« 青山高原で風力発電の風車を見る | トップページ | ハナショウブ咲き進む立夏……ツバメの巣も巡回、余談は今日も句碑 »

2016年5月 4日 (水)

京町のツバメの巣に雛

Dscn3423_800x600 昨夜の雨も、日が昇る頃にはやんだようで、朝から上天気です。雨のお陰もDscn3447_800x600 あるのか、木々はいっそう青々としてきたような感じです。右の写真は、拙宅玄関前から見下ろした、諸戸氏庭園です。先日も書きましたが、現在、春の一般公開が行われており、たくさんの方が訪れています。

Img_8061_800x615  本日はまずこちらから。何カ所かのツバメの巣を確認していますが、京町のツバメの巣で、雛がいるのが確認できました。親鳥が交代でやってきては、餌を与えているようです。今日のところは、2羽の雛がいるのが見えました。一回に3~7個の卵を産むようですから、もう少し雛がいるかも知れません。抱卵日数は13~17日、その後の巣内での育雛日数は20~24日だといいます。無事に巣立ってくれるのを祈ります。

Img_7992_800x572  旅館・山月の裏手の揖斐川堤防には、ヒバリが2羽。冠羽が立って、とさかImg_7993_800x586 のように見えて、笑えます。同じ個体で、正面からの変顔もいただきました(笑)。


Img_8015_800x533  吉之丸コミュニティパークでは、ハトさんが単独行動。写真を撮っているときには気づきませんでしたが、両足にリングが付いていました。レース鳩だったのでしょう。ときどき、元レース鳩がいるのを見かけます。こういうハトさんは、ドバトとはいえないのでしょうね、きっと。

Dscn3441_800x600  九華公園はつつじまつり開催中ですが、今日はあまりお客さんはいませんでした。散策の方や、カメラを持った方が、まさに三々五々という感じでした。

Img_8017_800x562  ツツジの方は、盛りを過ぎつつある、というところです。花が痛んできたImg_8023_800x533 り、散っているところも見られるようになっています。公園内の野球場では、中学生の野球大会が開かれていました。ユニフォームの袖に「石川」と書いたチームもあり、中部地区の大会でしょうか。キンクロさんたちの姿は、今日もありません。やはり、去年と同じく、この連休で皆帰ったのでしょう。

Dscn3443_800x600  内堀公園の藤棚。白い藤が咲きます。先日はまだ早かったのですが、今Img_8053_548x800 日立ち寄ったら、満開で、見応えがありました。クマバチたちがたくさん寄ってきています。おとなしい蜂で、刺激しなければ大丈夫だそうですが、それでもちょっと怖いです。

Dscn3436_800x600  散歩は、8時50分から2時間半ほど。いつものように住吉神社から九華公園、貝塚公園、内堀公園、歴史を語る公園、京町、寺町と回ってきました。6.1㎞も歩いていました。左の写真は、九華公園、奥平屋敷跡。大きな木が何本もあり、エネルギーがもらえる感じがします。

Dscn3438_800x600  余談です。九華公園には句碑がいくつかあります。これはその一つ。バールフレンド(おばあちゃんのガールフレンドという意味の、勝手な造語です)のお一人、Yさんからここに刻まれた俳句の最後のところの漢字は何と読むのか、と尋ねられました。「松籟も さくら吹雪も 濠を越す」のようです。土生暁帝<はぶぎょうてい>の句だそうです。句碑は、昭和59年4月に揖斐俳句会が建てたとありました。

 ちなみに、土生暁帝(1902-1989)は、三重県度会郡滝原町に生まれ、小学校教員、警察書記官を歴任した方だそうです(こちらをご覧ください)。俳誌「揖斐」(1971-1978)を主宰しています。

|

« 青山高原で風力発電の風車を見る | トップページ | ハナショウブ咲き進む立夏……ツバメの巣も巡回、余談は今日も句碑 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

チーママさん、おはようございます。
散歩コースの他の藤は、もう花がほぼ終わっています。
この公園の藤、昨日思い出して見てきたのですが、まだ頑張っていました。
クマバチは、おっしゃる通りですね。
藤に近づくときは、あまり刺激しないように気をつけていますが、クマバチから攻撃されたことはありませんね。

投稿: mamekichi | 2016年5月 5日 (木) 08時30分

まぁ まだ藤が咲いているのですね。てっきり昨日今日の暴風雨で散ったと思っておりました。
クマバチさんは、ホントにおとなしくて愛らしいです。羽音は大きいですが、ユーモラスなのんびり屋さん。すぐ隣でごそごそやっていても御飯集めに夢中になっております。 大きな羽音もスズメバチのような攻撃的な羽音とは違い、どこかのんびりしておりますよ(^^) 

投稿: チーママ | 2016年5月 5日 (木) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青山高原で風力発電の風車を見る | トップページ | ハナショウブ咲き進む立夏……ツバメの巣も巡回、余談は今日も句碑 »