« 今日もヒバリ、サツキ、花菖蒲、アジサイと代わり映えせず(苦笑) | トップページ | 九華公園でシジュウカラ、新しいツバメの巣を発見 »

2016年5月28日 (土)

ツバメの雛への給餌、芸達者なカルガモ(笑)……枇杷の季節

Dscn4528_800x525 今日はなんと言っても、ツバメの雛の写真からです。場所は、九華公園、堀Img_0426_800x599 の中の東屋近く。電線に雛が止まっていました。例年、今頃からこの電線にツバメの雛が止まり、親が公園内の野球場あたりで虫を捕まえてきて与えているのを見ます。

Img_0438_800x580  おとなしくしているのですが、親ツバメが近くにやってくると、大騒ぎ。餌をくImg_0364_800x584 れ!と、黄色い嘴を目一杯開けて、アピールしています。右の写真は、別のシーンですが、向かって右側の雛は、餌をもらったようでおとなしくしていますが、左の雛は、親が飛び去ろうというのに、まだアピールしています。

Img_0361_800x565  しばらく見ていたのですが、親は、4羽いた雛に順番に餌を与えるのではなく、特定の雛に続けて何度か餌を与えていました。雛への餌の与え方に何か法則性があるのか、よく分かりません。親ツバメも2羽いるはずですから、さらにややこしくなります。見ただけでオスか、メスかは判別できませんし……。

Img_0341_800x551  曇天でしたので、今ひとつきれいに、クリアに撮れなかったのは、残念ですが、これからしばらくの間は、ここで今日のようなシーンが見られると思います。また、天気のよい日に再挑戦です。

Img_0404_800x522  ツバメを見ている間に、近くの堀にカルガモが2羽降り立ちました(左の写真)。九華公園Img_0469_800x543 にいつもいるカルガモは、右の写真の2羽で、そのうち1羽はハイブリッドですから、降りてきたのは全く別のペアと思われます。ただし、残念ながら、この新参カルガモ、すぐにまた東に飛び立ってしまいました。

Img_0287_800x561  九華公園にお棲いのカルガモさん、昨日も役者ぶりを見せてくれましたImg_0291_800x531 が、今日もなかなかおもしろいシーンが見られました。



Img_0293_800x555  ムクドリもやって来ましたので、こんな絡みシーンも撮れました。野鳥の種類が少ないときには、ゆっくり、じっくり見ているのがよいのかも知れません。

Dscn4550_800x534  ところで、毎日のように九華公園の花菖蒲園について書いていますが、Img_0316_800x533 本丸跡のところ、昨日つぼみがついていた「朝日空」、今日は、数輪が咲いていました。西の方から順番に咲くと、造園業者さんが言っておられましたが、その通りです。

Dscn4521_800x600  管理事務所南の花菖蒲園。少しずつ花は増えていますが、中央あたりはよく咲いているものの、南側と北側は、あまり咲き具合がよくありません。また、咲いている花菖蒲も、背丈がそろわず、眺めはあまりよくありません。

Img_0461_800x611  九華公園の外周遊歩道東にあるお宅では、枇杷がたわわに実っていました。熟していて、もう食べられそうな感じです。昔は、田植えの頃に枇杷が実るという風だったと思いますが、今はどこも田植えは早くなっていて、季節がずれてしまいました。

Img_0271_800x533  余談その1。柿安本社ビル前にあった、伊勢志摩サミットのカウントダウン・ボード、今朝はすでに撤去されていました。事件もなく無事に終わって何よりです。

Img_0273_800x533  余談その2。柿安本社ビルから1本道を挟んで向かい側に、吉之丸コミュImg_0267_800x538 ニティパークの駐車場があります。今朝、そこにこのようなクルマが止まっていました。「なぜ生きる」というベストセラー本がありますが、それが映画化されたとありました。映画のPRイベントでもするのでしょう。富山ナンバーでした。

|

« 今日もヒバリ、サツキ、花菖蒲、アジサイと代わり映えせず(苦笑) | トップページ | 九華公園でシジュウカラ、新しいツバメの巣を発見 »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こんにちは。

ツバメの雛が3羽並んでいるところ、かわいいですよね。
コンデジでデジタルズームまで使って撮りましたので、画質が悪かったのはちょっと残念でした。

ツバメの雛は、おっしゃるように、最初は巣の入り口で餌を待っています。
ある程度成長すると、巣立って、このキジにあるように電線などに止まって、親が餌を運んでくるのを待っています。
そして、そのうち、親の誘導もあるようですが、電線から飛んで、空中で親から餌をもらうようになります。
このシーン、今日も撮ろうとチャレンジしたのですが、さすがに難しいです。
イワツバメではどうなるのでしょうね。
見たことがありませんので、gentaさんとmisterさんのレポートをお願いします。
私もまた、跨線橋へ行って観察したいと思います。

投稿: mamekichi | 2016年5月29日 (日) 17時12分

ひらいさん、こんにちは。

九華公園では、いつも今頃からしばらく、子ツバメが来て、電線に止まり、親から餌をもらっています。
今日もいたのですが、カラスがやって来たので、逃げてしまいました。

ひらいさんのご覧になったのは、まさにマルガモですね。
カルガモは、マガモとの間でハイブリッドができやすいと、どこかに書いてありました。

柿安本社ビル前のカウントダウン・ボード、ひらいさんもたぶん気にしていらっしゃるだろうと思っていました。
サミットも無事終わりましたね。
成果があったのかどうかは、よく分かりませんが……。

投稿: mamekichi | 2016年5月29日 (日) 17時08分

こん@@ワン!
ツバメさんの雛鳥が電線にとまってる姿、とってもカワイイんだワン。3羽がぴったりとくっついて向きが互い違いになってるのもいいんだワン。あのまま串に通されて炙られないように気をつけないと...そんな妄想するのはおいらだけかもしれないけど。
ツバメさんの雛は、最初は巣の入口に顔を並べてエサをもらう→飛べるようになったら巣の近くの電線かなにかにとまって親鳥を待つ、っていうような段階みたいなものがあるのですか?おいらの近所の跨線橋下のイワツバメさんも巣を出て電線にとまる、というようなことがあるのでしょうかねえ。ツバメさんとイワツバメさんはちがうのかもしれませんけど、これからが楽しみなんだワン。genta gonta

投稿: genta gonta | 2016年5月29日 (日) 09時45分

mamekichiさん、こんばんは!

子ツバメ超カワイイです!、長島側はちょっと遅いのか、まだ巣に子供の姿が無いようでした。もう少ししたらカワイイ姿が見れるかなと期待しております。

ハイブリッドカルガモ、本日午後、いつもの三滝川でお散歩してた時に、限りなくマガモに近いカルガモを見かけました。野鳥の世界も色々なんですね。

そしてカウントダウンボード、開催表示~撤去まで確認頂きありがとうございます、実は気になっていたので会社の帰りにでも見に行こうと思ってたのですが、さすがに夜遅くにウロウロしてると不審者と思われそうだったので諦めておりました。(笑) その代わりになばなのホタル三昧でしたが。(^^;;;

投稿: ひらい | 2016年5月28日 (土) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日もヒバリ、サツキ、花菖蒲、アジサイと代わり映えせず(苦笑) | トップページ | 九華公園でシジュウカラ、新しいツバメの巣を発見 »