« ビンズイ、ジョウビタキのオス、コゲラ、ヤマガラ@諸戸氏庭園前……ちょっとレアな「休園日」の掲示も | トップページ | ビンズイ、ユリカモメ、ジョウビタキ……ユリカモメの来る木は楠のようでした »

2015年12月15日 (火)

家内の実家で鳥見&散歩……本当は、年末の掃除などのために行ったのですが(苦笑)

Rimg00801215 本日は、家内の実家方面へ行っておりました。遊びに行ったのではなく、病Rimg00821215 院受診の付き添い(風邪引きさんです)と、年末の掃除のためでした。家内が母親を病院に連れていっている間、散歩をしてきました。冒頭の写真は、元消防署の出張所を利用した「榊原温泉郷おもてなし館」です。足湯が無料で使えるほか、お土産も売っており、観光案内もしてもらえます。顔出し看板(顔ハメ看板)も設置されていますが、利用する方はあるのでしょうか?

Rimg00251215  まずは、散歩途中で見かけた鳥さんたちから。ただ、今日は、コンデジ(Richo cx-3)しか持っていませんでしたので、鳥撮りには不向きでした。ジョウビタキのメスを見つけたのは、射山神社の裏手の鎮守の森。ジョウビタキは、尾を振る習性があり、それが止まっている枝などに当たって音を立てます。今日もそれを手がかりに見つけました。

Rimg00621215  左の写真は、冠羽がしっかりと見えますので、カシラダカと思います。おもてRimg00941215 なし館の東のお宅の庭木にいました。少し近づこうとしたら、すぐに逃げられました。右は、実家の裏山に出て来たエナガ。10羽くらいの群れで出て来ました。ここには、ヒヨドリはもちろん、ウグイス、ジョウビタキなどいろいろな鳥が出て来ます。ここで鳥を見て暮らすのもいいかな、という気もします。温泉もありますし(微笑)。

Rimg00311215  ジョウビタキを見つけた射山神社は、こちらです。元は、近くにある貝石Rimg00331215 山にあり、当時、遙拝所だったところに遷座したものです。さほど大きな神社ではありませんが、背後の鎮守の森はなかなか良い感じです。

Rimg00431215  式内社延喜式神名帳に載っている神社)と言うことで、歴史はかなり古く、平安時代中期にはすでにあったということです。

Rimg00321215  射山神社の手水舎には、長命水が使われています。長Rimg00521215 命水は、「榊の井」とも言われています。その由来は、右の写真にありますが、第26代継体天皇第六皇女が斎王におなりになったときのエピソードによります。

Rimg00381215  射山神社の境内には、また、「芭蕉反故塚」があります。この反故塚につRimg00411215 いては、江戸期に作られた「温泉来由記」に載っているそうで、自然石の表面に「芭蕉翁反故塚」と刻まれています。左の写真、中央に写っている石碑がそれです。伊賀の俳人服部土芳が、芭蕉没後20年目に榊原温泉で句会を開き、外記に芭蕉がこの地で俳諧をして出た反故を埋め、建立したといいます。ちなみに、反故塚の左に植わっている植物は、バショウです。

Rimg00391215  芭蕉は、奥の細道の旅を終え、榊原温泉にもしばらく逗留し、句を遺しています。それが、この句碑に刻まれた「葉桜に袴の裾も濡れにけり」という句です。「はせを」は、もちろん「芭蕉」。葉桜は、榊原温泉を彩る、「糸桜」
と呼ばれる枝垂れ桜のことだとされます。

Rimg00661215  射山神社で、小牧から一泊でいらしたという老夫婦と一緒になりました。湯元跡を見てから神社に来られたそうです。このご夫婦から、「林性寺に行きたいので、案内して欲しい」と頼まれました。私も林性寺さんには、きちんとお参りしたことがありませんでしたので、良い機会と思い、ご一緒して来ました。

Rimg00701215  林性寺は、天台宗のお寺です。かつての榊原城主・榊原藤三郎を葬ったところで、榊原氏の菩提寺です。また、このお寺には、涅槃図があり、毎年3月14~16日に御開帳があります。

Rimg00751215  午前中、10時半から11時50分くらいまでかけて、2.1㎞をブラブラ歩いてきました。上記のご夫婦ともいろいろと世間話ができ、楽しめました。「おもてなし館」では、足湯には浸かりませんでしたが、昔の温泉のパンフレットや、土産ものを見たりして来ました。思ったより天気はよく、暖かくて、歩くのも楽でした。午後からは、本来の目的である、落ち葉掃除、エアコンの室外機の掃除、古い柿の木を剪定してもらった枝などの片付けなどに3時間半ほど、勤しんでいました。慣れないことでしたが、楽しめました(苦笑)。

|

« ビンズイ、ジョウビタキのオス、コゲラ、ヤマガラ@諸戸氏庭園前……ちょっとレアな「休園日」の掲示も | トップページ | ビンズイ、ユリカモメ、ジョウビタキ……ユリカモメの来る木は楠のようでした »

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

チーママさん、こんにちは。

早くも12月後半ですからね。
昨日は、エアコンの室外機周りと、柿の木の枝を片付けるだけの積もりでしたが、ついつい気になって、竹箒を修理してまで庭掃除にも手を伸ばしてしまいました(笑)。
柿の木はかなり古いもので、家内の母が嫁いできたときにはすでにあったとか。
近所の方にお願いして剪定してもらってあったのですが、電動鋸でも切れないところもあって、大きいままのものがありました。

明日くらいから寒くなるようですから、お出かけになる時にはくれぐれも寒さ対策をお忘れなく。

投稿: mamekichi | 2015年12月16日 (水) 13時42分

暮れですものねぇ。私も今度の土曜は、実家で勤労奉仕の予定です。同じく隣との境の木をバッサリ剪定して欲しいとのこと。天気が良いといいなぁ。

投稿: チーママ | 2015年12月16日 (水) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビンズイ、ジョウビタキのオス、コゲラ、ヤマガラ@諸戸氏庭園前……ちょっとレアな「休園日」の掲示も | トップページ | ビンズイ、ユリカモメ、ジョウビタキ……ユリカモメの来る木は楠のようでした »