« 津市・辰水神社のジャンボ干支 | トップページ | 揖斐川でオオバンとコガモの群れ、大山田川でカワセミ、ジョウビタキ、そして、福島でケリと接近遭遇 »

2016年1月15日 (金)

野鳥はジョウビタキくらい……博物館で「「新見美術館コレクション 珠玉の日本画」展を見る

Img_9424 以前にも似た写真を載せましたが、怒っているのではありません。寒くて、Img_9416 こうなっています。九華公園の堀にある東屋の屋根にいたドバトさんたち。午前中、散歩している間も、北風は冷たく、しばしば太陽は雲に隠れ、寒いというか、冷えた感じでした。ハトたちも羽を膨らませて、空気の層を作って、防寒に努めているのでしょう。

Img_9352  ハクセキレイは、諸戸氏庭園の本邸前で。気がついたらすぐ目の前にいたImg_9356 のですが、さすがにちょっと離れたところへ逃げました。諸戸氏庭園前の住吉水路、今朝は誰も来ていません。誰も来ていないといえば、例のアオサギの集結場所も、誰もいませんでした。このところ、伊勢大橋の架け替え工事の関係で大きな騒音は聞こえませんから、ここに逃げてこなくても大丈夫なのでしょう。

Img_9360  揖斐川、今日は北風の影響で波立っていましたが、あまり鳥たちはいません。堤防から見えたのは、オオバン1羽だけ。住吉水門のすぐ外側。



Img_9399  九華公園、静かでした。今日は餌をやる方もありません。カモ達は、合計Img_9382 65羽。九華橋(管理事務所東の橋)の南と、二の丸堀の西側に分かれていました。メンバーも変わりはありません。大半がキンクロハジロ、ホシハジロのオスが4羽、メスが1羽、ハシビロガモはメス1羽のみでした。ヒドリガモや、ハシビロガモのオスは、このところまったく姿が見えません。右の写真のキンクロさん、冠羽が風で微妙にモシャっていたのが面白く見えました。

Img_9391  今日は、カワウの姿がけっこう目立ちました。堀にもいましたが、あまりImg_9407 熱心に餌を取っているという風でもありませんでした。左は、甲羅干しスロープで、すれ違うカワウさん。右は、ハシビロガモのメスがスロープに上がったところ。カワウもいましたが、お互い、気にしないのを粧っていたように思います。

Img_9470  ユリカモメ、9時過ぎにはいなかったのですが、知り合いと話している間にImg_9425 15羽ほどがやって来ました。ただ、今日は餌をやる人がなかったためか、数は増えませんでした。なかなか現金なもののようです(笑)。左の写真は、公園内を回ってから二ノ丸橋にて撮ったものです。右は、野球場のフェンスの支柱の上にいるところ。最近、ここにいるユリカモメを見上げるアングルから撮るのが、ちょっとだけ気に入っています。

Img_9427  野球場のフェンスの上に降り立ったユリカモメがいたのですが、風が吹いていたこともあってか、どうもうまImg_9428 くバランスが取れなかったようで、慌てていました。右の写真のすぐあと、飛び立って行きました。猿も木から落ちるといいますが、ユリカモメも同様のようです。

Img_9440  カワラヒワなどは少しいたのですが、これといって小型の野鳥はいませんでした。鎮国さんの境内で、目の前を通過していったのは、ジョウビタキのメスでした。追いかけてやっとのことで、1枚。ジョウビタキ、久しぶりです。鎮国さんの参道脇などのセンダンの木は、実がほとんどなくなってしまっていました。ヒヨドリや、ムクドリに食べられたり、落ちたりしたのでしょう。

Img_9452  公園の外周の遊歩道で見たのは、ハクセキレイ1羽のみ。珍しく、桜の木の枝に止まりました。今日は、寒くて、風もあったためか、野鳥はあまりいませんでした。

Hakubutsukan  野鳥がいなかったからというわけではありませんが、九華公園のあとは、博物館に立ち寄って絵などを見てきました。昨日から、「新見美術館コレクション 珠玉の日本画」という展覧会が始まっています。私でも知っている有名画家(円山応挙、横山大観、川合玉堂、上村松園、富岡鉄斎、平山郁夫など)の日本画や、河合寛次郎の壺などもありました。日本画には、スズメや、シジュウカラ、雁などが描かれたものも出ています。新見美術館は、岡山県新見市にあります。なかなかの所蔵品のようです。展覧会は、2月14日(日)まで。今回は、入館料(高校生以上500円)が必要ですが、メールマガジンを購読していると、100円割引が利きます。

Img_9474  さらに、そのあと、寺町にある常信寺(浄土真宗高田派)にも寄って来ましImg_9476 た。ここにも梅がありますので、咲き始めているか見たかったのです。紅梅がチラホラ咲き始めていました。


Img_9489  こちらは、ミツマタの木だったと思います。あの和紙の原料になる木です。つぼみが付いていました。

Img_9501  散歩を終えて、拙宅前まで戻って来たら、住吉入江には、カイツブリが1羽やって来ていました。ただし、カイツブリも警戒心が強いので、こちらを見つけるとすぐに潜ってしまいます。

|

« 津市・辰水神社のジャンボ干支 | トップページ | 揖斐川でオオバンとコガモの群れ、大山田川でカワセミ、ジョウビタキ、そして、福島でケリと接近遭遇 »

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんばんは。

風邪の方は、お加減いかがでしょう?
寒いですから、お大事になさってください。

さて、ドバトさん、ものすごい恰好で、形相まで同化してしまっています(笑)。
確かに、ふっくらしていても、かわいくは見えませんね。
いわゆる「小鳥」の方は、かわいらしく見えるのに、ちょっと損をしているかも知れません。
もっとも、足下が平ではありませんので、そちらに気を取られていたのかも知れませんが……。
カワウさん、あまり好まれませんから、どうぞご贔屓に願います(苦笑)。

梅、あちこちで咲いています。
今日はもっとたくさん咲いている木を見つけました。
いい香りでしたよ。

すれ違うカワウさんは、確かにおっしゃるように「ロック!」かも知れません。
風が強かったので、モシャっています。
カワウ達は、すでにカワウが止まっている近くに他のカワウがやってくると、鳴き声を交わしているようなのですが、このお二人、あまり相手を気にしないように見えました。

投稿: mamekichi | 2016年1月16日 (土) 18時30分

mamekichi先生、こんにちは。

寒いですね。久しぶりにわかりやすい風邪(くしゃみ鼻水)をひいて、鼻の下がガサガサです。

ドバトさん、ものすごい着膨れしているように見えますね(笑)。
先日、似たようなお写真を拝見した時、あまりのブサイクさにビックリしました。
ふっくらして可愛い鳥、というのも、限られているものなんですねぇ。
(ドバトさん、失礼しました。)

すれ違うカワウさん!ロックですね。
このヘアスタイルは、モシャっているのですか?
気にしないのを粧ってすれ違う様子、ランウェイのモデルさんみたいじゃないですか。

贔屓し過ぎでしょうか?(笑)

梅の花、香りが漂ってきそうです、鼻詰まりですが(苦笑)。

投稿: おユキ | 2016年1月16日 (土) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 津市・辰水神社のジャンボ干支 | トップページ | 揖斐川でオオバンとコガモの群れ、大山田川でカワセミ、ジョウビタキ、そして、福島でケリと接近遭遇 »