« 午後から散歩……コゲラ、メジロ、そしてハクセキレイはマンホールをつつく | トップページ | ユリカモメの場所争奪バトル、堀の中の東屋の橋に並ぶユリカモメ »

2016年1月 7日 (木)

ノスリ、トビ、ケリ、アオサギ大明神にダイサギ、シギの仲間、カシラダカ……某所へ遠征

Img_7774 朝はさほど冷えなかったのですが(最低気温は、7.9℃)、その後は、10.9℃までRimg00020107 しか上がりません。気温の上がり方が少ないと、寒く感じます。北西の風が、4~5m/s吹いているせいもあるでしょう。虹は朝8時20分頃、西の空に架かっていました。今日締切の仕事を何とか仕上げましたので、ちょっと遠征して来ました。8時40分頃出かけて、13時に帰宅であります。

Img_7791  まずは、こちら。田んぼの中の水路にいました。シギなのは間違いないのですが、その中の誰でしょう? イソシギかという気がしますが、もう一つ確信が持てないでいます。

Img_7801  少し離れたところの電柱の上に、猛禽類が降り立ちました。飛んでいるとこImg_7820 ろもかなりの枚数を撮ったのですが、色、模様まできれいにはなかなか撮れません。逆光気味になって、シルエットになってしまう写真、多々ありでした(苦笑)。ノスリかと思うのですが、これもまた確信があるわけではありません。

Img_7854  近くの河原では、中洲にダイサギが6羽並んでいました。餌を取るという風でImg_7856_2 もなく、まさに並んでいるという感じでした。5羽は、右の写真のように、二本足で立っていたのですが、もう1羽は、一本足。

Img_7855  サギの仲間が一本足で立っていると、どうもお休み中で、二本足ですと、活動する余地があるというイメージがあるのですが、実際のところはどうなのでしょう。

Img_7860  ダイサギを見ていたら、上流からアオサギ大明神が飛来。他のサギたちには目もくれず、下流に飛び去って行きました。


Img_7871  ダイサギがいた上流側には、アオサギが2羽。左端のものは、分かりやImg_7898 すいのですが、右端にも1羽が隠れています。しばらくしてもう一度、アオサギを見ると、左のアオサギが移動して行って、右のアオサギのすぐ近くにいました。アオサギは、一緒にいても群れていない感じなのですが、このアオサギさん、何を考えているのでしょう? アオサギさんの行動には、不思議が多すぎます(笑)。

Img_7878  サギがいたところの下流には、堰があったのですがそのあたりには、ハImg_7889 クセキレイが数羽。


Img_7883  ハクセキレイばかりに目が向いていたのですが、帰ってから写真をパソコンで見ていたら、シギも写っているのに気づきました。流木の上にいます。この写真は、かなりトリミングしていますが、ちょっとはっきりしないので、シギの種類までは判別できません。

Img_7885  堰の少し上流側にも何かいると思って、シャッターを押してきました。これもシギさんのようですが、さすがに遠すぎて、これまた何なのかは、不明です。今日はこんなことばかりです(苦笑)。

Img_7876  堤防の外側の草原では、あちこちから盛んに「チッ、チッ」という鳴き声が聞こえてきます。カシラダカの鳴き声のようです。あちこち老眼の目をこらしてみたのですが、なかなか見つけられません。ようやくそれらしい姿を見つけたのですが、かなり離れていて、こんな証拠写真です。冠羽が見えますから、カシラダカのオスであろうと思います。

Img_7906  近くの水田には、ケリの姿が、合計10羽ほど見られました。ケリをきちんImg_7930 と見たのは、久しぶりです。以前は、散歩コースの福島辺りによくいたものですが。今日は、ケリの飛び姿も捉え留ことができました。歩いているときとはがらりとイメージが異なります。

Img_7918 Img_7919 Img_7920




Img_7938  ケリのいたところの南側の畦道辺りに、大きな鳥がいるのが見えました。Img_7968 近づこうとしたら、飛び立たれました。猛禽類のようです。色、模様や、尾羽の形からして、こちらはトビのようです。いやぁ、1日に2種類も、同じところで猛禽類を見られるとは、ラッキーでした。

Img_7969  顔がきちんと撮れていたら、けっこうよい写真になったと思っています。ちょっと残念。いつもの自画自賛ですから、お気になさらず。


Img_8016  遠征の最後は、ツグミさん2羽でした。餌を探して、水田や畦道をあちこちImg_8024 移動していました。今日の遠征の目的は、実は達成できなかったのですが、それなりに楽しめました。本来の目的は、また改めて挑戦したいと思っています。

Rimg00570107  オマケは、わが家の近所のお宅の紅梅。つぼみがけっこう膨らんで、ピンク色をしてきているように思います。今年は、梅が咲くのも早いのでしょうか。


|

« 午後から散歩……コゲラ、メジロ、そしてハクセキレイはマンホールをつつく | トップページ | ユリカモメの場所争奪バトル、堀の中の東屋の橋に並ぶユリカモメ »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 午後から散歩……コゲラ、メジロ、そしてハクセキレイはマンホールをつつく | トップページ | ユリカモメの場所争奪バトル、堀の中の東屋の橋に並ぶユリカモメ »