« 2015年10~12月、九華公園のユリカモメの数 | トップページ | 鎮国守国神社で梅が咲いていました »

2016年1月11日 (月)

両ヶ池でミコアイサ……先日のリベンジは、失敗

Rimg00020111 3連休の3日目、成人の日です。昨日は、津市で行われた三重K-ABCアセスメント研究会に参加してきました。筑波大学の大六一志先生の講演会があり、9時半から4時までしっかり勉強して来ました。大六先生のお話は、明解で分かりやすく、お聞きするたびに新しい内容が含まれていてとても勉強になります。

Img_8632  さて、今日は、昼過ぎから出かけてきました。このカモを見るためにです。そImg_8638 うです、ミコアイサであります。ブロ友のひらいさんがおっしゃるには、「宇宙人(宇宙鳥)」です。岸からは離れたところにいますので、私の250mmズームでは,トリミングをしてこれが精一杯。

Rimg00050111  場所は、いなべ市大安町にある両ヶ池。左の写真で奥、右に見えるのが藤Rimg00070111 原岳。こちらは、上池。カモがたくさんいます。右は、下池。こちらは水量が少なく、カモもほとんどいませんでした。ミコアイサは、上池にいました。ただ、今日見た限りでは、オス1羽しか確認できませんでした。

Img_8620  上池の西の端には、ダイサギと思いますが、1羽。このほか、アオサギさんImg_8647 が、計4羽ほど。1羽は、ダイサギとバトルを繰り広げていました。右の写真、肉眼ではアオサギさんしか気づかなかったのですが、左の方にコチドリらしき鳥も写っていました.コチドリらしき鳥、この辺りにたくさんいました。

Img_8654  写真の出来はあまりよくありませんが、両ヶ池で見たカモ達を確認します。左の写真には、ハシビロガモが4羽と、オカヨシガモと思われるかも(翼鏡が白いもの)が2羽、写っています。ハシビロガモはかなりたくさんいます。

Img_8666  この写真は、上池の北西側の奥を撮ったもの。この辺りには、ホシハジImg_8670 ロや、キンクロハジロ,それにカンムリカイツブリも少数いました。今日は多分、ホシハジロがもっともたくさんいたと思います。右の写真で、白っぽく写っているのが、カンムリカイツブリです。

Img_8681  笑い話です。この写真で、手前の右側のカモ、「こんなの見たことないぞ」と思ったのですが、パソコンで拡大してよくよく眺めたら、奥にホシハジロのオス、それと重なるようにしてカンムリカイツブリがいたと分かりました。早トチリしなくてよかった、と安堵しました(苦笑)。

Img_8676  ホシハジロなどの中に、カルガモさんも混じっていました.見逃しそうでしたが(笑)。今年は、大山田川などにもいますし、あちこちにカルガモがいるような気がします。

Img_8712  オオバンもいました。あまりたくさんではないように思いましたが、今日は、カモ達が遠く、また、あまりにもたくさんいましたので(九華公園に比べて、ですが)、カウントはしてきませんでした。

Img_8719  上池の北の方には、マガモらしき姿もチラホラ見えていました。頭が緑色のカモがそれです。嘴が黄色でしたので、たぶん間違いないと思います。このように、両ヶ池には、カモ、アオサギなどがたくさんいます。ただ、岸から遠い、池の中央や、上池ですと、北、西の方に集まっていますので,私の持っている250mmズームで写真を撮ろうというのは、ちょっと苦しいものがあります。

Img_8561  ところで、両ヶ池に行く前に、先日(1月7日、ノスリ、トビ、ケリ、アオサギ大明神にダイサギ、シギの仲間、カシラダカ……某所へ遠征)のリベンジを図るべく、某所に立ち寄っImg_8573 て来ました。が、先に結論を書きますと、返り討ちにあってしまいました(苦笑)。目的は達成できず。それでも、そのあたりをウロウロして、可能な限りの鳥さんを探してきました。まずは、アオサギさんに、ツグミちゃん。いずれも田んぼです。

Img_8600  田んぼはあちこちで、田起こしが済んでいたり、現在進行形でした。あるImg_8583 田んぼには、ハクセキレイが数え切れないくらい集まっていました。ハクセキレイは、土の中にいる昆虫や,ミミズも食べるそうですから、田起こしが行われると餌をゲットしやすいのでしょう。

Img_8575  ピンぼけ写真ではありますが、ケリとハクセキレイとがすぐ近くにいるという光景も見られました。

Img_8604  少し移動したら、ホオジロや、モズのオスが。田んぼや、その近くにはImg_8610 けっこう鳥がいるようです。たしか、「田んぼは鳥の楽園」という本があったのですが、そのタイトル通りのようです。田んぼはもっとよく見て回るとよいかも知れません。

 そうそう、写真はありませんが、今日、両ヶ池に向かっているとき、信号で停車していたら、車のすぐ上をノスリが通過していきました。すごい迫力で、ビックリでした。いきなりすぎて、カメラを構える余裕もありませんでした。

 両ヶ池に行ったあと、イオンモール東員にも寄って来ました。今日の散歩は、イオンモールの中でということです(苦笑)。それ故、どれだけ歩いたか、不明。

|

« 2015年10~12月、九華公園のユリカモメの数 | トップページ | 鎮国守国神社で梅が咲いていました »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こんばんは。

ミコアイサ、パンダガモという人もありますね。
初めて見たときには、衝撃でした(笑)。
ひらいさんが、「宇宙ガモ」というお気持ちもよく分かります。

私は、このミコアイサは、両ヶ池でしか見たことがありません。
多いときは、オスもメスも数羽がいました。

両ヶ池は、たしかにちょっと遠いです。
我が家からは、車で30分以上かかります。
三岐鉄道三岐線の三里駅が最寄りの駅のようですが、2㎞弱ありますね。

投稿: mamekichi | 2016年1月13日 (水) 20時26分

こん@@ワン。
ここでミコアイサさんの写真がアップされてからず~っと気になっていたんだけど、おいらパンダガモって言うのかと思い込んでたんだワン。ひらいのおじさんが言うように宇宙ガモ(鳥)というのもなるほど、って思うんだワン。ところで、このミコアイサさんはここら辺では両ケ池でしか見られないカモさんなんですか?一度会いに行ってみたいけど、おいらには遠すぎるんだワン!genta

投稿: genta gonta | 2016年1月13日 (水) 19時01分

こころんさん、こんにちは。

リベンジのつもりで出かけ、周りをウロウロしてきましたが、見事返り討ちでした(苦笑)。
生きもの相手ですので仕方ありません。

ところで、ミコアイサは、一度見たら忘れられませんね。
去年も1月下旬に見に行っています。
両ヶ池は大きいですし、カモは真ん中に集まっていますので、250mmズームではとても手に負えません(苦笑)。

イオン東員は、家内と娘がお気に入りで、二人にとっては、昨日は、イオンに行くついでにつき合ってくれたようなものです(笑)。
しかし、おっしゃるように「モール」というのはたくさん歩けます。

投稿: mamekichi | 2016年1月12日 (火) 12時27分

ひらいさん、こんにちは。

暖かい冬ではありますが、ミコアイサも来ているだろうと思って行ってきました。
あの風貌ですからすぐに分かります。
ただ、肉眼ではオス1羽しか確認できませんでした。

おっしゃるように両ヶ池は、上も下も広すぎますし、カモ達も中央に集まっていますから、大砲のようなレンズが必要です。

ホシハジロ+カンムリカイツブリは、一瞬、新種か?と思って、図鑑を探しそうになってしまいました(笑)。

ところで、今の季節、夕方5時というのは撮影にはちょっと無理がありますね。

投稿: mamekichi | 2016年1月12日 (火) 12時24分

おはようございます
リベンジ残念だったようですね(涙)

ミコアイサという鳥も白黒で特徴ありますね。
これぐらい特徴がはっきりしてると僕でも名前が覚えやすいです(笑)
両ヶ池は数回、車を停めたことがありますが鳥が遠いですね。
九華公園のように近くで撮れないなあと思ったことあります。

東員イオンは天気も関係ないし運動になりますね。

投稿: こころん | 2016年1月12日 (火) 07時39分

mamekichiさん、こんばんは!

両ケ池に、ミコアイサ到来ですね。相変わらず地球上の生命体とは思えない風貌にビックリです。(笑) 自分もまた見に行って来ます!、あの池、ちょっと広過ぎて、凄いカメラが無いと撮影が難しいですね。ホシハジロとカンムリカイツブリの合わせ技、まさに新種発見!、ホシハジロが顔を上にしていたら更にグットですね。河口堰のカモ達は、高い所から撮影しているので、このような感じの合わせ技は難しいですね。

本日は終日業務でお散歩無しでしたが、夕方しまむらに行くとの事で、17時過ぎに大山田川に行って来ましたが、さすがに撮影は難しかったです。ついでに、イオンモール桑名に寄って、モール内を散歩してきたので、mamekichiさんと同じでした。(笑)

投稿: ひらい | 2016年1月11日 (月) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年10~12月、九華公園のユリカモメの数 | トップページ | 鎮国守国神社で梅が咲いていました »