« 150万ページビュー御礼……本日は、特別支援教育支援員養成講座など | トップページ | カワセミ、モズ、ジョウビタキ、アオサギ……久しぶりの大山田川遠征 »

2016年2月25日 (木)

ゴイサギは4羽、ジョウビタキにモズと充実……河津桜もかなり咲いてきました

Img_8045_800x533 2日間、レギュラーの散歩に行っていない間に寺町商店街の河津桜も、かなImg_8048_800x533 り咲いてきていました。何分咲きかという判断は難しいのですが、2~3分咲きくらいでしょうか。これくらい咲いていれば、出かけ行っても、それなりに「花見気分」を味わえそうです。

Img_7882_800x603  こちらは、九華招魂社の前の白梅。招魂社の周りには、白梅、紅梅、枝垂れ梅とたくさんの木があります。今年は、古い梅の木の花のつき具合は今ひとつという感じですが、この白梅や、拝殿に向かって左の白梅はきれいに咲いてきています。ただ、メジロがあまり多くなく、なかなか「ウメジロウ」のよい写真が撮れないのは、ちょっと不満があります。

Img_8090_800x533  今日も寒気が入っているようで、空気は冷たく、川沿いなどでは風も強く吹いています。そのため、遠くがよく見え、ご覧のように、木曽御嶽山と、「富士山」(なばなの里のアイランド富士ではありますが)のコラボ写真も撮れました(微笑)。

Img_7889_800x534  まずは、「忍者ゴイサギ」のニュースから。九華公園についたときにImg_7901_576x800 は、いつもの場所には全く姿が見えませんでした。いなくなったのかと思ったのですが、公園内を半周し、鎮国さんにお参りしてから、宝物館のところでみたら、ちゃんと2羽いるではありませんか。どこかに隠れていたのでしょう。急いで、西側の、堀越しの場所へ移動。そこへ行ったら、今度は3羽の姿がみえます。訳が分かりません(苦笑)。通りかかったバールフレンドのTさんとお話ししていたら、4羽いることが判明。4羽同時の写真は撮れませんでしたが、Tさんも確認してくださいましたので、間違いありません。今日は、ゴイサギは4羽いました。ゴイサギには振り回されっぱなしであります(苦笑)。

Img_7960_800x557  振り回されながらも、めげずに通ったご褒美でしょうか、今日は、明るいとImg_7963_800x607 ころに出てきて、いろいろなポーズを撮らせてくれました。左右の写真は、同じゴイサギさんです。モシャっていたり(冠羽まで風に煽られています)、正面顔をゲットさせてくれたりであります。

Img_7965_800x534  ゴイサギは、いつも書きますが、アオサギのようにじっと動かないのではなく、結構、いる場所を移動していきます。左は、上2枚の写真のゴイサギさんの近くにもう1羽がやってきたところです。今日は、ゴイサギをしっかり堪能してきました(笑)。

Img_7910_800x574  ゴイサギを見ている途中、ジョウビタキのオスが近くに出てきました。いつもこのあたりにやってくるのと同じジョウビタキのような気がします。存在をアピールしに来るのかと思えるほど、よく出会います。

Img_7790_800x562  さて、話を戻して、順番に進めましょう。住吉水門のすぐ内側には、オオバンと、このカンムリカイツブリとが1羽ずついました。この頃ここでたいていオオバンを見ます。カンムリカイツブリもしばらく来なかったのですが、最近また姿を見せます。少し小ぶりに見えますので、最近よく来ているカンムリカイツブリのようです。

Img_7839_800x533  その後、九華公園までの間では、ツグミを何羽か見たくらいでした。七里Img_7823_641x800 の渡し跡も、今日はどなたもいません。九華公園のカモさん、合計67羽。ハシビロガモのつがいと、ホシハジロのオスが1羽いたほかは、キンクロさんばかり。日当たりのよいところで休んでいるカモがほとんどでしたが、人を見ると餌が欲しいのか、近寄ってくるものもありました。

Img_7820_800x534  キンクロさんたち、水に浮いていると、餅か、まんじゅうのように見えるのですが、この頃なんとなく、以前よりもふっくらしてきたような気もします。渡りをする前には、脂肪をためると何かで読んだ記憶があります。

Img_7835_800x542  朝日丸跡で見たツグミ。今日は、ツグミは、合計9羽を見ています。ツグミImg_7837_800x571 だらけといえるくらいです。この朝日丸跡にいたツグミさん、地面から虫を見つけたようでした(右の写真)。食性は雑食で、昆虫や果実などを食べるようです。

Img_7850_800x587  朝日丸跡では、ヒヨドリも近くに来ましたし、ドバトたちも集まってきました。ヒヨドリは、よく見たら、嘴のあたりに黄色い粉のようなものがついています。花から蜜でも吸ったのでしょうか。ヒヨドリ、非繁殖期にたべるのは、果実(センダンやイイギリ、カキ、ヘクソカズラなど)がほとんどだそうですが、そのほかにツバキなどの花の蜜を好むようです。

Img_7857_800x577  ドバトは、2月に入った頃から、立ち止まって知人と話していると、寄ってきます。たぶん餌をもらおうと思うのでしょう。鳩に餌をやることはしませんが、しばらく周りをうろうろしています。

Img_7851_800x599  ユリカモメは、公園内を移動していましたが、数えた範囲では、合計38Img_8019_800x557 羽。今日、割と近くで見て気づいたのですが、頭のあたり、少し黒くなってきているものがいました。ユリカモメ、夏羽では頭部が黒褐色になりますから、すでにぞの兆しが出てきたようです。

Img_7984_800x580  野球場の南で、ホトケノザの花を撮っていて、振り向いたら、目の前1m以Img_8004_800x597 内にジョウビタキのメスがいました。ビックリです。向こうも驚いたようでしたが、あまり遠くには逃げず、割と近いところで何枚も写真を撮ることができました。ジョウビタキのメス、いつ見てもかわいらしいです。

Img_8036_800x581  足を伸ばして貝塚公園にも行ってきました。目的は、シロハラでしたが、あいにく見当たらず。変わって、モズのオスが梅の木に出てきました。「ウメジロウ」ならぬ、「ウメモズ(語呂が悪いです……苦笑)」を狙ったのですが、そうそううまい話はありませんでした。

Img_8063_800x573  寺町を経て帰途に。住吉入江の三崎見附側では、オオバンが1羽。出がけに住吉水門のところで見たオオバンかも知れません。今日は、この1羽だけ。

Img_8074_800x588  諸戸氏庭園前まで戻ってきて、ツクシが出ていないか、ホトケノザが咲いていないかと見ていたら、ジョウビタキのオス。眼のあたりの特徴から、いつもここに出てくるジョウビタキのオスと思われます。もうすっかりなじみになりました。今度はもっとフレンドリーになってくれることを願っています。

Img_7975_800x619  ホトケノザです。この小さい花、気に入っています。春の七草に含まれるImg_7980_800x534 ものとは、別種です。



Img_8095_800x525  以上、本日の散歩は、9時過ぎから11時半まで。 住吉神社から九華公園、貝塚公園を経て、寺町と周り、5.7㎞。ゴイサギと、ジョウビタキ、モズと結構充実していました。朝出るのが遅くなったのは、義理事に関わる連絡があったからです。週末に出かけなくてはなりません。

|

« 150万ページビュー御礼……本日は、特別支援教育支援員養成講座など | トップページ | カワセミ、モズ、ジョウビタキ、アオサギ……久しぶりの大山田川遠征 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 150万ページビュー御礼……本日は、特別支援教育支援員養成講座など | トップページ | カワセミ、モズ、ジョウビタキ、アオサギ……久しぶりの大山田川遠征 »