« 授業は「傾聴の演習」、夕方、桑名七里の渡し公園へ……ハクセキレイとトンボのみ | トップページ | 昨日孵ったばかりのツバメの雛、ツバメの飛び姿、カワラヒワの幼鳥 »

2016年6月23日 (木)

ドバトの水浴びをみて、ツバメの巣を巡回……九華公園土俵と、本丸跡花菖蒲園の近況(?)も

Dscn5498_800x600 3時台から5時台にかけてよく降りました。4時台には、21mmの雨量があったようです。10時前には晴れてきましたので、「重役出勤(歴史的用語かも……笑)」にて、散歩に。いつものように、住吉神社から九華公園、京町、入江葭町、寺町と回って、5.2㎞。1時間40分ほど。

Img_3752_800x599  船津屋さんの裏手の揖斐川の堤防で、ヒバリの鳴き声が。探すと、堤防の端っこにいました。去年、この時期には、このあたりではヒバリはあまり見た記憶がありません。

Img_3767_800x577  九華公園の北門を入ってすぐの東屋の横に水たまりができ、ドバトが集まっていました。写真を撮っていたら、機嫌が悪かったのか、睨まれてしまいました(苦笑)。

Img_3774_800x553  負けずにしばらく見ていますと、水浴び大会の始まり。肉眼で見ていると、Img_3785_800x537 動きが速くて、どうやって水を浴びているのかよく分かりませんが、写真で見ると、すごい体勢になっていました。右の写真のように、のど元から胸のあたりを水につけ、尾は高く上げています。

Img_3835_800x532  今日もまた懲りずにツバメの巣を巡回点検してきました。左は、柿安京町店近くのお宅の巣。親鳥は巣にいるのですが、雛がいる様子はありません。しばらく見ていると、親鳥は飛び去ってしまいました。

Img_3847_800x572  入江葭町の巣。今日はどう見ても、雛は3羽しかいません。もう1羽はどうImg_3853_800x534 したのでしょう? 親鳥が餌を運んできても、3羽が大騒ぎしているだけ。1羽だけ巣立ったということは、考えにくいのですがねぇ……。

Img_3854_800x532  上右の写真の続き。真ん中の雛が餌をもらえたようです。親が飛び去ろうImg_3855_800x553_2 としていても、両側の雛は嘴を大きく開けてアピールを続けているのですが、真ん中の雛は嘴を綴じています。満足!というところでしょうか。

Img_3860_800x532  先日見つけた吉津屋町の巣。他の巣に比べ、何となく平らで、横に広いImg_3863_800x532 作りになっています。このお宅の前の電線に、巣の主と思われるツバメが来ました。嘴に藁と、泥とを咥えているようです。ということは、この巣はリフォーム中のようです。

Img_3870_800x532  京町の呉服屋さん。ここには3つ巣があります。しばらく前、手前の、向かって右側の巣に親ツバメがいたのですが、その後姿を見かけなくなりました。5月には、向かって左の巣に雛がいましたが、巣立っています。呉服屋さんのお話では、毎年、二番仔まで巣立つということですから、ときどきチェックが必要です。

Img_3885_800x548  マンション駐車場にあるツバメの巣。親ツバメは見られませんでしたが、雛は4羽そろって、元気そうでした。親が来ていないのに、写真のように、「餌欲しい」アピールをしていました。

Dscn5473_800x600  さて、九華公園に話を戻します。土俵の周囲に網が張ってありました。覗Dscn5475_800x600 いてみると、カバーが外され、土俵もきれいになっており、仕切り線などが準備されています。26日(日)に腕白相撲があるということですから、もう峯崎部屋のお相撲さんたち、一部でも来ているのでしょうか? 鎮国さんあたりには、まだお相撲さんの姿はありませんでした。

Dscn5477_800x600  ほぼ余談なのですが、土俵の四隅に、このようにものがあります。たぶん穴を開けて、塩を詰めてあるのだと思いますが、何なのでしょう? 塩を詰めてあるとすれば、何か清めるような意味があるのでしょうか? 細かいことが気になる性質です(苦笑)。ご存じの方がいらっしゃったら、ご教示ください。

Dscn5485_800x600  こちらは、本丸跡にある花菖蒲園。造園業者さんが来られ、作業中。花Dscn5486_800x600 菖蒲はすべて撤去されています。右の写真のようなパッケージが10個以上運び込まれています。


Img_3822_800x533  “PEAT MOSS SPHAGNUM”という文字が見えます。ピート・モスは、「ミズゴケ類などの蘚苔類、ヨシ、スゲ、ヌマガヤ、ヤナギなどの植物が堆積し、腐植化した泥炭<でいたん>を脱水、粉砕、選別したもの」で、農業、園芸用土、もしくは土壌改良材として用いられるそうです。“SPHAGNUM”は、ミズゴケです。花菖蒲は、「連作障害」のような現象が起きるそうですから、土を入れ替える必要があります。そのための作業なのでしょう。これが功を奏すれば、来年、本丸跡の花菖蒲は、期待できるかも。

Img_3831_800x533  午後には、31℃になったようです。散歩している間は、湿度も高く、しっかり汗をかいてきました。今日も夕方、七里の渡し公園のせせらぎを見に行きましたが、北西の風が数m吹いており、そのためかやってくる鳥は皆無でした。

|

« 授業は「傾聴の演習」、夕方、桑名七里の渡し公園へ……ハクセキレイとトンボのみ | トップページ | 昨日孵ったばかりのツバメの雛、ツバメの飛び姿、カワラヒワの幼鳥 »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 授業は「傾聴の演習」、夕方、桑名七里の渡し公園へ……ハクセキレイとトンボのみ | トップページ | 昨日孵ったばかりのツバメの雛、ツバメの飛び姿、カワラヒワの幼鳥 »