« 三重K-ABCアセスメント研究会第18回研究会のお知らせ……法政大学・小野純平先生をお招きします | トップページ | アオサギ、揚げ雲雀、カモメの集団飛行にドバトの不思議な行動 »

2016年3月18日 (金)

ジョウビタキのメス、シロハラ、スズメのお宿(?)……九華公園に桜の苗木

Dscn0521_800x600 午前中、散歩に行ったときはよい天気でしたが、午後4時を過ぎた頃から少Dscn0515_800x600 し雨が落ちてきました。散歩は、8時40分からほぼ2時間半。例によって例のごとく、代わり映えもしないルート(苦笑)。住吉神社から九華公園、貝塚公園から、吉津屋町あたりを抜け、寺町へと5.6㎞。寺町では、今日は三八市が開催中。お彼岸ということもあってか、いつも以上の混雑でした。

Img_1284_800x562  鳥はかなり少なくなってしまいました。残念ですが、仕方ありません。住吉水Img_1298_800x549 門の内側には、オオバンが2羽。オオバンは、七里の渡し跡にも1羽いました。どちらも、移動しつつ、岸壁についた藻を食べていました。オオバンのあの大きな足、そろそろ今シーズン、見納めかも知れません。

Img_1304_800x584  蟠龍櫓の南、三の丸公園のところを歩いていたら、小型の野鳥が飛んできImg_1306_800x598 ました。スズメじゃなさそうだなと思ったら、ジョウビタキのメスでした。いやぁ、ラッキーです。右の写真、ちょっと枝がかぶってしまいましたが、まぁいいでしょう。

Img_1327_800x552  九華公園、静かでした(笑)。散歩をする方がもっと多いかと思ったのですが、案外少なく、鳥もあまりおらずです。カモたちは、合計32羽。昨日よりはかなり減りました。最初は、九華橋や、二の丸堀で休んでいるカモが多かったのですが、そのうちほとんどが吉之丸堀に移動。ユリカモメは、18羽ほど。

Img_1316_800x534  代わって、次第に増えてきたのは、カメ。ミドリガメです。今日もスロープで甲羅干し。暖かくなるともっともっと増えます。外来種ですから、退治してもらった方がよい気がします。九華公園には、日本固有のイシガメなどもいますから。

Img_1320_800x598  このほか九華公園にいたのは、ツグミや、ドバト、メジロくらい。ツグミ、今シーズンは、本当によく見ました。今日も、6羽。貝塚公園で鳴き声もしていました。

Img_1347_800x615  こちらは、貝塚公園で見たカワラヒワ。一緒に行動していましたから、ペアだろうと思います。このところ、諸戸氏庭園や、九華公園などでも、ペアで行動しているカワラヒワをよく見かけます。そうそう、散歩友達のHさんが、昨日、貝塚公園でウグイスの鳴き声がしていたとおっしゃっていました。初耳です。

Img_1357_800x593  貝塚公園では、ちょっと粘っていたら、シロハラが1羽出てきました。出てきたImg_1364_800x559 と言っても、木陰の、やや暗いところが好きな鳥ですから、こんな写真になります。


Img_1343_800x534  貝塚公園で撮ったキチョウ(キタキチョウというべきかも知れません)。今日は、あちこちで、このキチョウや、モンシロチョウが飛んでいるのを見ました。ただ、飛んでいるところを撮るのは至難の業。モンシロチョウも何羽か追いかけたのですが、ダメでした。これからは、また昆虫撮影スキルを思い出さないといけません(笑)。

Img_1369_800x533  貝塚公園から吉津屋町あたりへ行くとき、某コンビニ近くでふと電線を見上げたら、この電線のカバーからスズメが出入りしているのを見つけました。最近スズメは、こういうところに巣を作ったりするそうですから、「スズメのお宿」かも知れません。チェックポイントが増えます(苦笑)。

Dscn0500_800x600  寺町の西にある常信寺にも立ち寄ってきました。浄土真宗高田派のお寺です。入り口にはミモザがありますが、ここには、ミツマタや、サンシュユがあるので、花を見ていこうと思った次第。

Img_1382_800x534  ミツマタ、ほぼ満開でした。写真でおわかりのように、枝が三つのまたに分かれていますので、ミツマタというそうです。ご承知のように和紙の原料になります。

Img_1391_800x533  こちらは、サンシュユ。小生が知っている数少ない木というか、花であります(苦笑)。常信寺さんには、新たにハクモクレンも植えられていました。


Dscn0487_600x800  ところで、九華公園では、昨日から、桜の苗木を植える作業が始まっていDscn0493_672x800 ます。苗木と言うには、ちょっと大きい感じではありますが。今日チェックしたところでは、朝日丸跡などに合計7本。添え木の方が太い気もしますが……。九華公園には、約450本の桜がありますが、老木も多く、新旧交代をはからないと、「桜の名所」とはいえなくなると心配していました。


Dscn0534_800x600  余談。メダカを飼っている金魚鉢の水が、すっかりグリーンウォーターになってしまっていましたので、水替えや、鉢の掃除をしようと思っていました。先日、家内の実家に言ったとき、ダイソーに立ち寄ったら、プラスティック製の金魚鉢を売っていましたので、購入。昨日から水を用意し、今日、新しい金魚鉢(というイメージではないのですが)に移し、作業を始めました。古い方に入っていた水草を入れたら、こちらも水が、ちょっと緑色になってしまいましたが、それでも前よりはメダカの様子が見やすくなりました。古いのを掃除して、また元に戻すつもりです。メダカは、8匹いるのを確認。

|

« 三重K-ABCアセスメント研究会第18回研究会のお知らせ……法政大学・小野純平先生をお招きします | トップページ | アオサギ、揚げ雲雀、カモメの集団飛行にドバトの不思議な行動 »

メダカ」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

冬鳥、減りましたね。
ジョウビタキや、シロハラ、シメはまだいてくれのですが、モズを見なくなりました。
カンムリカイツブリは、揖斐川でも、今週半ばくらいから見なくなりましたね。
寂しいのですが、仕方ありません。
早ければそろそろツバメがやってくると思います。

そうそう、去年は、ひらいさんのチョウゲンボウ・レポートを楽しみにしていたのですが、今年は見られなかったんですね。

アオサギ、今日1羽だけ、飛んでいるのを見ました。
いなくなってしまたのではなさそうです。

ミコアイサは、私も1回しか見に行けませんでした。

なばなの里は、チューリップ祭なんですね。
寺町は、今日は行っていませんが、河津桜もかなり葉っぱが出てき真下から、そろそろ終わりかも知れません。

「スズメのお宿」などと書きましたが、たぶん、繁殖用の巣だろうと思います。
旅館・山月の建物の、やはり電気関係のパイプにもわらが詰めてあって、スズメが近くにいます。
スズメは、人の近くに住み、人の近くで繁殖するのですが、その割にはフレンドリーではないというのが、魅力かも知れません。

投稿: mamekichi | 2016年3月19日 (土) 15時32分

mamekichiさん、こんにちは!

冬鳥がどんどん減ってますね、長良川側ではカンムリカイツブリを見かけなくなりました、あと今年はジョウビタキも余り見なかった気がします。一番ショックだったのは、チョウゲンボウがいつもの工場には来てくれなかった事です、何か有ったのか心配です。キンクロさんはまだ多い方ですが、一時期に比べると半分くらいかなと思っています、代わりにコサギが良く来るようになりましたが、アオサギは不在に...どこか旅に出てしまったようです。そう言えば、今年はミコアイサを見に行くのを忘れておりました。(^^;;

昨日の雨で、一気に春になったようで、もう寒いという感覚は無くなりましたね。雨のせいかなと思いますが、河津桜が殆ど散ってしまい、残念でした。代わりに、なばなの里ではチューリップ祭りが始まりました、年中楽しめる良い所です。(笑)

スズメの巣、高い位置で、襲われる事も無さそうなので良い所ですね。スズメも生きて行く為に、色々考えているんですね、夏は日当たりも良く暑そうですが大丈夫でしょうか。(笑)

投稿: ひらい | 2016年3月19日 (土) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三重K-ABCアセスメント研究会第18回研究会のお知らせ……法政大学・小野純平先生をお招きします | トップページ | アオサギ、揚げ雲雀、カモメの集団飛行にドバトの不思議な行動 »