« ユリカモメの場所争奪バトル、堀の中の東屋の橋に並ぶユリカモメ | トップページ | 2015年10~12月、九華公園のユリカモメの数 »

2016年1月 9日 (土)

七里の渡し跡に、オオバンとコガモ、カモの飛び姿、鎮国さんでは狛犬も移動

Img_8497  左は、今朝の木曽御嶽山です。揖斐川の堤防から見たものです。手前左Img_8556 は、なばなの里のイルミネーション。アルプスの少女ハイジが現れる設備を横から眺めています。右は、藤原岳。こちらは、散歩から帰ってきた時に撮ったもの。

Img_8429  8時50分頃出発。住吉入江には、今日も、カンムリカイツブリが1羽。あの、左足が不自由なカンムリカイツブリのようです。カンムリカイツブリは、集団で行動するのではないように思いますが、一人でここに来て、ゆったりしているのでしょうか。

Img_8433  住吉神社前から見た、あのアオサギ集結場所。今日は、向かって右側のとImg_8434 ころに13羽も集まっています。これだけの数のアオサギがいるのは、昨年末以来です。


Img_8442  七里の渡し跡、川口水門の内側には、オオバンが8羽もいました。いつもImg_8450なら、人影を見ると、サッサと遠ざかっていくのですが、今日は、今日は、私の他何人かが通っても逃げることもありません。

Img_8477  少し離れて見ていたら、七里の渡し跡側に近寄ってきて、餌を食べ始めました。上から見ていると、食べられそうなものは見えないのですが、水草などがあるのかも知れません。

Img_8454  同じ、川口水門の内側には、何とコガモさんの姿が! 堤防上に5羽、水Img_8466 上に1羽、計6羽がいます。しかし、そのうち、オスが5羽。ペアで来ているのではないんですね。オス1羽は、石垣に付いた藻か何かを一生懸命食べていました。

Img_8467  石垣の上にいたコガモの内、オス1羽が、縁に向かって歩いて来ました。Img_8468右の写真のあと、飛び込んだのですが、そのシーンはブレブレの写真でした(苦笑)。残念。コガモたち、昨シーズンもよくここに来ていました。 日当たりがよいので、日向ぼっこにちょうどよいのだと思います。

Img_8501  九華公園、北門辺りは静かでした。いつもカモが集まっている管理事務所の東の堀。皆さん、お休み中です。私は餌をやりませんが、それはもう認識されているようです(苦笑)。カモ達は、計64羽。ホシハジロのオスが2羽、メスが2羽、ハシビロガモのメスが1羽で他の大半はキンクロと、いつも通りのメンバー。

Img_8508  例の“甲羅干しスロープ”、今日はこんなメンバーが。カワウさんと、ハシImg_8505 ビロガモのメス、そして、何とカメが1匹! 今日は寒くなったのに、こんなところに出て来て、大丈夫でしょうか? 写真でもお分かりのように、確かに日は当たっているのですが、風はけっこう冷たかったのです。先日は、ここで動かなくなっているカメがいたくらいなのに。


Img_8512  ユリカモメの姿は見あたらなかったのですが、いつも餌をやるご夫婦の姿が見られると、このとおり。野球場のフ ェンス辺りに待機していたのかも知れません。ユリカモメの数、合計57羽でした。

Img_8530  餌やりが始まったら、カモも急ぎます。昨日、お子さん連れの若いお母さImg_8537 んに「カモって、飛ぶんですか?」と聴かれましたが、ご覧のように飛びます。左は、ホシハジロのオス、右はキンクロハジロのオスです。ちょっとピントはイマイチですが、カモも飛ぶという証拠です。

Rimg00140109  ところで、鎮国守国神社では、新参集殿の工事がかなり進んでいます。年末までには建物が建ち、窓も取り付けられ、今は、内装工事が始まっています。参集殿ですから、住宅のように複雑な内装もないと思われます。

Rimg00170109  昨日、拝殿前の、狛犬のところに穴を掘り、石を敷き詰め、叩き固める作業が行われていました。何をするのか、疑問だったのですが、分かりました。どうやら、狛犬の位置を両方とも少しずらすようです。写真の狛犬の右側にコンクリートを流し込んだところがありますが、そこへ狛犬を移動させるようです。

Rimg00210109 こちらは、拝殿に向かって右側にある狛犬。すでに狛犬自体は下ろされていました。写っている重機を使ったのでしょう。重機の向こうには、台座があります。

Rimg00020109  今日の散歩は、11時15分頃まで。住吉神社、九華公園、貝塚公園(シロハラがいないかと時々行くのですが、まだ見られません)、内堀公園、寺町と回って、5.9㎞。このところ、鳥の種類が少なくて、ちょっと残念。明日は、用事で1日出かけますので、更新なしの予定です。

|

« ユリカモメの場所争奪バトル、堀の中の東屋の橋に並ぶユリカモメ | トップページ | 2015年10~12月、九華公園のユリカモメの数 »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんばんは。

ユリカモメも、カモも餌をくれる人を区別しているかも知れません。
この頃私が姿を見せても、カモはほとんど寄って来てくれませんから(笑)。
たまには違った色のダウンジャケットを着ていくといいかも知れませんが……。

アオサギさんは、もっとフレンドリーになって欲しいですが、餌でつることができる用には相当根気よく関わらないと行けないような気がします。

カメ、先日は、写真は載せませんが、行き倒れていたのがいました。
暖かいので勘違いしたのでしょう。
椿も咲いていますし、梅も咲いているところがあるようです。

なばなの里のおかしな現象、またブログを拝見します。

それからマイブックスにあげましたが、「身近な鳥の生活図鑑」という本、興味深く読みました。

投稿: mamekichi | 2016年1月10日 (日) 18時37分

mamekichiさん、こんばんは!

ユリカモメ、エサを確認している?、エサをくれる人を知ってる?、とにかくかしこいようですね。やはり餌で野鳥を釣る技は鳥撮りには必須のようです。(笑) 何とかアオサギをコントロールしてみたいですね。本日都合河口堰には行けなかったのですが、例の場所に集まっていたようですね。一度で良いので船に乗って行ってみたいです。

そしてカメ、連日暖かかったからでしょうか、勘違いしてしまったようですね。今日は少し寒い感じもしましたが、日当たりの良い所は結構良い感じでした。なばなの里も、連日おかしな現象が発生しておりますよ。(ブログ更新予定です!)

投稿: ひらい | 2016年1月 9日 (土) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユリカモメの場所争奪バトル、堀の中の東屋の橋に並ぶユリカモメ | トップページ | 2015年10~12月、九華公園のユリカモメの数 »