« ユリカモメ80羽、欄干にも並ぶ、カワウのカッコイイ飛び出しシーンも | トップページ | 謎のカモメ類、ユリカモメは108羽で今季最多、カンムリカイツブリのビッグな水かき……藤原岳には雪 »

2015年12月26日 (土)

大山田川でホシゴイ、オオバンの大きな足、ジョウビタキ、ノスリ

Img_5336  12月も26日となりました。散歩などしている場合じゃない、かも知れませんが、今日は、大山田川方面へ遠征。明日以降になると、さすがに多少は掃除などしなくてはならないと思って、です。日物谷1号橋を9時頃出発。下流方向へ歩きます。

Img_5344 いつもなら水防倉庫のあたり(播磨橋のすぐ上流)にたくさんいるセキレイさん、今日はあまり見Img_5343 かけませんでした。諦めきれず、よくよく眺めていたら、こちらさんを発見。左の写真は、トリミングしていますので大きく見えますが、右の写真のように、周囲に同化していたのです。中央をよくご覧ください。

Img_5355  ゴイサギの幼鳥、通称“ホシゴイ”です。右岸側で見つけたのですが、あいにく後ろ姿。日物谷2号橋まで戻って、左岸側へ。ほとんど動かなかったので、助かりました。ホシゴイを見たのも久しぶりでしたが、この辺りにいるとは思ってもみませんでした。遠征して来た甲斐がありました。

Img_5366  コスモマンション辺りから、JR・近鉄の鉄橋下流くらいまでのところにコガモImg_5372 がよくいたのですが、今日は、かなり数が少ない印象でした。多かったときの半分くらいの感じです。オス達も、エクリプスからはすっかり脱していました。

Img_5388  小ガモやセキレイが少なかった替わりではありませんが、珍客を発見。Img_5395 オオバンと、キンクロハジロのオスが、1羽ずつ。どちらも群れでいるイメージなのですが、時々、こうして単独行動を好むヒトがいるようです。場所は、いずれも、新宮西橋とJR・近鉄の鉄橋の間。

Img_5435  沢南橋や、そのすぐ上流の人・自転車専用橋の辺りも、静かでした。以Img_5433 前来たときには、コサギ、コガモで賑わっていたのですがねぇ。それでも、何か来ないかとしばらく待っていましたら、下流からコサギが1羽やって来て、そばの電線に。少し風がありましたので、ちょっとだけモシャっています。

Img_5455  さらに、「待てば海路の日和あり」でした。いつもいる駐車場の方から、ジョウビタキのオスが、人・自転車専用橋すぐ下流の右岸に出て来てくれました。尾羽がブレて写っていますが、盛んに振っていたからです(ジョウビタキの習性です)。ジョウビタキの他にも、アオジらしき鳥も飛ぶのが見えたのですが、草の中に入ってしまい、確認できませんでした。以前、この辺りには、アオジや、ホオジロ、オオジュリンなどがよく出て来ていました。まったくいなくなったわけではなさそうです。

Img_5471  この沢南橋の近くまで来ると、ようやくセキレイが出て来ました。橋のすぐImg_5459 下にいたハクセキレイです。セグロセキレイもいたのですが、後ろ姿しか見せてくれませんでした。

Img_5474  さらに大山田川沿いに揖斐川を目指したのですが、鳥さんは誰もおらず。お地蔵さんのあるところで、沢北川へ。下流側には、オオImg_5531 バンが9羽ほど。反対には、コサギとジョウビタキのメスがいましたので、それを見てから、道の反対側を通って接近。幸い気づかれず、右のような写真も撮れました。それにしてもオオバンの足、大きいです。

Img_5487  沢北川にいたコサギさん。餌を探していましたが、私が見ている間には、Img_5492 ゲットできなかったようです。近くに行ったら、やはり逃げられました(笑)。


Img_5501  コサギがいたすぐ近くの電線の上には、ジョウビタキのメス。どこからか 飛んできてここに止まったのです。よく通る鳴き声が聞こえています。これでジョウビタキのオス、メスをゲット(喜)。

Img_5536  沢北川と大山田川が、揖斐川に注ぐところの間に、もう1羽のジョウビタキのオス。この辺りにも出てくるんですね。


Img_5542  「たまには」ということと、「けっこうよい景色になっている」ということで、ムクドリさん。数が少なければ、それなりにかわいいのですが、たくさんいると、喧しいのと、糞害で憤慨されています(オヤジギャグで、失礼)。

Img_5561  大山田川の水門の先にある木に、何やら飛んできました。闇雲に撮ったら、画面の橋に写っていました。今ひとつはっきりしませんが、シロハラの色・模様に似ています。ただ、シロハラがこんなところに出てくるのか、疑問があります。

Img_5562  揖斐川の上空に、何やら動くものが見えました。人間の眼は、視野の端Img_5565 でも、動くものに反応するようできています。講釈はともかく、猛禽類と思われました。この色、形からすると、ノスリのようです。最近、揖斐川辺りではノスリもよく見ます。

Img_5572  ノスリと同時に飛んでいたのが、アオサギさん。どっちを撮ろう? と若干迷ったのですが、どちらもそれなりの写真が撮れました(苦笑)。ノスリは、旋回しつつ、上流方向へ行ったのですが、アオサギは、伊勢大橋を越えて、河口堰方面へ飛び去りました。

Img_5604  伊勢大橋を越えて、南へ来たところで、2羽ほどが河原から飛び出しました。何でしょう? 尾が短いようですし、胸から腹は白っぽい色をしています。ヒバリや、ホオジロなどではなさそうな気がします。図鑑をサッと眺めたところでは、よく分かりません。宿題です(苦笑)。

Img_5606  屋や風があって、揖斐川の川面は、少し波立っています。やはり、こうい Img_5617_2 う条件のときにカンムリカイツブリが揖斐川にやってくるようです。河口堰の西あたりから、住吉神社の前までの揖斐川で、10数羽のカンムリカイツブリを見ました。

Img_5626  揖斐川の右岸堤防から、遠く中洲の方を眺めていますと、アオサギや、Img_5631_2 ダイサギがかなり深く水に浸かって餌を探しているようでした。

Img_5641  揖斐川には、カモやオオバンの姿も見られましたので、堤防から河川敷に降りてみました。左の写真に写っているのは、オカヨシガモではないかと思います。オカヨシガモだとすれば、これまた久しぶりに見たことになります。以前、九華公園にも来ていたことがあったように記憶しています。

Img_5634  オオバンの姿が見えていた辺りに近づいたら、ビックリ。向こうも驚いたのでしょうが、オオバンがとんでもない勢いで逃げて行きました。飛ぶというよりは、水面を蹴って行く感じです。10羽ほどがいました。

 

Img_5658  中洲のアオサギ集結ポイント。今日は、下流側に3羽だけが見えました。Img_5659長島側では、伊勢大橋の架け替えに伴い、今日も杭打ちが行われていましたが、これと関係があるのかないのかよく分からなくなってきました。

Rimg00211226  ということで、今日は播磨から、大山田川、沢北川、揖斐川沿いを5.1㎞を歩いてきました。9時頃から11時まで、ほぼ2時間であります。左の写真は、住吉神社にある休憩所から河口堰方面を見たところ。この景色も気に入っています。午後からは、一昨日に引き続き、真面目にお仕事をしておりました。あるところで講義をするのを引き受けたため、その計画を練っております。その締切が、年明け早々なのです。

Img_5578  大山田川が揖斐川に注ぐ辺りにあった、照明灯です。以前も、桑名別院で似たような写真を撮りましたが、カバーに青空と白い雲が写って、ちょっと面白いかなと思った次第。

Img_5597  桑名側の伊勢大橋の架け替え工事現場に掲げられていスローガンでImg_5598 す。「まったくおっしゃるとおり」と思います。どちら様も、お忙しい歳の暮れ、くれぐれもお気をつけになって、明るいお正月を迎えましょう(笑)。

|

« ユリカモメ80羽、欄干にも並ぶ、カワウのカッコイイ飛び出しシーンも | トップページ | 謎のカモメ類、ユリカモメは108羽で今季最多、カンムリカイツブリのビッグな水かき……藤原岳には雪 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こんにちは。

鉄橋付近のオオバンさん、おっしゃるように、沢南橋西の堰は飛んで越えるんでしょうね。
ネットで検索したら、オオバンが飛ぶ画像を載せているサイトがありましたから、やはり飛ぶんでしょうね。
オオバンが飛ぶところはまだ見たことがありません(水面走りも初めて見ました)。

投稿: mamekichi | 2015年12月27日 (日) 13時52分

ひらいさん、こんにちは。

ホシゴイ、最初は、カメの甲羅かと思ったくらいで、危うく見逃しそうでした。
それにしても、こんなところに、1羽だけでいるとは思いも寄りません。
以前は、九華公園と春日神社の間の橋のところにコロニーがあったのですが、それ以降、まとまっているのは見たことがありません。

オオバンの足、ムダなくらい大きいです(笑)。
不用意に近づいたら、驚かせてしまったようで、すごい勢いで水を蹴って逃げて行きました。
笑えるくらい。
あれは、初めて見ました。
ネットで検索したら、飛んでいる画像があって、ちゃんと飛べるようですよ(笑)。

それと、野鳥が2羽以上、同時に出ると困りますねぇ。
おっしゃるように「二兎を追う者は一兎をも得ず」になりかねません。

投稿: mamekichi | 2015年12月27日 (日) 13時48分

こん@@ワン。
鉄橋付近で単独行動してるオオバンさんは、やっぱり沢南橋西側の堰を飛び越えてやってくるのでしょうか?おいら、オオバンさんが水面走りをする姿は何度も見たことはあるんだけど(mamekichi先生の写真臨場感があってとってもいいんだワン。まさに黒い忍者なんだワン!)あまり高く飛ぶ姿は想像できないんだワン。やっぱり堰を飛び越えたあのオオバンさんは特別なんでしょうか?すごく興味があるんだワン。genta

投稿: genta gonta | 2015年12月27日 (日) 12時14分

mamekichiさん、おはようございます!

ホシゴイ、正に保護色、これは見つけられる自信有りません。(笑) ゴイサギは夏の弥富インターは別ですが、ココなら見られると言う場所が無いので、中々会えないですよね。

オオバン、体と足のバランスが崩壊してますね。(笑) 水かきが無くてもスイスイ泳げる理由が判りました。あと飛んでる(と言うか水面を蹴ってる)姿を見た事が有りません。

野鳥撮影で2羽以上居て、同時に撮影出来ないとき、どちらから撮影するかは悩むところですよね。まだ1羽だけでも撮影出来れば良いのですが、結局2羽ともに撮影出来ない時は落ち込みます。(笑)

今朝も散歩に行こうと思ったら雨が降ってました、ちょっと晴れ間も見えてきたので、様子見て行こうかと思っています。

投稿: ひらい | 2015年12月27日 (日) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユリカモメ80羽、欄干にも並ぶ、カワウのカッコイイ飛び出しシーンも | トップページ | 謎のカモメ類、ユリカモメは108羽で今季最多、カンムリカイツブリのビッグな水かき……藤原岳には雪 »