« ホオジロ登場、美白スズメの後ろ姿も | トップページ | カワラヒワの食餌、ハシビロガモの「上陸」、ユリカモメの観察 »

2015年12月 4日 (金)

寒風吹き荒ぶ中、散歩するも、鳥はやはり少なし

Rimg00021204_2  風が強くて、とても寒いです。西風が、6m/s近く吹いています。午前中は、陽も出ていましたが、だんだん雲が多くなって来て、余計に寒く感じます。散歩に出るのを迷ったのですが、少し遅れていつものコースを回って来ました。ただ、これだけの強風ですと、鳥たちもあまり出て来ません。寒風をついて出たのに、ちょっともの足らないところです。七里の渡し近くで、鳥好きのSさんにお目にかかったのですが、寒いので迷っていたら、家内に、「行っておいで」とお尻を叩かれたと、笑っておられました。

Img_2034_2  拙宅前の住吉入江、このところ、キンクロハジロがたいてい2羽います。今日も、ちゃんといました。夜などはどうしているのでしょう? どこか他にねぐらがあって、朝になると通ってくるのでしょうか? オスメスのペアですが、つがいなのでしょうか? 九華公園でみているとたくさんいて、つがいなのかどうなのかよく分からないのです。いろいろと疑問が湧いてきます。

Img_1973_2  揖斐川の川面に、白い点がいくつか見えました。よくよく見たら、カンムリカイツブリ。3羽いました。昨シーズンもそうでしたが、今日のような風が強くて、波立っている時によく揖斐川にやってくる気がします。「波乗り」が好みなのでしょうか、それとも冒険心に富んでいるのでしょうか。

Img_1978_2  九華公園、カモは59羽とやや少なめ。ただし、役者は揃っていました。ホシハジロオス3羽、メス3羽、ハシビロガモオス1羽、メス1羽、ヒドリガモオス3羽、メス2羽で、他はほとんどキンクロハジロ(いつものようにスズガモも混じっています)。そうそう、この写真、夏場は、カメの甲羅干しスポットですが、さすがに今日は誰もいません。カワウさんが1羽、カモの様子を眺めていたくらい。

Img_2005_2  そのカワウも、強風のためか、昨日よりもさらに数が減っていました。照Img_1992_2  明灯の上には、2羽だけ。二の丸跡のステージ裏にも1羽(右の写真)。こちらのカワウさん、婚姻色を呈していました。神戸櫓の松の木には誰もいません。

Img_1996_2  小型の野鳥はさらに少なく、朝日丸跡では、カワラヒワが2羽だけ。先日などは、10羽、20羽のグループがいたのに、であります。


Img_2009_2  本丸跡では、モズのメスを見つけ、追いかけて撮ったのですが、あいにく、こんな枝かぶりの写真か、ピントの甘い写真しか撮れませんでした。


Img_2002_2  本丸跡の南の堀にいるカモ達を見ていたら、四日市からいらしたという男性に話しかけられました。所用のついでに九華公園に写真を撮りに来られたということで、紅葉などを撮っていらっしゃいました。四日市港を散歩しながら写真を撮ったりもなさるようで、キンクロハジロなど、ご存じでした。カメラをぶら下げて歩いていると、時々話しかけられます。「何を撮っているのか?」という質問の他に、「毎日来て、撮るものがあるのか?」といわれることもあります(苦笑)。

Rimg00171204  帰って、玄関先から見下ろした諸戸氏庭園の様子です。モミジの紅葉が見頃になった感じがしますが、残念ながら、特別公開は先だっての日曜で終わっています。奥にあるイチョウは、すっかり葉が落ちてしまっています。

|

« ホオジロ登場、美白スズメの後ろ姿も | トップページ | カワラヒワの食餌、ハシビロガモの「上陸」、ユリカモメの観察 »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こんにちは。

「毎日来て撮るものがあるのか」とおっしゃった方は、どうも景色のことをお考えだったようです。
景色も、決して毎日同じではありませんから、毎日来ても撮るものはあると私も考えています。
人それぞれに見ているところ、もの、考えていることの違いを改めて認識させられたやりとりでした。

それに、同じところを回っているからこそ、ちょっとした変化に気づくこともあります。

鳥見でも、いろいろなスタイルがあり、珍しい鳥、見たことのない鳥を求めてあちこち行くのもありですが、私は、いつものところで(カッコよくいえばフィールドを決めて)、そこで見られる鳥たちの様子、行動を知りたいと思います。

gentaさんのブログの記事も拝見してきました。
西浄寺、すっかり様変わりですね。
それに、大山田川にもオオバンがやって来ましたね。
同じコースを回っているからいろいろと気づくことがありますね。

寒くなって来ました。
おっしゃるよう寒さ対策には気をつけたいと思います。
gentaさんも、ミスターもご留意ください。

投稿: mamekichi | 2015年12月 5日 (土) 16時38分

こん@@ワン。お久だワン!
西浄寺の境内も樹木に関してはすっかり様変わりしてしまったんだワン。2本ある大きなイチョウの木はそのままだけど、葉っぱはほとんど落ちてしまったので、鳥さんが見やすくなったんだワン。
「毎日来て撮るものがあるのか」というのは、やっぱりあるんだワン。同じ鳥さんでも、毎日違う表情を(広い意味で)見せてくれるんだワン。全く同じなら、それはそれでたいへん興味深いことなんだワン。おいらのお散歩も、マンネリのコースだけど、いるべきところにいるべき鳥さんがいてくれると、とっても嬉しいんだワン。
今日は、とっても風が強くって、おいらもあんまりたくさんの鳥さんには会うことができなかったけど、最近は沢北ひ管の出口付近に必ずいるオオバンさんの動きを観察するのが楽しみなんだワン。あ、そうそう、今朝は大山田川に10羽ほどのオオバンさんが集団で来てたんだワン。おいらがお散歩で大山田川下流沿いに歩くようになってから1年が経ったということなんだワン。もっとも、その頃はオオバンなんて鳥さんの名前は知らなかったんだけどね。
ミスターもそうだけど、mamekichi先生も寒さ対策を万全にして風ひかないように気をつけるんだワン。 genta

投稿: genta gonta | 2015年12月 4日 (金) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホオジロ登場、美白スズメの後ろ姿も | トップページ | カワラヒワの食餌、ハシビロガモの「上陸」、ユリカモメの観察 »