« 本町の巣にツバメ確認……メダカふ化しました | トップページ | メダカの赤ちゃんは、元気そう »

2016年5月 8日 (日)

コチドリ、卵を抱く……河口堰遠征

Dscn3619_800x600 いつもの散歩ルートにあまりにも鳥がいませんので、今日は、長良川河口堰まで遠征してきました。河口堰を往復したあと、なばなの里の臨時駐車場も見てきました。8時50分到着、10時40分頃までいました。

Img_8574_800x613  そのなばなの里の臨時駐車場で、コチドリを発見。クルマで近寄ると、鳥たImg_8579_800x589 ちはあまり警戒しません。が、それにしてもこのコチドリさん、ほとんど動きませんでした。回り込みつつ、さらに近寄って写真を撮ったら、その理由が分かりました。卵を抱いているのでした(右の写真)。駐車場をくまなく見て回ったわけではありませんが、コチドリさんは、この1羽のみ。

Img_8551_800x593  臨時駐車場では、さらにヒバリもあちこちにいました。こちらは、歩き回って、Img_8565_800x591 餌を探しているようでした。



Img_8372_800x564  さて、話しを戻します。河口堰、東の魚道には、ゴイサギがいました。前回行ったときも同じあたりにいました。ここにずっといるのかも知れません。


Img_8378_800x600  周りにいたのは、コサギ(左の写真)や、カワウなど。右は、河口堰のすぐ下Img_8374_800x520 流側にいたのですが、ダイサギか、チュウサギかと思います。





Img_8395_800x592  河口堰の上を西に向かっていると、上流の伊勢大橋側をアオサギが飛んでいきました。もう少しアオサギがいるかと期待したのですが、この1羽しか見られませんでした。

Img_8399_800x533  以前でしたら、コサギ、アオサギ、カワウなどが並んでいたこの場所も、今日は誰もいません。


Img_8400_800x527  河口堰の西詰まで行って、見下ろすとカワウが1羽、浮きの上で休んでいるように見えました。このときは気づかなかったのですが、パソコンで見たら、このカワウさん、魚を咥えていました。たいていなら、捕ってすぐに飲み込んでしまうと思うのですが、どうしたのでしょう?

Img_8403_800x529  西側の魚道、上流側には、コサギなどが合計5羽。ただし、私の姿を見るImg_8404_800x578 と、逃げていきます。写真を撮るだけですから、そんなに嫌わなくてもよいのに。


Img_8417_800x566  下流側の魚道近くでは、ダイサギと思うのですが、コサギを追いかけていました。魚道のところから追いかけて、ここに至ったのです。なぜこういう事態になったのかは、不明。

Img_8428_800x631  親水公園の方まで行ったのですが、あまり鳥はいません。アユふ化水路Img_8433_800x584 のところで、シギかチドリらしき鳥がいたのですが、気づいたときには逃げられました(笑)。あたりには、ハクセキレイも2羽。

Img_8435_800x560  う~ん、どうも河口堰も期待したほど鳥はいないようです(苦笑)。しかし、Img_8444_800x564 まぁ、いつものルートに比べればかなりマシです。ケリが飛んでいくのが見えたり、コサギさんたちもあちこちを飛んでいました。

Img_8449_800x573_2  東側まで戻る途中、こんな状態のコサギさんを見つけました。 右の腰あたりに羽が1枚、ピッと出ているではありませんか。どうしたのでしょう?


Img_8463_800x568  堰の東まで戻ってきました。カワウさんが、魚道の上の堤防にペタンと座Img_8471_800x561 り込んでいました。お疲れなのでしょうか、食べ過ぎたのでしょうか? 近くにコサギがやってきましたので、何枚か撮ったのですが、その中に右のような1枚がありました。着地したと同時に、排泄行為に及んだようです(苦笑)。

Img_8486_800x533 このとき、河口堰東の魚道、上流側はこんな様子。赤丸はゴイサギ、緑丸はコサギ、黄色の丸はカワウ。のんびりした感じです。


Img_8518_800x559  河口堰から降りて、すぐ下流の長良川右岸へ行ってみると、イソシギが1羽。


Dscn3645_800x600  久しぶりに、同じく長良川右岸、河口堰の上流側にある「魚道観察室」をDscn3633_800x600 覗いてみました。ここから河口堰を見ると、右のように見えます。サギなどがいれば、うまくすると、すごい写真が撮れるのですが、私は今までのところ、成功していません(苦笑)。

Img_8513_800x523  魚道観察室への入り口のすぐ西には、この「アユのぼり」があります。鯉のぼりの季節は終わりましたが、アユのぼりは、まだ掲げられていました。


Img_8425_521x800  ここからは、余談です。4月の前半、揖斐長良川の中州に放置されていたボート、いつの間にか見なくなっていたのですが、揖斐川の右岸に移動されていました。立ち入り禁止になっているようです。国交省の木曽川下流河川事務所の南です。

Img_8386_800x533  河口堰の上流、下流には、合計4つの監視塔があります。塗装の塗り替Img_8390_800x558 えなどの工事が順次行われていました。この2つは、いずれも下流側のものです。

Dscn3657_800x600  久しぶりに登場、我が愛車、ダイハツ・コペンであります。初代コペンでDscn3661_600x800 す。帰りに、オープンにして走ってきました。気持ちいいですねぇ。右は、中堤への入り口の信号で止まったときに撮ったものです。青天井であります(苦笑)。風はあまり気になりません。

Img_8427_533x800_2  河口堰の周りには、こういう看板が掲げられています。伊勢志摩サミット前だからでしょう。桑名では、ジュニア・サミットが無事に終わりましたので、私など、もうサミットは終わった気分なのですが……。この看板、よくあるように、「不審物」ではなく、「不審者を発見した場合は」と書いてあるところが気に入っています。

Dscn3646_800x600  今日の河口堰遠征、先日の「弥富野鳥ツアー」でお世話になったひらいさんにお目にかかれるかも知れないと思って出かけました。ちょうど具合よく、私が河口堰を往復して、東に戻ったところで遭遇。コアジサシのことを伺ったのですが、最近はほとんど見ないということでした。残念。北から来ることがあるそうですから、もっと上流側にいるのかも知れません。

|

« 本町の巣にツバメ確認……メダカふ化しました | トップページ | メダカの赤ちゃんは、元気そう »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。
おっしゃる通り、コチドリさんの卵が無事か気になります。
昨日まで、なばなの里はイルミネーションが行われていましたので、心配です。

魚道の上の網は何の目的かよく分かりませんが、魚を保護するためかも知れません。
野鳥が絡むシーン私は見たことがありませんが、ブロ友のひらいさんのブログ(ひらパノ2)にまさにそういう場面の写真がありました。
リンクからご覧になれます。

魚道観察室のある前のところにサギなどが来ると、観察室から目の前に見えます。
ただし、サギも警戒心が強いので、すぐに気づかれ、逃げられます。
ひらいさんは、見事に観察室から魚道にいるサギの写真を撮っていらっしゃいます。

投稿: mamekichi | 2016年5月 9日 (月) 14時58分

チーママさん、こんにちは。
コチドリや、コアジサシも繁殖に適した場所が減っているようです。
一昨年は、同じ駐車場でコアジサシも繁殖していましたが、去年からは、来なくなっています。
雛を見ることができたら、また載せます。

投稿: mamekichi | 2016年5月 9日 (月) 14時54分

おユキさん、こんにちは。
カワウさん、魚を咥えたまま何をしていたのか、よく分かりません。
というよりも、写真を撮っているときは、魚を咥えているのには気づいていませんでした。
カワウに限らず、鳥の行動は未だよく分からないことがたくさんあります。

白いサギは、おっしゃるようにダイサギ、チュウサギ、コサギと3種類がいます。

コチドリが卵を抱いていた駐車場は、臨時のもので、細かい石が敷かれているところです。
コチドリにとっては、好適の場所なのでしょうね。
ただ、昨日までは、なばなの里のイルミネーションがあり、駐車場も使われた可能性があるのです(それ以外の用事で近づく人は、たぶん私と、ひらいさんくらいでしょう……笑)。
無事を祈っています。

投稿: mamekichi | 2016年5月 9日 (月) 14時53分

ひらいさん、こんにちは。
臨時駐車場も念のため見に行きました。
最初はヒバリしか見つけられませんでしたが、あちこち回ったら、コチドリに遭遇できました。
肉眼では、卵を抱いているのは分かりませんでした。
昨日までイルミでしたよね。
卵の無事を祈りましょう。

コアジサシ情報、ありがとうございました。
諦めずに待つことにしましょう。

ゴイサギの接近撮影、昨日は残念でした。
次のチャンスを狙いましょう。

投稿: mamekichi | 2016年5月 9日 (月) 14時49分

こんにちは、コチドリさん駐車場で抱卵は車に引かれる危険はないか心配ですね。
河口堰の魚道の上に網が張ってあるのは野鳥から魚を守るためなんでしょうか。
間違って野鳥が網に絡まったりしないんですかね。
魚道観察室からだと野鳥が真近で見られそうていいですね、


投稿: ミリオン | 2016年5月 9日 (月) 13時39分

コチドリの繁殖場がへってきているので、貴重ですね。大事に保護したいところです。 もうすぐ あの毛玉に長い脚のついた雛が、ちょこちょこと駆け回る姿が見られるんですね。
いいなぁ~ 写真撮れたら、見せてくださいね♪

投稿: チーママ | 2016年5月 9日 (月) 00時45分

mamekichi先生、こんばんは。

おや、おやや。
カワウさん、奇行の兆しでしょうか。
期待して見ているので、そんなふうに思ってしまいます。

ダイサギさん、チュウサギさん、コサギさん、と、大中小になっているんですね。
まさか、とは思っていたのですが、これでスッキリしました(笑)。

コチドリさん、こんなにゴツゴツしたところで、卵を抱くのですね。
コチドリさん自体も、砂利の色に紛れて、見つかりにくいのは良いかと思うのですが、タマゴが割れてしまうのではないかと心配になります。

投稿: おユキ | 2016年5月 8日 (日) 22時00分

mamekichiさん、こんばんは!

本日はお疲れ様でした、その後臨時駐車場にも行かれたのですね、コチドリの抱卵、やはりあの駐車場は繁殖地になってるようですね。ちょっと心配なのが、本日までなばなイルミで、あの駐車場を使う可能性が有るので、卵が破壊されないよう祈るばかりです。

そして、ここ最近コアジサシを見ていなかったのですが、帰る途中大島水門内側付近で1羽確認しました。かなり上空だったので撮影は出来なかったのですが、長良川方面に飛んで行きました。

ゴイサギの接近撮影も是非やってみたいです。今年の目標ですね。(笑)

投稿: ひらい | 2016年5月 8日 (日) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本町の巣にツバメ確認……メダカふ化しました | トップページ | メダカの赤ちゃんは、元気そう »