水するのだそうです。堀の水を外に出すときは、吉之丸コミュニティパークの西(蟠龍櫓の南)にあるポンプを使ってくみ上げるということでした。

Img_5514_800x534  カルガモさんは、いつものステージ裏の木陰でお休み中。日中、暑くてもImg_5562_800x567 九華公園の木陰は、けっこう涼しいのです。ムクドリは、本丸跡の花菖蒲園のところに出てきました。ムクドリはよく見ます。

Img_5523_800x533  朝日丸跡で見つけたキジバトの巣。その後、使っていないようで、放棄されたと思われます。遊歩道のすぐ上というロケーションですから、散歩をする人がたくさん通ります。落ち着かなかったのかも知れません。

Img_5525_800x537  九華公園でもっとも元気なのは、こちら。セミさんたち。写真は、クマゼミです。ただ、10時頃になると、一斉に鳴き止みます。


Img_5567_800x562  この時期、例年、昆虫を撮ることが多いのですが、今年はあまりそのチャンスがないような気がしています。チョウも、トンボも飛んではいるのですが、数が少ない印象です。左は、小生の好きなウチワヤンマ。九華公園の外周遊歩道の南、角になったところです。いつもここには必ずと言ってよいほど、ウチワヤンマが止まります。しばらく前によく見かけたアキアカネは、この頃ほとんど姿を見なくなりました。おそらく、御在所岳に登っていったのでしょう。また秋になると戻ってくるはず。

Img_5553_800x533  峰崎部屋の朝稽古は、8時半には終わっていたようです。今日から、名古屋場所。力士の皆さんの活躍を祈ります。公園では、バールフレンドのTさんにも、Yさんにもお目にかかりました。二人とも、暑いのにお元気です。一昨日、「代表代行」を見て、握手をしたという話をしたところ、Tさんも近くにいらっしゃったそうです。ただし、人が多かったので、転ぶと危ないと思って、握手はなさらなかったとのこと。Yさんは、「ほぉ~、○○さん?」という反応でした。ネコは、九華招魂社の拝殿の留守番です。

Img_5585_800x556  船津屋さんの裏手の堤防で、ヒバリの鳴き声。「揚げ雲雀」と思い込んImg_5581_800x533 で、上を見上げたのですが、ちっとも見つけられません。「老眼が進んだのか」とガックリしかけたのですが、何と、堤防に生えている草の上で、フワフワしながら鳴いていました。暑いのに、精が出ます(苦笑)。

 午後からは、研修会の資料チェック、コメントのまとめ作業に勤しんでおります。おおよそ見通しはついてきましたので、なんとかなるかなと思います。

| | コメント (4)

2016年7月 9日 (土)

雨にて、小人は閑居……不善はなしておりません(笑)

Dscn5979_800x600 夜中くらいから、午後2時台までよく降りました。写真は、午後5時半を過ぎた頃のものです。雨ということで出かけておりません。蟄居生活であります(苦笑)。「小人閑居して不善を為す」かも知れません(爆)。本人としては、不善をなしていたつもりはありません。ずっと、来週依頼されている研修会の資料を読み、あれこれと考えておりました。歩いていないせいか、アタマの回転もイマイチ(イマニか、イマサンくらいかも)という気がしてなりません。アタマは飽和してきていますし、目もショボショボしております(苦笑)。ちなみに、研修は、WISC-Ⅳの解釈と支援についてであります。

Dscn5968_800x600  これという写真もありませんが、左は、ベランダ住人の一人、シソであります。家内の実家からやって来たものです。天ぷらや、薬味として、「産直」を楽しめます。土も、実家の畑の土をもらってきています。肥料は、土に混ぜてあり、普段は水をやるだけです。

Dscn5980_800x600_2  さて、明日はまた青空が戻り、30℃以上になるようです。歩いて、アタマが働くようにしなくてはなりませんが、明日は参議院議員選挙の投票日。「清き一票」を投じてこなければなりません。三重選挙区は、全国有数の激戦区だといわれています。「空中戦」というのだそうですが、いわゆる大物が、桑名にもたくさん応援にやって来ました。昨日は、安倍総理夫人、蓮舫民進党代表代行、今日は、岡田民進党代表。しばらく前には安倍総理ご本人や、小泉進次郎議員なども。ミーハーではありますが、ノコノコ出かけていったのは、昨日だけですので、誤解なきように願います。

| | コメント (0)

2016年7月 8日 (金)

梅雨空戻る……自転車に乗るお相撲さん、選挙の演説に遭遇し、候補者と代表代行と握手(笑)

Dscn5962_800x600 梅雨空が戻ってきました。こうも天候が変わると、体がついていきません(苦笑)。朝の内は、雨も降らないだろうと思い、いつものように、散歩に出ました。いつものように、8時40分くらいです。コースもこれまたいつもの通り、住吉神社から九華公園へ向けて。蟠龍櫓あたりでは、昨日に引き続き、鳥好きのSさんに遭遇。先日とは別の野鳥のDVDをお借りしてきました。吉之丸コミュニティパークでは、毎週金曜日にグラウンドゴルフが行われています。去年、接骨院に通ったときに知り合ったOさん(たぶん80歳)が、ほぼ毎週プレーしていらっしゃいますので、ご挨拶。お目にかかっていかないと、「この間はどうした?」と聞かれるのです(微笑)。

Img_5394_800x572  その吉之丸コミュニティパークでは、シジュウカラ2羽を目撃。この暑い時期にシジュウカラをこのあたりで見るのは、珍しいことです。ただし、ご覧のような「証拠写真」しか撮れません。

Img_5397_800x534  峰崎部屋の朝稽古、今日も、小生が到着した頃には終わっていました。力士の皆さんは、鎮国守国神社を宿舎にしていますが、その宿舎までの近い距離を自転車で移動する力士もいます。ちょっと笑える光景であります。

Dscn5949_800x545  二の丸跡で、保育園の子どもたちでしょうか、休憩して、お茶を飲んでいましImg_5427_800x534 た。その後、本丸跡へ行くと、先生が、力士の方を探して、お願いして子どもたちのところへ来てもらっていました。朝稽古を見学に来たのでしょうが、ちょっと遅かったようです.しかし、一人の力士の方が、出てきてくれていました。「ご飯はどれだけ食べますか?」という質問に、「丼3杯は行けます」という答えで盛り上がっていました。

Img_5431_800x534  しばらく前から、九華公園や、諸戸氏庭園などでは、蝉の鳴き声がし始めImg_5414_800x534 ていたのですが、今日は一段と賑やかになっていました。まだ、なかなか蝉の姿は捉えられません。これらの2枚は、いずれも九華公園で撮ったもの。蝉の抜け殻は、あちこちにありました。道理で賑やかになるわけです。

Img_5380_800x574  鳥はあまりいません。シジュウカラの他に見たのは、ヒバリ。このヒバリImg_5405_800x576_2 は、船津屋さんの裏手の揖斐川の堤防におりてきたところです。九華公園では、カワウが堀を泳いでいました。


Img_5408_800x605  他は、ムクドリ(左の写真)や、スズメくらい。ムクドリは、公園内の野球場でも、10羽ほどが餌をついばんでいました。本丸跡に来て、お相撲さんと子どもたちのやりとりを見ていた頃には、小雨が落ちてきました。傘は持ってはいたのですが、引き返すことに。バールフレンドのTさんからの情報で、寺町に選挙応援で、某政党の代表代行の女性が来ると聞き込んでいましたので、「ついでだから、見ていくか」と思い、九華公園は半周したところで、寺町へ。

Dscn5956_800x600  今朝の朝刊に、この某政党から出ている候補者が、10時に寺町商店街に来るという情報は見ていましたが、まさか代表代行が来るとは。こう見えても、けっこうミーハーなのです(爆)。県会議員さんお二人の演説のあと、候補者ご本人が登場。さらに待つこと10分ほどで、代表代行到着。さすがに演説はおもしろく、人を引きつけるパワーがありました。その後、何と代表代行、候補者ともに、握手をしてもらって帰ってきました(爆)。写真は、選挙期間ですから、支障があるといけませんので、載せておきますが、モザイクをかけ、拡大しないようにしてあります。

Dscn5935_800x592  余談その1。家内の実家で、火曜日にもらってきたナスの中に、こういう1本がありました。さて、何に見えます? ロールシャッハ・テストではありませんが……。

 余談その2。写真はありません。先日まで8匹いた親メダカ。今月に入ってから、徐々に減ってしまい、今日とうとう皆いなくなってしまいました。最近、餌の食べ具合がよくなかったのですが、寿命なのでしょうか。寂しいのですが、おそらく100匹くらいの子孫を残してくれましたし、今日夕方、親メダカのいた水槽を見たら、赤ちゃんが5匹ほど泳いでいるのを見つけました。親メダカのいた水槽のホテイアオイに卵が産み付けられていたのをそのままにしていたのです。これからは、残してくれた子メダカが、ちゃんと育つようにすることにします。

| | コメント (11)

2016年7月 7日 (木)

とうとう猛暑日……残念ながら朝稽古は早くに終了でした

Dscn5906_800x600 ついにというか、とうとうというか、桑名も猛暑日がやって来ました。14時前に、35.3℃になりました。今日もまた、熱中症情報メールが届きました。ちょうどこの最高気温を記録した頃です。暑さ指数31.3で、運動は原則中止だということです。写真は、散歩に、出た8時半過ぎに撮ったもの。この時点ですでに30℃くらいあったようです。

Dscn5914_800x600  今朝の散歩は8時半出発。いつもより少し早いのですが、暑いだろうと思ったのと,峯崎部屋の朝稽古を見たかったためです。が、しかし、朝稽古はすでに8時半には終わってしまっていたようです(涙)。名古屋場所まであと3日。調整の関係があるのでしょう。散歩は、知り合いや、朝稽古を見に来られた方などいろいろな方とお話しし、早く出た割にスローペース(笑)。暑くなったのもあって、九華公園は半周。そのあと、京町、寺町と4.1㎞。それでも、しゃべりすぎて2時間半(爆)。

Img_5273_800x578  この暑さなのに、船津屋の裏手の揖斐川の堤防では、「揚げ雲雀」。去年などは、この時期に揚げ雲雀を見たことはなかったと思います。


Img_5281_800x534  暑いせいでしょう。カルガモさんも、いつものステージ裏でまったりしておられました(笑)。そりゃぁ、鳥さんたちも,このいきなりの猛暑では大変でしょう。


Img_5289_800x555  九華公園、堀の上の電線。今年巣立った子ツバメと思います。3羽いたのImg_5296_800x571 ですが、写真を撮ろうと思ったら、1羽はどこかへ行ってしまいました。向かって左の1羽は、いったん飛び立って、またすぐに戻ってきました。となりのツバメが何か言っていたようです。

Img_5324_800x604  京町近辺のツバメの巣も見てきました。京町柿安本店近くの巣。5羽いたはずですが、こんな写真しか撮れませんでした。皆元気でいてくれるといいのですが……。

Img_5331_800x578  吉津屋町の巣。近くの電線には、こちらが。暑いのか、嘴を開けていまImg_5347_800x534 す。ここの巣、親ツバメが巣に就いていたのですが、しばらく見ていたら、この左のツバメが、入れ替わって巣に就きました。

Img_5353_800x537  こちらが、上・左の写真のツバメが、交代して巣に就こうとしているところ。たぶん、卵を温めているのでしょう。


Img_5360_800x533  こちらは、京町あたりのマンション駐車場の巣。誰もいません.鳴き声もしていません。しばらく見ていない間に巣立ってしまったようです。これだけ関心を持って来たのですから、一言挨拶くらいしてくれてもよいのに……などと思ったりします(苦笑)。

Img_5267_800x567  暑いのですが、スズメはあちこちにいます。左は、拙宅マンション内の公Img_5309_800x541 園にやって来たスズメさん。九華公園では、カワラヒワがあちこちにいますし、姿は見えないにしても鳴き声がけっこう聞こえます。右は本丸跡に来たカワラヒワ。幼鳥のように見えます。

Img_5312_800x579  これだけ暑くなっても、ときどきシジュウカラを見ます。九華公園で、です。去年などは、今時、シジュウカラは鳴き声もしなかったと思います。左は、とんでもなく証拠写真(笑)。ピンぼけもいいところですが……。

Dscn5918_800x599  初めにも書きましたが、今日は多くの人としゃべってきました(笑).住吉さんの前で、最近お話しするようになったSeさん。鳥好きのSuさんとは、弥富のコアジサシ情報を。蟠龍櫓近くでは、四日市からいらっしゃったという写真好きの方。峯崎部屋の朝稽古を撮りに来られたそうですが、間に合わなかったとのこと。九華公園では、散歩友達のナナちゃん(ワンちゃん)のお父さんとしゃべっていたら、やはり朝稽古を撮りに来たとおっしゃる名古屋の方と。コンデジに記録されていた2年分以上の写真を見せてもらいました(実際のところは、これには参りました……苦笑)。その後、管理のOさん、バールフレンドのYさん、Tさん、伊賀町のご隠居のHさんなどなど。何をしに行ったのでしょうねぇ、我ながら笑えてきます。

Dscn5921_800x599  余談。鎮国さんの新参集殿ができあがったのは、ずいぶん前に書きました。御車修祓殿の工事も行われていたのですが、その後、あまり進捗していないようでした。今日、久しぶりに見たら、小型のお社らしきものが覆われているのに気づきました。

Img_5366_800x565  ところで、梅雨の中休みも今日までのようです。明日から日曜にかけては、雨という予報。う~ん、微妙な感じですねぇ.暑いのもいやですが、雨もどうもなぁと思います。

Img_5371_800x574  ツマグロヒョウモン。住吉入江の三崎見附側で撮りました。そうそう、しばらく前から蝉の鳴き声が聞こえています。今日は、アブラゼミが鳴き始めました! 昆虫の世界は夏本番でありますねぇ。蝉の写真、撮ろうと思っているのですが、まだ姿は確認していません。

| | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

夕方、住吉、桑名七里の渡し公園あたりを小散歩……江戸橋通いはあと3回

 今日、桑名では30℃を下回りました(17:30に28.8℃で、これが今日の最高気温のようです)。多少楽ではありましたが、けっこう蒸し蒸ししていた気がします。江戸橋通いは、12回目。いよいよ残り3回。うち1回は試験。試験問題は、先日仕上げましたので、今日、印刷をお願いしてきました。授業をするのは、あと2回であります。通い始める前は、どうなるかと心配しましたが、このまま大過なく終えたいと思っています。

 ちなみに、天気は曇りときどき晴れという感じで、今日も降られませんでした(笑) 。

Img_5216_800x533 13時半前に帰宅。昼食、出欠チェック、出席票の感想や質問を確認して、補足説明の資料を作成。16時半を回って、そろそろ日も傾いてきたので、外出してもよいかと思い、桑名七里の渡し公園や、住吉神社、揖斐川の桜堤防あたりまで散歩してきました。一昨日、昨日を散歩をしておりませんので、禁断症状が出そうでしたから(爆)。写真は、桑名七里の渡し公園で。手前の石に荷物を置いて、子どもたちが遊んでいました。

Img_5221_800x533

 桜堤防の端は、福島のポンプ場の東になります。長良川河口堰も目の前。揖斐川と長良川の中州からは、オオヨシキリの鳴き声(ギョシ、ギョシという感じ)がよく聞こえてきます。

Img_5226_800x592  桜並木からは、蝉の声も聞こえてくるのですが、まだその姿は見つけられないでいます。桜堤防あたりでは、スズメもよく遊んでいます。こちらのスズメさん、子スズメのようです。夕日に向かって、何か物思いにふけっているように見えてしまいます。何を思うのでしょうねぇ?

Img_5229_800x644  桜堤防を往復して、住吉神社まで戻ってきました。神社にお参りして、その前の揖斐川の堤防を覗いたら、ヒバリの鳴き声が聞こえてきました。もう1羽いたのですが、上流方向に飛び去ってしまいました。

Img_5246_800x563  再び桑名七里の渡し公園へ。せせらぎに小型の野鳥が来ないかと確認Img_5253_800x571 であります。結局、スズメが1羽、水を飲みに来ただけで、残念。スズメはけっこう遊んでいたのですがねぇ。右の写真では、この2羽、何となくにらみ合って、威嚇し合っているように見えます。

 ちゃんとした散歩に行っておりません。明日も天気は良さそうですから、久しぶりに午前中に歩きたいと思います。京町あたりのツバメの雛の様子も見てきたいと思っています。

| | コメント (0)

2016年7月 5日 (火)

実家で網戸の張り替え

Dscn5860_800x600 今日も真夏日。7月に入ってから続いていると思います。予定通り、家内の実家へ。左は、国道23号線から見た、中電四日市火力発電所。「夏の空だなぁ」と思って1枚。9時過ぎに出発、20時半に帰宅であります。道が空いていれば、1時間半ほどで行けますが、朝はけっこう込んでいます。

Dscn5867_800x600  国道23号の中勢バイパスを通るのですが、メッセウイングみえのところでDscn5865_800x600 は、ずっと「サオリーナ」の工事が行われています。かなりできあがってきました。レスリングの吉田沙保里選手の偉業を顕彰して、この名称がつけられています。メインのアリーナの他、サブアリーナ、プール、トレーニングルーム、フィットネスなどが含まれるようです。

Dscn5873_800x600  津市の長谷山です。最近、この長谷山が、何だか、「心の風景」のような感じになっています。伊勢自動車道・津インターの近くです。さほど高い山ではないのですが、回りが開けていて、展望スポットのようです。夜景も良さそうです。一度、行ってみたいところです。

Dscn5878_800x600  さて、実家には遊びに行ったのではありません。今日の最大の使命は、網戸の張り替えであります。こちらが、今日の作品です。1時間もかからず、張り替え完了。古いアルミサッシでしたので、窓枠から外したり、はめたりする方に手間がかかりました。念のため、申し上げておきますが、網戸の張り替えを仕事として承っているわけではありませんので、ご注意ください(爆)。

Dscn5891_800x600  実家の田んぼ。今年は、麦が作ってありました。麦刈りを終えて、1週間あまりまれに、田植え。ただし、今年は、米粉をつくるための稲を植えてもらったようです。

Dscn5880_800x618  実家に居候中の愚息。今日は、在宅。就活はどうなっているのでしょう?Dscn5886_800x600  夕方近く、田んぼの水路に行って、水生生物を捕ってきていました(専門は、機械工学のはず)。タガメやら、エビ、ヨシノボリまでいました。こういうのを見ると、田舎暮らしもいいかなと思うのですが、生活は不便でしょうねぇ。

 いつもなら、接骨院や、買い物についていきますが、今日は、実家で来週の研修会の資料読みに専念。お二人の事例報告なのです。明日は、12回目の江戸橋。明日も暑そうですから、かないませんねぇ。

| | コメント (0)

2016年7月 4日 (月)

本日は、デスクワークに専念……暑いからというのもあります

Dscn5853_800x600 7月に入って、ずっと30度以上の真夏日が続いています。今日も、14時には33.9℃を記録しています。急に暑くなり、しかも湿度が高いので、参りそうです(苦笑)。 午後には雨が降って、雷も鳴り、稲光も見えたのですが、ほんの一瞬で終わってしまいました。もっと降ってくれれば、涼しくなったのにと、恨めしくもなります。

Dscn5854_800x600 昨日遊びすぎてしまったこともあり、今日は、デスクワークに専念(笑)。江戸橋方面のレポートチェックの続き、作り上げた試験問題の確認、共同研究データのチェック&統計的検定などに勤しんでおりました。暑かったこともあり、散歩には行っておりません。「禁断症状」が出そうです(爆)。常用薬を処方してもらいに、午後から内科にだけ行ってきました。

Dscn5856_800x600  こういうことですので、ベランダのメンバーの近況報告にて。メダカ、子どもたちはそろって元気で、餌もよく食べるようになったのですが、親メダカは、7月になって、バタバタと数が減ってしまい、現在2匹のみになりました。暑くなったせいかとも思ったのですが水温はさほど上がってはいません。餌の食べ具合がちょっとよくない感じです。寿命が来たのではないかと家内は言うのですが、よく分かりません。自然界では、メダカの寿命は1年とも聞きますが、飼育環境下では、4~5年生きることもあるようです(たとえば、こちら)。

Dscn5857_800x600  サギソウたち。ホームセンタで買ってきた「飛翔」が2本あったのですが、1本は初めからやや小ぶりでした。その小ぶりだった方は、枯れてしまいました。6月にこころんさんからいただいたものは、順調に育っていると思います。去年の例では、今月下旬には咲き始めると思います。

Dscn5858_800x600  家内の実家育ちのシソ。一時は、もっと茂っておりましたが、「超産地直送」の野菜として、天ぷらにして食べました。またときどき、薬味にもしています。売るほどはありませんが、楽しめています。


 夕方には、来週の研修会の資料も届けていただきました。気合いを入れて取り組まねばなりません。明日は、家内の実家方面へ行くことになると思います。網戸修理などもしてこなくてはなりません。

| | コメント (4)

2016年7月 3日 (日)

コアジサシの営巣地で給餌シーン……なばなの里ではコチドリが抱卵、午後からは龜屋佐吉で氷(苦笑)

Dscn5803_800x600 7月に入って急に真夏日が続くようになり、参ります。が、そんなことばかりいってはいられません。というのも、ブロ友のひらいさんから、某所にコアジサシの営巣地があるという情報をいただいたのです。早速、行ってきました。我が家からクルマで15分あまりのところです。物流倉庫の跡地のようで、石が敷き詰められていて、コアジサシの営巣には適した場所のように思われます。

Img_4985_800x546  現地到着は、9時15分を過ぎた頃。敷地の東北側から見ると、懐かしい後ろImg_4987_800x550 姿が見えました。まさにコアジサシであります。右は同じ個体。横からバッチリ撮れました。


Img_4997_800x534  30分あまりいたのですが、ときどき一斉に飛び立ちます。ひらいさんから教えていただいた情報元によれば、400~500くらいのコアジサシがいると書かれていました。

Img_5010_800x566  2年ほど前には、長良川河口堰で、求愛給餌のシーンを撮りましたが、今日Img_5013_800x631 は、子どもに餌をやるシーンが撮れないかと思っていました。ちょっと遠いので、肉眼でははっきりとは分からなかったのですが、何回か給餌シーンが撮れました。左の写真、親が餌を採ってきて、着陸寸前の様子。右はまさに、子どもに餌の小魚を渡すところです。

Img_5061_800x529  どのようにして親を区別しているのか分かりませんが、親鳥が近づくと、Img_5062_800x590 子どもは嘴を大きく開け、アピールするようです。このあたりは、ツバメも同じ。


Img_5063_800x521  給餌シーン、今度はバッチリです。子どももかなり大きくなっているようでImg_5064_800x543 す。小魚といえ、結構大きく感じられます。



Img_5067_800x587Img_5069_800x587  当然ではあるのですが、子どもも魚は丸呑みでありますImg_5070_800x563 (苦笑)。味わってはいないでしょうねぇ。そして、親の方は、子どもがまだ小魚を完全に飲み込む前に、また餌を採りに飛び立っていったのでした。

Img_5084_800x538  この営巣地、かなり広い場所なのですが、それでもけっこう混み合っているような感じでした。左の写真では、すぐ近くに親鳥が3羽集まっています。


Img_5099_800x581  子どものアピールには、勢いがあります。というよりも必死なのでしょうImg_5100_800x601 ね。こちらは、上に載せたものとは別の個体。親に向かって必死に自分の存在を示しています。


Img_5140_800x508  子どものコアジサシも、かなり成長してきて、このように少し飛べるようになっているものたちもいました。飛ぶ練習でもしているように見えました。

Img_5022_800x533  ここには、本格的なバードウォッチャーの方々が、数名来ていらっしゃいました。カメラのレンズもプロ級。私のような「なんちゃってバードウォッチャー」では、足下にも及びません(苦笑)。それでも、小生なりにコアジサシの観察、撮影を堪能できました。ひらいさんに感謝です。

Dscn5820_800x600  その後、久しぶりに長良川河口堰へ立ち寄ってきました。10時過ぎに到着。現在、堰の塗装Dscn5818_800x600 の塗り替え工事が行われています。


Dscn5821_800x600  結果的には鳥はあまりいなかったのですが、堰の上を西の端まで往復しDscn5822_800x600 てきました。途中、工事用の覆いが施されていたり、いつもなら、魚道観察室の方へ降りていける階段も通行止めだったりでした。

Img_5204_800x533  アユのぼりが、掲げられていましたので、まだアユの遡上が続いているということです。ただし、アユのぼりのあたりは無風だったのか、元気がありませんでした。堰の上は、けっこう風があったのですが……。

Img_5179_800x556  河口堰の西側に、たぶんコサギと思いますが、1羽。小生が見られたサギImg_5182_800x616 は、この1羽のみ。他には、堰の東西に、カワウが数羽ずついたくらいでした。



Img_5155_800x548  堰の上を西に向かった歩いている時、上手に飛べなさそうな子スズメをImg_5159_800x579 見つけました。親スズメでしょうか、心配してそばに付き添っていました。刺激してはかわいそうだと思ったので、なるべく離れて歩いたのですが、結局、堰のゲートのところに落ちてしまいました。親スズメがそばに降りて行ったのですが、助けられないと思います。自然の出来事とはいえ、ちょっとかわいそうです。

Img_5213_800x564 河口堰のあと、なばなの里の臨時駐車場を巡回してきました。コチドリを1羽、見つけました。肉眼では分かりませんでしたが、卵を抱いていました。暑くて、大変だろうと思います。無事に育って欲しいと思います。

Dscn5826_800x600_2  ということで、今日も暑かったものの、充実した午前中でした。今日は、13時40分に、何と、34.8℃になったようです!。猛暑日の一歩手前です。午後はまったりすごそうと思ったのですが、とある誘いに惑わされ、再び外出。

Dscn5835_800x592  「暑いから、氷を食べに行こう」ということになったのです。四日市・大矢知Dscn5841_800x600 の「龜屋佐吉」へ、家内・娘と。小生は、「白玉和三盆金時みるく」を食べてきました。いやぁ、久しぶりにこんなにおいしい氷を食べました。昔、春日神社の横にあった「白酒屋」さんの氷を思い出します(白酒屋さんはその後廃業し、今、春日神社の脇にあるのは、茶茂さんがやっておられる店です)。龜屋佐吉、大賑わいでした。小生たち、14時過ぎに入店したのですが、30分弱待って、ようやく順番が回ってきたくらいです。ここの氷、お勧めです。

Dscn5844_800x507  龜屋佐吉さんから国道1号線に出る直前、信号で止まったとき、イソヒヨドリがやって来ました。Dscn5846_800x546 今年になって初めてです。オスです。などと喜んでいたら、家内と娘の陰謀で、ジャズドリーム長島へ連行されてしまいました。小生は特に用事はないのですがねぇ……(苦笑)。疲れて眠くて、途中ベンチで居眠りしていました(爆)。

| | コメント (4)

2016年7月 2日 (土)

朝稽古で親方は渋い顔、七里の渡公園で「カラスが行水」

Img_4756_800x533 今日は、峰崎部屋の朝稽古が見られました。なかなか迫力のある写真は撮Img_4791_595x800 れませんが、今日の「自画自賛」ショットはこちらです(爆)。右の、親方の写真もいいかもしれません(苦笑)。さすがに親方、稽古中は厳しい表情です。「そんな相撲じゃ、ちっとも疲れないだろう!」などと厳しいことばが飛んでいました。

Img_4767_533x800  こちら、黙々と鉄砲をこなす若手。地道な稽古が実を結ぶことを祈ります。

Img_4776_800x533  何枚も撮ったのですが、なかなかこれはというショットはありません。向こう側のお相撲さん、アフロヘアではありません。それと、この向こう側のお相撲さんが、親方から「疲れないだろう」と言われていました。

Img_4819_800x597  娘からは、「そんなお尻の写真、載せてどうするの!?」と言われたのですが、ひょっとしたらお好きな方がいらっしゃるかと思って、敢えて載せました(爆)。

Dscn5785_800x600  土曜日ですので、平日よりもギャラリーはたくさんでした。カメラを持った方もいらっしゃいますし、少し離れたところからじっと見守っている方もいらっしゃいました。それぞれに朝稽古を見るスタイルがあるようです。


Img_4825_800x533  さて、こちらは打って変わって、九華公園の管理事務所前。プランターに花菖蒲が植えられていますが、先日の株分け会の後、ここも管理の方が、土を入れ替えておられました。ここは、プランターでも育てられるという、一種のショーウィンドウのような意味でつくっていらっしゃいます。

Img_4834_800x533  先日見つけた、キジバトの巣。見つけた人その翌日くらいは、キジバトが座っていたのですが、それ以降は、空っぽ。ひょっとしたら、小生たちがこの下で、あれこれ言っていたのが気に入らなくて、他に引っ越したかも知れません。

Img_4841_800x552  鎮国さんの社務所前の電線。今年巣立ったツバメのこと思いますが、3羽Img_4845_800x533 が休憩中。たまに親らしきツバメがやって来て、空中で飛びながら餌のやりとりをしているようでした。飛んだり、餌を採ったりの訓練なのでしょう。

Img_4863_800x569  ツバメ続きで、まずは、京町柿安本店近くの巣。5羽とも元気だと思うのですが、しっかり確認したわけではありません。親は頻繁に餌を運んできていました。

Img_4889_800x534  吉津屋町にある巣。親ツバメがずっと巣に就いていましたし、ときどきもうImg_4880_800x575 1羽がやって来て様子を見ているようでした。右は、巣の様子を見に来た親ツバメ。この巣のある向かいの電線に止まって、身繕いをしたりしていました。

Img_4892_800x534  京町のマンションの駐車場の巣。しばらく見ていたのですが、親ツバメはやって来ませんでした。雛たちも、巣に籠もって待っているようで、頭の一部シカ見えませんでした。順調に育ってくれていることを願っています。

Img_4939_800x561  散歩の終わりに、久しぶりに桑名七里の渡し公園へ。せせらぎには、カラImg_4944_800x560 スがやって来て、まさに「烏の行水」(笑)。初めは水を飲んでいたのですが、そのうち、期待通りせせらぎに入ってくれました。カラスが水浴びをするのは、ここでは初めて見ました。

Img_4964_800x583  「カラスの行水」とは言いますが、水浴びをしている時間は、カワラヒワImg_4965_800x609_2 や、スズメなどと変わらないような気がしました。水浴びの後は、公園の脇にある釣具店の屋上に移動していき、ここで身繕いをしていました。身繕いの様子はあまりよく撮れなかったのですが、カラスの飛ぶ様子が割とよく撮れました。

Img_4982_800x577  カワラヒワなども、せせらぎの近くまでやって来たのですが、親子連れのDscn5789_800x600 方が2組、せせらぎで遊んでおり、残念ながら、降りてきませんでした。ここなら小さいお子さんも、水遊びができて、楽しいだろうと思います。オッサンは、やむなく帰宅であります(苦笑)。

Img_4838_800x533  今日も32℃を超えたようですから、これで2日連続の真夏日。明日も同じくらいになるようです。散歩は、8時45分から11時過ぎまで。いつものように、住吉神社から九華公園、京町、寺町、桑名七里の渡し公園と、今日は、4.7㎞。ネコは、九華招魂社にいました。

Img_4903_647x800  桑名別院では、仏前結婚式が行われていました。新郎は、法衣に袈裟がImg_4895_800x530 け。僧職の方かとお見受けしました。「新郎、新婦のご焼香です」という声が聞こえてきました。仏前結婚式を見るのは初めてです。別にすっと見ていたわけではありませんが……。


Img_4906_800x579  江戸橋関係の仕事は、いよいよレポートのチェックへ。午後から2/3以上の枚数を見て、点数をつけました。20点満点なのですが、なるべく20点をつけようとは思うのですが、誤字があったり、関連性が不明であったり、レポートに書く文体になっていなかったり(はっきり言えば、話し言葉で書いてあるものがあるのです)、ときどき頭を悩ませます。「~やった」などという表現を見て、仰け反ったりしています(苦笑)。句読点がないものもあります。退屈はしないのですが、レポートを読んで、評価するのも大変です。共同研究のデータは、ざっと確認。用いてある統計学の手法が、適切なものでなかったりして、こちらが、「どうしたものか?」と頭を悩ませられます。

| | コメント (4)

2016年7月 1日 (金)

相撲の幟立つ……仕事が重なって嬉しい悲鳴(笑)

Img_4590_800x533 「いきなり何なんだ!?」とお思いでしょうね(苦笑)。何だかお分かりになりDscn5737_800x563 ますか? そうです、お相撲さんの回しなのです。稽古のあとは、こうして干しておくだけのようです(それ以上は、敢えて言及しませんので、ご推測ください)。九華公園内の土俵には、9時半前に着いたのですが、今日はすでに朝稽古は終わってしまっていたのです。見学に来た保育園の子どもたちとお相撲さんが交流していました。

Img_4645_800x575  朝稽古が早く終わったことと関係があるのかどうか分かりませんが、稽古のImg_4650_800x534_2 あと、お相撲さんたち自らが、幟を組み立てて、掲げていました。私は、支援者の方か、鎮国守国神社の氏子の方がなさるのかと思っていました。

Img_4653_800x533  幟の構造についてのトリビアです。幟に使われている竹竿は、1本なりのもImg_4660_800x583 のと思っていたのですが、先端部分を竹竿に刺す(というか、被せるというか)ようになっていました。いやぁ、何年もこの幟を見ていましたが、初めて気づきました。これも、今日は幟を立てるところを見られたお陰です。

Img_4633_547x800  幟は、九華公園の北門あたりや、土俵の回りなどに建てられます。今日、Img_4636_533x800_2 私が見ている間には、4本が立てられましたが、去年はもっとたくさんありましたので、この後も作業が続いたと思います。

Img_4675_533x800_2  こちらの写真、九華公園の北門に立てられた4本の幟。この時期の桑名の風物詩になったと言ってよいでしょう。




Img_4627_800x533  それにしても、お相撲さんたち、朝稽古が終わったら、ちゃんこを食べて、そのあとはお昼寝という生活かと思っていましたが、けっこう他にもやることがあるんですね。失礼しました。


Dscn5735_800x598  さて、今日は暑くなりました。32.9℃まで上がったそうですから、今年一番の暑さと思います。梅雨の晴れ間はありがたいのですが、急にこんなに暑くなると、体がついていきません。今日の散歩は、8時45分からほぼ3時間! 

Img_4542_800x560  こんな暑い時期に九華公園でシジュウカラを見た記憶はほとんどないのImg_4549_800x537 ですが、今日は5~6羽の集団がいました。盛んに鳴いていました。互いにコミュニケーションを取り合っているように聞こえました。

Img_4556_800x620  九華公園では、この頃スズメの姿が目立ちます。今日はあちこちで餌をもImg_4587_800x633 らっていました。左は、奥平屋敷跡の藤棚の下のところで。右は、朝日丸跡で見かけたものです。


Img_4554_800x533 カルガモさんたちは、この頃定位置にしているステージの裏。暑いので、Img_4611_800x552 日陰に入っていました。その向こうでは、カワウが2羽。どちらも、のどのあたりをぶるぶる震わせていました。暑さが和らぐのでしょうか?

Img_4619_800x603  公園の外周遊歩道の南、立教小学校の体育館近くでは、ハクセキレイ。Img_4595_800x569 メスなのか、幼鳥なのか、ちょっと区別がつきかねます。鎮国守国神社の参道あたりでは、この間からツバメがよく飛んでいます。親も、子もいるようです。右は、社務所前の電線に止まったツバメ。のどのあたりの色や、尾羽の形を見ると、子ツバメのようです。

Img_4680_800x548  今日も、京町あたりのツバメの巣を巡回(笑)してきました。5羽全てを確Img_4683_800x591 認できませんでしたが、雛たちは元気そうでした。

Img_4715_800x594  京町のマンション駐車場の巣。今日も、小生が見ていた間には親ツバメはやってきませんでした(前の公園で休んでいるときに限って、やって来ていました。まぁ、こんなものです……苦笑)。雛は、たぶん元気だと思います。

Img_4707_800x534  吉津屋町の巣。親ツバメが巣に就いていました。卵を温めていることを期待しています。


Img_4746_800x534  午後からは、暑い中、どうにかこうにか試験問題を作成しました。本試験と追試験と2種類つくる必要がありますし、印刷を事務室にお願いしますので、そのやり方も書かねばならず、けっこう大変です。これで明日からはレポートのチェック作業に入れます。と思っていたら、共同研究のデータが届きました。抄録締切が月末。さらに来週に入ると、研修会の資料が来ます。「泥縄」というか、「なんとかの節句働き」というか、普段ぼんやり過ごしていますので、大童であります。「嬉しい悲鳴」というべきですね(笑)。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »