« 正月風景……春日神社への初詣と、赤須賀漁港の大漁旗、余談はカワウの巣 | トップページ | 手から餌をもらうユリカモメ、ツグミのバトル、ムクドリの食餌……鎮国さんでは新春かるた会 »

2016年1月 2日 (土)

初散歩では、アオサギと、メスのモズ

Rimg00060102 正月二日、散歩と鳥見の始めであります。9時から11時、住吉神社、九華公園、鎮国守国神社、貝塚公園、桑名別院と初詣ツアーも兼ねて、5.6㎞を歩いてきました。住吉さんは、ご覧のように昨日の初日の出の頃とは打って変わって、静かでした。

Img_7007  住吉入江には、キンクロ、カンムリカイツブリの姿はありませんでした。揖斐長良川の中洲には、アオサギは1羽のみ。年末からここにアオサギがほとんど集まらない状態が続いています。

Img_7005  住吉神社前の揖斐川には、キンクロハジロが4羽(写真には、オスだけ3羽Img_7017 写っていますが、このほかメスが1羽いました)、ヒドリガモが6羽(つがいで3組)の姿が見られました。今日は、揖斐川にはカンムリカイツブリの姿はありません。

Img_7031  吉之丸コミュニティパークでは、もうグラウンドゴルフをしているグループがありました。お元気です。ここでは、水、金、土と3組がグラウンドゴルフを楽しんでいらっしゃいます。実は、「お前もやらないか」と誘われたことがあったのですが、「もう少し年を取ってから」ということにしておきました。

Img_7035  九華公園に入ると、鎮国守国神社の社務所裏にアオサギさんがいました。個体識別ができるのではありませんが、いつもここにいるのは同じ個体のように思えてなりません。今日は、「お休み」することはなく、ずっと一本足で立っていました。

Img_7040  私のいた側から、社務所裏の方に向かって、鳴き声を上げながら飛んでいく鳥がいました。声は、シロハラのようでした。肉眼ではよく分からなかったのですが、写真(右)を見ますと、やはりシロハラのようです。12月にもここで出会っていますが、まだきちんと見ることも、写真を撮ることもできません。昨シーズンは、鎮国さんの拝殿の方によくいたのですが、新参集殿の工事で、木も伐採されましたので、居場所を変えたのかも知れません。

Img_7079  九華公園、散歩をする方はいつもより少なく、餌をやる方もありませんでしたので、カモやユリカモメものんびりした感じでした。カモは、合計61羽。ホシハジロのオス2羽、メス2羽、ハシビロガモのオス1羽、メス1羽で、残りはほとんどキンクロさんでした(例によって、スズガモとの区別はとくにしていません)。

Img_7089  カメの甲羅干しスロープには、ハシビロガモのつがいが、揃って上がってImg_7132 いました。身繕いをしていたのですが、あとから見たら、揃ってお休み中。同じような姿勢で、右足一本で立って(スロープの低い側に右足があります)いるのを見ると、微笑ましくなります。

Img_7055  ユリカモメは、管理事務所近くの電柱&電線の上や、お堀、野球場のフェImg_7095 ンスなどあちこちに散らばっていました。合計で120羽以上いました。餌を期待して集まって来ているのでしょうか。だとしたら、今日は期待は裏切られたようです。

Img_7090  甲羅干しスロープを上がったところの小屋の上にも数羽Img_7091 が集まっていました。よくよく見ると、右端にいるユリカモメは、他のものと羽の色も、足の色も違っています。こちらのサイトにあるユリカモメの若鳥の写真と似ていますので、若い個体だろうと思われます。

Img_7103  もう一つ、ユリカモメに関して、あまり見ない光景は、左の写真のものでImg_7116 す。野球場の外野フェンスに並んでいたことです。それもほぼ等間隔に。ユリカモメの縄張り意識というか、パーソナルスペースを示しているようです。右の写真でいうと、皆左を向いていますが、これはおそらく、風上に向いているのであろうと思います(左が、北の方向)。

Img_7107  こちらは、右上の写真とほぼ同じ頃撮ったものですが、このユリカモメ、右向きで(南を向いて)止まっているため、モシャっています。これくらいの風が吹いているということが分かります。

Rimg00160102  鎮国守国神社であります。今日は、接待などはありませんでしたが、神楽が流れ、社務所では、窓口が開けられ、おみくじもありましたし(普段は申し出ないといけません)、破魔矢、御守りも売られていました(「売っている」と言ってはいけないのでしょうが)。

Img_7119  拝殿の前のご神灯のところに、「初穂料・献酒奉納者」のリストが掲げられていました。そのトップに「松平家殿」とあります。これは、おそらく旧・桑名藩主の松平家のご子孫ではないかと思います。というのも、先代宮司の奥様から、「いつも金魚まつりの時には、お殿様がいらっしゃるんですよ」と伺ったことがあるからです。「お殿様」という表現にはちょっと驚きましたが、まぁそういうことなのでしょう。九華公園は、旧・桑名城跡にある訳ですし、鎮国守国神社は、松平家のご先祖である松平定綱(鎮国公)と、松平定信(守国公)を祀っていますし。

Img_7135  鎮国さんにお参りを済ませ、外周の遊歩道へ回ろうとしたら、面白いシーンImg_7141 に遭遇しました。左の写真、どういうところかお判りになるでしょうか? 先だっては、同じところでジョウビタキのメスを見ましたが、野球場のフェンスにモズが止まっていたのです。モズや、ジョウビタキは、こういうところが好きなのかも知れません。右は、少し移動して、モズの正面に近いところから撮ったものです。

Img_7160  このメスのモズ、その後は、鎮国さんの森に姿を消しました。金網にぶら下がるような体勢も見せてくれたのですが、残念ながらそれは写真には撮れませんでした。

Img_7180  このあと、貝塚公園にシロハラがいないか、確認に行ったのですが、いたImg_7183 のは、ヒヨドリ多数の他、カワラヒワ数羽と、メジロ1羽のみでした。カワラヒワは、12月中頃までは、あちこちにたくさんいたのですが、年末くらいからあまり姿を見なくなりました。メジロも、私の散歩コースでは久しぶりに目にしました。

Rimg00050102  以上、今年初めての散歩では、アオサギと、メスのモズに出会えましたので、まぁまぁと言えるでしょう。

|

« 正月風景……春日神社への初詣と、赤須賀漁港の大漁旗、余談はカワウの巣 | トップページ | 手から餌をもらうユリカモメ、ツグミのバトル、ムクドリの食餌……鎮国さんでは新春かるた会 »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月風景……春日神社への初詣と、赤須賀漁港の大漁旗、余談はカワウの巣 | トップページ | 手から餌をもらうユリカモメ、ツグミのバトル、ムクドリの食餌……鎮国さんでは新春かるた会 »