« 御嶽眺望、セグロセキレイはエビを食べ、シジュウカラはイラガやミノムシを食べる、モズにジョウビタキ、モシャる&痒いユリカモメ、そして、笑えるネコの余談……盛りだくさんでした(笑) | トップページ | ハクセキレイの朝食、キンクロの見事な寝癖、ヒドリガモの体操 »

2015年12月 8日 (火)

ドバトの水浴び、ジョウビタキに、モズ

Img_2769_2 今日も木曽御嶽山がよく見えていました。山頂のやや下から、白煙が上がっています。昨日よりもよく見えているかも知れません。本日も、散歩であります。9時前から11時過ぎまで、4.8㎞。住吉神社、九華公園まではいつも通り。そのあと、春日神社に周り、寺町へ。寺町では三八市が開かれていました。

Img_2611  今日は、朝から、伊勢大橋の架け替え工事で、くい打ちをしているような大きな音が聞こえていました。住吉神社の向かい、揖斐長良川の中洲では、アオサギが8羽ほど集まっていました。伊勢大橋の工事が行われていると、アオサギはここに集合しているように思えますが、一人では検証できません(笑)。どなたかと協力が必要です(苦笑)。

Img_2670  揖斐川には、カンムリカイツブリが1羽。今日は、少し風があり、川面も波立っていました。やはりこういう日にカンムリカイツブリは、揖斐川によく出てくるようです。

Img_2621  七里の渡し跡では、Img_2625 ドバトが水際に何羽か降りて来ました。水を飲むだけかと思っていたら、どうもそれだけではなく、水浴びを始めたドバトさんもいました。右の写真、一見しただけではよく分からないと思いますが、1羽のハトが水に入って、猛烈な勢いで水浴びをして、そのため水しぶきが上がっているという光景なのです。

Img_2626  こちらが、右上の写真の続きです。羽を広げているハトが、右上の写真でモーレツな勢いで水しぶきを上げていたドバトさんなのです。


Img_2659  その少し後、場所も移動して、順光になる位置から見ていたら、今度は、何羽か同時に水浴びを始めました。上の2羽が水を浴びていますし、右下のドバトは、この前後しばらく、半身浴でもするかのように、入江のみ図に使っていました。寒くはないのでしょうか? まぁ、脂分でカバーしているのでしょうが、それにしても気になります。

Img_2692  九華公園までの間に、川口水門ではハクセキレイが2羽。九華公園の北門近くの堀には、キンクロさんがいました。二の丸跡では、ツグミが樹上にいるのを見つけました。あまりよい写真ではありません。今年はまだ、ツグミが地面に降りているところ、見ていません。

Img_2718  九華公園の堀には、ユリカモメが合計15羽、カモが合計61羽でした。カモの内訳は、ホシハジロのオス5羽、メス4羽、ハシビロガモオス1羽、キンクロハジロでした。今日は、ヒドリガモはいませんでした。写真は、本丸跡南の堀の様子。ハシビロガモのオスがいたあたりにユリカモメが舞い降りたところです。

Img_2699  カワラヒワ、今日は、朝日丸跡で数羽を見ただけです。昨日とは大違い。大違いといえば、今日は、コゲラやシジュウカラなども見ませんでした。左の写真、カワラヒワが互いにそっぽを向いていますが、一緒に降りて来ましたので、多分仲が悪いということはなく、たまたまだと思います。

Img_2732  九華公園の外周遊歩道の東で、久しぶりにジョウビタキのメスが出て来Img_2734 ました。歩いていたら、ちょうど目の前の桜の木に降りたのです。びっくりです。慌てます(笑)。目の前、2~3mに出て来たのですが、上手く撮れません。左はその桜の木の中で移動したところ。右は、野球場の方に逃げたところです。

Img_2741  ジョウビタキが逃げるところを追いかけていたら、モズのメスが出て来ました。忙しいです。「二兎を追う者は一兎をも得ず」になりそうでした(笑)。けっこう遠いところに降りたので、ピントが今ひとつです。右上のジョウビタキと同じ辺りに出て来たのです。

Img_2753  住吉入江のキンクロさん、2日ほど、オスしか見なかったのですが、今日Img_2763 は、寺町から帰ってくるときに、三崎見附に近いところにメスがいました。オスは、私が散歩に出たときから諸戸氏庭園前の入り江にいました。ペアのメスに逃げられたのか? と心配したのですが、どうなのでしょう。散歩の帰りのときは、かなり離れたところにいました。

Img_2713  ところで、紅葉は、今年は全般に遅いようです、場所によってもかなり違うようです。左は、鎮国さんの境内にある九華招魂社です。先だっても載せましたが、この拝殿の後には、常緑樹と、イチョウとがあって、好対照の色をなしています。いかがでしょう?

Rimg00071207  鎮国守国神社の新参集殿の工事の進捗状況。この写真は、昨日撮ったものですが、今日もほぼ同じような感じでした。建物内の柱がかなり取り付けられていました。

|

« 御嶽眺望、セグロセキレイはエビを食べ、シジュウカラはイラガやミノムシを食べる、モズにジョウビタキ、モシャる&痒いユリカモメ、そして、笑えるネコの余談……盛りだくさんでした(笑) | トップページ | ハクセキレイの朝食、キンクロの見事な寝癖、ヒドリガモの体操 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんばんは。

アオサギの行動チェック、思いつきではありますが、ひらいさんのブログと、gentaさんのブログの記事とを照らし合わせて、少しトライしています。
仮説は、当てはまるようでもあり、そうでないようでもあり、まだ何とも言えません。
ひらいさんには、ぜひこれまで通り、巡回をして頂き、アオサギ連続撮影の結果をブログに載せていただければと思っています。

日の出前から、河口堰の西側にいるということは、おっしゃるようにあそこで寝泊まりしている可能性があるということですね。

早朝河口堰確認は、これからの季節、大変ですから、くれぐれもご無理のないようにお願いします。

投稿: mamekichi | 2015年12月10日 (木) 17時33分

mamekichiさん、おはようございます!!

アオサギの行動チェック、面白そうです。自分もアオサギ連続撮影記録更新の為に、必ず会える場所を確保しておかねばならないので、お手伝いさせて頂きます!!

今知ってる情報は、河口堰西側、閘門横の鉄柱と柵のような所に良く居ますが、日の出前からあの場所に大勢居るのを確認しました。推測としては、あの場所で寝泊まりして、日の出とともに狩に出掛けるかそのままマッタリ、工事が始まるとやかましいので、中洲に逃げるというパターンかなと思っています。工事が無かった日曜日に大勢居た理由とも合致してる感じです。早朝河口堰確認が必要ですね。

投稿: ひらい | 2015年12月10日 (木) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御嶽眺望、セグロセキレイはエビを食べ、シジュウカラはイラガやミノムシを食べる、モズにジョウビタキ、モシャる&痒いユリカモメ、そして、笑えるネコの余談……盛りだくさんでした(笑) | トップページ | ハクセキレイの朝食、キンクロの見事な寝癖、ヒドリガモの体操 »