« 日本版WISC-Ⅳにおいて臨床クラスター分析を用いる際の留意点 | トップページ | 河口堰遠征(7/24)と、ベランダの上の鍾馗様(笑)、別院の池に金魚など »

2016年7月24日 (日)

防災フェア桑名2016住吉サテライト(7/23)……クワナアオゾラレンガシアターを楽しむ

Dscn6446_800x600 昨日(7/23)夕方、諸戸氏庭園前や、住吉入江、住吉神社あたりで、「防災フェア桑名2016住吉サテライト」のイベントがありました。左は、18時過ぎ、玄関前から見下ろした写真。「クワナアオゾラレンガシアター」の開催場所が見えます(諸戸氏庭園の煉瓦蔵に上映用のスクリーンが取り付けられています)。

Dscn6453_800x600  18時45分くらいからブラブラと覗いてきました。「レンガシアター」は、まだ明Dscn6461_800x600 るく、上映はされているものの、映像はほとんど見えません。内容は、右の写真にあるように、桑名市の昔の様子の写真です。右のものは、「オープンカフェ」のテーブルに置かれていた関連資料です。右の写真は、ここ諸戸氏庭園の煉瓦蔵の前で行われた「紀元2600年記念行事」の様子。石取祭の祭車が勢揃いしています。

Dscn6464_800x600  シアター鑑賞は、暗くなってからとして、住吉神社の方へ。途中、県道下にある「歩行者用の回転橋」、今日は、住吉入江クルーズのため、通行止め。こういうことは、滅多にありませんので、写真を1枚。

Dscn6472_800x600_2  県道をくぐった先にある船着き場からは、伊勢大橋クルーズや、住吉入江クDscn6482_800x600 ルーズの船が出ています。伊勢大橋クルーズは、あの“Trois Riviere”号。右は、住吉入江クルーズの小型船が戻ってきたところ。

Dscn6493_800x600  住吉神社前の「オープンカフェ」。「オープンカフェ」というと、コーヒーショッDscn6473_800x516 プ が出ていると思ったのですが、煉瓦蔵前もここも、椅子とテーブルが並んでいただけでした。住吉神社前の方には、キッチンカー(バンブー焼きそばなど)や、出店(ビール、ハイボール、つまみ、ステーキ、虎やまんじゅうなど)が出ていますので、ここで飲み物や食べ物を調達という仕組み。ここで風に吹かれながら、ビールを1杯というのは、気持ちよさそうでしたが、誘惑には負けませんでした(苦笑)。

Dscn6478_600x800  住吉水門の南側には、国土交通省の照明車が展示されていました。防災フェアですから、これが主役のはずなのに、ちょっと奥ゆかしい(笑)。照明は3階建てのビルと同じくらいの高さから。50m先で新聞が読める明るさだそうです。




Dscn6515_800x600  暗くなってきましたので、レンガシアターに戻ります。いい感じです。上映Dscn6516_800x600 されたスライドの内容も、伊勢大橋の建設風景、石取祭の昔、諸戸氏庭園、八間通など桑名市内の様子(市電が走っていたころ)などなど、一通り見て来ました。

Dscn6520_800x600  左は、諸戸氏庭園本邸の様子。大正~昭和初期のころだそうです。Dscn6522_800x600 本邸の前に木が2本あります。これらは、現在はありません。ポストらしきものが見えます(今も、昔の丸形ポストがあります)。右は、「昭和10年代 大門周辺」とあります。左の写真で、向かって左端に少し写っているのが、大門。したがって右の写真を撮った場所は、その続き(西側)になります。地理・歴史は、子どもの頃から好きなのですが、我が家のすぐ前のお宅(諸戸氏庭園)の歴史が分かる写真ですので、よりいっそう興味があり、見入ってしまいました。

Dscn6548_800x600  これは、伊勢大橋。完成した頃の写真かと思います。伊勢大橋が完成したのは、昭和9年(1934年)。今年から架け替え工事が始まっていますし、桑名水郷花火大会は、伊勢大橋の完成を祝って始まったものです。川には、船がたくさん見えています。手前が桑名、奥が長島と思います。

Dscn6594_800x600  最後に、ウォーターフロントに立つ高級マンショを眺めながら、帰宅いたしました(爆)。

|

« 日本版WISC-Ⅳにおいて臨床クラスター分析を用いる際の留意点 | トップページ | 河口堰遠征(7/24)と、ベランダの上の鍾馗様(笑)、別院の池に金魚など »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。
ミリオンさんのブログも拝見しましたが、どうもミリオンさんとほぼ同じ時間に私も行ったようです。
もう少し大規模で、オープンカフェとあったところには、珈琲屋さんも出ているのかと期待しましたが、ちょっと残念でした。
しかし、揖斐川沿いで、川風に吹かれてビールを飲んだら、おいしかったかも知れませんね。
来年も是非やってもらえるといいですね。
夕涼みがてら出かけられますから。

投稿: mamekichi | 2016年7月25日 (月) 15時15分

おユキさん、こんにちは。
「こぢんまりとして良い」というのは、まさにその通りですが、もうちょっと規模が大きくても……という気もしました。
サテライトのイベントは今年初めて。
来年もしてもらえるといいと思います。

諸戸氏庭園の右の写真は、何をしているのか不明。
時代も「昭和10年代」としかありませんでした。
オープンカフェのテーブルにあった資料には説明があったかも知れませんが、それは確認しませんでした(一部、写真を撮らせてもらったのですが、かなりの量で、途中で諦めました)。
レンガシアターは、おっしゃる通り、私もプロジェクションマッピングかと期待したのですがねぇ……。

「高級マンション」、残念ながら、駅は反対側(写真奥の方向)にあります(苦笑)。

投稿: mamekichi | 2016年7月25日 (月) 15時13分


mamekichiさんこんばんは。
私も行ってきました、煉瓦蔵に到着したのは7時少し前ぐらいでした。
バルとかオープンカフェがあるとありましたが少なかったですね。
食事をしてから行って正解だったかも?でもビールを飲んでる人を見ていいなぁと心の中で思ってました(笑)
こんなイベントはいいですね、またあるのならまた行きたいです。

投稿: ミリオン | 2016年7月24日 (日) 20時01分

mamekichi先生、連投です。

事務所で先ほどのコメントを書き、帰宅してパソコンを起こしたら、
昨夜の宴の様子ではないですか(笑)。

小ぢんまりとして、良いですね。
来年も開催されるのであれば、是非行きたいです。

ところで、諸戸氏庭園の右のお写真、人が大勢集まっているようですが、何をしているのでしょう。

「レンガシアター」、今流行の、プロジェクションマッピングかしら、と思いきや・・・。
皆まで言うまい、です(苦笑)。

ウォーターフロントに立つ高級マンション、
キレイですねぇ。
N市大に通われていた頃、この景色を見ながら、帰宅されていたのだなぁ、と思いました。

投稿: おユキ | 2016年7月24日 (日) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本版WISC-Ⅳにおいて臨床クラスター分析を用いる際の留意点 | トップページ | 河口堰遠征(7/24)と、ベランダの上の鍾馗様(笑)、別院の池に金魚など »