« 野鳥はジョウビタキくらい……博物館で「「新見美術館コレクション 珠玉の日本画」展を見る | トップページ | シメ、ジョウビタキのオス、モズのメス……ユリカモメのお尻三連発も(苦笑) »

2016年1月16日 (土)

揖斐川でオオバンとコガモの群れ、大山田川でカワセミ、ジョウビタキ、そして、福島でケリと接近遭遇

Img_9729 ずいぶん久しぶりにカワセミを撮ることができました。名古屋弁でいえば、「やっとかめ」であります。場所は、大山田川の沢南橋のすぐ上流。堰があるところです。上流から飛んできて右岸にある木に止まったのです。嘴全体が黒いので、オスのカワセミ君です。

Img_9754  カワセミを見たすぐ近くでは、ジョウビタキのオス。上述の堰の左岸側、水防Img_9770 倉庫があるところの繁みです。ここは、以前よくジョウビタキが出て来た駐車場の近く。ジョウビタキは縄張りがはっきりしていますから、その同じオスかも知れません。右は、駐車場の下の畑に移動したところ。

Img_9814  ケリは、福島地内の水田地帯で撮ったもの。歩いていて立ち止まり、横を見Img_9819 たら、いたのです。ケリも驚いたのか、しばらく固まっていましたので、左のように正面の姿を間近で撮ることができたのです。ケリも神経質ですから人を見ると、飛び去るのが普通ですが、このケリさん、どういう訳か回れ右をしてゆっくり歩いて離れていきました。

Img_9508  今日の散歩は、揖斐川右岸を遡り、伊勢大橋を越えたところで大山田川に沿って、新宮西橋へ。そこから三洋堂に立ち寄って、BIRDER2月号を買い、福島地内の水田から、諸戸苑脇を通るという6.5㎞でした。9時から11時半。カワセミ、ジョウビタキ、ケリの他にもいろいろと見ましたし、発見もありました。スズメは、桑名七里の渡し公園の門柱の上にいたものです。

Img_9519  揖斐川の堤防を、福島ポンプ場辺りまで来ますと、オオバンやカモの姿Img_9526 が見えてきました。河川敷に降りてより近くから見ると、かなりの数がいました。オオバンもざっと見て20羽くらい、カモはコガモのようです。さらに写真は割愛しますが、キンクロハジロも2羽、下流から泳いできていました。カンムリカイツブリも、住吉神社前から河口堰辺りまでで5~6羽。

Img_9541  この辺りを歩いている途中、長島の方で「バーン」という爆発音のようなものが、2度ほど聞こえました。するとカモ達、一斉に飛び上がって逃げて行きます。やはりこういう突然聞こえる、大きな音は苦手のようです。

Img_9588  長良川河口堰のちょうど西辺り、揖斐川右岸の護岸にオオバンと、コガモがたくさん集まっていました。両方とも、20数羽ずつくらい。最近、この辺りを歩いていませんでしたので、まったく気づきませんでしたし、想像もしていませんでしたので、ちょっとビックリ。奥に見えるのは、伊勢大橋と、架け替え工事の現場です。

Img_9581  鳥がたくさんいるというのは、やはり壮観です。しばらく立ち止まって見Img_9585 入ってしまいました。餌を取っているものやら、コンクリートの上に上がって身繕いをしているものなどさまざま。人もほとんど近づいてきませんので、カモ達もゆっくり過ごせるのでしょう。

Img_9575  伊勢大橋の工事現場の方には、アオサギが1羽降り立ちました。かなり距離がありましたので、こんな証拠写真です。


Img_9650  伊勢大橋を越えて、甚内排水機場の樋管の先の入り江には、カルガモImg_9632 12羽と、コガモ5羽、オオバンも2羽。ツグミも2羽。ツグミは他にも鳴き声がしていました。こういう水辺にもツグミが来るものなんですね。

Img_9651  樋管のすぐ近くにジョウビタキのメスも出て来たのですが、あいにく写真が撮りにくいところ。しばらくしたら、離れた木に移動したのですが、遠すぎてこれまた、こんな「証拠写真」(苦笑)。

Img_9652  大山田川の水門の先には、アオサギが1羽。何だか険しい目つきをしています。写真を撮られるのがイヤなのでしょうか。


Img_9658  ここから大山田川の左岸を遡っていきます。水門から少し上流には、オImg_9660 オバンが5羽。今日はまるで「オオバン・デー」であります。オオバン達、上流方向へ泳ぎながら、時々堤防に着いた藻か、水草を食べているようでした。

Img_9673  沢南橋に到着。堰の上では、コガモたちが餌捕りに熱中。コガモたちは、水中に逆さになって餌を取ることがあります6羽いましたので、全員揃って逆立ちをしてくれないかと待ったのですが、右端のコガモさんだけは、どうしてもやってくれませんでした(苦笑)。なかなか思い通りには行かないものです。

Img_9689  堰の下のところには、キセキレイがやって来ました。今ひとつクリアにはImg_9710 撮れなかったのですが、久しぶりです。セグロセキレイもやって来ていたのですが、こちらはピンぼけ写真ばかり(笑)。右は、堰のところに水を飲みに来たヒヨドリ。このあと、カワセミ、ジョウビタキと出会えました。

Img_9776  お遊びです。スズメのなる枯れ草であります(笑)。この季節、スズメたちはけっこう集団になって過ごしています。


Img_9786  近くの電線にモズが来ました。追いかけて、上之輪神社の鳥居の近くで撮った証拠写真(今日は、そんな写真ばかりです、苦笑)。オスのモズのようです。

Img_9791  JR・近鉄の鉄橋のすぐ下流には、キンクロハジロのオスが1羽だけいました。年末にもこの辺りで、キンクロのオスを見ていますし、gentaさんのブログにもよく登場します。ここに居着いているようですが、なぜでしょう?

Img_9794  新宮西橋のところにはいつもコガモたちが居ます。今日は、数えた限りでは、14羽。ハクセキレイや、セグロセキレイも来ていました。


Img_9799  沢南橋辺りから何度も見ていたのですが、なかなか写真に撮れなかったのが、イソシギ。新宮西橋でようやく撮れました。このあと、三洋堂に立ち寄って、福島の水田地帯へ。そこでケリの写真を撮ったという次第です。

Img_9824  福島のマンション(スペリア桑名)の北側にちょっとした梅林があります。Img_9828 白梅もあるのですが、紅梅の木が1本だけかなり咲いていました。今日歩いて来た沢南橋の東にも梅林がありますがそこは、まだ咲いていませんでした。徒歩圏内では、ここの梅がもっともよく咲いています。

Img_9842  帰って来て住吉入江を覗いたら、カンムリカイツブリが1羽来ていました。あの左足が不自由な個体のようです。ここで一人でいるのが落ち着くのでしょうか。

Img_9850  9階のわが家の玄関前まで来て、諸戸氏庭園の方を見ると、猛禽類らしImg_9853 き鳥が飛んでいました。今ひとつクリアな写真は撮れなかったのですが、尾羽の形からは、トビのように見えます。6.5㎞も歩き回って来ましたが、けっこう充実した鳥見ができました。たまには場所を変えるものですねぇ。

|

« 野鳥はジョウビタキくらい……博物館で「「新見美術館コレクション 珠玉の日本画」展を見る | トップページ | シメ、ジョウビタキのオス、モズのメス……ユリカモメのお尻三連発も(苦笑) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんばんは。

そうなのです、私はクマなのです(笑)。
冗談はともかく、双方ともビックリしたというところでしょう。
私が急に立ち止まって、左を見たら、すぐ目の前にケリがいたのですから。

コガモの逆立ち、餌を探しているのですが、右端のコガモさんだけ、どうしてもシンクロしてくれませんでした。
何か訳でもあるのかと思いますが、分かりません。
聴いても教えてくれませんし(苦笑)。

スズメのなる枯れ草、毎年、この季節になるとあちこちで見られます。
一番上のスズメさん、多分おっしゃるとおり、降り立とうとしたところだったと思います。
動きが入っていると、写真が活きてきますね。

投稿: mamekichi | 2016年1月17日 (日) 19時24分

mamekichi先生、こんにちは。

回れ右をして歩いていったケリさん、クマに遭遇したようなリアクションですね(笑)。
先生が熊にでも見えたのでしょうか。

逆立ちしているコガモさん、笑えました。
仰るように、端っこの子が惜しいですね。せめて横目で済まして眺めていてくれたら、と思いました。

スズメのなる枯れ草、本当にたくさん、鈴なりなんですね。
一番上の降り立つところ?のスズメさんが、臨場感を感じさせてくれて微笑ましい気持ちになりました。


投稿: おユキ | 2016年1月17日 (日) 15時00分

ひらいさん、こんばんは。

今日は、コースを変えてよかったです。

河口堰がお休みというのは、ブログで拝見してきましたが、残念でした。

カワセミは、久しぶりでした。
最近、九華公園でもサッパリ見かけなくなりましたし。

おっしゃるように野鳥たち、思わぬところにいることがあります。
今日のケリなど、まさにその典型でした。
視線が合ってしまい、私もケリも「エッ?」という感じでした。
やはり、たまには違うところへ出かけてみる必要はありそうです。

鉄橋のキンクロといい、住吉入江に来るキンクロや、カンムリカイツブリといい、どうして単独行動を取っているのか、気になります。
誰か教えてくれないでしょうか(笑)?

長島の方で聞こえた爆発音のような音は、おっしゃるように9時半頃でした。
カモ猟をしているんですか。
なるほど、です。
猟をする方は減っているように聞きますが、まだまだいらっしゃるんですね。
可哀想な気がしますが、禁止されていないところであれば、やむを得ませんね。

投稿: mamekichi | 2016年1月16日 (土) 18時36分

mamekichiさん、こんばんは!

充実のお散歩でしたね、長島側は残念ながらメインの河口堰が閉まっているというトラブルに巻き込まれ、淋しい結果となってしまいました。しかしカワセミ、近くて遠い大山田川、行かねばならぬと思いつつ、中々行けないのですが、是非お会いしたい野鳥でございます。

野鳥達、こんな所にも居るのかと思う所も有りますよね。今年は巡回コースを見直そうと思いながら、ほぼワンパータンになっておりますが、そろそろ木曽川上流方面に行ってみようと思っています。

JR・近鉄の鉄橋のすぐ下流のキンクロ、自分も先日しまむらに行った時に確認しました。夕暮れだったので撮影結果は真っ黒でしたが。(笑)

長島の方で聞こえた「バーン」という爆発音ですが、9時30分前後ではなかったですか? かわいそうなので言いにくいのですが、多分カモ猟で、鉄砲でカモを撃って捕獲しておりました。まぁ禁止区域では無いようなので、仕方ないところですね。(実は昨年度も見ました)

投稿: ひらい | 2016年1月16日 (土) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野鳥はジョウビタキくらい……博物館で「「新見美術館コレクション 珠玉の日本画」展を見る | トップページ | シメ、ジョウビタキのオス、モズのメス……ユリカモメのお尻三連発も(苦笑) »