« 近所を漫遊(笑)……デジイチで撮った写真が記録されておらず(涙) | トップページ | 諸戸氏庭園前のコゲラは健在ですが、地面から咲いていたソメイヨシノは折れていました(涙) »

2016年4月 5日 (火)

地面から咲いたソメイヨシノ(?)、春日神社の金龍桜、ドバトのいるベスト・ショット(笑)……早くもツツジ便りも!

Img_4381_800x558_2  このところ、すっかり「花見ブログ」化しております(苦笑)。まぁ、時節柄やImg_4283_800x568 むを得ないところですので、ご了解ください。鳥も見て、写真を撮っているのですが、いかんせん冬鳥は減っておりますし、九華公園もカモはいるものの、お堀めぐりが始まる頃には姿を消します。公園内は、人出が多くて、鳥が寄りつきません。カルガモさんも、二の丸跡のステージ裏に上陸していることが多くなっています。九華公園のカモ、今日は26羽。オオバンを、七里の渡し跡で1羽、春日神社に向かう中橋のところで2羽、揖斐川ではすっかり夏羽に変わったカンムリカイツブリを1羽、それぞれ見ています。ツグミは、吉之丸コミュニティパークや、三の丸水門あたりで見ただけで、一頃よりも減った気がします。

Img_4277_800x540_2  諸戸氏庭園前のコゲラ、今日は不在でした.九華公園と、鎮国守国神社では、2カ所でコゲラの鳴き声を確認しました。写真は、なかなかうまく撮れませんでした。一応、桜と絡めてはみましたが、今ひとつです。

Img_4246_800x533_2  蟠龍櫓の東の堤防上には、ヒドリガモのつがいが1組。この頃、このあたImg_4251_800x563_2 りには、20数羽~40数羽が集まっていることが多いのですが、今日は、この1組だけでした。川の方をずっと眺めていました。仲間を探しているような気もしましたが、どうでしょう?

Dscn1983_800x600_2  散歩は、8時50分から11時10分。住吉神社から九華公園、春日神社、三崎見附と4.7㎞。実はあちこちで散歩友達、知り合いに会い、話ばかりしていました。九華公園の管理をしているOさんには、珍しい咲き方をした桜の花を教えてもらい、掃除に来ているシルバー人材センターの方からは、コゲラ情報をいただきなど、小生の鳥見・散歩写真も、超地域限定で知られているようです(苦笑)。この写真は、玉重橋の東の袂にある枝垂れ桜。エドヒガンザクラと聞いた記憶があります。

Img_4308_800x533_2  こちらが、管理担当のOさんに教えていただいた桜の花。ソメイヨシノでImg_4311_800x533_2 す。Oさんがおっしゃるには「花が、枝ごと折れて落ちている」と思ったそうです。しかしよくよく見たら、地面から生えていることに気づいたということでした。確かに右の写真を見ると、生えているのが分かります(裏側から撮りました)。

Dscn1922_600x800_2  これ、周りをよく見て分かりました。そばにあるソメイヨシノの木の根が張っており、その根の部分から芽が出てきて、花が咲いているようです。朝日丸跡の東の端にあります。

Img_4264_800x533_2  今日のベスト・ショットでしょう(爆)。タンポポが、桜の根元にたくさん咲いていたので、両方を入れた写真を撮ろうと、あれこれ試みていたときに撮れてしまったものです。ドバトさん、本当は、お呼びではないのですが……。

Img_4265_800x533_2  本来狙っていたのは、このような写真でした。帰ってパソコンで見て気づいたのですが、自分がもう少し右によって撮っていれば、蟠龍櫓がはっきり入っていたなということでした。夢中になって撮っていると気づかないことがけっこうあります(苦笑)。

Dscn1970_800x600_2  話しがあちこちしますが、春日神社にある金龍桜が、満開だと桑名宗社Dscn1971_600x800_2 のブログに載っていましたので、見てきました。今日は、ちょっと盛りを過ぎた感じもありましたが、十分楽しめました。この金龍桜は、5代桑名藩主松平定綱公(1592-1651)が摂津国(大阪府)古曽部の金龍寺の原木から分植したものだそうです。



Img_4400_800x533  この金龍桜、桑名宗社のブログの説明によれば、「若葉が赤褐色、花がImg_4396_800x534 白に近い淡紅色、一重と八重との咲き分けで、八重の優れた一品種」だそうです。金龍桜は、松平家の菩提寺である照源寺さんにもあります。

Dscn1930_800x558  九華公園の桜はもう十分に堪能したと言われるかも知れませんが、もう少しお付き合いください。左は、野球場の南にある枝垂れ桜。これを撮っていたら、年配の男性が、「今年、この枝垂れ桜は、上手に咲いたな。最近は、ずっと下手くそやった」と話しかけてこられました.笑ってしまいました。確かに、今年はきれいに咲いているような気がします(苦笑)。

Dscn1952_800x600  二の丸橋の南の袂の桜、しつこく撮っていますが、なかなか満足がいきません。もっと青空であったらよかったと思います。などと、自分のスキルを棚に上げております(苦笑)。

Dscn1959_800x589  水鏡に、今日も挑戦してきました。この間よりも多少はマシかも知れません。ただ、やはり、もっとよく晴れて、光量が多い方がさらにきれいに写ったような気がします。

Dscn1933_800x600  ところで、鎮国守国神社の新参集殿は、4月9日のお披露目を前に、ほとImg_4322_800x533 んど工事が終わっています。今日は、スロープの手すりを取り付けていました。玄関には、この参集殿の名称が掲げられていました。「楽翁殿<らくおうでん>」だそうです。「楽翁」というのは、松平定信公のことです。定信は、ご存じかとは思いますが、江戸時代中期の大名、老中。陸奥白河藩第3代藩主で、定綱系久松松平家第9代当主です。鎮国守国神社は、鎮国公(松平定綱)と、守国公(松平定信=楽翁)を祀った神社です。天明4年(1784)、白河(現福島県白河市)城内に松平定綱(鎮国公)を祀ったのが始まりですが、文政6年(1823)白河から桑名へ移封にともない桑名城本丸に移っています。境内には楽翁公百年祭記念宝物館や、楽翁歌碑もあります。

Img_4335_800x583  最後に、ニュース(笑)。満開の桜を楽しんでいるところなのに、もうそんな話題かよぉ!とお叱りImg_4329_800x533 を受けそうですが、今日、九華公園本丸跡で、ツツジが2輪咲いているのを見つけました(花の中にクモが巣を作っているように見えます)。つぼみもたくさん付いていました。5月1日から九華公園では、つつじまつりが開催されますが、ちょっと気が早すぎます。

|

« 近所を漫遊(笑)……デジイチで撮った写真が記録されておらず(涙) | トップページ | 諸戸氏庭園前のコゲラは健在ですが、地面から咲いていたソメイヨシノは折れていました(涙) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書様、こんにちは。

2月は、もっとも寒い時期ですから、活動性も低下しますよね。
しかし、もう4月、桜も満開ですから、そろそろ始動ですね。
息子さんは、お元気でいらっしゃいますか。

怒りっぽくなっているというのは、理由には何か心当たりがおありでしょうか。
体を動かすか、大きな声を書くかで発散なさってください。

桜、どこも満開できれいですね。
お褒めくださり、ありがとうございます。
ただ、自分としてはなかなか満足がいく写真は撮れていません。
明日の雨が気になります。

品川駅が変わってからというもの、ほとんどお江戸には行っていません。
古い言い方ですが、浦島太郎かも知れません(苦笑)。

投稿: mamekichi | 2016年4月 6日 (水) 16時02分

お久しぶりです。
2月は、毎年なぜか引きこもりです。
脱出して、土曜日に息子の東京に行って来ました。
最近めっちゃ怒っりぽくなっています。
桜、東京も綺麗でしたが、先生の写真のほうが、断然綺麗です。
しかし、品川がめっちゃ変わりました。
めっちゃ綺麗で洗練されてて。

投稿: 秘書 | 2016年4月 6日 (水) 10時15分

チーママさん、おはようございます。
あ、
この地面から映えて、咲いている桜、教えていただかなかったら、見逃したかも知れません。
桜の幹の途中に咲いているのはよくありますが、こういうのは初めてでした。

ソメイヨシノ、少しずつ散り始めました。
明日は、天気が荒れるようですから、今日が見納めかも知れません。

投稿: mamekichi | 2016年4月 6日 (水) 08時28分

タンポポ宜しく、地面から生えている桜。初めて見ましたが、かわいい♪ 
桜って案外丈夫で、幹の途中や根際で咲いていますけど。 それがまた、かわいいんだなぁ~。
ソメイヨシノが散り始めました。掘割に1本遅咲きの桜があって、これはまだつぼみが伸び出したところ。もうしばらく花がすみが楽しめそうです(^^)

投稿: チーママ | 2016年4月 5日 (火) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近所を漫遊(笑)……デジイチで撮った写真が記録されておらず(涙) | トップページ | 諸戸氏庭園前のコゲラは健在ですが、地面から咲いていたソメイヨシノは折れていました(涙) »