« 揖斐川堤防にヒドリガモ、ユリカモメは激減……NikonのCoolpixを試し、その実力に驚く | トップページ | アオサギもゴイサギも再登場、ユリカモメはゼロ、またも河津桜にメジロ、花筏……桑名別院では追悼行事 »

2016年3月11日 (金)

玉重橋、リフトアップ……定期点検と、視察・交流会のため

Dscn0187_800x600 今日、3月11日、午前中に、我が家のすぐ東にある玉重橋が、定期点検と、視察・交流会をかねて、リフトアップされました。玉重橋は、台風などの際に、漁船を住吉入江の奥に避難させるため、「押上げ昇開式可動橋」になっています。1999(平成11)年に完成したものです。リフトアップは、2回行われ、小生は、2回目の11時半過ぎから12時頃に現場にいました。

Img_0613_800x579  左の写真は、リフトアップされる前の様子。普段は、人、車が通れるようにImg_0620_800x514 なっています。右の写真は、説明会で使ったのでしょう、以前の玉重橋の様子を撮影した写真がボードになっておいてありましたので、勝手に撮らせていただきました(オリジナルは、山口誠輔氏が撮影なさったものです)。

Img_0641_800x550  視察・交流会ということで、住吉入江にある、この玉重橋の他、旋回可動式Img_0687_800x558 の歩道橋「新住吉橋船止設備」、さらには揖斐川の三之丸水門、川口水門、住吉水門などを舟で巡ることができたようです。

Img_0652_800x533  リフトアップされたところを、橋のたもとから見上げてみました。拙宅の本当Img_0657_800x533 に目の前で、ベランダからこの様子を見ている方もいらっしゃったくらいです。右は、道路に出て、東側から見たところです。右側に係員の方がいらっしゃいますが、比べてみると、2m数10cmほど、上がっているようでした。

Img_0678_800x491  玉重橋の東西両側の袂には、以前の石の橋であったときに使われていた、銘板をはめ込んだ「親柱」が、2つずつおいてあります。この写真は、東側のものです。

Dscn0183_800x600  ほとんど余談ですが、現在の橋の親柱には、丸いふたのようなものがつImg_0665_800x533 いており、かねてからいったい何か、疑問に思っていましたが、今日、判明しました。ここには、通行止めにするための、チェーンが収納されていたのです。両側からチェーンを引き出して、延ばし、つなぐのでした。

Img_0732_800x533  散歩からは、11時15分くらいにここまで戻ってきていたのですが、「橋がリフトアップされる」と聞いて、1時間近く、あたりをうろうろしてしまいました(笑)。橋の東側にいましたので、リフトアップされると、帰宅するためには、住吉入江を三崎見附まで戻って、回り道をしないといけないということもありました(苦笑)。

 散歩&鳥見写真は、別の記事にします。したがって、本日は、豪華2本立てでであります(笑)。

|

« 揖斐川堤防にヒドリガモ、ユリカモメは激減……NikonのCoolpixを試し、その実力に驚く | トップページ | アオサギもゴイサギも再登場、ユリカモメはゼロ、またも河津桜にメジロ、花筏……桑名別院では追悼行事 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。

ミリオンさんもご覧になったのですね。
昨日も天気がよかったので、待つのもさほど苦痛ではなかったですね。

確か、毎年この時期に、点検をかねて橋が上がります。
といっても、毎回見ているわけではありませ。
昨日で、3回目か、4回目です。

三崎見附の方から来たので、またそちらに戻るのは面倒でした(笑)。

投稿: mamekichi | 2016年3月12日 (土) 12時01分


こんにちは、橋のリフトアップはは2回あったんですか、
私も行きましたが10時頃到着して作業を始まるまで30分ほど待つ時間の長かったこと(笑)
橋が上がるのを見るのは滅多にないしいい体験?でした。
橋を渡れないと遠回りしないといけないので面倒ですね。

投稿: ミリオン | 2016年3月12日 (土) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 揖斐川堤防にヒドリガモ、ユリカモメは激減……NikonのCoolpixを試し、その実力に驚く | トップページ | アオサギもゴイサギも再登場、ユリカモメはゼロ、またも河津桜にメジロ、花筏……桑名別院では追悼行事 »