« 散歩のついでに「徳川四天王の城-桑名城絵図展」へ……拙宅マンションでコゲラ、「梅にヒヨドリ(笑)」など | トップページ | 吉津屋堀でコサギ、ユリカモメを集める方法……オマケは「ジュニアサミットのバスマスク」とメダカ近況 »

2016年3月 6日 (日)

ホオジロ、ヒバリ、ジョウビタキのオスにまたもウメジロウ……18℃を超え、カモは少なし

 正午過ぎに18℃を超えたようです。午後から、イオン桑名などに行ってきたのですが、半袖Tシャツ1枚の人や、短パン姿の人までいてビックリしました。写真はありませんが、散歩途中、キチョウが3羽飛んでいるところを見ました。

Img_9658_800x536  午前中は、いつものように散歩。8時40分から2時間半くらい。住吉神社から九華公園、貝塚公園を見て、寺町の5.4㎞コース。住吉入江には、オオバンが1羽だけいました。揖斐長良川の中州、この頃アオサギの姿はありません。蟠龍櫓の東に来たら、堤防にホオジロが3羽やってきました。中央は、メスだろうと思います。

Img_9683_800x612  その近くには、ヒバリが2羽。あいにく堤防のフェンス(というか金属製ローImg_9685_800x580 プ)にかぶってしまったのですが、これがもっともよく表情が出ていました。右は、2羽がいるところの写真。このあと、小生の存在に気づいたようで、逃げられました。

Img_9690_800x584  同じあたりにはツグミも2羽。たまたま、上のヒバリのうち1羽とのコラボ写真Img_9693_800x525 が撮れました。ここはもう、川口水門のところ(七里の渡し跡の入り口です)。右のヒバリは、水門を挟んで上流側の堤防にいたものです。このあたり、ホオジロや、ヒバリがよくいるところです。これから先、要観察のスポットです。

Img_9705_800x568  九華公園では、ツグミちゃんがお迎え。「何しに来たの?」とでも言いたげな表情です。ゴイサギは、残念ながら、今日も来ていませんでした。木も1本切られましたし(今日見たら、残っていた部分も抜かれたようでした)、当分来ないかも知れません。

Img_9711_800x586_2  代わりにということではありませんが、ジョウビタキのオスが久しぶりに登場。いつもゴイサギさんを見ているあたりに、ジョウビタキのオスがよく出てくるのです。割と近くまで行っても平気でいました。

Img_9719_800x534  カモの数はさらに少なくなり、今日は、合計38羽。管理事務所の東と、二Img_9721_800x534 の丸堀とを会わせての数です。ホシハジロのオスが1羽、メスが2羽の他は、キンクロさんでした。去年の3月6日(久しぶりの散歩は、九華公園)には、カモはまだ80羽以上いましたから、この暖かさでもう北へ帰ったものがいるのでしょうか。

Img_9735_800x534  ユリカモメは、まだけっこういます。ただ、あちこちとよく移動しますので、Img_9761_800x533 正確な数が数えられません。数えた中でもっとも多かったのは、45羽でした。ちなみに、去年の3月6日には(久しぶりの散歩は、九華公園)、ユリカモメはゼロでした。

Img_9750_800x547  ユリカモメと、カメの甲羅干し。季節が変わりつつある、この時期にしか見られない光景かと思います。今までにも撮ったことがありましたっけ? ちょっと記憶にありません。

Img_9754_800x534  上の写真でスロープを上がったところの奥にいるユリカモメたちです。中央のユリカモメ、座り込んでいます。先日、野球場のグラウンドでも同じように座り込んでいるユリカモメがいましたが、これもなかなか見られない光景です。

Img_9776_800x570  ツグミ。左は、二の丸跡で、右は、二の丸跡北の花菖蒲園で撮ったものでImg_9793_800x595 すが、今日もたくさんツグミを見ました。12羽。これまで1日で見たツグミの数としては、新記録だと思います。「ツグミ・デー」です(苦笑)。

Img_9857_800x534  「ウメジロウ」であります。くどいのですが、お付き合いください。今日のウImg_9860_800x534 メジロウは、九華公園の外周遊歩道の東にあるお宅(2/27の「ウメジロウ、ゴイサギは4羽、グランドに降りたユリカモメ(驚)」とはまた別のお宅です)。鳴き声がしていたので、待っていたら出てきたという次第です。

Img_9865_800x576  貝塚公園では、ツグミも2羽見ましたが、狙いはこちら、シロハラさん。鳴き声のしたところを探したら、今日は、木の枝に。しかし、このあと逃げられ、このシーンしか写真がありません。

Rimg0009_800x5810306  ところで、いつもいつもお世話になっている九華公園関係の宣伝です。まず1つは、「桜まつり」。今年も、4月1日から15日に開催されます。舟巡りは、桑名城堀巡りの他、船頭平閘門舟めぐりや、長良川遊覧お花見ツアーもあります。個人的には、船頭平閘門を舟で通ってみたいと思います。4月2日には、「中日写生大会」が予定されています。今年は、暖かいので、「桜まつり」の期間に満開がうまく重なるでしょうか。

Img_9737_800x579  もう1つは、今朝現在、まだ準備が進行中でしたが、散策コースを2ルートImg_9739_800x571 設定し、案内板が設置されています。歩いた歩数は、万歩計や、ケータイでも分かりますが、距離となるとなかなか把握が難しいところがあります。そこで、ロングと、ショート2ルートを設定して、距離が分かるように、こうした案内板が設置されることになっています。

Img_9845_800x531  公園内各所には、こうしたコースコース別の案内板が設置されつつあります。今朝、管理の方に伺ったところでは、どこにおけば分かりやすいかを考えながら、設置を進めているところだそうです。

|

« 散歩のついでに「徳川四天王の城-桑名城絵図展」へ……拙宅マンションでコゲラ、「梅にヒヨドリ(笑)」など | トップページ | 吉津屋堀でコサギ、ユリカモメを集める方法……オマケは「ジュニアサミットのバスマスク」とメダカ近況 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

ツグミちゃんは、今年は当たり年ですね。
年によって、どの野鳥が多く、どれが少ないかいろいろです。
今年はメジロが割と少ないとか、ヤマガラをほとんど見ないとか、エナガもほとんど来ない状態です。

ツグミちゃんの表情は全く擬人的に読み取っていますが、他の鳥も様々な表情を見せてくれますので、鳥見はやめられません(笑)。

ヒバリは、鳴き声と姿があまり一致しないかも知れませんね。
トサカは、正式には「冠羽」です。
私も鳥見を始めた頃は、「これがヒバリ?!」と信じられませんでした。

ユリカモメ、ペタンと座り込んでいるところはほとんど見ません。
ひょっとしたあの個体だけなのかも(笑)。

ウメジロウは、今回のものが、今シーズンの決定版かも知れません。
今シーズンは、梅にメジロはあまり見かけませんでした。

投稿: mamekichi | 2016年3月 7日 (月) 13時54分

mamekichi先生、こんにちは。

ツグミちゃん、今年は本当に多いんですね。
「何しに来たの?」の表情は、まったくお友達に見せるような顔で良いですね(笑)。

ヒバリって、こんなに特徴的な容姿だったんですか。
ウズラのタマゴにトサカが付いているみたい。

ぺたんと座り込んでいるユリカモメさんには、親近感を覚えます。
私も、ちょっと時間があると、すぐに座っていたことがあるのです。
今は、1.座って、2.立つ、というのも面倒になり、少しの時間では座らなくなりましたが(苦笑)。

今回のウメジロウ、好きです。
梅とメジロの両方の形が整っていて、見やすいですね。
特に右側のお写真は、「観賞用に撮っとけ」と言わんばかりのポーズに見えます(笑)。


投稿: おユキ | 2016年3月 7日 (月) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散歩のついでに「徳川四天王の城-桑名城絵図展」へ……拙宅マンションでコゲラ、「梅にヒヨドリ(笑)」など | トップページ | 吉津屋堀でコサギ、ユリカモメを集める方法……オマケは「ジュニアサミットのバスマスク」とメダカ近況 »