« 雨上がり、郵便局、寺町、桑名七里の渡し公園へ | トップページ | 住吉入江にカンムリカイツブリ、住吉水門にはオオバン、ユリカモメとカモは餌をめぐって大騒ぎ、そして、ヒガンバナにに似たピンクの花 »

2015年12月22日 (火)

温泉郵便局、コンデジでトビを撮影、屋根の鍾馗様……今日も家内の実家へ

Rimg00021222 先週火曜に引き続いて、家内の実家に行って来ました。年末の掃除や、病院受診、買い物などのためです。今日は、9時前に出発、19時半頃帰宅でした。午前中、家内が付き添って、病院に受診している間、私は郵便局に払い込みに行きがてら、散歩をしてきました。2.4㎞。

Rimg00081222  町内唯一の郵便局は、こちら。その名も、「榊原温泉郵便局」です。別にここで温泉に入れるとか、足湯が使えるとかそういうことはありません。とある研修会の参加費を払い込んできました。ここにも、昔の丸形ポストがあります.「ここにも」というのは、拙宅前の諸戸氏庭園の本邸の前にもあるからです。

Rimg00111222  用事を済ませましたので、ついでに辺りを散策。郵便局のすぐ西には、「Nanakurisenbei なくりせんべい」の工場があります。榊原温泉の名物で、代表的な土産物です。そして、私自身も大好物です。できれば工場見学をしたいくらいです。

Rimg00211222  地図を見ますと、ななくりせんべいの工場の南に「射山神社 一の鳥居」と書かれていました。この辺りに鳥居があったという記憶はなRimg0023 かったのですが、探していってみましたら、正確には、「一の鳥居跡」という石碑が建っていました。この石碑、昭和63年に、ご遷座400年を記念して建てられたようです(右の写真)。余談ですが、この石碑に行くのに、田んぼの畦道のようなところを通っていったのですが、そこかしこに、鹿の糞が落ちていました。家内の実家にも、裏山から鹿が下りてきますが、この辺りも同じようです。

Rimg0049222  一の鳥居跡を見て東へ。小学校の前に出ます.この小学校の裏に山がありますが、ここに昔、お城がありました。榊原城なのですが、14世紀頃に築城され、安土桃山時代に廃城になったといいます。校舎の向こうに移っている森のようなところが、城跡です。

Rimg00611222  三重交通バスの榊原館前停留所辺りにあった、看板のコレクションでRimg00641222 す。県道28号線沿いです。左は、温泉街から南に出て来たところにあります。右は、その向かい(北側、温泉街の側)にあったもの。

Rimg00731222  看板ではありませんがが、飛び出し坊やです。地域によって、いろいろあるようで、コレクションしてもよいかも知れないと思いました。この写真は、旅館・清少納言の前にあったものを撮りました。

Rimg00861222  午後からは、また落ち葉掃除をしていたのですが、頭上でトビの鳴き声が聞こえてきました。それもかなり低いところを飛んでいたのです。今日は、コンデジ(Richo cx-3)しか持っていなかったのですが、それでもこれくらいの写真が撮れました(300mmズームで、ノートリミングです)。

Rimg00911222  こちらは、同じ条件で撮ったものを少しトリミングしました。猛禽類が見らRimg00971222 れると、何だかとてもうれしくなります(苦笑)。今日は、3羽が一緒に飛んでいました(右の写真)。


Rimg01051222  夕方、家内の母を連れて、買い物に。その途中で、義母のいとこのところへ立ち寄ったのですが、そのお宅をふと見上げたら、何と、鍾馗様が1階の屋根に鎮座しておられるのを見つけました。けっこう古いようなので、尋ねたら、建て替え前の古い家のときからあったものだということでした。時々、写真を撮らせて欲しいとおっしゃる方があるというお話しでした。

Rimg00061222  12月に入ってからは、週1回、実家に行っております。来週、年内最後になりますが、また行くつもりです。今日は、冬至ですので、帰り際、隣家のご主人に柚子をたくさんもらって来ました。

|

« 雨上がり、郵便局、寺町、桑名七里の渡し公園へ | トップページ | 住吉入江にカンムリカイツブリ、住吉水門にはオオバン、ユリカモメとカモは餌をめぐって大騒ぎ、そして、ヒガンバナにに似たピンクの花 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こんばんは。

私のコンデジ、実は、レンズのカバーに傷が付いてしまっているのです。
このカバーはもともと付いているものですが、何かにぶつけた表紙に縦に傷が付いてしまっているのです。
傷そのものは、小さいのですが、レンズがある位置に付いてしまったので、何ともしようがなく、そのまま使っています。

他にもトラブルがあって、本当なら修理するとよいのですが、修理費もかさみそうで、そのまま使っているのです。

投稿: mamekichi | 2015年12月23日 (水) 20時21分

こん@@ワン。
鳥さんとは関係ないことなんだけど、mamekichi先生のコンデジ(Richo cx-3)で撮られた写真で、特に望遠側の方で、おそらくレンズ内(レンズの間かセンサーか)のホコリが写り込んでるみたいなんだワン。実はミスターがこの1年使い倒してる愛用のコンデジ(SONYのDSC-HX60V)も最近画像の中央上付近にホコリか何かの影が出るようになってきて、とっても気にしてるんだワン。沈胴式のコンデジの場合、電動ズームで筒を伸ばすときにどうしても空気を吸い込むのでホコリも吸い込んでしまう可能性があるって聞いてるんだけど、運が悪いと新品を買ってすぐにでもホコリが入ってしまうこともあるらしいんだワン。ミスターが東京へ持ってったカメラはレンズ交換式のミラーレスだったのでよかったんだけど、普段のお散歩に持ち歩くのは嫌だ、ってだだこねてるんだワン。困ったもんだワン。関係ない話でゴメンナサイ。genta

投稿: genta gonta | 2015年12月23日 (水) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨上がり、郵便局、寺町、桑名七里の渡し公園へ | トップページ | 住吉入江にカンムリカイツブリ、住吉水門にはオオバン、ユリカモメとカモは餌をめぐって大騒ぎ、そして、ヒガンバナにに似たピンクの花 »