« メダカハウス、リニューアル | トップページ | 夏至の日、午後から散歩 »

2016年6月20日 (月)

誕生したばかりのツバメの雛と、七里の渡し公園で水浴びするカワラヒワ

Img_3505_800x566 京町近くのマンション駐車場にあるツバメの巣です。雛たちは、誕生したばImg_3518_800x532かりのようで、まだ目もあいていません。しかし、ご覧のように嘴を精一杯開けて、餌をほしがっていました。親鳥は、雛の様子を見守りつつ、餌を運んできていました。

Img_3481_800x627  体もずいぶん小さいようです。後で載せる入江葭町のツバメの子どもと比べImg_3503_800x579 ていただければおわかりになると思います。まだ常に巣から顔を覗かせられるほどには大きくなっていません。4羽の雛がいたのですが、4羽そろったところは、残念ながらピンぼけ写真でした(苦笑)。あまり邪魔をして、育児放棄でもされたら大変ですので、早々に失礼してきました。

Img_3448_800x561  こちらは、入江葭町のツバメの巣。4羽とも元気そうでしたが、まだ巣立ってImg_3447_800x532 はいません。親がせっせと餌を運んできていました。



Img_3435_800x556  柿安京町店近くのお宅のツバメの巣は、親鳥が巣に就いていて、盛んに巣Img_3436_800x574 の中を気にしていました。少なくとも卵はあるのではないかという気がします。あちこち、ツバメの巣から目が離せませんねぇ。

Img_3467_800x555  京町の呉服屋さんにある巣。先日は、何度か、向かって右の巣に親がいるのを見たのですが、今日はお留守。どうなっているのでしょう? しばらく見ていたのですが、親は戻ってこずで、詳細は不明。

Img_3569_800x552  変わってこちらは、桑名七里の渡し公園のせせらぎ。散歩の帰りに寄ってきました。昼間でも野鳥が水浴びに来ているのかの確認です。11時15分頃から15分ほど見ていた間に、スズメ1羽、カワラヒワ合計6羽がやって来ました。この4羽は、グループで来たのですが、一斉には水浴びはしません。警戒に当たるのと、水浴びをするのとに分かれているのでしょうか?

Img_3586_800x564  けっこう派手に水しぶきを上げながら水浴びをしています。



Img_3632_800x536  水浴びの最中、どのような動きをしているのかは、写真に撮って見てみなImg_3634_800x606 いとよく分かりませんでした。左のような体勢になっていたり、右のように、頭を180℃近く回転させていたりしていました。ちょっと驚きでした。

Dscn5354_600x800  九華公園で珍しいものを教えていただきました。散歩中よくお目にかかるImg_3389_800x533 年配の男性から、「ミドリガメが孵った卵の殻がある」と。教えていただいたところを見に行くと、ありました。左の写真で、上の赤丸の中が、卵が産み付けられた穴。下の2つは、卵の殻。殻といっても、鶏の卵のように堅くはなく、かなり柔らかいものでした。右が、そのクローズアップ写真(左の写真で、右側にあるもの)。ここ以外にも、もう1カ所ありました。堀からは、1~数m離れています。堀から上がってくるのには、石垣があります。どうやって登ってくるのでしょう? 上がって来やすいところはさほど多くありません。

Img_3364_800x533  この時期、ミドリガメが、公園内をよく歩いているのは、産卵するため(産卵したあと)だったのかも知れません。男性には、「一つ賢くなりました」と申し上げたら、大受けでした(爆)。

Img_3345_800x533  さて、本日の散歩は、いつものように8時50分頃から11時半くらいまで。住Img_3424_800x533 吉神社から九華公園、京町、入江葭町、また京町、寺町、桑名七里の渡し公園と、6.5㎞も歩き回ってきました。ちょっと歩きすぎです(苦笑)。黄色いユリらしき花は、九華公園管理事務所近くで、キアゲハは、九華公園の外周遊歩道東で撮りました。

Img_3318_800x579  三の丸水門で見たハクセキレイ。この頃、九華公園でハクセキレイの幼鳥をよく見ましたが、今日はゼロ。今日見たハクセキレイは、この1羽のみ。


Img_3342_800x540  子スズメが何やら見つめ合っているのか、話でもしているのか。九華公園Img_3413_800x532 の北門を入ってすぐの東屋のところで(左の写真)。右は、九華公園の野球場のフェンスに来たスズメ。こちらは、大人。何だかオッサンに見えます(笑)。

Img_3417_800x586  こちらも、野球場近くに来たスズメ。嘴には、何か虫を咥えています。実は、今日は、こんなにツバメの写真やら、カワラヒワの水浴びやらが撮れるとは思いませんでしたので、スズメやムクドリの写真も撮っていたのです。

Img_3550_800x577  七里の渡し公園でカワラヒワの水浴びを見ていたとき、近くにやって来たスズメさん。このスズメさんも何か虫のようなものを咥えています。今月号のBIRDERの特集が、「スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ」なのですが、こうした身の回りによくいる野鳥の暮らしぶりをじっくり見るのもおもしろいなと思います。

Img_3457_800x532  スズメといえば、こちら。あるお宅の雨戸の戸袋から顔を出していました。たぶん巣を作っているのでしょう。最近は、電線のカバーやら、電気を引き込む部材の中やら、いろいろなところに巣を作りますが、このスズメさん、伝統的なスタイルを選んだようです。

Dscn5350_800x600  花菖蒲は、もうどなたも見向きもされないかも知れませんが、九華公園の花菖蒲は、もうほぼ終わりです。今日は、造園業者さんが入って、整理をしておられました。今週末、市役所で株分け会がありますから、そのための準備かという気がします。

Img_3397_800x574  たくさん話題があって、忘れるところでした。ウチワヤンマ。九華公園など、水のあるところで縄張りをパトロールしている姿をよく見ます。ときどき、こうして一休み。前にも書きましたが、姿が精悍で、戦闘ヘリコプターのようなイメージで見ています。

Dscn5361_800x599  三崎見附近くのお宅のノウゼンカズラ。たくさん咲いてきました。夏のイImg_3528_800x533 メージですが、まだ夏至前。今日も蒸し暑く、歩き回ってきて汗をけっこうかきました。

|

« メダカハウス、リニューアル | トップページ | 夏至の日、午後から散歩 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

チーママさん、さらなる情報、ありがとうございました。
昔と違って、普通の住宅に巣が作りにくくなってきましたから、スズメたちもいろいろなところを巣に利用していますね。
スズメは、同じ巣を使い続けるようですかr、おっしゃるように同じ親が使い続けていると思います。
子スズメは、巣立つと、親とは別に暮らすようになり、中にはかなりの距離を移動するものもあるそうです。
マイブックスにもあげました「身近な鳥の生活図鑑 (三上 修著、ちくま新書)」にそう書いてありました。

投稿: mamekichi | 2016年6月22日 (水) 17時43分

おユキさん、こんにちは。
ツバメの雛、まさに生まれたてのように見えました。
さすがに湯気は上がっていませんでしたが、新鮮そのもの。
テレビの映像などでは見たことがありますが、直接見られたのはラッキーでした。

カワラヒワの水浴び写真、まさかこんなに頭をひねっているとは、想像外でしたねぇ。
写真に撮ってみないと、分からない様子です。
おっしゃるように、泳げない子どもが水に入ったような気がします。

ミドリガメの産卵あと、見落としていたのです。
この男性が、何か見て行かれたところは遠くから見ていたのですが、堀にいるカメをご覧になったとばかり思っていました。
どうも、九華公園あたりでは、小生がカメラを持って、鳥などあれこれ写真を撮りまくっているというのは、有名なようで(苦笑)、いろいろと教えてくださる方があります。

子スズメ、何か話し合っているように見えます。
子どもだからまだ、井戸端会議ではないかも知れませんが(笑)。

お陰様で、この日の散歩写真は、梅雨時にしては上出来でした。

「障害者差別解消法と合理的配慮について」の記事、リンクしてくださるとのこと、ありがとうございます。
「合理的配慮」は、英語で言いますと、”reasonable accommodation”です。
直訳すると、「理にかなった調節」となります。
この方が意味がよく分かるような気がしています。

投稿: mamekichi | 2016年6月22日 (水) 17時39分

実は吸気筒があちこちにありましてね。雨が入らないようにカバーもついています。 もちろん詰まってしまうと、集中給湯器が付かなくなりますが、そこまで詰め込んではいないようです。絶好の隙間で、時折巣材がはみ出ていたりします(^^) いつも同じところですので、きっと親が同じか、代々使っているかでしょう。 春の風物詩です♪

投稿: チーママ | 2016年6月21日 (火) 21時54分

mamekichi先生、こんにちは。

生まれたてのツバメの雛、湯気が出ていそうなほど、新鮮?なのでしょうね。
嘴も柔らかそうです。頭の毛がふわふわ薄いところも、生まれたてって、こんなふうなんだな、と思いました。
なかなか見れない貴重なお写真を、見せていただきました。

カワラヒワの水浴び写真、180℃アタマを捻っているものの左側
のものですが、
泳げない子が水に入った時のような感じで、とても、可愛いです(笑)。

先生が「ひとつ賢くなった」(笑)ミドリガメの件。
産卵だったのですね。これまたレアな場面を押さえられて。
散歩友達の方々からは、よく色々と目撃情報が寄せられますね。

子スズメの井戸端会議。
お尻をぺたんと地面につけているように見えますが、土が冷たくて気持ち良いのでしょうか。

昨日は、梅雨とは思えないほどの鳥果でしたね、豊作豊作(笑)。

さて、
先日の「障害者差別解消法と合理的配慮について」の記事。
事後報告にしようかと思っていたのですが、先に書いてしまいます。
ブログからリンクさせていただきたいと思います。
ご了承くださいませ。

どこまでを合理的というか、が、難しいところですね。


投稿: おユキ | 2016年6月21日 (火) 16時14分

チーママさん、おはようございます。

マンションですと、スズメの巣はどこにつくられているのでしょうね。
最近のスズメたちはたくましくて、いろいろなところに巣を作っているようです。

今年の梅雨はあまり雨が降りませんね。
関東では水不足というニュースも聞きます。
こちらでは、昨日から今朝にかけてよく降りました。

散歩途中で見かけるスズメや、ムクドリたちは、いろいろな餌を見つけています。
ツバメも含め、皆元気に巣立ってほしいものです。

投稿: mamekichi | 2016年6月21日 (火) 09時04分

我が家のマンションでは、スズメの生まれたてのひなの声が聞こえてきました。2番子です。 梅雨になってもさっぱり雨が降らず、餌はどうなのだろうとちょっと心配してしまいますが、元気に巣立ってくれることを願っています(^^)

投稿: チーママ | 2016年6月20日 (月) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メダカハウス、リニューアル | トップページ | 夏至の日、午後から散歩 »