« 子ツバメ、空中で餌をもらうように……アジサイの似合う天候 | トップページ | 探鳥ツアー……治水神社でアオサギ、弥富三ツ又池公園でカイツブリ(卵、雛いました)とコアジサシ »

2016年6月 1日 (水)

昨日は実家、今日は江戸橋と連日、津へ……いすず117クーペを発見

Dscn4665_800x600  ウロウロしているうちに6月に入ってしまいました(苦笑)。ずっとウロウロしているような気さえしています。昨日は家内の実家へ、今日は、江戸橋へと、2日連続で津まで行っておりました。家内の実家へは、2週間ぶりです。先週は、伊勢志摩サミットが開かれましたので、交通状況が心配で、サボらせてもらったのです。

Dscn4662_800x547  さて、まずは昨日のお話から。天気は良く、夏のような1日でした。天気がよいと、実家の前からは、青山高原がよく見えます。風力発電の風車もはっきりと目にできます。愚息は、大学の実験場へ行って、新しい実験用の風車を建てているといっていますが、大丈夫なのでしょうか。かなり高価なものだそうですが……。頼もしいような、心配なような、複雑な心境であります。

Dscn4645_800x600  実家の周りは、水田地帯。午前中は、コサギなど白いサギがたくさんいました。先だっては、水田にカルガモのペアがいたのですが、最近姿が見えません。午後から、接骨院に行ったときは、アオサギがあちこちにおり、合計10羽以上(クルマで走行しており、写真は撮れませんでした)。旧・久居市内で見ていると、西からアオサギが飛んでくるのを何回も見ました。

Dscn4654_800x600  実家前の電線には、ツバメの一番仔が何羽もやって来て、親から餌をもらっDscn4656_800x600 ていました。昨日はコンデジしか持っていきませんでしたが、ラッキーなことに右のような写真も撮れました。実家には、去年ツバメが来ていたのですが、今年はまだ。去年も二番仔を産み、育てるために来たようですから、今年もまだ期待できそうです。

Dscn4678_600x800  実家は、山のすぐ前。東側には、谷から流れてくる沢があります。「どんなDscn4676_572x800 田舎だ?!」と思われるでしょうが、けっこうな田舎です。ここには、沢ガニがたくさんいます。1匹捕まえてきて、勝手口の網戸に捕まらせ、写真を撮ってみました。子どもたちが小さかった頃には、よく沢ガニを捕まえて遊んでいました。昨日も、よく言えば童心にかえって、遊んでみた次第(苦笑)。



Dscn4684_800x562  午後から買い物に行った先で、いすずの117クーペが止まっているのを発見。ナンバーまで「117」でした。117クーペ、実は、今を去ること35年あまり前、免許を取って初めて運転させてもらったクルマなのです。それも、東名阪自動車道(高速道路!)で、です(爆)。職場の先輩のクルマで、所用で名古屋に行くときでした。高速に入って、バスストップがあり,先輩はそこに117を止め、「おい、おまえ、運転していけ。免許取ったんだろう?」と。ひっくり返りそうになりましたが、小生もまだ若く、先輩の命令は絶対。という次第で、免許取得後、初めて運転したのが、この117クーペ。先輩はというと、助手席でスポーツ新聞を広げていました。余裕綽々ではなく、たぶん、怖くて前が見ていられなかったのではないかという気がしています。そんなことを思い出しました。

Dscn4692_800x596  今日は、江戸橋通い、第7回目。あと8回あります(先の方が、多いじゃん、という突っ込みありです)。午前中、とくに早い時間は曇り気味。北寄りの風が強くて、上着を持たずに出かけた小生にとっては、涼しすぎました(苦笑)。何とか無難に過ぎていると信じています(根拠のない自信かも知れません)。学生さんたちは、変わらずまじめに聞いてくれています。その昔、現役時代など、飲食をしたり、ケータイをいじったりという不届きが学生もいましたが、それはほとんどありません。

Dscn4689_800x516  校舎から見える風景(南西方向)。もともと津市は、名古屋のような大都会ではありませんし、通っているところは市の中心部からは離れたところにありますから、こんな風景が見えます。中央の建物の上に少しだけ見えているのが、長谷山。実家への行き帰りにこの近くを通るので、なじみがあります(登ってみたいのですが、まだです)。こういう環境で学生生活を送ることができるのは、幸せかも知れません。

 サミットも終わって、駅にお巡りさんの姿はなくなりました。桑名駅では、コインロッカーも使えるようになっていましたし、ゴミ箱も復活していました。サミットまでは、車掌さんも、車内巡回の際、トイレまで確認していましたが、そういうこともなかったようです。

|

« 子ツバメ、空中で餌をもらうように……アジサイの似合う天候 | トップページ | 探鳥ツアー……治水神社でアオサギ、弥富三ツ又池公園でカイツブリ(卵、雛いました)とコアジサシ »

大学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。

ツバメの雛は、親が餌を運んでくると、それぞれモウアーピールです。
まさに「嘴が黄色い」のを目一杯に開けます。

田舎暮らしは、いいのですが、何日もいると退屈するかも知れませんし、生活が便利とはいえません。
ときどき行くのがよいのでしょうね。

運転免許取得後の初運転エピソード、117クーペを見て思い出しました。
この先輩の方(他の先輩諸氏もそうでしたが)、無茶ぶりはもちろんありましたが、現場のことを何も知らない小生に、それこそ手取り足取りでいろいろと教えてもらいました。

117クーペはさすがにスポーツタイプのクルマ。
ハンドルの切れはよく、加速性能も素晴らしいものがありましたよ。

投稿: mamekichi | 2016年6月 3日 (金) 07時49分

mamekichi先生、こんにちは。

ツバメの給餌シーン、キレイに撮れていますね。
雛は、口をパッカーンと開けて「こっち、こっち」とでも、言っているのでしょうか。

田舎、いいですねぇ。
私も、一日まったりしたいです。海か山かといったら、やっぱり山ですかねー。日陰もたくさんありますし(笑)。

免許取得後、初運転のエピソード。
先生は、無茶振り生活が、既に始まっていたと。
怖くて前を見られない先輩のお気持ち、なんとなくわかります(笑)。
免許取りたてばかりが理由ではなく、身近な人間の運転ほど、怖いんですよね。

投稿: おユキ | 2016年6月 2日 (木) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子ツバメ、空中で餌をもらうように……アジサイの似合う天候 | トップページ | 探鳥ツアー……治水神社でアオサギ、弥富三ツ又池公園でカイツブリ(卵、雛いました)とコアジサシ »