« ビンズイ、ユリカモメ、ジョウビタキ……ユリカモメの来る木は楠のようでした | トップページ | 九華公園にてカワウの漁、ユリカモメのダンス……鈴鹿の山も薄く雪化粧(山名について訂正・付記あります) »

2015年12月17日 (木)

冬晴れの中、四日市の本屋へ……市内で見つけたハト小屋の話題も

Rimg00011217 最低気温は、5.9℃、最高気温は、11.4℃と、寒くなりました。北西の風が2~4m/sくらい。よく晴れていますが、冬という感じの日です。左の写真、多度山から雲が流れてくるように見えていますが、これは、北西の風が吹いていることを示すものです。

Rimg00041217  こちらは、名古屋方面の様子。雲が結構面白い感じです。それと、この写真Rimg00051217 を撮って気づいたのですが、手前にある諸戸氏庭園、この間まで紅葉が赤く見えていたのですが、モミジの葉っぱもほとんど落ちていました。右側に写っている本邸の奥にはまだ紅葉が見えますが、手前のところは、葉が落ちています。12月も半ばですから、やはり季節は進んでいるということです。

 さて、今日は、午前中に、四日市近鉄百貨店にある丸善四日市店と、ララスクエア四日市にある宮脇書店四日市本店とに行ってきました。とある理由で、専門書を探しに行ったという次第です。「とある理由」は、またいずれ明らかにします。一応、目的は達し、両店で合計3冊をゲットしてきました。帰りには、また近鉄百貨店に立ち寄って、ヤマサのちくわをお買い上げ(笑)。四日市近鉄百貨店に行くなら、買ってくるようにという指令が出たのです。往復とも近鉄電車。四日市までは急行で12分ほど、普通では24分ほど。ちょうどよい距離ですし、四日市は名古屋ほどは混雑はしていません。

Rimg00381210  このような次第で、散歩には行っておりませんので、在庫写真から話題をRimg00391210 一つ。写真をご覧ください。写真は、先だって、円通寺の大イチョウを見に行った帰りに立ち寄って、撮って来たものです。ハト小屋であります。ドバトを飼っていらっしゃるとは思えません。伝書鳩なのでしょうか? 1960年代くらいまでは、伝書鳩はかなり使われていました。ちょうど私が、小学校高学年から中学生の頃で、少し年上の人たちの中には、自分で伝書鳩を飼うことが流行っていた記憶があります。また、社会見学に行った新聞社の屋上に伝書鳩のケージがあったようにも思います。伝書鳩は、今も日本伝書鳩協会があり(「今も」などと、失礼な書き方、お許しください)、レースが行われています。ドバトの群れの中にも、伝書鳩のものと思われる脚環がついているものがいます。

Rimg00421210  上のハト小屋の裏にも、もう一つハト小屋がありました。けっこうたくさんのハトを飼っていらっしゃるようです。あまりじろじろ見るのもどうかと思い、サッサと、勝手に見て、失礼してきました。ちなみに、このハト小屋に気づいたのは、比較的最近のことです。市内萱町あたりにあります。

【余談】 円通寺の大イチョウ、12月15日の夜、通ったときには、葉はほぼ落ちているようでした。

 

|

« ビンズイ、ユリカモメ、ジョウビタキ……ユリカモメの来る木は楠のようでした | トップページ | 九華公園にてカワウの漁、ユリカモメのダンス……鈴鹿の山も薄く雪化粧(山名について訂正・付記あります) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

宮脇書店、私もたまに行くところです。
以前は、四日市の博物館に行ったりしていましたので、そのついでにです。
BIRDERはありませんでしたが、鳥の本は少しありましたね(丸善は、さすがにBIRDE、おいてありました)。
野鳥の撮り方という本がないか見たのですが、残念ながらありませんでした。

BIRDERの付録の手帳、なかなかいいですよね。
今年のもの、たまに取り出して眺めています。

投稿: mamekichi | 2015年12月18日 (金) 14時19分

mamekichiさん、おはようございます!

四日市の宮脇書店、緑地公園の帰りに良く行く所です、birderは売ってないようですが、カメラ本の所に、野鳥の本が少し売ってるので、時々確認してました。何か買うと駐車場がある程度無料になるので、毎回何か買ってたりします。

そにbirderですが、昨日三洋堂で確認してきました、野鳥の顔面も良かったのですが、あの手帳は素晴らしい!!、使うのもったいないですが、来年お世話になろうと買っておきました。

投稿: ひらい | 2015年12月18日 (金) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビンズイ、ユリカモメ、ジョウビタキ……ユリカモメの来る木は楠のようでした | トップページ | 九華公園にてカワウの漁、ユリカモメのダンス……鈴鹿の山も薄く雪化粧(山名について訂正・付記あります) »