« アオサギもゴイサギも再登場、ユリカモメはゼロ、またも河津桜にメジロ、花筏……桑名別院では追悼行事 | トップページ | 分かりませんねぇ、ユリカモメ戻ってきました、ゴイサギも……「富士山ナンバー」初見 »

2016年3月12日 (土)

ユリカモメを求めて、赤須賀漁港へ……しかし、空振り(苦笑)

Dscn0256_800x600 朝方は、やや寒い感じでしたが、陽が上がるにつれ暖かくなりました。上天気です。出かけない手はありません。何はなくとも散歩であります(苦笑)。やや遅くなって、9時出発、11時15分帰宅。住吉神社から九華公園、そのあとは赤須賀へ回ってきました。昨日、九華公園にはユリカモメがいませんでしたので、赤須賀漁港にいるか、見に行ってきました。5.6㎞。

Img_0746_800x583  鳥は余りいませんでした(笑)。写真は、旅館・山月裏の揖斐川の堤防にいたImg_0749_800x574 ヒバリ。1羽だけ。このあと、別のヒバリと思いますが、七里の渡し跡の南の方で、「揚げ雲雀」が聞こえていました。先日も、揚げ雲雀が聞かれましたから、ヒバリもいよいよ繁殖期を迎えたのでしょう。

Img_0752_800x582  蟠龍櫓のすぐ下の揖斐川には、ヒドリガモのつがいの姿がありました。少しImg_0754_800x563 離れてはいたものの、一緒に行動しているように見えました。このほか、揖斐川には、中州近くに、キンクロハジロが、2グループに分かれ、合計22羽ほど。

Img_0759_800x536  ヒドリガモの近くには、カンムリカイツブリが1羽。この間までは、揖斐川にも、あちこちにいたのですが、数が少なくなりました。


Img_0766_533x800_2  九華公園のカモさんたち、今日は、計35羽。九華橋のところと、二の丸堀とに別れていました。九華橋グループは、小生が着いた 9時半頃には、神戸櫓の陰になったところで、お休み中。寄っても来ません(苦笑)。九華橋グループ、左の写真に写っているので、オールスターであります。最盛期の半数以下に減っています。寂しいのですが、これも自然現象ですから、やむを得ません。ちなみに、ユリカモメは、今日もゼロ。バールフレンドのYさんは、「明日帰りますって、挨拶位してくれるといいのにね」とおっしゃいました(微笑)。

Img_0770_800x592  二の丸跡のステージ裏にある「お立ち台」、久しぶりにカワウさんがいました。以前は、ここにカワウだけでなく、アオサギもよく来ていたものですが、時間が経つと、状況も変わります。ゴイサギ、今日はいませんでした。すぐ近くで、別の木の伐採をしていたせいもあるでしょうが、残念。

Img_0763_800x540  他に今日見られたのは、ツグミくらい。左は九華公園の北口近くで、右Img_0776_800x566 は、朝日丸跡で撮ったものです。帰ってパソコンで写真を見ていて思ったのですが、なんとなくふっくらしてきているように思えます。今日は、さほど風はありませんでしたので、寒さよけではなく、体重が増えているような気がします。ツグミもシベリア中南部から来る渡り鳥ですから、渡りに備えてのことかも知れません。

Dscn0222_800x600  さて、九華公園の外周遊歩道を、1/4くらい回ったところで赤須賀方面へDscn0211_800x600 向かいます。はじめに書きましたように、ユリカモメがいないか見に行こうという次第。左は、赤須賀漁港。はまぐりプラザの奥に入ったところ。右は、赤須賀神社。赤須賀は、450年ほど前の室町時代、三河の国(現在の幸田町深溝)から移住してきた武士が住み着いたといわれます。赤須賀神社も、そのときに移ってきたのでしょう。

Dscn0226_800x600  講釈はさておき、ユリカモメは、いませんでした。下流川の堤防には何もDscn0227_800x557 いないようでしたので、はまぐりプラザ近くからだけ確認しました。堤防にいたのはカワウや、カモメ(セグロカモメもいたかも知れませんが、判別はできませんでした)。2枚の写真は、Coolpixで、ダイナミックファインズーム光学20倍+デジタルズームで40倍)で撮りましたが、さすがにこれだけズームすると、画質は荒くなります。

Dscn0225_800x600  代わりに、キンクロハジロが30数羽。キンクロさん、九華公園ではなく、揖Img_0800_800x555_2 斐川や、赤須賀に来ているのかも知れません。他には、小型のシギか、千鳥らしき鳥が飛ぶのを見たくらいと、オオバンを1羽確認できた程度でした。残念。ユリカモメは、ユーラシア大陸北部から来ているといいますが、もう帰ってしまったのでしょう。赤須賀漁港からの帰り道では、カワウさんが見送ってくれました(苦笑)。

Img_0785_800x533  帰り道は、揖斐川の右岸堤防をずっと歩いて、吉之丸コミュニティパーク、七里の渡し跡を通って帰ってきました。鳥もいませんでしたし、たまには、このあたりから見える景色でも紹介しましょう。左は、赤須賀漁港近くから見た、なばなの里のアイランド富士。右に見える雪山は、どこでしょう? 北アルプスあたりかと思うのですが……。

Dscn0238_800x600  九華公園の東あたりから見た、長良川河口堰。左端には多度山や、伊勢大橋が見えます。右端には、上述のアイランド富士も見えています。こういう天気のよい日は、川沿いの開けた景色は、気持ちよいものがあります。

Dscn0235_800x600  上の写真を撮ったところから、九華公園は、このように見えます。右端に少し写っているのは、市民プールの建物、野球場の向こうに広がるのが、九華公園。木々が見えていますが、いつもはこの中を鳥を見ながら歩いているということです。

Img_0807_800x545  余談ですが、この市民プールあたりから我が家を見ますと、ちょうど藤原岳の目の前にマンションが建っているように見えます。


Dscn0241_800x551  吉之丸コミュニティパークまで来て、北を見ますと、蟠龍櫓が目の前にあDscn0243_800x600 ります。奥に見える山は、多度山。蟠龍櫓のすぐ東あたりまで行くと、七里の渡し跡も見えます(右の写真、右端に鳥居が見えますが、これが伊勢一の鳥居)。

Img_0812_800x547  蟠龍櫓の名前の由来になっている「蟠龍」です。「蟠龍」は、天に昇る前のうずくまった状態の龍のことだそうです。龍は水を司る聖獣として中国では寺院や廟などの装飾モチーフとしても広く用いられているといいます。蟠龍櫓についても、航海の守護神としてここに据えられたものと考えられています。上右の写真では、中央あたりにこの蟠龍が見えます。

Dscn0246_800x600  ほぼ毎日通っている七里の渡し跡です。去年建て替えられた伊勢一の鳥居。


Img_0814_800x620  今日は、鳥はあまりいなかったなと思って歩いていたら、船津屋の裏手Img_0817_800x569 で、メジロの鳴き声がしてきました。植え込み(何という木かは知りません。ご存じでしたらご教示ください)の赤い花の蜜を吸っていました。

Dscn0250_800x576  最後にもう一つ、ご褒美がありました(苦笑)。揖斐長良川の中州に、アオサギの姿がありました。11時過ぎです。天候や、川の水量、時刻などにもよるのでしょうか? 近くには、ダイサギの姿も見えました。しかし、アオサギの行動、本当によく分かりませんねぇ。

|

« アオサギもゴイサギも再登場、ユリカモメはゼロ、またも河津桜にメジロ、花筏……桑名別院では追悼行事 | トップページ | 分かりませんねぇ、ユリカモメ戻ってきました、ゴイサギも……「富士山ナンバー」初見 »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。

そう言われてみれば、花の形はボケに似ていますね。
もう一度よく見てこなくてはなりません。
しかし、ボケがこういうところに植えられているとは、思いませんでした。

図書館がお休み、というのはありますね。
ウィークデイにたぶん交代で休館日があるのでしょうね。
桑名でも3館ありますが、休館日は異なっています。
私も、勢い込んで長島分館に行ったら、お休みだったことがあります。

投稿: mamekichi | 2016年3月19日 (土) 08時13分

mamekichi先生、こんにちは。

最後の赤い花がついている木ですが、ボケと違いますか?
何ボケかがわからないという意味だったら、ごめんなさい、わかりません。

今日、鶴舞公園の緑化センターにも、同じような木があって、○○ボケと札が貼ってあったのですが、忘れました(苦笑)。
それと、色の濃い、紅梅のような色の桜も咲いていました。
こちらも名前を見たのですが、忘れてしまいました。

図書館がお休みだったので、ショックで・・・。

投稿: おユキ | 2016年3月18日 (金) 17時49分

ひらいさん、おはようございます。

昨日は、散歩日和でしたね。
しかし、暖かくなったのはありがたいのですが、冬の鳥は確実に少なくなってきています。
ユリカモメは、ゼロの日が2日続きました。
赤須賀にもいません。

カモも減ってきています。

ツグミはもうしばらくいてくれるとは思いますが……。

アオサギさんは、以前の観察から考えると、ゴイサギと同席するのはイヤみたいですね。
ゴイサギは、伐採作業を嫌って来ないようです。
夕方5時にいたということは、おっしゃるように夜を越すのかも知れませんね。

野鳥の行動、知りたいことはいっぱいありますが,朝から夜まで見ていないといけないのは、大変すぎます(笑)。

投稿: mamekichi | 2016年3月13日 (日) 09時50分

maekichiさん、こんばんは!

今朝は、風も穏やかで良い感じでしたね、自分ももちろん河口堰へ行っておりました。(笑) 飛来してくる野鳥がガラっと変っており、季節が変ったんだなぁと感じましたよ。西側のアオサギは、久しぶりに9羽確認しました。東側にも1羽居たので、合計10羽です。

ユリカモメ、もう移動してしまったのでしょうか、少し前まで、あれだけ居たのにと思うと野鳥の行動も不思議ですよね。

午前中~夕方までの用事を済ませ、帰り道に嫁さんが柿安に寄りたいとの事で、17時頃、九華公園にお邪魔しました。ゴイサギの森で、アオサギさんが休憩中でしたよ。間もなく日没という時間だったので、このままこの場所で一夜を明かすのかなと思いました。

投稿: ひらい | 2016年3月12日 (土) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオサギもゴイサギも再登場、ユリカモメはゼロ、またも河津桜にメジロ、花筏……桑名別院では追悼行事 | トップページ | 分かりませんねぇ、ユリカモメ戻ってきました、ゴイサギも……「富士山ナンバー」初見 »