« コゲラのペア、ラブラブなカワラヒワ、そして、アオサギ登場 | トップページ | 今日から、いよいよ「江戸橋通い」 »

2016年4月12日 (火)

鯉のぼりに、ハナミズキの季節

Dscn2422_600x800 桜がほぼ終わり、季節も移り変わりつつあります。九華公園の南のとあるおImg_5291_800x532 宅で鯉のぼりが上がっていました。三崎見附あたりのお宅では、ハナミズキがだいぶ咲いてきていました。今日の散歩は、いつも通り、8時45分から11時15分まで、住吉神社から九華公園、貝塚公園、京町、寺町と5.9㎞。これだけ歩いたのは久しぶりであります(苦笑)。


Img_5302_800x615  まずは、諸戸氏庭園前のコゲラさん。散歩に行くときは、庭園内で鳴き声がしていたのですが、巣のあたりには出てきていませんでした。この写真は、散歩から帰ってきて、15分ほど待っていたら、巣がある隣の桜に出てきたところ。残念ながら、巣のある木には行かず、また、諸戸氏庭園内に戻って行ってしまいました。

Img_5143_800x532_2  鳥さんたち、今日はあまり種類は見られませんでした。このところ、桜の木には、ヒヨドリや、スズメがたくさん来ています。何か理由があるのでしょうが、今のところよく分かりません。左のヒヨドリは、散歩に出たとき、諸戸氏庭園前の桜の木に来ていたもの。

Img_5227_800x534  ツグミは、まだたくさんいます。貝塚公園など、あまり広くはないのですImg_5233_800x587が、5羽も、6羽も見ます。時には、かなり近いところに複数のツグミがいることもあります。タタタッと小走りに進んでは立ち止まって、あたりを見て、地面に嘴を突っ込んで、餌を探すということを繰り返しています。このツグミは、貝塚公園で見たもの。

Img_5177_800x543  九華公園には、今日もこちらの方が登場。後ろ姿でよく分かります。首のImg_5192_800x546 あたりに、グレーのマフラーをしたように見えるところ、気に入っています。朝日丸跡にいたシメさん。初めはこちらに気がつかなかったようで、件名に餌を探していました。シメさん、あの太い嘴で、しょっちゅう食べているイメージがあります。

Img_5215_800x533  九華公園の堀、東の端にはキンクロさんが、今日は25羽。最盛期に比べImg_5218_800x587 ると1/3くらいですが、もうしばらくはいて欲しいと思います。さらに、今日は、ヒドリガモのペアが3組も、二の丸堀の方にいました。ヒドリガモ、少し前には、蟠龍櫓の東の堤防上に20数羽~40数羽集まっていましたが、この頃はそういう様子はありません。

Img_5205_800x544  カルガモさん。九華公園の住人ですが、今日はこんな光景を見ました。なにやら親しげな感じ。知り合いの方からよく「つがいか? どっちがオスで、どっちがメス?」と聞かれますが、よく分かりません。向かって左のカルガモは、他のカモとのハイブリッドだと思います。カルガモの雌雄弁別は、尾羽のあたりの特徴でつけるようですが、まだ私にはよく分かりません(笑)。

Img_5246_800x550  貝塚公園で見たムクドリ。何を咥えているのか、肉眼ではよく分からなかったのですが、写真を拡大したら、鳥の羽でした。これ、巣を作る材料なのかと思います。ムクドリも繁殖期なのでしょう。

 余談ですが、今読んでいる「日本野鳥歳時記」によれば、かつてムクドリは、「田舎者」の代名詞だったそうです。江戸時代には、地方から江戸に出稼ぎに来た人たちを「椋鳥」と呼んで、蔑んだという記述がありました。よく訳の分からない方言を仲間同士で賑やかにしゃべる「田舎者」の様子が、江戸っ子にとっては騒がしく鳴くムクドリの群れそのものだったのであろうということです。

Img_5266_800x589  シロハラさん。もういないかと思ったのですが、貝塚公園に1羽、いました。だいたい出てくるところは、決まっています。公園の南東の林の陰か、西の林です。鳴き声を立てなければ、気づかないこともよくありますが、シロハラさん、どうも我慢ができなさそうです。

Img_5277_800x544  京町のツバメさん。巣のあるお宅の前の電線に1羽。よくよく見たら、巣にImg_5284_800x583 も1羽。何をしているのでしょう? 産卵期は、4~7月とありますが、もう卵を産んだのでしょうか? よそのお宅ですから、あまり近くに行ってしげしげと眺めるのも憚られます。が、知りたいですねぇ(苦笑)。

|

« コゲラのペア、ラブラブなカワラヒワ、そして、アオサギ登場 | トップページ | 今日から、いよいよ「江戸橋通い」 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コゲラのペア、ラブラブなカワラヒワ、そして、アオサギ登場 | トップページ | 今日から、いよいよ「江戸橋通い」 »