« ウメジロウ、ゴイサギは4羽、グランドに降りたユリカモメ(驚) | トップページ | うっすら雪化粧の朝……家内の実家へ、青山高原にも積雪 »

2016年2月29日 (月)

ゴイサギは不在、白魚漁の漁船にユリカモメが集まる理由、ハシビロガモは三角関係(?)……桑名城天守台は入場禁止

Rimg0019_800x6000229  「まだしばらくは降らないだろう」と高をくくって出かけたら、見事にやられました(笑)。郵便局にも行く用事があったので、8時40分に散歩に出たのです。住吉神社から九華公園を回り、郵便局を目指して歩いていたら、ポツポツ。すぐにかなり強い雨が降ってきました。10時過ぎくらい。折りたたみ傘は持っていたので、ずぶ濡れにはなりませんでしたが。それでも一応、5.0㎞を歩いてきました。

Img_8773_800x582  朝から曇天でしたから、これはという写真はあまりありませんが、このビンズイさんは、かわいく撮れたと思います。自分で言うのも何ですが、見ているこちらも思わず、頬が緩みます。

Img_8689_800x554  もう一つ。今日は、白魚漁に出ている漁船が、3組ほどありました。そのうImg_8713_800x574 ちの一隻にユリカモメが集まってきていました。まだ漁の途中ですし、この船だけにユリカモメが集まってくるのは不思議です。船が近づいてきて、よくよく見たら、漁師さんが窓から手を出して、餌をやろうとしているようでした。分かってみれば、「なぁんだ」ということです(苦笑)。

Img_8676_800x534  ちなみに、白魚漁は、左の写真のように、2隻の漁船がペアになって、大Img_8683_800x565 きな網をゆっくりと引いていきます。網の最後部(と思います)には、浮きがついています(赤丸をつけた中に見える、黒い点)。なんとか「絵」にならないかと思うのですが、難しいです。

Img_8670_800x615  さて、順番に行きましょう。揖斐長良川の中州、アオサギはいませんでした。しかし、アオサギにばかり気をとられていたら、見逃した鳥がいました。右上の赤丸の中、色からしてミサゴだろうと思います。パソコンで見て、葦原に立っている竹竿の上に止まっているのに気づきました。

Img_8723_800x533  ゴイサギさん、今日も3度ほど、いろいろな方向からチェックしたのですが、見当たりませんでした。昨日は見ていませんし、なぜかは分かりません。なるべく続けて観察していくのみです。

Img_8725_800x548  カモたちは、合計55羽と若干少なめ。いつももっともたくさんいる管理事務Img_8734_800x575 所の東の堀には35羽。二の丸堀には1羽だけ。珍しく野球場南の堀に16羽が集まっていました。キンクロのオスばかり写っていますが、メスもいました。そのほかには、ホシハジロのオスも1羽。ちょっとバラエティに欠けます。

Img_8744_800x529  そう思っていたら、公園の南東側の堀に、ハシビロガモのオスが1羽、メスが2羽、連れだって餌を食べていました。右端のメスがいつもいるハシビロガモで、これとオスがつがいだと思っていました。左端のメスは嘴の色からして、最近あまり見なかったメスと思います。このお三方の関係、どうなっているのでしょう? まさか、カモにも三角関係があり?!

Img_8737_800x575  朝日丸跡で見かけたツグミさん。お食事中であります。ただし、長いミミズImg_8738_800x566 のようですから、苦手な方はクリックなさらないでください。地面をつついて、咥え、引っ張り出したようです。ツグミは、雑食で、昆虫や、種子を食べます。

Img_8767_800x563  辰巳櫓あたりでは、ビンズイの群れがいました。10羽以上で、ちょっとビッImg_8774_800x594 クリしました。ここまで来たときに、頭上あたりから鳴き声が結構やかましく聞こえてきて、気づいたものです。

Img_8785_800x566  ユリカモメはいつもくらいの数がいました。移動しますので、あまり正確には数えられませんでしたが、野球場のフェンスなどにいるのをカウントしたら、67羽。ただし、左の写真は、管理事務所近くの電柱・電線に止まっているところです。

Rimg0011_800x6000229  ところで、鎮国守国神社の拝殿脇に、旧・桑名城天守台があります。以前は、「新参集殿の工事で、天守台には上がれません」という掲示がありましたので、その後よく確認しませんでした。しかし、今日改めてよく見たら、ご覧のように、「石積みが古くなり、崩壊の危険性があるので、天守台へは入れない」という掲示に変わっていました。そういえば、先週の終わりには、天守台に上がる階段にしめ縄が張られていて、ちょっと気になっていました。

Rimg0012_800x5920229  この天守台は、元々天守閣があった場所にあるものの、その当時の石垣ではないようです。桑名城は、徳川四天王の一人である本多忠勝公が、慶長6年(1601年)に桑名10万石に封じられ、建造を開始したものです。城には船着場も整備し、4重6階の天守をはじめ51基の櫓、46基の多聞が立ち並んだといいます。元禄14年(1701年)に、桑名市街地の過半を焼く大火があり、その際に天守も焼失し以後再建はされなませんでした。

20150322134615_800x696  そうそう、3月5日(土)から4月10日(日)、桑名市博物館で、特別企画展「徳川四天王の城-桑名城絵図展-」が開かれます。江戸初期から幕末までの桑名城絵図を集めた展覧会だということです。見逃せません。画像は、桑名市博物館のページからお借りしました。

|

« ウメジロウ、ゴイサギは4羽、グランドに降りたユリカモメ(驚) | トップページ | うっすら雪化粧の朝……家内の実家へ、青山高原にも積雪 »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウメジロウ、ゴイサギは4羽、グランドに降りたユリカモメ(驚) | トップページ | うっすら雪化粧の朝……家内の実家へ、青山高原にも積雪 »