« 遠征先で、常夜灯と鳥見……夏羽のユリカモメ、オナガガモ | トップページ | コゲラのペア、ラブラブなカワラヒワ、そして、アオサギ登場 »

2016年4月10日 (日)

まだいてくれたジョウビタキのメスとシメ……コゲラは巣作りの最中の様子

Img_4769_800x531  九華公園、今日も花見のお客さんはかなり出ていました。しかし、一頃に比べれば、少なくなっています。桜は、まだ完全に散ってしまったわけではありませんが、そろそろ見納めでしょう。ユリカモメや、カモの姿はありませんでした。

Img_4763_800x566  その九華公園で、まだいてくれたのがこちら、ジョウビタキのメスです。朝日Img_4756_800x573 丸跡の東の端で、何か小型の鳥が動いたのが見え、そっと近づいてみました。左は、「ソメイヨシノにジョウビタキ」であります。名残を惜しませてくれたのか、割と近づくことができました。これまで、4月になると、あまり姿を見ることはありませんでした。

Img_4713_800x601  もう一人、まだいてくれたのは、シメさんでした。二の丸跡で、鳴き声がしていたので探したら、地面にいたのに、樹上に逃げました。ちょっと暗くて残念です。いつもの年ですと、そろそろ姿を見なくなる頃です。

Img_4844_800x653  話しがあちこちして恐縮です。散歩から帰って、諸戸氏庭園前の桜を確認しImg_4856_800x546 たら、コゲラが巣穴から顔を覗かせていました。今日は、首を伸ばしているような感じで、よく見ると、嘴の周りに木くずが付いています。まだこの巣穴、完成しておらず、中で作業をしていて、ゴミを外に出しているのではないかと思われます。

Dscn2310_800x600  散歩は、8時45分から11時頃まで。いつものように、住吉神社から九華公園、貝塚公園、京町、寺町と、5.3㎞。普段は、まさに「判で押したような」コースであります。蟠龍櫓の南、三の丸公園の桜も盛りは過ぎてきました。

Img_4697_800x541  ジョウビタキ、シメ、コゲラ以外の鳥たちは、あまり見かけませんでした。左は、吉之丸コミュニティパークで見たカワラヒワのつがい。少しずつ移動しながら、餌をついばんでいました。カワラヒワは、3月くらいからずっとペアで行動しているのをよく見ます。

Img_4700_800x590_2  数は減ってきたもの、まだまだあちこちにツグミはいます。こちらは、吉之丸コミュニティパークで見たもの。


Img_4810_800x543  九華公園のカルガモさんは、相変わらずステージの裏でまったり。お堀めImg_4814_800x545 ぐりの舟の運航が終わるまでは、こういう状態が続くかも知れません。貝塚公園から京町へ行く途中、歴史を語る公園を覗いたら、カルガモが2羽、潮が引いたところで休んでいました。ここでカルガモを見るのは初めてです。こんなところにまでやってくるんですね。

Img_4839_800x576  京町のお宅のツバメの巣。ツバメたちがあたりを元気に飛び回っています。時々巣にやってきて何かをしています。何をしているのかは、定かではありません。飛んでいるところも狙うのですが、あのスピードや、「ツバメ返し」には太刀打ちできません(苦笑)。

Img_4842_800x532  寺町交差点近くの別のお宅のツバメの巣。ここにもツバメが来たようです。ただし、小生が見ている間には、巣には止まらず、巣の近くを何度か飛んでいるだけでした。それ故こんな写真しか撮れず(苦笑)。もう1カ所、去年見つけたところがありますから、そこも見てこなくてはなりません。

Dscn2320_800x540  ところで、今日もまた、花筏にトライしてきました。しつこいです(苦笑)。あれこれ撮ったのですが、比較的マシなものを。まずは、立教小学校の裏のあたり。風向きの関係か、今日はこのあたりにたくさんの花びらが集まっていました。量だけというのも何ですから、多少は動きが感じられないかと思ったのですが、どうでしょう。

Img_4800_800x533  堀の南東の端、一昨日と同じあたりで撮りました(4/8、花吹雪と、花筏は、いずれも「もどき写真(笑)」……花祭りで甘茶を、鎮国さんではコーヒーをいただいた話も)。歩いている間は、薄曇りでしたので、今ひとつという感じです。

Dscn2341_800x600  この花筏を撮ったところの遊歩道脇のツツジ、ご覧のようにつぼみが一斉に出てきていました。ちょうどキッチン寿さんの裏です。まだ「さくらまつり」の期間中ですが、主役交代の準備が進んでいるようです。

|

« 遠征先で、常夜灯と鳥見……夏羽のユリカモメ、オナガガモ | トップページ | コゲラのペア、ラブラブなカワラヒワ、そして、アオサギ登場 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こちらこそご覧くださって、ありがとうございます。

今日は、コゲラがペアでいるところを確認できました。
つがいだと思いますので、ここで子育てをしてくれるという期待感が高まってきました。

投稿: mamekichi | 2016年4月11日 (月) 17時41分

ありがとうございます。
コゲラさんの続報、ぜひよろしくお願いします!genta gonta

投稿: genta gonta | 2016年4月11日 (月) 14時37分

gentaさん、おはようございます。

コゲラ、かわいいですよね。
「反則」とおっしゃるのがよく分かります。

この巣、探していて見つけたのではなく、たまたまそれらしい穴があるのに気づき、観察していたら、コゲラが入っていたというものです。
この桜、ヤマザクラなのですが、けっこうな老木です。
若い木に、巣穴をつくるのはいくらコゲラでも大変なようで、去年、九華公園で見つけた巣も、一部が枯れてきたような古い木にありました。

続けて観察し、写真を載せますので、またご覧ください(といっても、あまり代わり映えのない写真の可能性大ですが……)。

投稿: mamekichi | 2016年4月11日 (月) 07時48分

mamekichi先生、こん@@ワン!
最近はずっとmamekichi先生のブログで、諸戸氏邸前のコゲラさんのおっかけをしてるんだきえど、丸い穴から顔を出して外を見てるコゲラさんの純真無垢な(?)まん丸い目が可愛らしくて、おいらの脳裏にこびりついてるんだワン。
今日のコゲラさんは口の周りに木のくずをつけてキョトンとした表情で丸い穴から顔を覗かせてるなんて、もう反則なんだワン!現場まで行って見てきたい気持ちを抑えるのが大変なんだワン!
おいらが、くわな特別支援学校の運動場の隅の木(桜の木と柳の木)で見つけたコゲラさんは、熱心に木をつついてはいたんだけど、結局はそこに住むのはあきらめたみたいなんだワン。ちょっと残念なんだワン。 genta gonta

投稿: genta gonta | 2016年4月10日 (日) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠征先で、常夜灯と鳥見……夏羽のユリカモメ、オナガガモ | トップページ | コゲラのペア、ラブラブなカワラヒワ、そして、アオサギ登場 »