« 花吹雪と、花筏は、いずれも「もどき写真(笑)」……花祭りで甘茶を、鎮国さんではコーヒーをいただいた話も | トップページ | まだいてくれたジョウビタキのメスとシメ……コゲラは巣作りの最中の様子 »

2016年4月 9日 (土)

遠征先で、常夜灯と鳥見……夏羽のユリカモメ、オナガガモ

Dscn2202_800x600 本日は、遠征であります(笑)。この常夜灯が見たかったものですから、遠征Dscn2203_800x490 してきました(というのは、多少ホントで、実はかなり違うのですが、事情は最後にでも)。この常夜灯、津市の指定史跡で、「江戸橋常夜灯」というものです。伊勢街道(参宮街道)と、伊勢別街道との分岐点に、安永6年(1777年)に立てられたという、非常に古いものです。津市内に現存する最古のものだそうです。

Dscn2234_800x600  この常夜灯は、その名の通り、津市の江戸橋近くにあります。川は、志登茂Dscn2212_800x600 川。この写真ではよく判別できませんが、水鳥がけっこういましたので、ここでも鳥見をしてきました。新江戸橋の上流側です。ただし、今日は、コンデジ(NikonのCoolpix s7000)しか持っていませんでした。

Dscn2229_800x560  顔と頭が黒い鳥。初めて見ました。といっても、たぶんユリカモメの夏羽にDscn2216_800x600 なったものだと思います。右はユリカモメ、顔のあたりがやや黒くなりかけているように見えます。夏羽になるのにも、個体差があるようです。

Dscn2231_800x559  手前は、ホシハジロのオス、奥は、オナガガモのオスと思います。オナガガモは、初めて見て、初めて撮りました。遠くにいたのを、光学ズーム+デジタルズームで無理矢理拡大していますので、画像はあまりきれいではありません。

Dscn2233_800x574  中央でお休みしているのと右手前は、ヒドリガモのオスで、中央の右側は、ヒドリガモのメスのようです。けっこういろいろな種類の鳥がいました。


Dscn2245_800x599  カワウも数羽見えていました。ユリカモメは、4羽写っていますが、夏羽への冠羽状況が、微妙に異なっているものが集まり、面白く見えます。



Dscn2167_800x600  ということで本日の遠征先は、こちら。近鉄名古屋線で、江戸橋まで行ってきました。桑名からは、急行電車で40分ほど。


Dscn2191_800x600  来週からここへ、7月まで週1回通うことになりましたので、駅からのルートを下見がてら出かけたという次第。場所はおおよそは知ってはいたのですが、現地で駅からどのくらい時間がかかるか、実際にどういうルートで行くかなどを確認したかったのです。Googleマップでルート確認をすると、駅から600m、7分と出てくるのですが、Googleマップが示すルートでは、歩いて行けませんでした(駅の出入り口を無視して、駅の敷地の端からカウントしています)。900mあまり、11~12分です。常夜灯や、鳥を見てきましたので、結局3㎞ほど歩いてきました。

Dscn2262_800x600  帰りの電車から見えた海蔵川沿い(たぶん間違いないと思いますが)の桜並木。見事でした。


Dscn2271_800x600  帰宅して、諸戸氏庭園前の桜。晴れていましたので、住吉入江に映っていましたし、入江の水面には花びらが散っていました。

|

« 花吹雪と、花筏は、いずれも「もどき写真(笑)」……花祭りで甘茶を、鎮国さんではコーヒーをいただいた話も | トップページ | まだいてくれたジョウビタキのメスとシメ……コゲラは巣作りの最中の様子 »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こんにちは。
江戸橋は、初めて行ったのですが、ひょっとしたら水鳥がいるかも知れないと思って、立ち寄ってきました。
遠かったのであまりクリアな写真は撮れませんでしたが、鳥見を楽しめました。
ユリカモメの夏羽、九華公園では、多少顔のあたりが黒くなってきたくらいのものは見たことがありましたが、昨日の写真のような姿は初めてで、驚きました。
冬羽とは落差がありすぎです。

私は今週から、講義をするのにしばらく、週1回通うことになっています。
久しぶりなので緊張してきました(笑)。

ミスターさんのご体調はいかがでしょう?
大学病院まで通うのは大変でしょうが、早めのご回復をお祈りしています。

投稿: mamekichi | 2016年4月10日 (日) 15時24分

mamekichi先生、こん@@ワン!
江戸橋の志登茂川の水鳥はおいらも気にはなってたんだけど(ミスターが大学病院に通院してるので、聞いた話なんだけど...)こんど行くときにはカメラを持っていって撮ってきてくれるようにおねだりするんだワン。先生は、大学で講義をされるために毎週通われるんですね。お疲れ様です。ユリカモメの夏羽の変身ぶりにはショックなんだワン。あの愛くるしい目元が...。図鑑で見て知識としては知ってたはずなんだけど、やっぱりユリカモメさんは...。でも目の回りに白いリングがあるみたいなので、それはそれでカワイイんだワン。

投稿: genta gonta | 2016年4月10日 (日) 10時56分

ひらいさん、おはようございます。

江戸橋は、古い橋を撤去する工事をしていました。
そのため、今は、23号線の新江戸橋を回らないと渡れません。
私はあのあたりは初めて行ったのですが、家内や息子に聞くと、雰囲気はずいぶん変わったようです。

野鳥、この時季でもけっこういましたが、川幅がけっこうあり、遠くにしか見えませんでした。

近鉄の駅名標ナンバリング、完了しているようです。
桑名もナンバーが付いていました。

ユリカモメ、この頃九華公園にはほとんど来ません。
キンクロさんも、お堀めぐりの舟が出ると、一斉に逃げていきます。
田んぼにも水が張られるようになりましたね。
ソメイヨシノ、近鉄沿線ではまだまだ満開のところが多かったのですが、桑名あたりは盛りを過ぎてしまいましたね。

投稿: mamekichi | 2016年4月10日 (日) 08時15分

mamekichiさん、こんばんは!

江戸橋常夜灯、数年前まで三重大病院に(嫁さんが)通院してた時に良く見ておりました。その頃と比べると周辺の雰囲気が随分変わってしまったようです。江戸橋、志登茂川も懐かしい!、野鳥も数多く居るようですね。また行きたくなって来ました。江戸橋駅の駅名標ナンバリングも完了してますね、桑名とかも変わってるのか、また見に行かなければなりません。

ユリカモメ、今日は長島の田んぼに来ておりました。コチドリやツバメも目撃、田んぼにも水がはられていいたり、なばなの里のチューリップ等、数週間で随分変わってしまいました。ソメイヨシノ満開状態が確認出来なかったのは残念でした。

投稿: ひらい | 2016年4月 9日 (土) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花吹雪と、花筏は、いずれも「もどき写真(笑)」……花祭りで甘茶を、鎮国さんではコーヒーをいただいた話も | トップページ | まだいてくれたジョウビタキのメスとシメ……コゲラは巣作りの最中の様子 »