« 林性寺へ涅槃図を見に行く【涅槃図の写真(猫も写っています)へのリンクを追加(3/17)】 | トップページ | シメに大接近、ソメイヨシノのつぼみ膨らむ、そしてまだまだ「河津桜にメジロ」……諸戸氏庭園の撞球場の修復 »

2016年3月16日 (水)

映画「クハナ!」の撮影に遭遇……鳥は少なし

Img_0984_800x527 もう少し天気がよくなるかと期待したのですが、薄曇りのようです。気温も上Dscn0404_800x600 がるという予報でしたが、昼前にはまだ9.7℃(11時40分)。鈴鹿の山並みには、高いところに雪が見えています。左は藤原岳、右は御在所岳です。

Img_0992_800x533  ウロウロしていて散歩に出たのは、9時20分くらいでした。住吉神社まで行っImg_0994_800x533 て、揖斐川の上流の方を見ると、なにやら撮影をしているような様子。すぐにはピンと来なかったのですが、あとでよくよく思い出してみたら、映画クハナの撮影が始まるということでしたから、それだろうと思い当たりました。「映画クハナ!」のサイトを見たら、最新情報にすでにこの撮影の様子が載っていました。

Img_0995_800x558  堤防上には、スタッフと思われる方が多数。中には、「カチンコ」を持っている方もありましたから、映画撮影のスタッフに間違いないでしょう。ちなみに、これから3月いっぱい、市内各所でロケが行われるようです。最終日には、市民会館で1,300人のエキストラで撮影があります。こちらに桑名フィルムコミッションの情報があります。

Img_0990_800x534  さて、散歩は、9時20分出発、所用があったので、住吉神社から九華公園、寺町と4.5㎞。帰宅は10時半という、スピード散歩(笑)。結論的には、鳥たちはあまりいませんでした。たくさんいたのは、例によってツグミだけ。こちらは、住吉水門の内側に1羽だけいたオオバン。餌を探して、あちこち泳いでいました。揖斐長良川の中州には、アオサギはおらず。

Dscn0384_800x600  九華公園も静かでした。ゴイサギもいません。カモは、合計54羽。写真Img_1046_607x800 は、九華橋の所。ここには、12羽だけ。二の丸堀に33羽、吉之丸堀の東に9羽。右は、二の丸堀にいたヒドリガモ。オス・メスとも2羽ずついました(写真には、オス1羽、メス2羽しか写っていません)。こんな天気なので、皆さんお休み中。

Img_1058_800x534  ユリカモメは、野球場のフェンスあたりに8羽のみ(写真には、7羽しか写っていません)。


Dscn0389_800x600  本丸跡には、シメさんがいてくれました。ツグミや、カモ、ユリカモメ以外にImg_1067_800x533 は誰もいないかと思っていたので、ラッキー。懸命に餌を探して、食べていました。右は、EOSの55mで撮ったもの。こういう風では、関心のない方は、たぶん気づかないでしょうね。

Img_1033_800x580  ツグミは、今日も、7羽も見ました。これら2枚は、いずれも二の丸跡で撮っImg_1040_800x615 たもの。チョンチョンと進み、立ち止まって、周りを見ています。何を見ているのか、気になります(苦笑)。


Img_1088_800x534  あまりにも鳥がいませんでしたので、カワウさんとスズメたちでも。左のカワウは、九華公園の二の丸跡のステージの裏にいたもの。ここは、以前はアオサギや、カワウで賑わっていたところで、「お立ち台」と呼んでいたところです。

Img_1005_800x534  スズメは、蟠龍櫓近くで餌を拾っていたのですが、小生が近づいたので、とりあえず、柵に逃げたところ。


Img_1090_581x800  本日は、時間制限がありましたので、九華公園から寺町へ直行。途中、ジュニアサミット関係のフラッグで、異なったバージョンを見つけました。石取祭のデザインです。すべて見て回ったわけではありませんが、これでコンプリートでしょうか。鳥はあまりいませんでしたが、映画の撮影にも遭遇し、まぁまぁラッキーでした。午後からはまた、講義の準備に勤しみましょう。

|

« 林性寺へ涅槃図を見に行く【涅槃図の写真(猫も写っています)へのリンクを追加(3/17)】 | トップページ | シメに大接近、ソメイヨシノのつぼみ膨らむ、そしてまだまだ「河津桜にメジロ」……諸戸氏庭園の撞球場の修復 »

散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

今日も天気がすっきりしませんね。

昼前に野暮用がありましたので、弾丸散歩でした(苦笑)。
踊ってはおりません。
昔、学生時代に「ダンパ」に誘われたことはありますが、踊れません(爆)。
「壁の花」ならぬ、「壁のシミ」でした。
ちなみに、「ダンパ」は、「ダンスパーティー」であります。

「クハナ」は、ご名答!
「桑名」であります。
余談ばかりになりますが、「九華公園」の「九華」も「くはな」ですし、地元には、「九花」と書く屋号もあります。

リンク先の写真は、たぶん明け方に撮られたもの。
私が散歩から帰って、チェックしたらもう載っていたくらい、早い時間のもののようです。

そういえば、昔、メ~テレの情報番組(昼まで待てない!)に写り込んでいたことがありましたっけ(笑)。

シメさんは、恐縮ながら、何度か登場しています。
ただ、昨シーズンよりも回数は少ない気がします。
私は好きな鳥なのですが、あまり目立ちませんし、散歩友達の方にお教えしても、覚えていただけないので、九華公園ではマイナーな鳥さんです。

投稿: mamekichi | 2016年3月16日 (水) 17時00分

mamekichi先生、こんにちは。

今日は弾丸お散歩だったのですね(笑)。
サクサク歩いてパシャパシャ撮って・・・と想像したら、タンゴのステップみたいになってしまいました。
踊ってはいませんよね(笑)?

”クハナ”・・・桑名ですか!! 何だろう?と考えてしまいました。
リンク先の写真に、先生が写りこんでいないかと見てみたのですが、
残念ながら拡大できる写真ではありませんでした。
夢やら情報番組やら、いろんなところに偶然、ご出演されるようですから、もしやと思ったのですが(笑)。

シメさん、今シーズンは遅めの登場だったと思います。
その分、ゆっくりしていってくれると良いですね。

投稿: おユキ | 2016年3月16日 (水) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 林性寺へ涅槃図を見に行く【涅槃図の写真(猫も写っています)へのリンクを追加(3/17)】 | トップページ | シメに大接近、ソメイヨシノのつぼみ膨らむ、そしてまだまだ「河津桜にメジロ」……諸戸氏庭園の撞球場の修復 »