« ユリカモメの飛翔、アオサギ、皮を剥いてミカンを食べるカラス……余談は、三の丸の試掘現場 | トップページ | 雪の中、研修会の講師に »

2016年1月19日 (火)

案内板に戯れるハクセキレイ

Img_0268 北日本や、西日本の日本海側を中心に大雪など、荒れた天候になっているようです。こちらでも、北西の季節風が強く、最高気温は、今のところ、5.7℃(13時30分)ととても寒い日になっています。冒頭の写真は、今朝の藤原岳です。中腹くらいまで雪が積もっているのが見えます。寒さには負けず、今日も8時45分から2時間ほど出かけてきました。途中で知り合いの方何人かにお目にかかったのですが、さすがにこの強風と寒さで、おしゃべりも二言、三言(笑)。住吉神社、九華公園から貝塚公園、内堀公園、老松公園、寺町と、5.7㎞を歩いてきました。

Img_0359  こういう天候では、予想通り、野鳥たちはあまりいませんでした。しかし、九Img_0374 華公園の北門にある案内板のところで、ハクセキレイが1羽、戯れていました。1月12日にも同じような光景をみています (鎮国守国神社で梅が咲いていました)。案内板の周囲は、金属のカバーで覆われています。そこにハクセキレイ自身の姿が映るためではないかと思っているのですが、全くの推測です。

Img_0391  公園の入り口の門柱に隠れてしばらく見ていました。いろいろ動きのあるImg_0383 写真を撮ることができ、楽しめました。しかし、どうしてここまで熱心に繰り返しているのでしょう? しばらく見ていたら、さすがに気づかれ、「何撮ってるんだ?」といわれた気がしました(苦笑)。

Img_0379  日陰になったこともあり、ピントは今ひとつですが、こんなポーズも見せてくれました。体操か、フィギュアスケートの選手のようです。


Img_0484  こちらもお馴染み、ユリカモメ。野球場のフェンスの上に止まったのはよいのですが、風に煽られて、バランスをとるのに四苦八苦しているところです。あの足で、細いところに立っている訳ですから、大変でしょう。

Img_0472  もう一つユリカモメで。野球場のフェンス近くにある照明灯。右から3羽目が、新たに仲間入りしようとしているところです。左から3羽目のユリカモメは、ちょっと引き気味ですし、右から2羽目は、嘴を尖らせて何か文句を言っているように思えてしまいます。

Img_0289  さて、話を戻して、まずは住吉入江では、住吉ポンプ場の東に、カンムリImg_0283 カイツブリ1羽と、キンクロハジロのオスが3羽。カンムリカイツブリは、別の場所でではありますが、右のような、潜水直前の写真も撮れました。このあと、体も持ち上げて、頭が入ったところ辺りから、水に潜っていきます。

Img_0298  こちらは、住吉水路にいたキンクロさん。このほか、揖斐川には、オオバン2羽、キンクロさんのオス2羽、カンムリカイツブリが2羽ほどいました。


Img_0306  揖斐川では、さらに、ユリカモメと思いますが1羽、飛んでいました。奥に見えるのは、長島町と、木曽川大橋。


Img_0329  七里の渡し跡には、今日もコガモが6羽来ていました。オスが4羽、メスがImg_0334 2羽。先日、河口堰西側の揖斐川右岸にたくさんいるのを見ましたが、あの辺りから遠征してくるのでしょうか。

Img_0402  九華公園の北門では、ハクセキレイのダンスを見たあImg_0406 と、ツグミが地面で餌を探しているところに遭遇。左の写真では何かを咥えていますが、何かまでは分かりません。このあと、口を大きく開けて飲み込んでいました。このツグミさん、ちょっとふっくらしている感じがします。

Img_0410  九華公園のカモさん達、本日はほとんど皆さんがお休み中。おかげで数は数えやすく、助かりました。66羽。メンバーも替わらず、ホシハジロのオスが2羽、メスが2羽、他はキンクロさんばかり。ちなみに、ユリカモメは、野球場のフェンスの辺りに、計26羽。今日は、散歩する方も少なく、餌はもらえていません。

Img_0418  二の丸跡で、メスのモズを見つけたのですが、今日も逃げられ続け、先日に続き、あちこち追いかけるハメに。この間と同じモズさんなのでしょうか(笑)。

Img_0416  カワウも、甲羅干しスロープ(左の写真)や、ステージの裏(右の写真)なImg_0424 どあちこちに。松の木の上や、グラウンドの照明灯の上にもいました。婚姻色を呈しているものがけっこういます。右のカワウさん、羽をバタバタして汚れでも落としている感じでしたが、写真に撮ったら細かいものがたくさん飛んでいるのが写っていました。ホコリか何かなのでしょうね。

Img_0441  あまりの寒さに耐えかねてか、ドバト達も、風が通りにくく、南に開けた、日当たりのよいところで20羽近くが日向ぼっこしていました。今日のような日は、日向ぼっこが良いかも知れません。

 以上、鳥さん達は少なかったのですが、ハクセキレイに楽しませてもらいました。揖斐長良川の中洲、今日もアオサギはゼロでした。明日は、某所へ出かける予定です。雪の具合がちょっと気になりますが、どうでしょう。

|

« ユリカモメの飛翔、アオサギ、皮を剥いてミカンを食べるカラス……余談は、三の丸の試掘現場 | トップページ | 雪の中、研修会の講師に »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんばんは。

名古屋市内は9cmの積雪だそうですね。
もっともこれは公式発表ですから、場所によってはこれ以上積もったかも知れません。

さて、ハクセキレイさんの戯れ、投影法みたいなものでいろいろと考ることができて、楽しめます。
おユキさんのお陰で、その楽しみの幅が広がっております。

フェンスのユリカモメ、まさに「おっとっと」と言ってそうです(笑)。
安定しないのにあそこに止まるというのは、眺めがよいからかも知れません。
餌を与える人が出没するところがよく見えそうなのです。

昨日は(というより、この頃は)小型の野鳥が少ないので、やむを得ずカワウさんも撮っているというのが、正直なところです。
カワウの漁や、食餌のシーンも撮りたいのですが、お堀ではなかなかチャンスがありません。
河口堰辺りへ遠征しなくっちゃ。

投稿: mamekichi | 2016年1月20日 (水) 18時39分

mamekichi先生、こんにちは。

雪、積もりました。私は寒サニ負ケソウです。

ハクセキレイさん、案内板に映った自分の姿と戯れていたのだとすると、最後のこちらを見て睨んでいるお写真は、相手が自分だと思っていないので、
(映っている)この子が遊んでくれないのは「なんで?」と
先生に訊いているようにも思えます。

フェンスの上にとまったユリカモメ、バランスをとるのに四苦八苦して、眉間にしわが寄っているようにも見えます。
「おとととと」と声が聞こえてきそうです(笑)。

カワウさんのお写真が増えてきましたねhappy02

投稿: おユキ | 2016年1月20日 (水) 11時33分

gentaさん、おはようございます。

雪で寒くなっていますが、お変わりありませんか。
昨日も寒かったですね。

ハクセキレイはいろいろな姿を見せてくれ、気持ちが癒やされます。
せっかくスズメさんと同じように人がいるところの近くにはい留のですから、ハクセキレイももう少しフレンドリーになってくれるといいのですがねぇ。

投稿: mamekichi | 2016年1月20日 (水) 08時38分

こん@@ワン!
今日は風が強くて、とっても寒かったんだワン。でも、今回のハクセキレイさんの無邪気な姿にとっても癒され、心がポカポカしてきたんだワン。ハクセキレイさんを見てて、睨まれることはおいらもあるけど、あんまり嫌な感じはしないんだワン。むしろカワイイって思えるようになってきたんだワン。おいらもっとハクセキレイさんと仲良くなりたいんだワン。genta

投稿: genta gonta | 2016年1月19日 (火) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユリカモメの飛翔、アオサギ、皮を剥いてミカンを食べるカラス……余談は、三の丸の試掘現場 | トップページ | 雪の中、研修会の講師に »