« 住吉入江にカンムリカイツブリ、住吉水門にはオオバン、ユリカモメとカモは餌をめぐって大騒ぎ、そして、ヒガンバナにに似たピンクの花 | トップページ | ユリカモメ80羽、欄干にも並ぶ、カワウのカッコイイ飛び出しシーンも »

2015年12月24日 (木)

椿の花咲く、センダンの実をついばむヒヨドリ、ビンズイ再び

Rimg00031224 本日、散歩に出るときの写真です。いつもとやや違う感じがお分かりでしょうか? 太陽がまだ低く、そのためマンションの陰が大きくなっています。というのも、今日は、7時45分過ぎに出かけたのです。「改心したのか?」ということではありません。今日は、マンションのエレベータのロープ交換が10時から14時まで予定されているからです。9階まで歩いて上れないことはないのですが、できれば避けたいと思ったのです(苦笑)。9時50分帰宅。セーフでした(笑)。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、新築公園、老松公園そして寺町と、5.9㎞(公園巡りか?!)。

Img_4923  今日は、まずこちらから。ツバキです。もっと寒くなってから柵ものだと思Img_4915 うのですが、あちこちのブログで「ツバキが咲いている」と読んだものですから、鎮国さんの奥の森へ行って確認してきました。左は普通のツバキ、右は、確か「侘び助」と聞いた記憶があります。

Img_4922  これは、「乙女椿」だったと思います。今日見たところでは、この3種類が咲いていました。気候が定まらない影響なのでしょうか? 不思議な気がしました。

Img_4933  同じ鎮国さんの境内には、センダンの木があります(この間、実をチェッ Img_4939_2 クした木です)。今日、ようやくヒヨドリが食べに来ているのを見つけました。写真に撮ったのは、この1羽だけでしたが、他にも3~4羽がやって来ていました。

Img_4942  ヒヨドリ、実を咥えて、このあと別の木に移動して行きました。どうも、水鳥でない鳥は、餌を見つけて、取ったり、捕まえたりすると、別のところへ移動して食べるように思います。

Img_4944  さて、この鳥、いったい誰でしょう? 回答は、右の写真をご覧ください。Img_4945 そうです、ビンズイです。今日は、九華公園で、辰巳櫓から神戸櫓の辺りに10羽近くがいました。

Img_4957  枝の込み入った樹上にいるか、植え込みなどの根元辺りのあまり開けていないところにいるイメージが強いのですが、今日は、移動の途中、電線にも止まったりしていました。

Img_4964  これからの季節、九華公園では、上記のように、本丸跡の辰巳櫓から神戸櫓の辺りでよく見られます。


Img_4786  ここからは、時間的な順序に沿って。拙宅前の住吉入江、今朝は、キンクロさんのオスと、カンムリカイツブリが1羽ずつ。コラボ写真です。お休み中のキンクロさんに、カンムリカイツブリが接近していったところです。

Img_4788  諸戸氏庭園・煉瓦蔵の前には、ハクセキレイが2羽。この頃ここにけっこうよくいまImg_4793 す。


Img_4795  諸戸氏庭園の東の端の木には、スズメが数羽。朝日が当たっていて、いつもとは違うイメージでした。


Img_4798  その諸戸氏庭園の東の端には、、桑名七里の渡し公園との間に、南北Img_4801 に電線が通っています。キジバトが、11羽集合していました。起きてきて、これからどこかに出かけるのかという気がしました。右の写真、奥の電柱の近くには、ツグミさんが。

Img_4805  住吉神社の前から見た、揖斐長良川の中洲。今日は、Img_4806 アオサギさんの姿は1羽しか見えません。もう1羽は、住吉水門の下流側にいました。全くの逆光でほとんどシルエットになっていますが、間違いなくアオサギさんです。今日見たアオサギは、以上2羽(苦笑)。

Img_4821  七里の渡し跡の桜の木では、シジュウカラが食事中。虫を咥え、引きちImg_4824 ぎって食べているようでした。虫がお嫌いな方は、ご注意ください。


Img_4846  九華公園のカモ、本日は71羽。ホシハジロのオス5羽、メス3羽、ハシビロガモのオス1羽、メス1羽、ヒドリガモのオス2羽、メス1羽で、他の大半はキンクロさん。九華橋から数を数えようとしたら、写真のように、寄って来ました。が、餌をもらえないと分かると、さっさと「解散」していきました。けっこう現金なものです(笑)。

Img_4855  ハシビロガモのオスは、またもや、甲羅干しスロープに上陸して、身繕いImg_4856 に精を出していました。ここに上がるのは、身繕いをするためかも知れません。

Img_4857  前回見たときは、水際にいたのですが、今日は、けっこう上の方まで上がってきていました。上陸といえば、昨シーズンは、主に住吉入江で、キンクロハジロが上陸しているのを発見し、楽しめましたが、今年はまだ、キンクロさんの上陸は目撃していません。今年もしてくれることを願っているのですが、どうでしょう。

Img_4862  カモの写真、どうしてもワンパターンになりがちです。珍しい仕草や、表情を狙ってはいるのですが……。左は、ホシハジロのオスの正面顔。正面顔は、ちょっと怖い感じです。睨まれている気がします。餌をやらなかったせいかも知れません(苦笑)。

Img_4872  ヒドリガモ、つがいでしょう、オス・メスのペアです。オスが優しい目でメスをみているようでもあり、何かを語りかけているようにも見えます。


Img_4881  カモをみていたら、ユリカモメもやって来ました。12羽ほどが、カモが集まっている、管理事務所東の堀に降り立ちました。今日は、私がいる間には餌をやる人もなく、静かでした。

Img_4887  ユリカモメ達、今年は、二ノ丸橋の欄干などに並ぶことが少ないようでImg_4983 す。その代わりに、野球場のセンター後方にあるネットや、国旗掲揚塔などの上に止まって休んでいます。きっと何か理由はあるのだと思いますが、今のところ想像できません。

Img_4988  まぁ、こういう、多少モシャッた姿も、ユーモラスでいいのですが、やはり、私としては、飛び姿か、欄干に並ぶ姿を撮りたいのですがねぇ……。

 このあと、最初に書きましたように、公園巡りをしたのですが、いたのはヒヨドリか、ドバト、スズメくらいでした。

Img_4999  住吉入江の南の方にも、桜並木があります。歩いていたら、遠くからでもそれと分かるオレンジ色が見えました。慌てて近づくと、逃げられますから、そっと、しかし、少し急いでいったら、やはりジョウビタキのオスでした。この辺り、ジョウビタキのオスが時々姿を見せてくれるところです。メジロもいたのですが、それは上手く撮れず、残念。

Img_5005  拙宅前の住吉入江に戻って来ました。出かけたときと同じく、キンクロさんのオスと、カンムリカイツブリがいました。キンクロさんのこの写真、多分水を飲んでいたのだと思います。

Img_5008  カンムリカイツブリの後ろ姿、この「ヘアスタイル」が何とも言えません。アImg_5009 オサギさんのモシャリにも匹敵すると思っています。

 ところで、いくつか頼まれたことがあり、そのうち2つが1月の初めから半ばに締切が来ます。手はつけてあり、準備は少しずつ進めていますが、今年も残り1週間ですから、そろそろ本格的に取り組まねばなりません。

|

« 住吉入江にカンムリカイツブリ、住吉水門にはオオバン、ユリカモメとカモは餌をめぐって大騒ぎ、そして、ヒガンバナにに似たピンクの花 | トップページ | ユリカモメ80羽、欄干にも並ぶ、カワウのカッコイイ飛び出しシーンも »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こんにちは。

ユリカモメは、おっしゃるように優しい眼をしていますね。
私もあの表情を見るとホッとします。

ハシビロガモのオスは、九華公園に来た頃は、顔がもう少し茶色い感じでした。
多分これも、エクリプスだったのではないかと思っています。
徐々に緑色が濃くなってきていますから、そのうち、皇居のお濠でミスターが撮られた写真のハシビロガモのようになるという気がします。

投稿: mamekichi | 2015年12月26日 (土) 12時09分

こん@@ワン。
やっぱりユリカモメさんは、どこにとまっててもカワイイんだワン。他のカモメさんたち(ウミネコさんとか)はちょっと目がコワい感じなんだけど、ユリカモメさんの顔を見ると何かホッとするんだワン。
ハシビロガモ♂さんは、ミスターがこの前皇居のお濠で撮って来た写真を見ると、顔の色が緑色だったんだけど、このハシビロガモさんもこのあと緑色に変化していくのかしら?それとも若いハシビロガモさんはずっと茶色っぽい色のままなのかな。ふと思ったんだワン。genta

投稿: genta gonta | 2015年12月25日 (金) 17時25分

おユキさん、こんにちは。

何をどう改心したのか、自分でもよく分かりませんが、改心しました(笑)。
午後ですと、この季節どうしても、風邪が出たり、雲が出たりしますし、面倒になりますので、午前中早くに出かけました。

椿が咲いているのには、驚くでしょう?
正月過ぎに咲くというイメージですよね。
ちょうど雨が上がったあとで、よい感じでした。

ビンズイさんは、ご推察の通り、イナバウワーのような体勢です。
身繕いでもしていたと思います。

カモ達も、ユリカモメ達も、今日私が姿を見せたら、集まって来ました。
が、餌を持っていないのが分かるのか、集まるスピードはゆっくり。
しかも近くまで来て、明らかに餌をくれないと分かったら、解散、勝手に潜ったりし始めました(苦笑)。
多分、服装までは弁別していないと思うのですが、どうでしょう?
侮れないかも知れません。

モシャッたユリカモメ、「アホ毛」とはなかなかの銘々(笑)。

住吉入江のキンクロさん、今日はお一人様でした。
帰って来たら、不在。
鳥の気まま、よく分かりません(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年12月25日 (金) 14時10分

mamekichi先生、こんばんは。

いきなり失礼かと思いますが、エレベーターの都合といえど、お散歩が14時出発ではないのですから、やはり改心されたのだと思います(笑)。

雨上がりの椿、艶やかですね。
華やかなページに、もう正月か?と、こちらも不思議な感じがしました。

クイズになっているビンズイさん、たぶん、頭を後ろに向けているのですよね。
他の鳥さんでも、時々クイズになっていますが、イナバウアーのように見えて、笑ってしまうのです。

九華公園のカモさんたち、昨日のお写真では、芋洗い状態でしたね。
餌をもらえないと知ると、現金にもサッサと解散してしまわれるんですか(笑)。
餌をくれない人、と学習されるのも寂しいので、時々、変装していかれることを、ご提案しておきます。

モシャッたユリカモメさん、私の解釈で恐縮ですが、これだけ毛がピンピンとあからさまに跳ねていると、「アホ毛」と呼びたくなります。

そうそう、住吉入江のキンクロさん、彼はどうしているの?と気になっていたのですが、昨日の記事でお友達(ということにしておきます・笑)とご一緒だったので、少しホッとしました。

投稿: おユキ | 2015年12月24日 (木) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住吉入江にカンムリカイツブリ、住吉水門にはオオバン、ユリカモメとカモは餌をめぐって大騒ぎ、そして、ヒガンバナにに似たピンクの花 | トップページ | ユリカモメ80羽、欄干にも並ぶ、カワウのカッコイイ飛び出しシーンも »