« キョーレツなキンクロさん(笑)、ユリカモメ今日は40羽、ドバトの日向ぼっこ……鎮国さんは上棟式 | トップページ | 寒風吹き荒ぶ中、散歩するも、鳥はやはり少なし »

2015年12月 3日 (木)

ホオジロ登場、美白スズメの後ろ姿も

Rimg00461203 9時過ぎに雨が上がって、天候は回復してきたのですが、風も強く、気温もあまり上がらず、寒くなっています。冒頭の写真は、散歩から帰った12時過ぎに北西の空を撮ったものです。緑の看板(スポーツ・デポ)の奥に藤原岳があるのですが、雲がかかっています。時雨れているように見えます。

Img_1870  今日は、川口水門のところでホオジロを見つけました。堤防を歩いてImg_1873 いたら、鳴き声がしてずいぶん探しました。この辺り、時々ホオジロがでますので、気にしていたのですがようやく出会えました。右は、正面顔。何と形容してよいやら。しかし、笑えます。

Img_1851  もう一つ、こちらは朝10時半過ぎにベランダから空模様を眺めた時、やたら白い、小さい鳥が来たのが目に入り、「あの美白スズメに違いない」と気づいたものです。9階のベランダから撮りましたし、曇り空でしたので、条件はよくありませんでした。背中から尾羽にかけてはほぼ真っ白でした。他のスズメたちと一緒に行動していましたので、仲間はずれということはなさそうです。

Img_1962  さて、今日は空模様を眺めていたこともあって、散歩に出たのは、11時Img_1856 前。午後の方が天気はよいという予報だったのですが、風も強くなりそうでしたから、思い切って午前中に出かけた次第。住吉入江には、今日もキンクロさんがやって来ていました。往きはオス・メス各1羽だったのですが、帰ってきた時にはオスが1羽増えていました。水路に潜って餌を探したりしていました。

Img_1881  九華公園には、ユリカモメが30羽ほど来ていました。日によってどのくらい来るか、来ないかずいぶん違うようです。一度午後からの様子も見たいと思うのですが、冬になると、午後は雲や風が出ることが多いので、またそれは様子を見て。

Img_1900  最初のうちは、神戸櫓のすぐ西の堀に皆、浮かんでいたのですが、しばImg_1940 らくすると、一部は東の堀の方へ飛んだり、戻ったりを始めました。二ノ丸橋南詰めの電柱には止まってくれたのですが、橋の欄干には並ばず仕舞い。たくさんのユリカモメが欄干に並ぶと壮観ですから、早く見たいものです。

Img_1904  九華公園のカモ達、本日は、合計58羽ほど。カモも動きますし、小生も公園内を歩きながら数えていますから、概数です。今日は、ヒドリガモが、オス・メス各1羽がいました。そのほかには、ハシビロガモも、オス・メス各1羽、ホシハジロのオス3羽、メス2羽。他は、大半がキンクロハジロでした。写真は、ハシビロガモのつがい。

Img_1897  カワウさん達、今日は、数も少なく、姿勢もいつもとは違って、人間で言うImg_1882 なら、腰をかがめていました。左の照明灯の写真をご覧ください。北西の風が強かったからでしょう。いつもなら10数羽がいる神戸櫓の上の松には、誰もいませんでした。

Img_1916  公園の外周遊歩道の東側では、シジュウカラが合計3羽。曇天ですから、これくらいにしか写りません。この写真、最初見たときは、シジュウカラって、こんなに大きな口を開けるのか!?と思ったのですが、違いました(苦笑)。下の嘴と思ったのは、風でモシャった羽のようです。

Img_1946  九華公園から寺町に行く途中、歴史を語る公園を覗いたら、キンクロさんが1羽だけいました。ここは、いつも見て行くわけではありませんが、カモがいるのを見たことはありませんでした。他の水鳥たちや、サギも見たことはありません。

Rimg00371203  今日の散歩は、11時頃から、12時15分くらいまで。住吉水路の南側から住吉神社、七里の渡し跡を経て、九華公園へ。歴史を語る公園を覗いて、寺町と、4.3㎞。左は、鎮国守国神社の新参集殿の工事現場。建物の枠組みがずいぶんできあがってきていました。

|

« キョーレツなキンクロさん(笑)、ユリカモメ今日は40羽、ドバトの日向ぼっこ……鎮国さんは上棟式 | トップページ | 寒風吹き荒ぶ中、散歩するも、鳥はやはり少なし »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

そうですね、おっしゃるとおりです。
何事も奥が深いです。

投稿: mamekichi | 2015年12月 5日 (土) 16時30分

mamekichi先生、こんにちは。

>そのためか、背景の空があまり自然な感じではなくなっている気がします。

写真表現の面白さだと思います。

投稿: おユキ | 2015年12月 4日 (金) 15時13分

おユキさん、こんにちは。

ホオジロ、そうですね、ご存じないと、パッと見はスズメと間違うかも知れませんね。
ただ、街中には出て来ません。
川沿いの堤防の上や、葦に掴まっていたりします。

右のホオジロ、なるほど、こぶとり爺さんとは納得です。


ユリカモメが電柱にいるところは、右から陽が当たっています。
トリミングをして、ユリカモメを大きく見せ、さらにコントラストを少しだけ強調しています。
そのためか、背景の空があまり自然な感じではなくなっている気がします。

投稿: mamekichi | 2015年12月 4日 (金) 14時24分

mamekichi先生、こんばんは。

ホオジロ、私が見つけていたら、スズメさんだと思うこと間違いなしです(笑)。
右の写真、コブとり爺さんに見えました(笑)。ええ、コブをふたつにされてしまった、二人目のお爺さんが困っているところです。
こんなに笑えるお写真だったとは・・・。

ユリカモメが電柱に停まっているお写真、「ふっしぎー」と、声に出してしまいました。
何故かというと、言い方が悪いかもしれませんが、合成写真のように、電柱とユリカモメ、空の様子が、それぞれに綺麗に感じるのです。
うーん、何回クリックしてみても、ふっしぎー。

投稿: おユキ | 2015年12月 4日 (金) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キョーレツなキンクロさん(笑)、ユリカモメ今日は40羽、ドバトの日向ぼっこ……鎮国さんは上棟式 | トップページ | 寒風吹き荒ぶ中、散歩するも、鳥はやはり少なし »