« 家内の実家へ……キセキレイ、余談は傑作な車のステッカー | トップページ | 精義小学校の桜と二宮金次郎像……ツバメたちは巣の手直し(3/29の写真) »

2016年3月31日 (木)

諸戸氏庭園近くのコゲラの巣……九華公園の桜は3分咲きくらい

Dscn1347_800x600_2  天気もよく、暖かい日です。14時半には20℃を超えたようです。冒頭の写真は、拙宅前、諸戸氏庭園の本邸と、その前にあるソメイヨシノ。この桜の木、開花は早かったのですが、その後なかなか花が増えないでいました。ようやくなんとか見られる景色になってきました。

Img_3804_800x522  この諸戸氏庭園あたりの、さる桜の木にコゲラの巣ができています(どの木Img_3802_800x567 かは、コゲラのためにマル秘扱いとします)。今朝、散歩に出たとき、コゲラの鳴き声がしており、確認したら、巣に出入りしていました。このコゲラの巣は、2月16日に見つけたものです(見るたびに増えるゴイサギに翻弄されるも、今年もコゲラの巣を発見)。今年は、ここでコゲラの子育てを観察できればと期待しています。

Img_3865_800x626  今日はコゲラをもう1羽、九華公園の朝日丸跡でも見つけました。最初に見Img_3892_800x565 たのは、二の丸跡なのですがドンドン移動していくのを追いかけて、朝日丸跡でようやくキャッチできたという次第。左の写真をよくご覧いただくと、アタマに赤いところが見えます。これはオスの証拠。右も、同じこのコゲラです。このコゲラを見て、写真を撮っていたら、初対面の男性(小生よりも高齢)がやってこられ、レンズの先を見ておられました。コゲラだということをお伝えしたら、「コゲラは、初めて見た」とおっしゃいました。時々、九華公園に鳥見にやってこられるそうです。同好の士は、案外いらっしゃるもののようです。

Img_3816_800x554  さて、散歩は、いつもよりやや遅れ、9時スタート。住吉神社から九華公Img_3827_800x534 園、貝塚公園、京町、寺町と5.4㎞を2時間半ほどかけてゆっくり回ってきました。吉之丸コミュニティパーク東の堤防には、今日も、ヒドリガモが26羽集まって、採餌中。このところ見慣れた光景になっていますが、去年まではここにヒドリガモどころか、カモが上がってきていることはありませんでした。

Dscn1390_800x571  九華公園は、春休みに入ったこともあり、また、暖かい陽気が続いていることもあり、花見の方がけっこうたくさん来ておられます。お堀めぐりも、予定の10時より前から舟が出ているくらい。賑わうのはよろしいのですが、残念ながら、鳥見にはあまりよい条件ではありません。出てきてくれません。ツグミや、ハクセキレイなどは少しはいるのですが、他は限られます。

Img_3840_800x615  それでも、二の丸跡では、メジロが10羽ほどの群れで、桜の花の蜜を吸いに来ていました。カモや、シメは今日は見当たらず、ユリカモメは、野球場のフェンスに26羽ほど。ジョウビタキ、モズはこのところ見かけなくなりました。ウグイスも、一昨日くらいから鳴き声は聞こえません。ゴイサギも、アオサギも見えず、です。

Img_3938_800x593  貝塚公園へ。ヒヨドリが、桜の花の蜜を吸いに来ています。公園内をいつものように歩き回って鳥を探しましたが、ツグミや、ヒヨドリはいたものの、今日は、シロハラはいませんでした。


Img_3977_800x557  一回りして、拙宅マンションまで戻ってきたら、マンション内の公園に、ジョImg_3981_800x580 ウビタキのオスがいてくれました(「いた」というよりも、本当に「いてくれた」「ありがたい」という感じでした……苦笑)。色合いや目のあたりの様子から、ずっとこのあたりにいるオスと思います。移動するのを追いかけて、右は、マンション1階のお庭のあるお宅に入ったところをフェンス越しに撮ったもの。ジョウビタキ、いつまでいてくれるでしょう?

Dscn1363_800x600  ところで、九華公園の桜の様子を。左は、本丸後の西側にある時計塔のDscn1378_800x600 ところ。まあまあ見られると思います。右は、3月28日 (九華公園でキセキレイ、貝塚公園でツグミを蹴散らすシロハラ……九華公園では今日もウグイスは鳴いていました)の最後に載せた写真のあたり。もう見に来ていただいても、大丈夫でしょう(苦笑)。ちなみに、今日の中日新聞朝刊の「桜だより」では、まだ「咲き始め」となっていました。ちなみに、桑名市観光ガイドの「桜の開花状況」によれば、今日現在、「3分咲き」だそうです。

Img_3862_800x570  九華公園の桜の景色で、私が好きなところがいくつかあります。そのひとつは、二の丸橋の南側の袂のところ。まだ満開には至っていないので、今ひとつですが、ここの桜の木は大きく枝もよく張っていて、満開になると見事です。風が穏やかですと、堀が水鏡となって、桜がきれいに映るのです。

Dscn1402_800x600  二の丸橋を渡って、やや東に行ったところからこの桜を撮ると、このようになります(この写真の奥の橋が二の丸橋)。ここからの眺めもかなりいけると思います。

Dscn1396_600x800  ひとつ前の写真を撮ったところからさらに東に行き、キッチン寿さんの前あたりの景色も、捨てがたいものがあります。明日からは、さくらまつり、4月2日には、子どもたちの写生大会が予定されています。週末はあまりよい天気ではなさそうです。満開がいつになるのかとも併せて、気になるところです。しかしまぁ、その一方、4月からの講義の準備やら、知能検査結果のアセスメントも依頼されていますので、そちらもやらなければなりません。う~ん……。

|

« 家内の実家へ……キセキレイ、余談は傑作な車のステッカー | トップページ | 精義小学校の桜と二宮金次郎像……ツバメたちは巣の手直し(3/29の写真) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。

コゲラは、背中やお尻はよく撮れるのですが、顔や頭はなかなか撮らせてくれません。
オスのコゲラは、頭にこの赤い羽が生えているのが特徴なのですが、これもあまり見られません。
きれいでしょう?
おっしゃるように今年は、巣立ちまできちんと確認できればと思っています。

桜、枝バウアーとはうまく表現されますね。
下からググッと持ち上げるようなところが、魅力です。
力強さを感じさせてくれます。
今日は、雨になるようですが、まだ散らないでしょう。

ところで、イナバウアーが、足の技というのは、いわれてみると納得です。

今日は4月1日。
早いものです。
「う~ん」と唸りつつやっております(苦笑)。

投稿: mamekichi | 2016年4月 1日 (金) 10時05分

mamekichi先生、こんばんは。

オスのコゲラ、キレイな髪飾り(?)ですね。
こんなに発色が良い赤だなんて、やはり自然の色は侮れません。
今年は是非、巣立ちまで見届けさせて欲しいですね。

桜。枝バウアー。
何かと言いますと、桜の枝が、本来上に向かって伸びるところが、
ググッと下から持ち上げるような格好になっているのが、
人間で言う、背筋を使って反り返っているように見えるから、枝バウアー。

私も、この、枝バウアー状になっている桜の枝に、何故だか惹かれます。

ちなみに、イナバウアーは、足の技だそうで、反り返りは関係ないらしいのですが、
イナバウアー=反り返りの方が伝わり易いですし、使いやすいですね。(笑)。

明日はもう4月!信じられません(苦笑)。
先生、「う~ん」なんて言っている場合ではありませんね(笑)。
ファイト!

投稿: おユキ | 2016年3月31日 (木) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家内の実家へ……キセキレイ、余談は傑作な車のステッカー | トップページ | 精義小学校の桜と二宮金次郎像……ツバメたちは巣の手直し(3/29の写真) »