« 今日から、いよいよ「江戸橋通い」 | トップページ | あちこちで藤、八重桜が咲く »

2016年4月14日 (木)

キンクロさん、行灯周りを泳ぐ……住吉入江にコサギと、コウモリ

 夜、9時26分に九州地方で震度7の地震があって以来、大きな余震が続いているようですが、被害がなかったことをお祈りしています。余震が頻発しているということですから、現地の皆さんには落ち着かないことと拝察いたします。

 昨日は、どうにかこうにか、久しぶりの授業を終えられ、今日は、一息ついておりました(笑)。まだ14回(試験1回を含む)ありますから、気は抜けませんが、スタートが無難に切れたというのは、何よりです。

Img_5464_800x533  さて、今日の散歩は、気が抜けたわけではありませんが、やや遅く9時スImg_5467_800x533 タート。11時15分くらいまで、住吉神社から九華公園、貝塚公園を経て、京町、寺町と5.2㎞です。冒頭の2枚の写真は、桑名別院の山門前に咲いていたボタンです。ボタンもいろいろな種類があると思いますが、名札など、ありませんでしたので、何という種類か分かりません。

Img_5343_800x532  九華公園まで、ツグミは見たものの、他にはカワラヒワや、コゲラの鳴き声が聞こえたくらいでした。九華公園には、まだカモたちがいるのですが、今日は珍しく、キンクロさんのグループが2組ほど、例の行灯近くを泳いでいました。これが設置されてから2週間以上立ちますし、お堀めぐりも終わりましたので、多少は慣れたのでしょうか。キンクロさんは、28羽ほど。

Img_5400_800x532  そのキンクロさんたち、のんびりしていたのではなく、けっこうたくさんのキンImg_5402_800x532 クロさんが、身繕いに励んでいました。あの「バッサ、バッサー」を何度も確認できました。旅立ちの準備なのでしょうか。

Img_5359_800x532  二の丸堀の東の方には、今日もヒドリガモのペアが3組。



Img_5389_800x536  カモを眺めていたら、珍しい光景を見つけました。キンクロのオス、ミドリガメ、そして、黄金のコイの「三者そろい踏み」です。しかし、互いに無関心という感じだったのは、ちょっと不思議な気がしました。

Img_5355_800x532  今日も、ツグミはあちこちにいました。もっとも多かったのは、貝塚公園。このところもっともよく見られる鳥も、ツグミといってよいくらいです。


Img_5439_800x533  その貝塚公園では、たまたますぐ近くに、カワラヒワのペアが降りて、餌をついばんでいました。こんなに近くでカワラヒワを見られることは、珍しいと思います。

Img_5454_800x532  貝塚公園では、シロハラさんも1羽がいました。もういないかと思いつつ、若干の期待を抱いて行ったのですが、「帰ろうか」と思った頃、出てきました。シロハラさん、おとなしくしていられないようで、移動するときには必ず鳴き声を上げるのです。

Img_5473_800x573  寺町から住吉入江に戻ってきたら、コサギさんがいました。入江の煉瓦製の堤防の陰にいたのを、気づかずに近づいてしまい、対岸に逃げられました。このあたりでは、ごくたまにコサギが来ています。

Img_5495_800x532  諸戸氏庭園前のコゲラの巣、散歩の行き帰りに確認しましたが、今日は、不在でした(中にいたかも知れませんが)。


Img_5420_800x554  冬鳥に代わって、チョウチョが増えてきました。ただ、なかなか止まってくImg_5482_800x579 れず、写真を撮る機会に恵まれませんでした。モンシロチョウは、貝塚公園で、右のツマグロヒョウモン(オス)は、諸戸氏庭園前の桜の木で撮ったものです。

Img_5494_800x550  散歩から帰って、諸戸氏庭園前でコゲラの巣を見ていたら、妙なもの(笑)が飛んできました。真っ昼間なのに、コウモリがヒラヒラと飛んでいたのです。諸戸氏庭園前の入り江のところを何回か周回した後、東の方へ飛び去りました。コウモリ、夕方から飛ぶことが多いと思うのですが、どうかしたのでしょうか。

|

« 今日から、いよいよ「江戸橋通い」 | トップページ | あちこちで藤、八重桜が咲く »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

地震には驚きました。
震度の多きさもですが、そのあと余震がもう120数回も続いているとか。
現地の方はさぞ不安でいらっしゃるだろうと思います。

桑名別院のボタン、以前は名前を書いた札が立っていたと思うのですが、いつの間にかなくなっていました。
こうなると、小生は全くお手上げです(苦笑)。
雨上がりでしっとりしたいい感じでした。

キンクロさんは、愛すべき存在です。
シベリアなんぞへ帰らず、ずっといて欲しいと思います。
数年前、1羽のオスが、帰らなかったのか、帰れなかったのかよく分かりませんが、九華公園で越冬ならぬ、「越夏」していました。

コウモリと地震は、ちょっと強引ですねぇ(笑)。
もっと黒いイメージが合ったのですが、茶色っぽいコウモリでした。

講義の件、ありがとうございます。
第1回目であり、1年生が大半でしたから、まだ大学の授業になれておらず、おとなしかったかも知れませんが、このままの受講者で行くと30人あまりですから、まぁなんとかなるでしょう。

投稿: mamekichi | 2016年4月15日 (金) 13時59分

mamekichi先生、こんばんは。

地震、驚きましたねぇ。
私は、熊本に親類がいるわけではないのですが、彼の土地でお産をしたからか、不思議な距離感でニュースを観ています。

大きな被害と、二次災害がないことを祈るばかりです。


ボタン、洋風な品種ですね。私も詳しくなく、当然、名前も知りませんが、うっとりしてしまいます。

キンクロさんは、どうしてこんなに笑えるのでしょうね(笑)。
右側のお写真など、ガニ股で踏ん張っているような足元(?)と相まって、噴き出してしまいました。

コウモリ、東に飛んでいったのですね。
西から避難してきたのでしょうか。
こうなると、地震と関連付けてしまいます。

そうそう、と、ついでにしてはいけませんが、
久しぶりの講義、お疲れさまでした。
”おとなしく真面目”な学生さんの印象が、実態でありますように。

投稿: おユキ | 2016年4月15日 (金) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日から、いよいよ「江戸橋通い」 | トップページ | あちこちで藤、八重桜が咲く »