« 本町のツバメは健在、花しょうぶが咲き出しそうでした!……蟠龍櫓に上って来ました | トップページ | 金魚祭、遠足日和、ハナショウブ咲く……九華公園のキンクロさんたちは帰ったか? »

2016年5月 1日 (日)

弥富野鳥園近くのアオサギ山、三ツ又池公園のカイツブリ、東名阪インター近くのサギ山へ……弥富鳥見ツアーでした

Img_7514_800x533  5月に入った途端、初夏を思わせる陽気です。13時には27.6℃にもなっていました。今日は、ブロ友の「ひらパノ2」のひらいさんのお誘いをいただいて、午前中、「弥富市内鳥見ツアー」に行ってきました。まずは、弥富野鳥園近くのアオサギのコロニー。こういうところを「アオサギ山」と言うようです。どれだけいたか、全貌はどうなっているのか、分かりません。見える範囲で数十羽はいたと思います。この写真は、伊勢湾岸道の下の県道を挟んだところから、EOSの55mmレンズで撮ったものです。20羽は写っているはずです。この周囲にもたくさんのアオサギがいました。

Img_7519_800x582  アオサギが集まっているところにズームアップして見ると、このような様子です。これで10羽、写っています。こんなにたくさんのアオサギがいるところは、見たことがありません。このところ、アオサギが見られずに、欲求不満がたまっていましたが、これで一気に解消できた感じです(笑)。

Img_7528_800x557  落ち着いて、よく見てみますと、あちこちに巣があり、雛らしき姿も見えるのが分かってきました。たとえば左の写真では、向かって左側にいるのが親鳥、右側の3羽が雛と考えられます。親鳥の方が、色が濃いというか、コントラストがはっきりしています。

Img_7645_632x800  こちらは、別の巣。親鳥に向かって、左下に雛が、3羽いるのが見えます。こImg_7640_800x600 ちらは、上の写真の雛たちに比べ、もっと小さいようです。生まれた時期が異なるのでしょう。右の写真は、同じ巣を撮った別のショットを、さらにトリミングしたものです。雛は、まだアオサギというイメージがあまりないように思えます。親に向かって「餌をくれ」と言っているような気がします(苦笑)。

Img_7558_800x561  実際、海のある南の方角から魚を咥えて飛んできたアオサギもいました。雛に与えるためなのかどうか、実際に与えたのかまでは確認できませんでした。また、見ていた限りでは、餌を運んでいるアオサギはこの1羽のみでした。

Img_7584_800x567  他には、巣の材料にすると思われる小枝を咥えてやってくる親鳥もいました。これから繁殖を行うつがいもいるのかも知れません。Wikipediaには、「日本では4-5月に1回に3-5個の卵を産む。巣は同じ巣を使いつづける」とありました。

Img_7548_800x592  アオサギ、数が多いだけに、あたりを盛んに飛び交っていました。天気がImg_7551_800x533 よいので、飛び姿もそれなりに撮れました。アオサギが飛ぶところ、迫力あり、美しくもありです。

Img_7711_800x546  県道の南側には、愛知県弥富野鳥園があります。その県道沿いには、カImg_7531_800x551 ワウのコロニーがあります。アオサギより数は、はるかに多いと思います。

Img_7674_800x533  カワウの巣も、見やすいところにあるわけではありませんが、よくよく見てImg_7664_800x573 みると、雛がいるようです。

Img_7743_800x576  さて、アオサギを堪能した後は、カイツブリの様子を見に行こうということImg_7744_800x575 で、同じく弥富市にある三ツ又池公園へ移動。駐車場のほど近くに、カイツブリがいました。しかし、ご覧のようにまだ巣も作っていない状態でした。そこから確認できたカイツブリは、3羽。もっと奥まで行くことも考えましたが、たぶんまだ早いだろうということになり、さらに、東名阪の弥富インターへ。

Img_7745_800x548  その前に、カイツブリが巣作りに使う、たぶん発泡スチロール、このほかに2つほど浮いていたのですが、いずれにもカメさんが乗って、甲羅干し。カメは甲羅干しができないと健康障害を来すようですから、切実なのでしょう。

Dscn3263_800x600  東名阪自動車道、弥富インター近くに、サギが集まるコロニーがありまImg_7767_611x800 す。左の写真を見ていただくと分かりますが、木がかなり伐採されてしまっています。残った木にサギたちが密集していました。ちょっとかわいそうな感じです。同じところに巣を作る、あるいは、同じ巣を使うという習性があるのかも知れません。また、ここに巣を作るメリットがあるのでしょうかねぇ。アオサギ山も、ここも、高速道路沿いです。

Img_7754_800x565  このあたりにいるは、ゴイサギと、白いサギたちで、アオサギはいませImg_7773_800x569 ん。白いサギたちが、何かは、今ひとつよく確認できませんでしたが、右の写真に写っているのは、チュウサギのように思います。

Img_7775_800x533  巣は、けっこうたくさんあったのですが、雛がいるようには見えませんでした。

Img_7825_800x556  ゴイサギや、チュウサギも、まだ巣の材料を咥えて飛んできていました。Img_7807_800x533 これからが繁殖期なのかも知れません。

Img_7632_800x574  今日は、ひらいさんのお陰で、久しぶりにアオサギを堪能できました。小学校低学年の子どもなら、作文に「今日は楽しかったです。また行きたいです」とでも書くところでしょう(笑)。

 ひらいさんの「2016.05.01 弥富ツアー」も是非ご覧ください。

|

« 本町のツバメは健在、花しょうぶが咲き出しそうでした!……蟠龍櫓に上って来ました | トップページ | 金魚祭、遠足日和、ハナショウブ咲く……九華公園のキンクロさんたちは帰ったか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

TAKUさん、おはようございます。
ひらいさんのお陰で楽しい、充実したツアーでした。

アオサギ山、弥富野鳥園の北東にあります。
よろしければ、一度覗いてみてください(笑)。
ただしクルマで走っていると、見えません。
南側の歩道から写真を撮っていました。

弥富インターのところは、木がかなり伐採されてしまっていました。
サギが集まってくるのを避けたかったのだろうと思いますが、残り少ない木に密集していましたので、その効果のほどは疑問です。
蟹江インターのところにもサギがたくさんいます。
おっしゃるように「鳥飛来注意」という看板がありました。
高速を走行中に気を取られると危ないですね。

投稿: mamekichi | 2016年5月 3日 (火) 07時54分

こころんさん、おはようございます。
まさに初夏という雰囲気になってきましたね。
九華公園のツツジは、この連休が見頃ですね。
ハナショウブは、ちょっと早めの開花のような気がします。
というのも、いつもの年なら、5月中旬以降に咲き始めるからです。

アオサギ山、すごいところでした。
以前からこの近くにアオサギがたくさんいるのは知っていたのですが、こんなコロニーになっているとは思いませんでした。
本当に怖いくらいです(笑)。

投稿: mamekichi | 2016年5月 3日 (火) 07時50分

こんにちは!
これは楽しそうなツアーですね(^^)

アオサギ山、気になります(^^)
弥富ICの周辺は先日通った時に木が少なくなっていたので大丈夫かな~??と思っていました。

たしか蟹江ICの辺りにも鷺さんいっぱいいた気がします。
高速を走っていると、鳥飛来注意という看板があったと思います(^^)

投稿: TAKU | 2016年5月 2日 (月) 13時58分

こんにちは
暑い季節になってきましたね。
つつじが綺麗に咲き揃ってきて
花菖蒲も順調そうですね。
すごい数のアオサギさんですね。
怖いぐらい(笑)
行ったことありませんが、面白そうな場所ですね。

投稿: こころん | 2016年5月 2日 (月) 12時19分

おユキさん、こんにちは。

アオサギさん、とんでもない状態でしたよ。
長良川河口堰あたりで10数羽いるのは見たことがありましたが、あれほどの数集まっているのは、初めて。
どこにカメラを向けたらよいか迷うくらいでした。

カワウさんの巣があるのは、弥富野鳥園の敷地内です。
ここにカワウのコロニーがあるのは、もう10数年前から知っていましたが、きちんと見て写真を撮ったのは初めてでした。
巣に立っているのは親で、巣に就いているのが子どもで間違いないと思います。
ご想像通り、夕暮れ時にあそこを通ると、なんともいえない妖しい雰囲気が漂ってきます。

最近、カワウさんは、九華公園にはほとんどいませんし、河口堰も、この間は期待したほどはいませんでした。
子育てが終わるとまたやってきて、あらぬ行動を見せてくれるかも知れません。
ご期待ください。

投稿: mamekichi | 2016年5月 2日 (月) 12時07分

gentaさん、こんにちは。
アオサギ山、本当にすごかったですよ。
場所は、弥富野鳥園の北東です。
初めは、近くの川の土手にアオサギがたくさんいるのに気づいたのですが、その後、ひらいさんが調べてくださり、巣があるのが分かりました。

大賑わいで、数十羽は確実にいました。
おっしゃるように、アオサギさんも人の子、人の親で(人ではありませんが)、餌を運んだり、巣の材料を探してきたりしていて、普段よく見るクールさとは大違いでした。
また機会があれば見に行ってこようと思っています。

投稿: mamekichi | 2016年5月 2日 (月) 12時01分

ひらいさん、こんにちは。

昨日はありがとうございました。
お陰様でしっかり楽しめ、充実した日となりました。
アオサギ山、すごかったですね。
私がアオサギがいるのに気づいたのは、あの東にある川沿いの土手で、森の中に巣があり、あれほどアオサギが集まっているとは思ってもいませんでした。
アオサギ山の発見は、ひらいさんのお陰です。

カイツブリは、少し早かったですね。
私が勝手に鳥見の師匠と読んでいる東京の方のブログによれば、5~6月くらいにあの光景が見られると思います。
うまく行くと、二番仔なども生まれるようですよ。
また私もチェックしてきます。

本当にお疲れ様でした。
私は、夕方、家内に付き合って、四日市(霞ヶ浦あたり)まで買い物に行きました(笑)。

投稿: mamekichi | 2016年5月 2日 (月) 11時57分

mamekichi先生、こんにちは。

アオサギさん、えらいことになっていますね。
「ひゃー、ご馳走!」と思いました。

たくさんいるせいか、木々とアオサギさんの大きさがよくわからなくなってしまい、トリックアートを見ている気分になります(笑)。

とはいえ、ワタクシはカワウさんファンでございますから、
カワウさんにもキャーキャー言うのでございます。

カワウさんの巣、想像したことないのですが、期待を裏切らないなぁ、と思いました。
漆黒の美しい姿に似合う造形に仕上がった巣。
アヤシイ雰囲気は、夕空になると、更に物語を想像させてくれるのだろうな、と、勝手にワクワクしています。

そろそろ、カワウさんの奇行が見られる季節かと思います。
(これまた勝手に風物詩にしてしまっています。)
密かに期待しています(笑)。

投稿: おユキ | 2016年5月 2日 (月) 11時14分

こん@@ワン!
もう、スゴイ!としか言えないんだワン!ひらパノ2さんの方も拝見したんだけど、やっぱりあのクールなアオサギさんが、お魚を飲み込まずに咥えてお家に運んだりする姿を見ると、とっても感動したりするんだワン。アオサギさんも子どもの頃はやっぱり子供子供してるんだなあと、ちょっと安心(?)したりもするんだワン。ごちそうさまでした!genta gonta

投稿: genta gonta | 2016年5月 2日 (月) 05時39分

mamekichiさん、こんにちは!

本日はお付き合いいただきありがとうございました、野鳥達にも恵まれて充実した一日になり良かったです。アオサギ山、とんでもない状態でしたね、このような場所があちこちにあると思うのですが、簡単には見つからないでね。教えて頂き大変感謝しております。

カイツブリ公園は期待 外れでしたが、間もなくあの光景が見れそうな感じでしたね、今年こそは撮影出来ると確信しております。また確認出来たらご連絡します。

ということで、本日はお疲れ様でした。自分は午後からもプチ散歩に出掛けました。(笑)

投稿: ひらい | 2016年5月 1日 (日) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本町のツバメは健在、花しょうぶが咲き出しそうでした!……蟠龍櫓に上って来ました | トップページ | 金魚祭、遠足日和、ハナショウブ咲く……九華公園のキンクロさんたちは帰ったか? »