« 貝塚公園でキビタキ初見、石取祭の祭車、長良川河口堰を渡る | トップページ | 内堀公園はその昔堀だった……考えてみれば当たり前(?) »

2016年4月24日 (日)

河口堰でコアジサシを確認……コサギは婚姻色、スズメはバトル展開

Dscn2907_800x600 今日はこちらへ。昨日の昼過ぎから行っていれば、石取祭の祭車が、このDscn2922_800x600 長良川河口堰を渡るのが見られたのですがねぇ(苦笑)。あいにく、昨日は5.4㎞も歩いてからでしたので、横着をしてしまいました。ブロ友のひらいさんのブログ「ひらパノ2」に密着取材の記事(2016.04.23 祭!)がありますので、ご覧ください。

Img_6651_800x564  河口堰に出かけたのは、出遅れたのではありません。同じくひらいさんのブImg_8181 ログに「216.04.23 【速報】ついに登場!」とありましたので、確認に行ったのです。それは、こちら、コアジサシであります。去年は、バタバタしておりましたし、コアジサシも少なかったので、ほとんど見られませんでしたので。一昨年は、右のような写真を撮って、中日新聞三重版のアングル(2014年6月)に採用されました。「夢よもう一度」という気持ちも、多少あります。

Img_6650_800x553  河口堰到着は、9時前。コアジサシが登場したのは、9時15分頃から約30分間。3羽を確認。残念ながら、この時間、曇り気味で今ひとつクリアな写真が撮れませんでした。それと、EOSの「AI SERVO」でピントを合わせていたのですが、どうも今ひとつきちんと合わないような気がしています(曇天のせいもあるかも知れません)。

Img_6658_800x588  ダイビングシーンも何度か目撃したのですが、久しぶりということもあってImg_6661_800x563 か、カメラで追いかけ、シャッターを押すのが遅れがち(苦笑)。潜って魚を捕って出てきたところも何枚か撮れたのですが、ちょっとピントが甘くなってしまいました。左右の2枚の写真は、ピントが合っていないのがあまり分からない程度にトリミングしたものです。

Img_6692_800x579  この後、大島水門まで行ってみたのですが、こちらにはコアジサシの姿はありませんでした。さらに河口堰に戻ってみましたが、やはり、10時以降はコアジサシは、飛来せず。また日を改めて再挑戦です。


Img_6562_800x583  さて、話を戻して、河口堰到着から順を追ってみていきます。長良川左岸Img_6563_800x567 の魚道・上流側には、コサギ3羽(赤丸)と、ゴイサギが1羽(青丸)。もっとも上流側にいたコサギ(左の写真では、右上)は、なぜかカワウのすぐ近くに。

Img_6565_800x590  ゴイサギは、ここではあまり見ない気がしますが、忍耐強く待っていましImg_6567_800x538 た。というのは、近づくとコサギは逃げてしまいます。また、堰の上を西まで行って戻ってきても、同じところにゴイサギはいたのです。この右の写真ではちょっと分かりにくいのですが、コサギさんたち、皆、目の先がピンク色になっていました。婚姻色だろうと思います。

Img_6589_800x532  この写真のコサギさんの方が、目の先のピンク色がよく分かるかと思います。足先も、黄色ではなく、ピンク色がかっています。繁殖期のごく短い間に見られる現象といいます。

Img_6593_800x585  堰の上を渡る途中、オオバンが1羽いるのが見えました。冬の間は、七里の渡し跡や、住吉入江にも来ていましたが、かなり前から姿が見なくなっていました。

Img_6618_800x529  堰を渡りきった、右岸の魚道・下流川には、コサギと、ダイサギ(大きさからそう思います)が、合計7羽。このあたり、他にもコサギ数羽、カワウ数羽がいました。アオサギがいるかと期待したのですが、今日は全く見られませんでした。

Img_6629_577x800  河口堰の西側には、船などが通れる「閘門」があります。アナウンスが聞 こえていたので、何か通ってくるのは分かったのですが、出てきたのは、カヌー2艘。しかし、小さなカヌーであっても、サギたちは皆逃げていきます。アオサギもそうですが、もう少しフレンドリーでいて欲しいものです。結局、誰もいなくなってしまいましたので、また東へ戻ることにします。



Img_6718_800x524  この季節、河口堰に来たら、これを見逃してはなりません。河口堰の東、堰のすぐ上流側に上がっています。正式名称は知りませんが、勝手に「あゆのぼり」と名付けています。左奥に見えるのは、国交省木曽川下流河川事務所の建物。これを確認して、大島水門に向かいました。

Img_6722_800x552  アクアプラザながら近くで、ハクセキレイ2羽。他にもけっこう良く飛んでいImg_6726_800x547 ますし、ヒバリも上空で鳴いていました(揚げ雲雀)。今日は、釣り人多数。名古屋や、岐阜のナンバーのクルマもたくさん来ています。

Img_6739_800x528  キンクロさんたちは、河口堰のすぐ下流から、大島水門の先あたりまで散Img_6836_800x532 らばってはいますが、まだ80羽以上がいます。



Img_6748_800x578  大島水門近くでは、カンムリカイツブリの姿も見えました。もうすっかり夏羽になっていますが、まだ帰らないのでしょうか?


Img_6757_800x532  揖斐川の方に、ジェットスキーが6~7台やってきました。気持ちよさそうでImg_6759_800x533 いいのですが、これが野鳥たちにとっては大迷惑。長良川の方にいたキンクロさんたちも、一斉に逃げ出します。


Img_6767_800x532  あちこちにいたキンクロさんたちも次々に飛び立ち、逃げ回ったのですが、途中、このようなV字編隊の飛行シーンを撮ることができました。キンクロさんたちには悪いのですが、ちょっとラッキーでした。

Img_6797_800x557  大島水門までの間や、水門のあたりでは、ヨシキリのような鳴き声がところどころから聞こえていましたが、姿は見えず。水門のところには、挙動不審なツバメが1羽。挙動不審というのは、1つには近くにいたスズメにちょっかいをだしていたことがあります。もう1つは、護岸に降りて、小生が2~3mのところまで近づいても逃げなかったのです。

Img_6815_800x565  水門のすぐ近く、堤防に立つ電柱の上では、ホオジロが鳴いていました。大島ポンプ場と道を挟んだところ。他に鳥も見当たりませんし、コアジサシももう来ない感じでしたので、河口堰方面に引き返します。

Img_6856_800x600  河口堰まで戻って、もう一度堰の上に上がって、コサギなどを確認しようImg_6859_800x564 と思ったところ、堰の上では、良く訳が分からないのですが、スズメ同士のバトルが発生。すぐ目の前でです。初めは、交尾をしているのかと思ったのですが、どうもそうではなく、一方が他方の上に乗り、押さえ込みながら、頭のてっぺんあたりをつついているようでした。

Img_6866_800x576 Img_6883_800x555 Img_6913_800x559



Img_6916_800x564 Img_6920_800x566 Img_6921_800x598



Img_6925_800x555  結構長い時間、バトルが続いたように思ったのですが、写真のデータをImg_6927_800x532 見ると、せいぜい1~2分でした。結局は、攻撃されていた方が、なんとか逃げ出してオシマイになったと思われます。


Img_6834_800x533  ということで、河口堰まではクルマで往復。9時前から10時45分頃まで滞在。アクアプラザながらの駐車場から、河口堰を往復、さらに大島水門までも往復で、計3.7㎞。

|

« 貝塚公園でキビタキ初見、石取祭の祭車、長良川河口堰を渡る | トップページ | 内堀公園はその昔堀だった……考えてみれば当たり前(?) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

ピンクに染まったコサギさん、期間限定です。
オスかメスか定かではありませんが、内股ですねぇ。

スズメ同士のバトル、すごかったですよ。
もっと長い時間かと思えましたが、案外短い時間でした。
そばにある機械室(ゲートを上下させる装置が設けられています)から2羽が降りてきたと思ったら,こんなシーンが展開され,ビックリです。

体の大きさによって時間のスケールが違うというのは、「ゾウの時間、ネズミの時間」という本に書いてあったことです。
おっしゃるようにスズメにとっては、1~2分というのはかなり長い時間だと思います。

投稿: mamekichi | 2016年4月26日 (火) 14時01分

mamekichi先生、こんばんは。

ピンクのコサギさん(といっても、目元と足先ですが)、
心なしか、内股で恥らっているように見えます(笑)。

スズメさんのバトル、スゴイですね。
七転八倒?迫力あります。
でも・・・ちっさいんですよね、スズメさんですものね。

何が言いたいか、我ながらよくわかりませんが、体の大きさが違うと、時間のスケールも違うと、聞いたことがあります。
スズメさんにとっては、私たちの1~2分も長い死闘で、時間感覚が違っても、その時間を共有してしまう迫力というか引力が、あるんですね。
と。
やっぱり、意味不明なコメントになってしまいました(苦笑)。


投稿: おユキ | 2016年4月25日 (月) 23時43分

こころんさん、おはようございます。
こころんさんとすれ違いだったんですね。
残念です。
ひらいさんのブログに「コアジサシ登場」とありましたので、「これは行かなくては」と河口堰に行っていました。
九華公園、管理事務所で聞いていただくと、公園のパンフレットや、散歩コースの地図ももらえますので、またどうぞ。
スタンプラリーの用紙もおいてありますね。

蟠龍櫓、型紙が展示してあるんですか。
いつもあの前は素通りですので、地元でありながら、知りませんでした(苦笑)。

コアジサシ、また、一昨年のような写真を撮りたいと思っています。

去年の藤は、児童公園にあったものなんですね。
中央公園か、伝馬公園でしょうか。
1号線町屋橋の北にある「すし清」さんの藤が見事ですから、一度ご覧になるとよろしいかと思います。

投稿: mamekichi | 2016年4月25日 (月) 08時08分

自分が長島から戻る時にこちらにいらっしゃったのですね。
スタンプを貰いに九華公園を一周しました。ひょっとするとお会いできるかなと思いましたが川の向こう岸だったとは(笑)
蟠龍櫓に入って行ったら2階で型紙の展示がありましていろいろと説明を聞きました。
コアジサシ、またいいの撮れるといいですね。
昨年の藤はなんとか児童公園にあった藤棚です。一号線から東へ入って行く所ですね。
今年も昨年のようなボリュームで咲いてくれたらいいのてすが。

投稿: こころん | 2016年4月24日 (日) 20時13分

ひらいさん、こんばんは。

ひらいさんのブログで拝見して、「これは行かねば」と思いました(笑)。
30分くらいは出てきていました。
同時に見たのは3羽です。
ダイビングを撮るのはやはり、難しいですね。
EOSですと、AI SERVOではピントが甘くなるような気がします。
もちろん時間がずいぶん空いていますから、スキルも落ちていることは確かですが……(苦笑)。
なるべく通って、良い写真を撮りたいと思います。

コサギがいるのは、ひらいさんのブログのキジからも想像していたのですが、ゴイサギまでいるとは思いませんでした。
アオサギがいなかったのは、とても残念です。
先週日曜、日進まで行くのに、東名阪を通ったのですが、弥富や蟹江のインターのところにサギが集まっていました。
アオサギも別のところへ行っているのでしょうかね。

ところで、昨年度の業務にようやくきりが付きそうとのこと、お疲れ様です。
メーデーの行事、その昔、参加したことがあります。
金曜日、吉之丸コミュニティーパークですね(笑)。

なばなのパスポート、見つかりましたか?
ひらいさんにとっては大事なもの、見つかりますように。

投稿: mamekichi | 2016年4月24日 (日) 19時30分

mamekichiさん、こんばんは!

ようこそ河口堰へ!、コアジサシご確認出来て良かったです。結構気まぐれのようで、長い時間居ない時も有るので、心配しておりました。mamekichiさんが2014年に撮影された求愛給餌の写真を見て自分も大感動!、その後のコアジサシ撮影にも気合が入りました。ダイビングについては、慣れてきた頃に渡りに入ってしまうので、毎年何の進歩も無い写真しか撮影出来ずです。(^^;; 今年こそはカッコいい写真を撮りたいですね。

ここ最近、河口堰にサギ達が多く集まってくるようですね。またカモ達は少しずつ減って来てる感じです。河口堰では、余り珍しい野鳥を見る事が出来ないのですが、いつ行っても楽しめるところです。

自分は、本日午前中業務、午後は少しだけ長島ぼたん園に行っておりました、ついでになばなの里に寄ろうと思ったら、何故かフリーパスが見つからず、どこを探しても無いので、ちょっと焦っております。(笑) その後、いつもの多度方面に移動して、業務の続きでした。その甲斐有って、2015年度の残業務がついに!完成したもようです。(上司の承認次第ですが...) 結果はどうあれ、ゴールデンウィークは撮影三昧確定です! と言いながら、今週金曜日(祝)は、吉ノ丸コミュニティーパークで各企業のメーデーが開催されるのですが、何故か参加する事になってます...

投稿: ひらい | 2016年4月24日 (日) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 貝塚公園でキビタキ初見、石取祭の祭車、長良川河口堰を渡る | トップページ | 内堀公園はその昔堀だった……考えてみれば当たり前(?) »