« 昨日孵ったばかりのツバメの雛、ツバメの飛び姿、カワラヒワの幼鳥 | トップページ | ディスレクシアを勉強しに岐阜へ »

2016年6月25日 (土)

ツバメの雛は5羽でした

Dscn5546_800x600 未明と、朝7時台に降りました。その後も、ときどき小雨が落ちてきているようで、梅雨らしい日となっています。梅雨が好きという方もいらっしゃるかも知れませんが、小生、湿度が高いのは苦手。むしむしと蒸し暑いのはもっと苦手であります。朝のうちは、空模様を見ていて、9時半を過ぎてから、歩いてきました。11時過ぎまで、住吉神社から九華公園、京町、寺町と4㎞ちょうど。

Dscn5544_800x600  こんな天候ですから、鳥もいません。代わり映えしない写真ばかりになりますが、少しだけ新しい発見がありました。九華公園本丸跡の花菖蒲園、土壌改良材などを入れる作業は終わったようで、一部を除いて、また花菖蒲が植えられていました。来年は、見事に咲いてくれることを期待しましょう。

Img_4128_800x576  さて、その新しい発見は、こちら、柿安京町店近くのお宅のツバメの巣で、ありました。雛は4羽だと思ったのですが、5羽いるのが判明。これまで見たツバメの巣では、たいてい3~4羽でした。写真、拡大してよくご覧ください。4羽の雛は嘴を大きく開けていますが、向かって右下に口を閉じている雛が1羽います。5羽もいると、親も餌の世話が大変そうです。

Img_4137_800x563  京町のマンションの駐車場の巣。ちょっとだけ覗いてきました。その間、親はImg_4138_800x575 やって来ず。雛たちは、手持ちぶさたにしている時が多い感じでしたが、時折、思い出したように、「餌くれ!」アピールをしていました。左の写真の最も手前に移っている雛は、目が開いてきたように見えます。

Img_4068_800x533  話は戻りますが、こちら、桑名七里の渡し公園から住吉神社に向かう際、通る、県道の橋の下。狭いところにドバトが巣を作っていました。このドバトさん、どこかから藁を咥えてきて、この隙間に入って来ました。こんな狭いところで子育てができるのか、と思います。カラスや、猛禽類などからは狙われにくいという気はしますが、それにしてもドバトさんも大変です。

Img_4080_800x533  こちら、昨日、九華公園で見つけたキジバトの巣。親は巣に就いていました。この巣、「これで完成?」と思えるような状態なのですが、もう卵を産んだのでしょうか? 下から見上げてもよく分かりません。

Img_4090_800x545  近くでは、ハクセキレイ(幼鳥か、メスか)が、フナムシを咥えていました。Img_4093_800x543 九華公園の堀は、水路で揖斐川とつながっていますから、こういう、海岸などにいる生き物も見られます。少し前、ハクセキレイの幼鳥と思われる鳥が、3~4いたのですが、この頃はあまり見ません。

Img_4099_800x591  他にはムクドリ、ツバメ、カワウ、スズメくらいでした。カワウは、最近、2~3羽くらいが、以前のように野球場の照明等の上に来るようになりました。

Img_4074_800x520  何を撮った写真かおわかりにならないと思いますが、揖斐・長良川の中州です。ずいぶん前から、盛んにオオヨシキリの鳴き声が聞こえています。ただし、揖斐川右岸からは姿は見えません(近寄っても、探すのは困難ですが)。自分の記憶のために書いておきました。

 明日は、とある研究会が予定されており、岐阜まで出かけるつもりでいます。

|

« 昨日孵ったばかりのツバメの雛、ツバメの飛び姿、カワラヒワの幼鳥 | トップページ | ディスレクシアを勉強しに岐阜へ »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

そうなんです、私もよく見てビックリしましたが、柿安京町店近くの巣には、何と5羽もいたのです。
子孫を残すという意味では素晴らしいのですが、親鳥も餌探しが大変ですね。
マンションの駐車場の巣の雛は、おっしゃるように毛というか、羽がしっかりしてきたような感じもします。

キジバトの巣、今日(6/27)は留守でしたので、尋ねてみることはできませんでした(笑)。
卵はないようです。
巣の形なども、一昨日のままのように見えました。

投稿: mamekichi | 2016年6月27日 (月) 14時01分

mamekichhi先生、こんにちは。

タイトルを拝見し、「なんですとー!」とひきつけられてしまいました(笑)。
5羽もいたとは。
心なしか、餌を運んできた親鳥の表情が、「なんでこんなに生んじゃったんだろう・・・」と、ため息をついているかのように見えてしまいます。

ところで、目が開いてきたように思える雛ですが、毛がしっかりしているのですね。
飛んでいきそうな産毛から卒業したころに、目が見えてくるのかしら?と短絡的に考えてしまいました。

キジバトの巣は、これで良いような気もするし、良くないような気もするし、で、
つまりは良くわからないです(苦笑)。

もしかしたら、枝から落ちなければ良い、というクオリティなのかもしれません。

機会があったら、キジバトさんに聞いてみてください(笑)。


投稿: おユキ | 2016年6月26日 (日) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日孵ったばかりのツバメの雛、ツバメの飛び姿、カワラヒワの幼鳥 | トップページ | ディスレクシアを勉強しに岐阜へ »