« 円通寺の大イチョウ | トップページ | カイツブリの笑える様子、ユリカモメの餌バトル、ジョウビタキのメスにも遭遇……オマケはサンタ集団 »

2015年12月12日 (土)

アオサギ観察、ユリカモメが木の実をついばむのを確認、モズに接近……一茶の句に納得

Rimg00221212 昨日とは打って変わって穏やかな日になりました。写真は、住吉神社前で撮ったものですが、空は青く、川面は穏やかで、気持ちのよい光景です。昨日は所用で、家内の実家方面に出かけておりました。津市でも、青山高原にほど近いところですから、暖かいものの風は強く、天気はめまぐるしく変わる1日でした。

Img_3108  さてまずは、アオサギさんの観察報告から。例の、揖斐長良川の中洲、今日は誰もいません。ゼロでした。ひらいさんのブログ(ひらパノ2)によれば(2015.12.12 長良川河口堰調査結果(結果になってませんが(笑))、今日、日の出前、河口堰の西側にすでにアオサギがいて、そこで夜を過ごしていたようです。それに、今日は、伊勢大橋の工事も、杭打ちの準備はされていたものの、杭を打ち込む音は聞こえてきません。今朝の観察では、仮説の通り、工事がないと中洲には逃げてこないようです。ちなみに、日の出の頃、河口堰の西では、最多で14羽のアオサギがいたということです。

Img_3110  中洲にアオサギがいませんでしたから、ちょっと期待しました(笑)。期待にImg_3114 違わず、住吉水門のところに1羽が、何食わぬ顔で佇んでいたのです。久しぶりに比較的近いところで、アオサギの姿が見られました。喜んで、住吉神社前から、階段を下りて、堤防下へ……。もっと近いところから写真を撮ろうと思ったのですが、その気配を感じたのか、逃げられました。

Img_3118  このアオサギが逃げた先は、七里の渡し跡にある川口水門でした。いやぁ、そこまで警戒しなくてもいいのに。しかし、まぁ、取り敢えずは、アオサギに会えましたので、散歩目的コンプリート(笑)。

Img_3192  このあと、もう1羽のアオサギに遭遇しました。九華公園の朝日丸跡を歩いているとき、野球場の方から、外周遊歩道の東を飛び、二ノ丸橋上空でUターン。本丸跡の方へ飛んでいったのです。「ひょっとしたら、社務所裏に」と思い、早速確認に行きました。

Img_3200  案の定、いました。社務所裏のお立ち台です。ちょうど、首から顔のあたImg_3207 りを掻いているところでした。右は、少し移動して別のアングルから撮ったもの。しかしやはり、掻いているとモシャっています。この様子を見ていて思いついたのですが、アオサギの膝が、人間とは反対に曲がるのは、こうやって頸などを掻くためではないかということです(苦笑)。

Img_3246  ユリカモメは、今日は、揖斐川(住吉神社前)で1羽飛んでいるのを見たほか、九華公園にも1羽飛来。この1羽が、重要な写真を撮らせてくれました。

Rimg00341212 二ノ丸橋の北詰め、東側にある例の木に何度も寄っていきました。辺りImg_3239 を旋回しながら、10数回も近寄っていくのです。



Img_3250  そして、とうとうこの「スクープ写真」をものにしたのです(笑)。そうです、Img_3252 やはりこの木の実をついばんでいたのです。右の写真の方が、よくお分かりいただけると思います。Wikipediaの説明によれば、「基本的には魚や甲殻類を食べるが、環境によっては昆虫や雑草の種子などを食べ雑食となる」とあります。ユリカモメはよくこの木に寄ってくるのですが、この木の実は彼らにとってよほど魅力があるのでしょうか? それに、この木、黒い実が生り、葉には、大きな鋸状のギザギザがあるのですが、なんという木なのでしょう?(聞いてないで、調べろよ……ですね)。

Img_3095  さあ、ここからは、時間的順にしたがって行きましょう。住吉入江、今朝9 時頃には、オスのキンクロさんだけが1羽いました。散歩帰りには、誰もいなくなっていました。

Img_3091  諸戸氏庭園前の桜には、カワラヒワが1羽だけ出ていました。ちょっと枝Img_3101 が被ってしまいました。少し東、諸戸氏庭園の端では、ヤマガラが2羽ほど、松の木にいたのですが、動き回りますし、枝や葉に隠れてしまい、証拠の「お尻写真」になってしまいました。

Img_3128  ハクセキレイは、蟠龍櫓近くの堤防下にいたものです。石垣の端にいますので、あの長い尾は見えません。そのため、パッと見ると、ハクセキレイとは違うイメージかもしれません。

Img_3130  三の丸公園の南にある電柱に、久しぶりにカワウが止まっていました。Img_3137 最近ここには来ていなかったのです。右の写真でお分かりのように、蟠龍櫓の南に三の丸公園があり、そのまた南にこの電柱があります。電柱の手前側は、三の丸樋門につながる堀があるところです。見晴らしもよく、堀も全体が見渡せるのでしょう。

Img_3154  九華公園の堀の、甲羅干しスロープ、今日は、カメの姿が見られました。カメは12月に入ってからほとんど見かけなくなりましたが、陽気につられて出て来たのでしょう。

Img_3161  朝日丸跡での証拠写真(苦笑)。苦労したのですが、よい写真にはなりまImg_3164 せんでした。メジロと、モズのメスです。あちこち移動したり、追いかけたりしたのですがねぇ……。


Img_3174  シジュウカラ、先日はイガラの繭をつついていましたが、今日は、カマキリImg_3176 の卵でしょうか? ちょっと確信が持てませんが、つついていました。

Img_3215  ヒヨドリ、もう少し近くで鮮明な写真を撮りたいのですが、私の散歩範囲ではあまりよい位置に出て来てくれません。何かの実を咥えていました。鎮国守国神社の社務所の裏、アオサギの近くに来たものです。

 九華公園のカモ達、今日は、合計75羽。管理事務所の東の堀(ここがいつももっとも多く、今日は65羽)、二の丸東の堀、野球場南の堀に分散しています。ホシハジロのオス3羽、メス3羽、ハシビロガモはメスだけ1羽、ヒドリガモがオス2羽、メス2羽でした。

Img_32852  今日はこのあと、貝塚公園にも回ってみました。これが、吉と出たのでImg_3293 す。モズのメス、5mほどの近距離まで近寄らせてくれました。陽の光もよく当たって、きれいに撮れました。

Img_3300  このほか、貝塚公園では、カワラヒワがけっこういました。もちろん、ヒヨドリさんもたくさんいます。昨シーズンのように、シロハラが来ていないかとか、ジョウビタキがいないかと思うのですが、今のところまだ見ていません。

Img_3329  貝塚公園から西に歩いているとき、あるお宅の植え込みにスズメがやって来ました。なかなか良い感じを醸し出しています。


Rimg00311212  ほぼ余談ですが、鎮国さんの境内にある九華招魂社。背後にイチョウの大きな木があって、好きな景色ですが、今日行ってみたら、葉っぱがほとんど落ちてしまって、イメージ一新でした(煙っているように見えますが、煙っています。奉仕で掃除をしていらっしゃるグループがあり、落ち葉などを焼いてました)。

Rimg00351212  桑名別院のところにある西福寺の掲示板。一茶の「ともかくも あなたまかせの 歳の暮れ」という句が掲げてありました。妙に納得してしまい、いちまい撮らせてもらいました(苦笑)。ということで、本日の散歩、8時50分から11時20分、途中銀行にも立ち寄ったりして、6.2㎞歩きました。昨日の分も、ということではありません(昨日は、家内の実家へ行っておりました)。

|

« 円通寺の大イチョウ | トップページ | カイツブリの笑える様子、ユリカモメの餌バトル、ジョウビタキのメスにも遭遇……オマケはサンタ集団 »

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

アオサギさんの生態チェック、ひらいさんと組んで展開されています。
社務所の裏のところは、25mほどの距離で観察できます。
河口堰などではこれほど近づけません。
絶好の観察ポイントなのです。
私も、アオサギがあそこにいてくれるとホッとします(笑)。

やはり、想像通り「お尻写真」に反応して下さいましたね。
思う壺です(笑)。
しかし、お尻写真というのは、けっこうな枚数撮れるものなのです。
これからも載るはずです。

「鳥の膝の曲がる方向」についての仮説は、まったくのでっち上げですから、ご用心ください(爆)。
本当のところは知らないのです。

おユキさんがお考えのように重心がとりやすいとか、飛び立ったり、降りたりするのに便利とか、そういうことかも知れません。

「そのように使うから、そう生えているのか、そう生えているからそのように使うのか」は、難しいですね。
「鶏が先か、卵が先か」という話と同じような気がします。

ところで、サツマイモ持参で来られ、生徒に落ち葉掃きを手伝わせた先生、自由でいいですねぇ。
今なんか、こんなことをしたら大問題でしょう。

投稿: mamekichi | 2015年12月13日 (日) 13時12分

ひらいさん、こんにちは。

アオサギ確認は、いつもの散歩コースを見て回っただけです(笑)。
昨日、杭打ちの音はあまり聞こえてこなかったのですが、やっていたようですね。
昨日、河口堰西側でご覧になったのが、最大で14羽だたと言うことでしたが、中洲にいるアオサギも多くて、それくらいの数のようです。
あの辺りにいる(来る)アオサギがそれくらいなのかも知れませんね。

ユリカモメ、以前からあの木に寄って来ていました。
最初は、まさか食べているとは思いませんでしたが、何度も目撃するうちに、木の実も食べるのかも知れないと考えるようになりました。
そして、昨日、写真に撮れたという次第です。

今日も4~5羽がやって来ていました。
ユリカモメにとって魅力のある実なのでしょうか?
ヒヨドリもよく、あの木に来ています。

木の種類も、今日知り合いの方に確かめたのですが、ご存じありませんでした。

モズは、昨日はラッキーでした。
あんなに近くまでいけるとは思いませんでした。
ジョウビタキ、私の方は最近見かける機会が減っています。

投稿: mamekichi | 2015年12月13日 (日) 13時04分

mamekichi先生、おはようございます。

アオサギさんの生態検証、着実に進んでいるようですね(笑)。
私としては、社務所裏に居るところを拝見すると、落ち着きます。

「お尻写真」なんて言われると、喜んじゃうじゃないですか、いい加減にしてください(笑)。

一昨日、その前日の強風で、足元にイチョウの葉がふさふさと落ちていました。
落ちた葉を見て、「風強かったなぁ」と改めて思い出しました。
そういえば学生の時、自宅で作ったサツマイモを持って来て、「焼き芋をやるから、落ち葉掃きを手伝え」という先生がいましたっけ。

・・・鳥さんたちの膝?が、人間と反対側に曲がるのは、頸や顔を掻くため、とは思いつきませんでした。
小さな鳥では、反対に曲がらないと、立った時に重心がとりにくいだろうなぁ、とは思っていたのですが。

そのように使うから、そう生えているのか、そう生えているからそのように使うのか、鳥さんに聞いてもわからないでしょうしねぇ・・・。

投稿: おユキ | 2015年12月13日 (日) 09時09分

mamekichiさん、こんばんは!

アオサギ確認、お疲れ様でした、河口堰の早朝確認は無事完了しましたが、工事が始まるまでは待てなかったので、残念ながら次回のお楽しみです。とりあえずアオサギに必ず会えるスポットが判明したので、連続撮影記録を延ばす為に、早朝散歩で河口堰に通ってみようと思っています。また目撃数の更新も狙ってみたいですね。

ユリカモメ、木の実も食べるんですね。この黒くて丸い木の実、良く道端に落ちてるのを見掛けますが何かは判りません。(^^;; 踏んづけると気持ちよくパチッと割れますよ。

ここ最近、モズの姿を見てないです、鳴き声も聞こえなくて淋しい限りです。替わりにジョウビタキを良く見掛けるようになりましたが、今日はすばしっこくてうまく撮影出来ませんでした。

投稿: ひらい | 2015年12月12日 (土) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 円通寺の大イチョウ | トップページ | カイツブリの笑える様子、ユリカモメの餌バトル、ジョウビタキのメスにも遭遇……オマケはサンタ集団 »